ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

自治体からの使い道情報

  • 2017年5月29日(月)18時30分

    長野県白馬村

    白馬高校グローバル講演会-岡田武史さん

    5月12日(金)に元サッカー日本代表監督の岡田武史さんを招いてグローバル講演会を開催しました。
    「遺伝子にスイッチを入れるチャレンジ」と題し、厳しい環境に身を置いてこそ人は成長すること、自分で夢や目標を設定してチャレンジすることの重要性などを生徒たちに熱く語っていただきました。

    *白馬高校では、ふるさと納税による寄附金を活用して、毎年3回程度、各界の著名人をお招きして生徒や住民を対象に「グローバル講演会」を開催しています。
     引き続き白馬村・白馬高校へのご支援をよろしくお願いします。

  • 2017年5月29日(月)18時00分

    青森県五所川原市

    第6回走れメロスマラソン開催!

    作家太宰治のふるさと(五所川原市)を走る「第6回走れメロスマラソン」が5月28日(日)に開催されました。本大会には、平成28年度にいただいたふるさと納税(太宰治コース)の一部を活用しています。ゲストランナーとして、オリンピックへ4回大会連続出場した福士加代子さんが参加した今大会には、ハーフマラソンなど5種目にあわせて2,273人が出走しました。また、今年もメロス(に扮した方々)が出場されていましたよ。

  • 2017年5月28日(日)20時15分

    山形県鮭川村

    未来を担う子どもたちへ!教育環境の整備と充実

    地域の未来を担う子どもたちへ、整った環境で教育を。鮭川村は山形県でも少子高齢化が激しい自治体です。人口減少も一層加速していく今後、少しでも鮭川村に残りたいと将来子どもたちが思えるように、学習環境の整備、教材の補充などを行っています。皆様に寄付していただいたふるさと納税寄付金は、鮭川小学校・中学校の地域の未来を担う子ども達の健全育成のため、教育環境の整備や充実に使用させていただいております。

    <ふるさと納税返礼品PR>
    鮭川村では、平成29年産さくらんぼの発送が6月中旬より開始されます!
    この機会に美味しいさくらんぼを是非ご賞味ください。

    ・平成29年産さくらんぼ(佐藤錦)
    https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/06366/169481
    他にも品種・バリエーションございます。詳しくはチョイスページを御覧ください。

  • 2017年5月28日(日)13時53分

    佐賀県みやき町

    産前産後事業】ママ赤ちゃん「子育ち子育て」応援

    <産前産後事業を行っています>
    全国の皆様からの佐賀県みやき町へのご寄附、誠にありがとうございます。
    みやき町は、笑いがあふれる長寿のまちにしていきたい、そんな想いから「健幸長寿のまち」宣言をしています。
    ふるさと納税で頂いた貴重なご寄附を、みやき町ではママと赤ちゃんのために活用させて頂いています!

    産まれてきた赤ちゃんと育児に頑張るママを応援する「子育ち・子育て」産前産後支援事業として、助産師・看護師・ストレスケアカウンセラーがみやき町の「赤ちゃん」をサポートします。
    妊娠・出産の大切な時期を安心して過ごせるように、妊娠中や産後ケアの支援をみやき町の委託により行っているNPO法人「心ゆるり」の産前産後サポートステーション事業に役立てます。

  • 2017年5月28日(日)9時55分

    岐阜県池田町

    まちの生活を支える「養老鉄道」に使っています。

    養老鉄道は、約100年前から住民の足となり地域を支えている、小さな田舎まちを結ぶローカル線。
    ◆この鉄道がいま、人口減少などにより毎年約10億円もの赤字が発生し、存続の危機に瀕しています。
    ◆養老鉄道がなくなるとまちの住民たちは生活ができなくなります。特に通学の子供達は隣町の高校に通えなくなり、未来の選択肢が狭まります。
    ◆住民の生活の足を守るため、子供達の未来を守るため、「養老鉄道」の存続にご協力をお願いいたします。

    岐阜県池田町は養老鉄道運営のためにふるさと納税を使っています。 ✓

  • 2017年5月26日(金)19時27分

    茨城県龍ケ崎市

    牛久沼の畔への「道の駅」整備を目指しています!

    見てください!このきれいな夕日。
    これは、牛久沼のほとりからの眺めなんです!

    今、龍ケ崎市では、龍ケ崎市を代表する自然豊かな観光資源である”牛久沼”のほとりに、多くの人が集う安らぎの場、そして地域の元気を作る場として、さらには龍ケ崎市の認知度アップを図るため、「道の駅」の整備に取り組んでいます。

    この「道の駅」が実現すると、東京方面から茨城・福島方面へ国道6号線を北上していく中で、最初に現れる道の駅となります。都心から45㎞圏内の龍ケ崎市は、日常の喧騒から離れる、日帰りのお出掛けには最適♪♪

    ひとりでも多くの皆さんに慕われる「道の駅」を目指していきます。

  • 2017年5月26日(金)18時26分

    北海道遠別町

    アンテナショップに卒業生!

    5月10日に開設しました「遠別農業高校アンテナショップ」に、今年の春卒業し、札幌へ進学した卒業生が来店されました。
    卒業しても高校時代を思い出す、卒業生の交流の場として活用されています。
    全国のみなさまからの寄附金により、つながりがさらに深まり、感謝申し上げます。
    今後とも、北海道 遠別町をどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

  • 2017年5月26日(金)17時51分

    埼玉県宮代町

    寄附の成果~三世代交流事業 紙トンボづくり~

    子育てひろばでは、三世代交流事業のひとつである「紙トンボづくり」を行いました。
    ティッシュペーパーの空き箱を利用して切った台紙を折り曲げて、羽の部分をつくり、そこに竹串を通してもち手を作ります。
    あとは羽の部分に好きな色の折り紙を貼り合わせていきますが、「赤色があるときれいだな!!」とか、「細い折り紙にしよう!」など、思い思いにアイデアを膨らませながら作っていました。
    クルクルまわしては「わぁ きれーい、良くとぶね!」と大喜びでした。最後にみんなで記念写真を撮って終わりになりました。
    宮代町の子育てウェブ 「みやしろで育てよっ」が4月1日からオープンしています。
    子育てに関する情報や子育てを応援する情報が盛りだくさんです。ぜひご覧ください。
    http://www.kuraso-miyashiro.com/kosodate/

  • 2017年5月25日(木)19時12分

    茨城県境町

    小学生の女子プロゴルフツアー研修を開催しました!

    「ゴルフからこころを学ぶ」というテーマで課外授業を開催しました。子どもたちのマナーを醸成するために静ヒルズで行われた「静ヒルズレディース森ビルカップ」に森戸小学校の5年生(36名)が研修に参加しました。

  • 2017年5月25日(木)13時06分

    北海道上士幌町

    認定こども園横に「ほろんの森」が完成しました!

    ふるさと納税で利用料の10年無料化を実現した上士幌町認定こども園・ほろんに、このほど「ほろんの森」と呼ばれる遊びのスペースが完成し、5月25日に開庭式が開かれました。

    ふるさと納税を活用した「上士幌町ふるさと納税・子育て少子化対策夢基金」を元に昨年より造営を進めていたもので、どろんこ遊びができる水場や、アスレチック体験ができる忍者小屋などが備え付けられた園庭となっています。

    子どもたちは早速、大きな歓声を上げながら忍者小屋の石垣登りなどに挑戦していました。

  • 2017年5月25日(木)11時09分

    佐賀県小城市

    熊本復興支援寄付金の授与について

    平成28年熊本地震の被害を受けた熊本市の熊本城修復再建等、災害復旧、復興事業を支援するために、佐賀県小城市を窓口とする災害支援寄附の受付を開始しました。
    ※ご寄附金額 427件 12,764,197 円

    平成29年3月31日に小城市長が熊本にて直接熊本市長に手渡しにて授与を行いました。
    今回ご寄附を頂いた寄付金は熊本城の修復等に使用させて頂きます。沢山のご寄附をありがとうございました。

  • 2017年5月24日(水)18時08分

    滋賀県高島市

    高島市で生まれた琵琶湖周航の歌は誕生100周年!

    「われは湖(うみ)の子 さすらいの」ではじまる琵琶湖周航の歌。琵琶湖の美しい自然と、周航のロマンを情緒豊かに歌い上げたこの歌は、大正6年に高島市で生まれ、今年100周年を迎えました。時代を越えて歌い継がれるこの名曲は、高島市の宝物です。今津港のすぐそばにある琵琶湖周航の歌資料館では、歌にまつわるさまざまな資料を展示しています。また多くの「琵琶湖周航の歌」の音源も取り揃えています。歌にちなんだお土産や今津町の特産も多数取り揃えておりますので、お気軽にお越しください。【市主催の記念事業に、ふるさと納税の寄附金を活用しています】

  • 2017年5月24日(水)9時40分

    北海道広尾町

    公園遊具設置等工事の紹介

    地域コミュニティの場であり、子どもから高齢者まで多くの町民の方が憩いの場として利用する公園を、誰もが安心して利用できる環境にするために皆さまからいただいたご寄附を活用して公園内遊具の修繕や更新を実施いたします。
    経年により劣化してしまった公園内の滑り台、シーソーやベンチの修繕や更新を行い、子どもたちが笑顔で遊べる、町民が安心して休めるよう環境整備を行っていきます。

  • 2017年5月23日(火)16時25分

    東京都清瀬市

    ~~銭湯で救出された有名漫画家制作の壁画保全~~

     
     この壁画は、1987年に開催された「緑化フェア」で企業バビリオンに展示されるために有名漫画家8人(手塚治虫、やなせたかし、佐川美代太郎、多田ヒロシ、長新太、馬場のぼる、前川かずお、柳原良平)により、「未来の街づくり」をテーマに描かれました。イベント終了後、巡り巡って、1999年に廃材として清瀬市内の銭湯にやってきました。その後、その壁画の価値に気づいた銭湯経営者が市内の芝山小学校に寄贈しましたが、より多くの方に見てもらおうと、2006年に児童センターに移設され公開されてきました。
     
     みなさんの寄附金を活用して、壁画の保全作業や、子どもたちの絵画等を展示できる掲示板の設置とともに、漫画家8人の絵本や漫画約160点を購入しました。

     是非、清瀬市に見に来てください。

  • 2017年5月23日(火)14時22分

    埼玉県東松山市

    理科教育研究発表会の充実

     皆様からの寄附金を財源とする「ノーベル物理学賞受賞梶田隆章基金」を活用し、理科に対する関心・意欲を喚起させ、賞をもらった児童生徒の実績を褒め称えるため、東松山市理科教育研究発表会の作品の中で、特に優秀な作品に対し「梶田隆章博士ノーベル賞記念賞」を授与し、副賞を贈呈しています。平成28年度の受賞作品は下記のとおりです。
     なお、受賞作品は、東松山市総合会館1Fの梶田博士の展示コーナーに併設展示していますので、是非見に来てください!
    《平成28年度の受賞作品》
    松山第二小学校(科学クラブ) 研究題目「小鳥の歌がきこえる」
    【埼玉県理科教育研究発表会 比企地区発表会 優秀賞】
    野本小学校(個人) 研究題目「手作りのろ過装置で ろ過はどこまでできるのか」
    【埼玉県理科教育研究発表会 比企地区発表会 優秀賞】
    北中学校(科学部)研究題目「日本の未来を考える~風力発電を洋上に浮かせよう~」
    【埼玉県理科教育研究発表会(中学校の部) 最優秀賞】

  • 2017年5月23日(火)14時03分

    愛知県南知多町

    平成28年度のふるさと納税の使い道を公開しました

     平成28年度寄附金の使い道について、各分野において活用させていただいた実績を町ホームページにて公開いたしましたので、お知らせいたします。
    http://www.town.minamichita.lg.jp/main/kensa/furusato_menu.html#third
     ご寄附をしていただきました皆様、ありがとうございました。今後も南知多町へのご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • 2017年5月23日(火)10時15分

    愛知県大府市

    認定保育室入所の第2子に対する補助拡充

    市立・私立保育園のような「認可保育所」へ通うこどもの保育料軽減制度との均衡を図るため、市内にある認可外保育施設の中でも基準を満たした保育施設を「大府市認定保育室」とし、平成29年度から第2子に対する補助を拡充します。

  • 2017年5月22日(月)14時50分

    茨城県小美玉市

    同窓会事業に活用させていただきました!

     本市における人口減少対策の一環として、同窓会開催を支援し、旧友との再会の場を設け、地域経済の活性化や定住を促進するとともに、ふるさとへの回帰のきっかけづくりを目指すため、市内の飲食店や施設等で開催される同窓会に係る経費の一部を助成しています。同級生や親しい友人との懇親の中で、定住施策等の情報を話題にしていただくなど、同窓会がUターンをより現実的に考えていただけるきっかけとなれば幸いと考えています。すでに参加者のなかには、地元へのUターンについて真剣に考えている方が多数いらっしゃるとの事です。この事業の一部に皆様からいただきましたふるさと寄附金を充当させていただきました。ご寄附ありがとうございました。

  • 2017年5月19日(金)19時50分

    北海道音更町

    平成29年度寄附金の充当予定事業について

    北海道十勝・音更町(おとふけちょう)の平成29年度充当予定事業の一部をご紹介いたします。
    引き続き音更町への応援をよろしくお願いいたします。

    ◆小学校の35人学級の実施
     少人数学級等の指導によるきめ細やかな教育を推進するため、35人を超える学級を有する小学校に対し、町費により臨時教諭を配置します。
    ◆みのり~むフェスタおとふけ事業
     地産地消や食育の推進のため、本町の一大イベント「みのり~むフェスタおとふけ」の実行委員会に費用の一部を助成します。
    ◆ふるさと介護福祉士育成支援事業
     介護福祉士の人材育成と確保のため、町内にキャンパスを構える帯広大谷短期大学の社会福祉科介護福祉専攻へ進学する学生に対し、授業料、教科書購入費等の一部を助成します。
    ◆潤いと思いやりの地域づくり事業補助
     高齢者の見守りや地域環境美化など、町内会等が取り組む自主的な活動を支援します。

  • 2017年5月19日(金)18時02分

    北海道深川市

    皆様のご寄付でりんご園を整備しました。

    深川市では、地元特産品の「ふかがわシードル(りんごの微炭酸酒)」の安定的な原料確保のため、平成28年度中に皆様からお寄せいただきましたふるさと納税を活用し、りんご園を整備しました。植栽したりんごの苗木は今、開花の時期を迎えており、5年後には原料として出荷する予定です。
    地元で栽培したりんごを使って、地元で醸造している「ふかがわシードル」をぜひ、一度ご賞味ください。(ふかがわシードルは、寄附金額8,000円、9,000円、10,000円、12,000円、30,000円のお礼の品としてご用意しています。)

  • 2017年5月19日(金)11時44分

    鹿児島県鹿屋市

    「ブックスタート事業」をサポートしています

     絵本を介して親と子の心ふれ合う時間を持つことの大切さを知らせ、親子の絆づくりを図るきっかけとすること、また、親の子どもへの本の読み聞かせの意欲を育成するとともに、乳幼児から本に親しむ習慣を身につけることを目的に「ブックスタート事業」を実施しています。
     健康増進課が行う7ヶ月児健診において、市立図書館スタッフによる絵本の読み聞かせを実施し保護者に読み聞かせのポイントを知らせるとともに、絵本を配付しています。

  • 2017年5月17日(水)15時10分

    福岡県宗像市

    離島観光バス「グランシマール」にヤギも喜ぶ!?

    ふるさと寄附を活用し、離島の定期観光バス「グランシマール」の運行を開始することができました。島内の観光名所をぐるーっと周遊でき、観光客はもちろん、島民や島内のヤギさんも活気づいています!

  • 2017年5月17日(水)11時43分

    京都府

    寄附金でどの文化財を修理するか調査を行っています

    京都府では、いただいた寄附金をすべて文化財保護のために使用しています。
    現在、文化財所有者の皆様から補助申請があった修理事業について、現地調査を実施し、被害状況や緊急性を確認しています。

    この日訪れた寺院では、勅使門の修理を希望されています。
    現場に行ってみると、江戸時代に建てられ、屋根の前後に唐破風を備えた立派な勅使門の屋根全体に苔が繁茂し、経年劣化により屋根材の腐食が進んでいました。一部は損傷がひどく、穴が開いてしまっていました(写真の赤い丸で囲んだ部分)。このまま放置しておくと、門全体の保存に影響する恐れがあり、緊急性は高いと判断しました。

    いただいた寄附金で、どの文化財を保存修理するかは、最終的には文化財の専門家の会議で決定いたします。

    一つでも多くの文化財を未来に残せるよう、皆様の御寄附をお願いいたします。

  • 2017年5月16日(火)18時39分

    島根県西ノ島町

    平成28年度 ふるさと納税についてのご報告

    昨年度たくさんの皆様からご寄附いただいたふるさと納税についてのご報告を西ノ島町HP(以下のURL)へ掲載いたしました。
    http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/furusato/

  • 2017年5月15日(月)18時02分

    鹿児島県志布志市

    おかげさまで図書館に新刊が追加されました!

    志布志市では、子どもの読書活動を推進するために、「1日20分読書」運動に取り組んでおります。読書は子どもが言葉を学び、感性をみがき、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身につけていくうえで欠くことのできないものです。この運動は、全ての子どもが1日に少なくとも 20分程度の時間を読書に親しんでもらえるようにするものです。特に、家庭や学校はもちろん、部活動や少年団活動のとき、また、外出するときなどにも「いつも身近に1冊の本がある」という環境をつくり、読書の習慣を身に付けてほしいと考えています。
    そこで、今回皆様のご寄附を「図書購入整備事業」の一部に充当させていただきました。

  • 2017年5月11日(木)17時00分

    山形県天童市

    2017ニコニコ超会議に参戦!!

    いただきました御寄附を活用し、4月29日~30日、幕張メッセ(千葉県)で開催されたニコニコ超会議に協賛者として出店しました。これは、国内最大の動画共有サイト"ニコニコ動画"の関連新機能などの発表会を含めた総合イベントで、2日間で約15万4000人が来場し、天童市は、囲碁・将棋ブースで3月のライオン仕様・書き駒体験や彫駒の実演のほか、特産品の販売、ふるさと納税のPRなどを行い、ステージイベントや体験コーナーでは多くの来場者で賑わいました。
    天童市では、将棋のまちの振興にこれからも一層尽力してまいりますので、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

  • 2017年5月10日(水)10時32分

    新潟県小千谷市

    平成28年度実施事業(教育・文化・スポーツ分野)

    平成27年度に皆さまからいただいた寄附金をもとに、さまざまな事業に活用させていただきました!
    平成28年度に実施した「教育・文化・スポーツ分野」の事業をご紹介します。

    ■絵本作家講演会を開催!
    絵本ライブを開催し、作家本人による読み聞かせや子どもたちからアイデアを出してもらいながら一枚の大きな絵を描きあげるライブペイントを行いました。

    ■小千谷縮製作体験講座を開催!
    ユネスコ無形文化遺産にも登録されている小千谷縮の製作技術を体験できる講座を開催し、小千谷縮の歴史や技術などを学び、いざり機による織り体験や小千谷縮布の雪さらしを体験しました。

    ≪その他の活用事業≫
    ■中学校生徒の机・椅子整備
    ■憩の広場造成
    ■トレーニング機器整備

  • 2017年5月8日(月)19時26分

    熊本県芦北町

    皆さんのチカラをカタチへ!

    本町では、寄附申し込みの際に、使途に関し「寄附金のうち500円をカンボジア学校建設のために寄附する」という項目を設けています。
    寄附を希望された方からお預かりしていた寄附金156万円(3,120件分)を、4月25日に竹﨑町長から芦北町国際交流協会へ贈呈しました。
    カンボジア学校建設には学校の規模にもよりますが、700万円~1,000万円の費用が必要となります。
    皆様からの寄附金は、6校目の建設に活用させていただきます。

  • 2017年5月8日(月)18時00分

    北海道大空町

    平成28年度寄附の実績と使途について

    平成28年度に頂戴いたしました寄附の実績と使途を大空町ホームページにて公表しております。
    平成28年度の寄附金の合計は 件数:1,382件、金額:51,522,000円となりました。
    全国の皆様から戴きました寄附金は地域に有用に使わせていただいており、また、大変な励みとなっております。
    今後とも、北海道大空町をどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 2017年5月4日(木)17時32分

    兵庫県多可町

    「未来に残そう多可の公園コース」を新設しました

    子どもが元気にすくすく育つための公園を未来に残す事業に活用します。
    特に多可町立北播磨余暇村公園には、関西第2位の長さを誇る「妙見スカイローラー」があり、子どもたちに大人気です。この「妙見スカイローラー」の総延長を関西第1位、全国第1位をめざします。
    子どもたちのため利用しやすい公園の整備に寄附金を活用します。

使い道で選ぼう!

ふるさとチョイスCafe
北海道夕張市 ReSTART
ワンコ殺処分0
ワンストップサービス
ドコモ ケータイ払いでおとってもラクラクふるさと納税

ふるさと納税とは?

クラウドファンディング

GCF(ガバメントクラウドファンディングとは

季節特集

ページ内の一番上へもどる