チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

自治体からの使い道情報

  • 2017年9月22日(金)19時40分

    岐阜県池田町

    まちの生活を支える「養老線」を守りたい

    養老線存続に向けて新たな取り組みも行いました。
    岐阜市の青山中学校の奥田先生は地方創生とふるさと納税を題材に、全国のガバメントクラウドファンディングの4つのプロジェクトのうち、どれに寄附したいかを聞くという研究授業が行われ、近くにある養老鉄道のプロジェクトへも理解が進むうちに生徒たちの得票を集めました。「大人は存続の危機を知っているが、子どもは知らないのでもっと周知した方がいい」という意見が出ました。
    このように養老鉄道のことは町外にも存続の機運が高まっております。

    岐阜県池田町は養老鉄道運営のためにふるさと納税を使っています。

  • 2017年9月22日(金)19時30分

    鹿児島県霧島市

    霧島市は人と環境が共生するまちを目指しています!

    【霧島市お礼の品は画面上部のタブ「お礼の品」をクリック!】

     霧島市では、身近な生活環境から地球温暖化などの地球規模の環境問題までを総合的に捉え、長期的な視点で問題を解決していくために、平成20年度から平成29年度までの10年間を計画期間として、市民、事業者、市が一体となって本市の良好な環境を将来の世代へ引き継いでいこうという思いのもと「霧島市環境基本計画」を平成20年3月に策定しています。
     平成29年度に、現行計画の計画期間が終了することから、近年の本市を取り巻く情勢に応じた取組や地球温暖化などの対策をこれまで以上に総合的かつ計画的に進めるため、現行計画を継承しながら「第二次霧島市環境基本計画」の策定に取り組んでおり、皆様から御寄附いただきました「ふるさと納税」を、本計画策定に要する経費に活用しています。

  • 2017年9月22日(金)16時30分

    岐阜県美濃加茂市

    地区出身のプロミュージシャンを応援しています

     美濃加茂市内のまちづくり協議会の一つ「山之上まちづくり協議会」では、10月1日に山之上コミュニティセンターにおいて「山之上ミュージシャン演奏会第1弾」を開催し、地区出身のプロミュージシャンを応援します。今後も第2弾、第3弾の演奏会が予定されています。詳細は、市ホームページをご覧ください。
     この演奏会は、地域の住民が、元気に楽しく活発な地域づくりを推進するための「まちづくり協議会事業」の一つとして実施するもので、ふるさと納税でいただいたご寄付の一部を活用しています。皆さんのご理解とご支援をよろしくお願いします。

  • 2017年9月22日(金)9時12分

    山梨県富士吉田市

    美しい富士山を守るために私たちに出来ること。

    富士山を愛する多くの人々の思いを結集し、保護と適正な利用のもとに富士山を国民の財産として、また世界に誇る日本のシンボルとして後世に引き継いでいくため、富士山や周辺地域のゴミの持ち帰り運動や清掃用ゴミ袋の配布等、美化活動の推進を図っています。

  • 2017年9月21日(木)20時35分

    岐阜県富加町

    すこやか赤ちゃん誕生お祝い事業に活用しています!

    富加町の次世代を担う子の出産を推奨し、子育てに伴う家計の負担軽減を図るため、赤ちゃんに対して、誕生記念品をお渡ししています。
    皆様から頂いた大切な寄附金を利用させていただいています。

  • 2017年9月21日(木)20時05分

    福岡県大川市

    小学校教室へ空調設備を設置しました

    大川市では、平成29年8月に市内のすべての小学校の教室に空調設備を設置しました。8校合計85台の設置費用の一部に、全国の皆様からいただいた「ふるさと納税」を活用させていただきました。
    皆様からの貴重なご厚志により、子どもたちが、より健やかな学校環境の中で、充実した時間を過ごすことができるようになりました。

    今後も子育て支援や子どもたちの学力向上のための事業をはじめとして、子どもたちが「大川市」を誇れようなまちづくりに、寄附金を大切に活用してまいります。
    皆様の応援をよろしくお願いいたします。

  • 2017年9月21日(木)14時47分

    熊本県水俣市

    水俣高校スーパーグローバルハイスクール事業を支援

     水俣市は、平成8年にオーストラリアのデボンポート市と姉妹都市締結を行い、平成28年で20周年を迎えました。
     そこで、平成29年3月に、水俣市の訪問団がデボンポート市を訪問し、両市の今後更なる友好関係の促進を約束しました。
     今回の訪問では、平成28年4月に、国(文部科学省)からスーパー・グローバル・ハイスクールの指定を受けた水俣高校の生徒6人も同行し、ホームステイや学校訪問等を体験する中で、英語によるコミュニケーションにチャレンジしました。
     参加した高校生たちが将来、友好の架け橋となって「グローバル・リーダー」として活躍するのが楽しみです。

    ※画像:現地の高校で水俣高校の取組等について英語でプレゼンテーションする水俣高校生

  • 2017年9月21日(木)10時05分

    佐賀県NPO支援

    【浜-街交流ネット唐津】寄附活用のご報告

    佐賀県(NPO支援)のふるさと納税により事業を実施しているNPO法人浜-街交流ネット唐津は、漁業者と消費者との交流による漁業の活性化に取り組まれています。今年の夏も子どもたちの魚のさばき方教室やところてん作り体験などさまざまな交流イベントを行われました。詳しくは団体HPをご覧ください。https://www.karatsu-hama.net/

  • 2017年9月20日(水)15時50分

    北海道浜頓別町

    浜頓別町交流館建設事業に対するご支援について

    浜頓別町では、子どもから高齢者、障がい者も健常者も、町民誰もが気軽に交流でき、あわせて町の総合案内と宣伝機能を有し、観光情報や土産品、特産品など、様々な情報を内外に発信できる拠点として、さらには町に訪れる人たちもくつろぎ、町民がこうした人たちとも交流できる施設として整備することにより、各産業の振興とまちの賑わいづくりに寄与し、地域の元気創出、地域創生に寄与することを目的として「浜頓別町交流館」を建設することを決定しました。平成29~30年度の2カ年で建設工事を実施していきます。事業趣旨に賛同していただける皆様のご支援をお願いいたします。

  • 2017年9月20日(水)10時44分

    高知県越知町

    1歳6か月児、2歳児健診を行いました。

    9月20日に1歳6か月児、2歳児健診を行いました。

    健診では、保健師さんによる問診や、歯科健診、歯科指導、希望者には歯にフッ素塗布をしてくれます。
    また、栄養指導や小児科医による小児健診も行われました。

    今回の健診では、臨床心理士さんをお招きし、子供の遊んでいる様子などを見ながら
    問診だけではわかりづらい、お子様の発達の様子を見ていただきました。

    1歳6か月、2歳、3歳とそれぞれ年に3回ほど越知町では健診を行っております。
    さらにこの充当金の中から妊婦・乳児健診も行わせていただいております。

    越知町ではこれからも健診を続け、元気なお子様がたくさん増えてくれることを願っています。

    今後も皆様から頂いた寄付金を「町長が街づくりのために必要と認める事業」に使わせていただきます。
    ふるさと寄附金充当額¥4,087,000円

  • 2017年9月19日(火)13時57分

    北海道士幌町

    美濃市・士幌町小学生フレンドシップ交流事業

     皆さまからの寄附を活用させていただいた「都市小学校交流活動助成(美濃市・士幌町小学生フレンドシップ交流事業)」が無事に終了しましたので、報告させていただきます。
     士幌町は、岐阜県美濃市から入植した開拓団によって開墾が進められ、今日の基礎がつくられた歴史があります。平成6年には、姉妹都市提携が結ばれ、以来、両市町が地域の特性を活かしながら、子ども達の交流を通じ、相互の友好を深めています。
     今年は、7月28日から本町の小学校6年生の児童52名が美濃市を訪れています。
     世界遺産となった美濃和紙や重要伝統的建造物群保存地区である「うだつの上がる町並み」など、士幌町には無い歴史と文化を知る体験は、子ども達にとって貴重な体験となりました。
     改めて、皆さまからの寄附に対して感謝申し上げます。

  • 2017年9月18日(月)14時39分

    佐賀県みやき町

    【産前産後事業】ママ赤ちゃん「子育ち子育て」応援

    <産前産後事業を行っています>
    全国の皆様からの佐賀県みやき町へのご寄附、誠にありがとうございます。
    みやき町は、笑いがあふれる長寿のまちにしていきたい、そんな想いから「健幸長寿のまち」宣言をしています。
    ふるさと納税で頂いた貴重なご寄附を、みやき町ではママと赤ちゃんのために活用させて頂いています!

    産まれてきた赤ちゃんと育児に頑張るママを応援する「子育ち・子育て」産前産後支援事業として、助産師・看護師・ストレスケアカウンセラーがみやき町の「赤ちゃん」をサポートします。
    妊娠・出産の大切な時期を安心して過ごせるように、妊娠中や産後ケアの支援をみやき町の委託により行っているNPO法人「心ゆるり」の産前産後サポートステーション事業に役立てます。

  • 2017年9月17日(日)13時37分

    大分県佐伯市

    食のまちづくりによる豊かなまちをつくります!

    佐伯市は、全国でも珍しい「食のまちづくり条例」を制定し、多彩な「佐伯の食」を発信するために、地域の食材を学校給食に盛り込む「さいき活き活き献立の日」や「子どもがつくる弁当の日」などユニークな取り組みに「ふるさとさいき応援寄附金」(ふるさと納税)の一部を活用させていただいています。

  • 2017年9月17日(日)12時21分

    鹿児島県鹿児島市

    ★来年のNHK大河ドラマは「西郷どん」です!

    2018年に放送されるNHK大河ドラマは「西郷どん(せごどん)」です。
    鹿児島の下級武士の家に生まれ、明治維新で大きな役割を果たした西郷隆盛の生涯が描かれます。
    鹿児島市では、2018(平成30)年に明治維新から150周年という大きな節目を迎えるにあたって、現在、「明治維新150年カウントダウン事業」として、明治維新までの激動の時代を歩んできた薩摩藩の足跡を振り返るイベントなど様々な取組を実施しております。
    皆様からのふるさと納税も「大河ドラマ「西郷どん」プロジェクト推進事業」に使われています。
    ぜひ、ふるさと納税を通じて、明治維新150周年の節目の年を盛り上げていきましょう!

  • 2017年9月16日(土)17時05分

    北海道遠別町

    教育情報化に活用しています!

    遠別町では、子どもたちの学力向上へのきっかけづくりとして教育の情報化に取り組んでいます。
    全国の皆様からの寄附を活用し、小学校に大型モニター2台を整備しました。
    大型モニターを活用することで子どもたちにわかりやすく、ていねいに伝えることができます。

    あらためて、皆様の寄附に感謝に申し上げますとともに、今後とも北海道 遠別町へのご支援とご協力をどうぞ、よろしくお願いいたします!

  • 2017年9月16日(土)15時43分

    埼玉県宮代町

    寄付の成果~10月14日に婚活イベント開催~

    (農のあるまちづくりより活用)                                                                      宮代町の定住人口の増加と町内の商工業のさらなる活力を呼び込もうと、婚活の実施が決定しました。
    今回はを稲刈りを体験しながら楽しく婚活!
    稲刈り体験を楽しみながらの交流タイムは人気のイベントです。都会から少し離れた自然いっぱいの宮代町の秋空の下での新たな出会いを応援します。
    宮代町外の方でも参加可能です 詳細と申し込みは↓にてお願いします。       
    http://www.atarasiimura.com/sannka/#konkatu

  • 2017年9月15日(金)16時21分

    鹿児島県南九州市

    日本茶ブランド・知覧茶のファン化,始めています!

    鹿児島県南九州市は,国内最大級のお茶の産地です。
    全国茶品評会でも数々の賞を受賞するなど全国的に高い評価を得ている美味しいお茶です。
    しかし,知覧茶は,荒茶生産(お茶問屋に流通し製茶=商品化される)が主で,お茶関係者や愛飲家など知る人ぞ知るお茶ブランドであるものの,全国はもとより九州でもその認知度は低い(消費拡大が図られていない)ままです。
    良質なお茶をつくるプロですが,飲食店やお茶販売店で知覧茶に触れる機会も少なく,更に日本茶自体の消費も低迷していることから,先ずはお茶を飲む,触れる機会の創出を積極的に図っているところです。
    平成28年度は,市内外でPRや現地イベントの開催,お茶の食育などに使用させていただきました。ふるさと納税(ご寄附)いただいた皆様,ありがとうございました。
    本市へのふるさと納税のお礼の品としても「知覧茶」をバラエティー豊かにご用意しておりますので,応援よろしくお願いします。

  • 2017年9月15日(金)15時00分

    石川県羽咋市

    若い世代の子育て支援に活用しています!

    石川県羽咋市(はくいし)では、地方創成として若い世代が子育てしやすいまちを目指し、子育て支援の充実にも力を入れています。
    その一つとして、子育て家庭の保育サービスなどの経済的負担を軽減するために、「医療機関での任意予防接種」、「チャイルドシート・ジュニアシートの購入」、「保育所(園)や認定子ども園での一時保育」「ファミリーサポートセンターでの援助活動」などに利用できる『子育て応援券』を交付しています。
    皆様に寄付していただいたふるさと納税寄付金は、地域の未来を担う子ども達の健やかな育成のため、子育て支援の充実に活用させていただいております。

  • 2017年9月15日(金)14時45分

    千葉県南房総市

    特別支援教育総合推進事業を実施しています

    特別支援教育支援員を配置し、発達障害等、何らかの特別な配慮を要する園児・児童・生徒に対して、日常生活や学習活動の支援をすることで、健やかな成長を助け、他の園児・児童・生徒も含めて、安全・安心に過ごせるよう支援を行います。

  • 2017年9月15日(金)13時54分

    山形県東根市

    平成28年度東根市ふるさとづくり寄附の概要を公表

    東根市ふるさとづくり寄附条例第8条及び同施行規則第5条に基づき、運用状況について、東根市ホームページに公表しました。
    寄附をいただいた皆様には、厚くお礼申し上げます。
    【内容】全額、東根市ふるさとづくり基金への積み立てを行い、基金から990,000,000円を一般会計へ繰り入れ、東根市ふるさとづくり寄附条例施行規則第2条第1号から第13号の全事業へ充当しました。
    ※ http://www.city.higashine.yamagata.jp/files/20170914090001.pdf に公表しています。
    ※ 写真は、充当事業となっている「果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」です。

  • 2017年9月15日(金)12時58分

    茨城県境町

    全国初!フィリピン人英語教師招聘

    「スーパーグローバルスクール事業」
    最先端の英語教育によるグローバルな人材の育成を目的として、フィリピン共和国から英語教師を招き、地方自治体・公立学校としては、全国的にも非常に先進的な英語教育を導入します。小中一貫の英語教育カリキュラムを視野に入れながら、総合的な学習の時間等を活用して英語学習の時間を確保して、小学校1年生から日常的に英語に触れる環境を整えることで英語への苦手意識をなくし、小中学校9年間を通して、英語力の基礎を養い、グローバル社会で活躍できる人材を育成し、小学校6年生で英検3級、中学校3年生で英検2級到達を目指します。

  • 2017年9月15日(金)11時11分

    北海道厚岸町

    友好都市「山形県村山市」の子ども達と交流しました

     厚岸町と山形県村山市とは、江戸時代の北方探検家『最上徳内』と深いつながりを持つことをきっかけに昭和59年から交流が始まり、平成3年に友好都市の盟約を結びました。
     両市町間の交流の一つとして、それぞれの子ども達がお互いの地域の風土や文化に触れ、野外活動交流などを通じて絆を深めるとともに、自分で問題を解決し新しい状況を切り開く「活きる力」を育むため、皆様からいただいた寄附金の一部を活用して、厚岸町の小学生15人が村山市を訪問する事業を実施しました。
     参加した子ども達は、最上徳内記念館などで歴史を学んだほか、スイカの収穫やプルーンもぎ、箱船に乗ってのじゅんさい収穫など、厚岸では決して体験できない貴重な経験をすることができました。
     厚岸から遠く離れた環境の中での体験を通して、子ども達は一回りも二回りも成長したことと思います。
     交流の思い出が子ども達の宝物となることを願います。

  • 2017年9月14日(木)21時15分

    群馬県昭和村

    寄附金の使い道報告

    いつもやさい王国・昭和村を応援いただき、誠にありがとうございます。
    昭和村は平成28年4月からふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を利用したインターネットによる寄付受付を開始し、その結果全国の都道府県の皆様からたくさんのご寄附をいただきました。
    そして今年の4月、皆様からいただいた寄附金を利用して3台の自動車(トラック、ワゴン車、軽自動車)を購入することが出来ました。以前使用していた車はかなりの年数が経ち、劣化が目立っていたのでとても助かっています。今回購入した自動車たちは昭和村で開催されるお祭りや小中学生の社会見学、ゴミの撤去など村内業務各種で大活躍する予定です。今後も皆様からいただいた応援の気持ちを無駄にすることなくより良い村づくりに頑張っていきます!!本当にありがとうございました!

  • 2017年9月14日(木)12時19分

    宮崎県三股町

    「みまたモノづくりフェア2016」を開催しました

    陶芸、木工品、ガラス細工など様々な工芸品を九州各地から集めた展示販売会「みまたモノづくりフェア2016」を、6月17日から19日の3日間開催いたしました。
    会場の外では、三股町の美味しいものが並ぶ飲食コーナーもあり、前日には町内の小学校でワークショップも開催されました。
    県内外から多くの方々にお越しいただき、大盛況の内に終わりました。
    「工芸のまち、みまた」の定着を図ることができ、県内外に「みまたモノづくりフェア」の認知度があがってきたと実感しています。
    三股町へご寄附くださった皆様、ありがとうございました。

    ※今年の「みまたものづくりフェア2017」については、また後日ご報告させていただきます。

    ◆寄附金充当額:1,500,000円
    ◆活用事業:ものづくりフェア事業
    ◆使い道メニュー:その他町長が必要と認める事業

  • 2017年9月13日(水)17時35分

    岐阜県八百津町

    人道の丘公園大型遊具の大規模改修を行いました!

    八百津町出身の元外交官杉原千畝氏が、第二次世界大戦の最中混乱と激動の欧州リトアニアの地において、自らの危険と困難を顧みず下した人間愛に満ちた勇気ある決断に対し、その功績を称え、後世に伝えるため記念公園が【人道の丘】です。
     公園は、同氏の生前の望郷の念から八百津の街が一望できる丸山ダムのほとり緑豊かな高台に位置しています。近隣にはめい想の森、丸山ダム、旧八百津発電所資料館等もあり四季を通して多くの観光客で賑わい、周辺は新丸山ダム建設事業により大きく変貌しようとしています。

    休日には、たくさんの家族連れや杉原千畝記念館を訪れた観光客で賑わう公園(遊具)も、皆さまのご支援ご協力のもと修繕を行うことできました。

    ご協力頂きました寄附者の皆様、大変ありがとうございましたm(__)m

    寄附金の使い道【2.快適な生活を過ごせる安心・安全なまちづくり 】

  • 2017年9月13日(水)11時59分

    北海道鷹栖町

    町産の食材を使用した給食の日

    9月8日(金)に鷹栖・北野小学校、鷹栖中学校で鷹栖町産の食材のみを使用したメニューの日、「鷹栖町産給食の日」を実施しました!
    献立は「鷹栖町産米」、「鷹栖牛シチュー」、ジャガイモやタマネギを使用した「たかすコロッケ」、キュウリやトウモロコシを使用した「野菜サラダ」、トマトジュース「オオカミの桃」
    子どもたちは「いつもよりおいしく感じる」、「また食べたい」などと笑顔で話し、給食の時間を楽しんでいる様子でした♪

  • 2017年9月11日(月)16時50分

    北海道根室市

    北海シマエビの種苗生産に活用しています

    根室市は、皆様からの寄附金を財源とする「ふるさと応援基金」を活用し、「ひと」と「しごと」を呼び込むプロジェクトを推進しています。

    その一環として、根室市水産研究所において生産した「北海シマエビ」(稚エビ)の放流事業を実施しており、本年度は稚エビ2万尾を根室半島沿岸に放流しました。稚エビは約3センチで2年後には成熟して産卵ができるようになります。この種苗生産・放流事業は今年で3年目となり、今後もさらなる生産技術の向上を目指し、前浜資源の増大に努めて参りますので、引き続き、皆様の応援を宜しくお願いいたします。

  • 2017年9月9日(土)20時30分

    鹿児島県鹿屋市

    「地域コミュニティ推進事業」に活用しています。

    鹿屋市は、地域の課題解決と活性化を推進するため「地域コミュニティ協議会」の設置推進と活動支援を行っています。
    現在、「高隈地区コミュニティ協議会」と「美里吾平コミュニティ協議会」があり、地域の方々は、日々話し合いを重ねながら、地域の課題等の改善に主体的に取り組まれています。
    『写真』は、高隈地区コミュ協の「お田植え行事」の様子です。
    炎天下の中、また途中で桜島の灰が降る中、保育園児、小・中学生、先生方、保護者の方、地域のみんな約190名でうるち米とモチ米を植えました。
    モチ米は、毎年2月に中津神社で行われる「かぎ引き祭り」に奉納するものです。
    田植え終了後には、地域のご婦人方や保護者の方々が作って下さったオニギリ弁当をいただきました。
    ちなみにオニギリのお米は、昨年、同じ田んぼで収穫したコミュニティ米です。
    田植え後にみんなで一緒に外で食べるオニギリ、卵焼きは格別です。

  • 2017年9月8日(金)15時50分

    岩手県陸前高田市

    広田湾産イシカゲ貝のPRポスターを作製しました

    【イシカゲ貝・生産体制強化支援事業費】

    エゾイシカゲ貝はトリガイに似ていて、濃厚な甘みとコリッとした食感、タウリンなど栄養価が高いのも特徴です。寿司ネタにも使われますが全国でも生産量が非常に少なく、一般的ではありませんでした。

    陸前高田の漁業者が養殖事業に取り組み、平成22年には生産量約32tまで規模を拡大しましたが、東日本大震災により壊滅してしまいました。途方に暮れた時期もありましたが、支援も受けながら環境を整え復活、平成26年から再び出荷することができました。平成31年には生産量100tを目標に取り組んでいきます。

    今回は生産だけでなく「広田湾産イシカゲ貝」という名前も広められるよう新たなデザインのポスターを2種類作製しました。皆様からのご寄附は陸前高田市の漁業のPRにも役立っています、本当にありがとうございます。

  • 2017年9月7日(木)14時00分

    福井県鯖江市

    『メガネストリート』を整備しました!!

    鯖江の街中をメガネだらけにするメガネーランド構想の第1弾として整備した「メガネストリート」が完成。鯖江駅東口の地下道から国道8号線へと続く歩道「メガネストリート」は、歩くだけでこっそりのぞいているたくさんのメガネに出会え、ちょっと面白そう、ワクワクする、鯖江に訪れた方が駅から一歩踏み出した途端に「メガネ!」を目いっぱい感じる、そんなメガネ一色のおもてなしでお迎えするストリートです!地下道を抜けると「めがねミュージアム」へと続きくこの歩道には、「眼鏡産業111周年」にちなみ、111個の“隠れメガネ”を散りばめられています。遊び心満載で楽しく闊歩できる「メガネストリート」をぜひたくさんの方に歩いてほしいと願っています。応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!
    ちなみに、このメガネーランド構想事業ですが、もちろんこれで終わりではありません。今度も、もっともっと夢あるストリートに進化していく予定です。

徳島県鳴門市
長崎県長崎市
宮崎県日向市
島根県浜田市
北海道夕張市 ReSTART

ページ内の一番上へもどる