ガバメントクラウドファンディング

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

自治体からの使い道情報

  • 2017年4月24日(月)10時31分

    徳島県海陽町

    海部小学校タブレット端末等購入事業

     教育環境の整備・充実のため、海陽町立海部小学校タブレット端末等購入事業に、ふるさとづくり寄附基金を活用させていただきました。
     1月の社会科学習では、子どもたちが手際よくタブレットを操作し、調べものをするなど、積極的に課題に取り組んでいました。また、発表の場面では、タブレット型端末にまとめた写真やオリジナルのイラストを資料として活用することで、活発な自己表現と意見交換を行うことができました。
     近年、全国的にもICT教育の導入に取り組む自治体が増加しており、学習意欲、思考力、判断力などの向上に繋がることが期待されています。

  • 2017年4月22日(土)16時30分

    宮崎県延岡市

    東京オリンピック・パラリンピックホストタウン事業

    2020年東京オリンピック・パラリンピックホストタウンの一次登録を大きな弾みに、事前合宿誘致の実現に向けて、様々な取組を通してドイツとの更なる交流・連携を図っていきます。

  • 2017年4月21日(金)20時00分

    群馬県

    ぐんまの動物愛護推進への寄附をお待ちしております

    群馬県動物愛護センターでは、迷い犬として収容され飼い主からの迎えがない犬、飼えなくなったからと放棄された犬たちに、新しい家族を見つけるための譲渡事業を実施しています。
    譲渡される犬には、獣医師による健康診断や感染症を防ぐためのワクチン接種、寄生虫の検査を実施し、必要に応じて、治療や投薬を行います。それぞれの犬の健康状態を確認し、必要なケアやフードも選択しています。
    また、その犬たちが新しい環境でも不安にならないように音楽を聴かせたり、人に対する社会性を養うために職員や多くのボランティアさんが散歩などをしています。
    できる限り多くの犬たちに生存の機会を与えるために事業を展開していますが、さらなる事業の充実・拡大のためにご支援をよろしくお願いいたします。
    詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください。
    http://www.pref.gunma.jp/04/p13210012.html

  • 2017年4月21日(金)10時45分

    佐賀県みやき町

    【産前産後事業】ママ赤ちゃん大応援します!!

    <産前産後事業を行っています>
    全国の皆様からの佐賀県みやき町へのご寄附、誠にありがとうございます。
    みやき町は、笑いがあふれる長寿のまちにしていきたい、そんな想いから「健幸長寿のまち」宣言をしています。
    ふるさと納税で頂いた貴重なご寄附を、みやき町ではママと赤ちゃんのために活用させて頂いています!

    産まれてきた赤ちゃんと育児に頑張るママを応援する「子育ち・子育て」産前産後支援事業として、助産師・看護師・ストレスケアカウンセラーがみやき町の「赤ちゃん」をサポートします。
    妊娠・出産の大切な時期を安心して過ごせるように、妊娠中や産後ケアの支援をみやき町の委託により行っているNPO法人「心ゆるり」の産前産後サポートステーション事業に役立てます。

  • 2017年4月21日(金)10時17分

    佐賀県NPO支援

    【とす市民活動ネットワーク】木育ひろばの開催

     NPO法人とす市民活動ネットワークは皆様からいただいたふるさと納税を活用し、木のおもちゃで遊ぶ触れ合いのスペース「子育て応援サロン 木育ひろば」を運営しています。
     市民の集まりやすいショッピングモールの一角を利用しているため、公園や子育て支援センターとは違った雰囲気で、子ども達と一緒にいろいろな世代や国籍を超えた交流も始まっています。地元の木工所をはじめ県産・国産材を使用し製作された薫り高いおもちゃで、いつも和やかな雰囲気の中、子ども達がのびやかに遊んでいます。皆様からの温かいご支援、ありがとうございます。
     次回は5月11日(10:30~13:00)、フレスポ鳥栖内フリースペースにて行います。お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。

     NPO法人とす市民活動ネットワークは、「私たちの好きなまちは私たちでつくろう」をモットーに、地域市民が元気にいきいきと暮らせるまちづくりを目指しています。引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。

  • 2017年4月20日(木)18時35分

    埼玉県宮代町

    寄附の成果~種から始める家庭菜園~

    新しい村のガラスハウスで
    「種から始める家庭菜園」を開催しました。
    今回は新しい村の生産者組合の
    矢部さん、高橋園芸さんに講師をしていただき、
    ご家庭での家庭菜園の方法を
    実践を交えて講座を行いました♪
    意外と一般家庭では使わないセルトレイや種用の土作りですが、
    こんな時にしか聞けないチャンス、
    皆様からたくさん質問がでました。
    高橋園芸さんからはお部屋の中で育てられるように
    バジル種とデザインポットをお土産に。
    大きくなったらキッチンで収穫用です。
    ご家庭で素敵な野菜を収穫できますように!
    そして種はぜひ新しい村でご購入をお願いいたします~☆

  • 2017年4月19日(水)21時55分

    佐賀県小城市

    熊本復興支援寄付金の授与について

    平成28年熊本地震の被害を受けた熊本市の熊本城修復再建等、災害復旧、復興事業を支援するために、佐賀県小城市を窓口とする災害支援寄附の受付を開始しました。
    ※ご寄附金額 427件 12,764,197 円

    平成29年3月31日に小城市長が熊本にて直接熊本市長に手渡しにて授与を行いました。
    今回ご寄附を頂いた寄付金は熊本城の修復等に使用させて頂きます。沢山のご寄附をありがとうございました。

  • 2017年4月18日(火)19時22分

    茨城県境町

    町民号で熊本地震復興支援!

    茨城県境町では昨年の熊本地震の際のふるさと納税代理受付をはじめ、継続的に熊本を応援しています。
    4月11日~13日の3日間で、熊本地震から1年が経過した熊本復興支援と、境町と友好交流都市協定を締結した佐賀県みやき町との交流を兼ねた「町民号」を開催いたしました。
    町民の皆様よりたくさんの応募をいただき、120名の方に参加していただきました。
    参加された皆様からとても良かったというお言葉をいただくとともに、お土産もたくさん買っていただき熊本地震の支援の一助になったのではないかと思います。

  • 2017年4月18日(火)15時59分

    栃木県栃木市

    寄附金の使い道を新たに1件設定しました

    平成29年4月から寄附金の使い道に、
    「栃木の消防力向上事業」を追加しました。

    この使い道では、
    市民の生命や財産を守る
    消防施設や消防装備の整備のために、
    寄附金を活用させていただきます。

    栃木市では、その他にも8つの使い道をご用意しております。
    皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

  • 2017年4月15日(土)15時56分

    徳島県鳴門市

    健康ジョギング教室・貯筋クラブ・キッズ運動教室

    糖尿病等生活習慣病の予防や、健康の保持増進を図るために、市民が運動を実施する、きっかけづくりにむけた教室を開催しました。身体への負担が少なく、ウオーキングより効果の高い、スロージョギングと、筋力アップを図るための貯筋運動を取り入れました。また、小児の肥満予防の一環として、医師の講演会の開催や、親子で楽しく運動することにより、身体をつくり、運動習慣を身に付けることを目的に運動教室を実施しました。

  • 2017年4月14日(金)11時00分

    埼玉県東松山市

    ノーベル物理学賞受賞梶田隆章基金

    ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章先生の生誕のまち東松山市では、「未来を担う子どもたちに、もっと科学に興味を持ってもらいたい」という梶田先生の想いをカタチにするため、ノーベル物理学賞受賞梶田隆章基金」を創設しました。
    子どもたちの「理科離れ」、「理科嫌い」という言葉を良く耳にしますが、東松山市では、より多くの子どもたちが科学(理科)に興味を持ち、「理科好き」になるような下記の取組について、基金を活用して実施していきます。
    1 理科教育に対する興味の高揚につながる事業
      ・理科展、理科研究発表会の充実
      ・梶田隆章文庫の設置
    2 科学の理論及び応用の研究支援につながる事業
      ・東松山理科セミナーの実施
      ・各中学校等への理科教育充実の支援
    3 科学をはじめとする学習の拠点の整備につながる事業
      ・梶田先生の研究をはじめ、科学を中心に学べる施設の設置

  • 2017年4月13日(木)13時14分

    茨城県小美玉市

    ご寄附によりグランドコンディションが向上しました

    全国の皆様からいただきましたご寄附を一部活用し、市内運動公園管理用の「乗用バロネス(草刈機)」を購入させていただきました。手作業での公園管理が大幅に軽減され、グラウンドコンディションも向上し、利用者からも好評です。ご寄附ありがとうございました。

  • 2017年4月11日(火)12時58分

    北海道根室市

    子育て支援の充実に活用しています

    皆様からの寄附金を財源とする「ふるさと応援基金」を活用し、建替支援をしてきた民間保育園がこの春オープンしました。
    今月4日には、新たな園児を迎える入園式が行われ、父兄や職員の暖かい眼差しに包まれながら、たくさんの子どもたちの笑顔が溢れておりました。
    寄附者の皆様からの「子育て支援に活用してほしい」とのメッセージを踏まえ、今後も多子世帯における第3子目以降の保育料無料化事業をはじめ、こども医療費の助成や乳児家庭への全戸訪問相談事業など、各種子育て支援の充実に取組んで参りますので、引き続き、皆様の応援を宜しくお願いいたします。

  • 2017年4月11日(火)11時00分

    福岡県宗像市

    「おいちゃんおはよー!」元気な声が響いています!

    全国の皆様からの福岡県宗像市へのご寄附、誠にありがとうございます!
    寄附の使途として「コミュニティ活動又は市民活動の推進」をご選択いただいた寄付金の一部を活用し、
    今年も地元の方の協力のもと朝の交通安全運動を開催することができました。
    安全に登校をすることはもちろんですが、実はこの場所は子ども達にとって大きな意義があると感じています。
    「おいちゃん、おはよー」から「○○ちゃん、今日は元気なかね。何かあったと?」「しばらく顔見らんかったけど、どうしたん?」
    「学校で□□があってね。。。」と交わされる会話は多岐に渡ります。
    この活動のように宗像市では子ども達を地域で育てることに力を入れております。

    将来子ども達が誇りに思えるふるさと創りに今後もご支援の程よろしくお願いします。
    あらためまして、コミュニティ活動にご支援いただき、誠にありがとうございます!

  • 2017年4月10日(月)14時50分

    北海道えりも町

    教育、文化活動の振興に関する事業

    ●町内小学校低学年児童教室内環境整備事業
     1・2年生児童用の学習机老朽化に伴う新JIS規格天板への更新
    ●町内小学校屋外教育環境整備事業
     笛舞小学校・東洋小学校・庶野小学校に鉄棒新設、砂場の整備
    ●中学校部活動振興事業
     部活動に対するユニフォーム更新補助
    ●中高連携部活動活性化事業
     中高連携吹奏楽部創設へ向けた楽器の修理・更新
    ●体育用具更新事業
     新体力テスト用具及び貸出用具備品購入
    ●スポーツ少年団活動応援事業
     ユニフォーム更新、遠征費等への補助金交付
    ●豊似湖活用調査事業
     豊似湖への入林者入込調査及び自然環境基礎調査
    ●えりも高校パソコン購入事業
     IT教室再構築にかかるパソコンの更新

  • 2017年4月8日(土)10時00分

    北海道広尾町

    新たな寄附金の使い道の追加について

    平成29年度から新たな寄附金の使い道として「子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり」を追加いたしました。
    都会の子どもたちに「家族のようなふれあい」や「大自然の雄大さ」「食や命の大切さ」を実感していただく機会として漁村ホームステイを実施しています。
    「子ども農山漁村交流から始めるまち・ひとづくり」へといただいたご寄附は、この漁村ホームステイ事業へと活用をさせていただきます。
    町内の漁家で子どもたちを受け入れ、ありのままの漁村生活を送っていただくことで、地域の価値を伝え、都市部との交流人口の増加や将来的な移住・定住、地域の産業振興・活性化を図っていきます。
    地域ページ内には、漁村ホームステイの紹介動画を公開しておりますのでぜひご覧ください。
    皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。

  • 2017年4月7日(金)15時32分

    愛知県西尾市

    美術博物館の建設に関する事業を追加しました。

    将来の文化・芸術の拠点となる美術博物館建設のために活用します。市民が貴重な作品に親しむ場所を創造します。

  • 2017年4月6日(木)16時17分

    高知県越知町

    寄附者の皆さんにきれいなお米をお送りします

    越知町では、ふるさと納税返礼品の「おち米」を寄附者の方にお送りする際に、よりきれいなお米にしてお送りしたいと考え、このたびふるさと納税を活用してお米の色彩選別機を購入しました。
    この色彩選別機を通せば色の悪いお米や不出来なお米などを取り除くことができ、よりきれいなお米だけにすることができます。今後、ふるさと納税でお送りする「おち米」については、この色彩選別機を必ず通してお送りさせていただきます。

    今後も皆様からいただいたふるさと寄附金を、産業・経済・観光づくりのための事業に使わさせていただきます。

    事業費:2,139,000円 ふるさと寄附金充当額1,070,000円

  • 2017年4月6日(木)14時52分

    秋田県鹿角市

    平成28年度にいただいた寄附金の使いみちについて

    平成28年度にいただいたご寄附は、「ふるさと鹿角応援基金」に積み立て、平成29年度の各事業に活用させていただきます。

    活用する事業を鹿角市ホームページに掲載しましたので、ぜひご覧ください。

    ●寄附金を活用させていただく事業
    http://www.city.kazuno.akita.jp/furusatonozei/4241.html

  • 2017年4月6日(木)13時59分

    愛知県知立市

    山車文楽で使用する山車を修復にご協力ください!

    ユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形民俗文化財である「知立の山車文楽とからくり」は、2年に1度の知立まつり(本祭)で上演されます。3人遣いの人形浄瑠璃を山車の上で上演する「山車文楽」が見られるのは知立市だけ。
    糸でからくり人形を操り、浄瑠璃にあわせて芝居を演じる「山車からくり」は全国的にも珍しいものです。「山車文楽とからくり」は、山車の上で文楽とからくり人形を演じることに意味があるのです。
    知立市文化会館「パティオ池鯉鮒」では1年を通して山車を見ることができますが、山車の幕、台輪・軸が劣化していて、それを修理できれば動かして外に出し、祭りだけでなくイベント時にも山車文楽を上演することができるようになります。
    江戸時代からの伝統と技術を未来へ受け継ぐため、山車の修理費用をこのプロジェクトで募ります。ご協力をお願いします。

  • 2017年4月6日(木)10時30分

    熊本県八代市

    九州三大祭「八代妙見祭」の笠鉾の修復にご協力を‼

     平成28年12月1日、八代市の伝統的な祭りであります「八代妙見祭」を含む全国33の「山・鉾・屋台行事」が、エチオピアで開催されているユネスコ政府間委員会において「ユネスコ無形文化遺産」に登録が決定し、ついに八代の宝が世界の宝となりました!これまで約380年に亘り受け継がれてきた先達の祭りにかける熱い思いを、これからは郷土八代の誇りとしてだけではなく、世界の宝として後世に守り伝えていかなくてはなりません。
    しかし、文化財の保存においては、後継者育成や諸道具の修繕及び収蔵施設の確保などが喫緊の課題となっております。
    ご寄付いただいた方には通常のお礼の品に加えて「八代妙見祭、最新ガイドブック」を差し上げます。
    世界の宝を適切に未来へ保存、継承していくため、皆様のご支援をお願いします。

  • 2017年4月4日(火)10時01分

    埼玉県和光市

    アジア・エアガン大会のおもてなしイベント事業

    記念すべき第10回アジア・エアガン選手権大会が、2017年12月に、国内で初めて和光市で開催され、アジア各国から世界トップクラスの選手たちが和光市に集結します。
    この大会期間中に、各国の選手や応援をする方たちへのおもてなし事業として、日本や埼玉・和光市の文化・伝統等を発信するイベントを実施します。
    このイベントの開催に当たり、寄附を募集しています。皆様のご支援をお待ちしております!

    ■ 寄附の目標額
      100万円
    ■ 寄附の募集期間
     平成29年4月1日(土)~7月15日(土)
    ■ 事業の詳細
     アジア・エアガン大会開催の開会式・レセプションや、開催記念イベント等で日本や和光市の魅力を発信する事業を展開します。

  • 2017年4月3日(月)11時01分

    北海道洞爺湖町

    平成29年度使い道情報⑧

    事業名:保育料等軽減助成事業
    事業費:12,000千円
    内 容
    平成29年度から、子育て支援の充実を図るため、就学前の児童の保護者の負担軽減を目的に、保育所及び幼稚園の利用料の5割の軽減を行います。

  • 2017年4月1日(土)0時00分

    東京都墨田区

    「すみだ北斎美術館」への支援

    日本を代表する江戸時代の絵師・葛飾北斎。北斎の生誕地である墨田区に、平成28年11月22日に「すみだ北斎美術館」が開館いたしました。
    場所は都営大江戸線の両国駅より徒歩10分ほどの距離にある緑町公園内です。
    北斎の作品を後世へ伝える場として、また「すみだブランド」をはじめとする地域の産業や観光を世界へ向けて発信する拠点として、「すみだ北斎美術館」の管理・運営、資料収集、北斎を核とした文化芸術プロジェクトのためにご支援をよろしくお願いします。

  • 2017年3月31日(金)20時39分

    佐賀県太良町

    さが果樹産地の強化対策を実施しました

     太良町では、年間を通して多品種のみかんを栽培しています。一年を通して出荷できるのは全国でも珍しく、温暖な気候と長年培ってきた経験と栽培技術によって、冬から春にかけて「河内晩柑」「なつみ」「不知火」「甘夏」などの温州みかん以外の中晩柑類がバリエーション豊富に出荷されます。
    「なつみ」は、これからが旬の柑橘です。4月~5月に食べ頃となり、爽やかな香りと果汁たっぷりで濃厚な甘い味わいが人気です。
     果樹産地として、安心安全な国産の柑橘を生産し、みなさまへご提供できるよう、今後も町全体で強化対策を実施していきます。どうぞ、ご支援ください。

  • 2017年3月31日(金)19時40分

    山形県鮭川村

    未来を担う子どもたちへ!教育環境の整備と充実

    地域の未来を担う子どもたちへ、体験学習を通して感性豊かな人間に育ってほしい。皆様に寄付していただいたふるさと納税寄付金は、鮭川小学校・中学校の地域の未来を担う子ども達の健全育成のため、総合学習や体験活動の充実、学校環境の整備などに活用しております。

  • 2017年3月31日(金)18時00分

    愛知県尾張旭市

    4月1日より使い道が、14事業から選択できます!

    平成29年4月1日より、さらに、寄附していただくかたのお気持ちをまちづくりに反映できるよう、新たに5事業を追加し、次の14つのメニューからお選びいただけるようになりました。
    また、お寄せいただいた寄附金や事業実施の状況について、随時ホームページで公表します。
    (追加された事業)
    番号① 2019年春に開催される第70回全国植樹祭を応援します。
    番号⑥ 小学校の金管バンド・中学校の吹奏楽を支援します。
    番号⑦ 食物アレルギー対応の災害用備蓄食料を充実します。
    番号⑧ 救命講習環境を向上し、応急手当の普及啓発をはかります。
    番号⑬ 尾張旭市制50周年事業を応援します。

  • 2017年3月31日(金)16時55分

    福岡県うきは市

    使い道をリニューアルします!【4月1日より】

    平成29年4月1日より、ふるさと納税の使い道をリニューアルします♪

    これまでの使い道ではカバーしていなかった 農林業の振興や障がい者福祉、地域の公共交通対策など
    より広範囲の使い道にふるさと納税を活用します。

    また、ポイントの付与方法も1000円ごとに500ptに。
    より便利に、よりわかりやすくなった 福岡県うきは市のふるさと納税
    ぜひ一度ご覧ください(^V^)/

  • 2017年3月31日(金)13時21分

    岐阜県八百津町

    4月1日より寄附金の使い道が変更となります!②

    ④ともに考え、ともに創る魅力・にぎわいのあるまちづくり
     農林業、商工業、観光などの振興を図ります。水源地の森林整備、太陽光システムの設置、産業文化祭の開催等に活用させて頂きます。

    ⑤数千人ものユダヤ人を救った杉原千畝顕彰事業
     日本国内のみならず、世界へ向けた杉原千畝氏の人道精神の普及・啓発を図ります。ユネスコ「世界の記憶」登録推進、登録後の啓発事業等に活用させて頂きます。

    ⑥八百津町のためになることならなんでも応援
     「ひとと自然が響きあい未来へ奏でる人道のまち やおつ」実現のために取り組む様々な事業に活用させて頂きます。

使い道で選ぼう!

北海道夕張市 ReSTART
ワンコ殺処分0
ワンストップサービス
ドコモ ケータイ払いでおとってもラクラクふるさと納税
ふるさとチョイスCafe

ふるさと納税とは?

クラウドファンディング

GCF(ガバメントクラウドファンディングとは

季節特集

ページ内の一番上へもどる