ふるさとチョイストップへ
自分のためでなく、誰かのためのふるさと納税返礼品 きふと、 思いやり型返礼品プロジェクト

自分のためでなく、誰かのために返礼品を選びませんか?

自分のためでなく、誰かのために返礼品を選びませんか?

「思いやり型返礼品」とは、寄附をすることで「自分のためでなく誰かのためになる」返礼品や、「社会貢献に繋がる」返礼品のことです。この「思いやり型返礼品」は、2017年7月に群馬県前橋市が始め、取り組みに賛同した岩手県北上市も2018年より開始しました。
思いやり型返礼品を全国に広めるプロジェクト「きふと、」は、全国の自治体・団体にプロジェクトへの参画を呼びかけ、寄附者からふるさと納税での応援を募ります。

「きふと、」について

群馬県前橋市・岩手県北上市・トラストバンクが連携し開始した、
「思いやり型返礼品」を全国に普及させていくプロジェクトです。
寄附とその先にある「繋がり」と「新しい価値の創造の取り組み」を全国に広げていきます。

思いやり型返礼品一覧をみる(ふるさとチョイス)

思いやり型返礼品とは

これまでの返礼品

寄附をする 返礼品が届く 寄附をする 返礼品が届く

肉、野菜、米、飲料、工業製品など、地域の事業者の売り上げになり、地域の産業支援、雇用支援に繋がります。

思いやり型返礼品

寄附をする 返礼品が誰かのためになる 支援型 寄贈型(あしなが型) 協賛型 参加型 寄附をする 返礼品が誰かのためになる 支援型 寄贈型(あしなが型) 協賛型 参加型

自分が品を受け取るのではなく、誰かに返礼品を送ったり(直接支援)、障がい者福祉施設等で作られた品を受け取る(間接支援)ことで、地域のNPOや児童養護施設などの支援に繋がります。

4つの分類 4つの分類

支援型 寄贈型(あしなが型) 協賛型 参加型

支援型 支援型

障がい者支援施設などで作られた製品を返礼品として選ぶことで、施設で自分の能力を活かし働く方々に、対価とつくる喜びをお届けします。

事例)群馬県前橋市:障がいを持った方が作ったぽち袋

事例

群馬県前橋市:
障がいを持った方が作ったぽち袋

前橋市内にある「障がいを持った方が就労自立を基礎に、幸せな生活を送れるようにすること」を目的とする障がい福祉サービス事業所で作ったぽち袋を返礼品としてご用意しています。
こちらをお選びいただくことで、障がい者の雇用支援につながります。

>詳細はこちらから

寄贈型(あしなが型) 寄贈型(あしなが型)

困っている人の手助けとなる商品やサービスを、寄附者からプレゼントします。

事例)群馬県前橋市:市内の施設への車いす寄贈

事例

群馬県前橋市:
市内の施設への車いす寄贈

いただいた寄附金は、寄附された方からの寄贈として、市内施設で使用する車椅子の維持費などに活用します。寄贈先や時期は前橋市にお任せいただきますが、寄贈結果をご報告します。

>詳細はこちらから

協賛型 協賛型

NPOや障がい者支援施設、コミュニティ活動団体、職業訓練学校など地域で活躍する団体への協賛金になります。

事例)岩手県北上市:がん患者やご家族を支援する活動をしている団体への協賛

事例

岩手県北上市:
がん患者やご家族を支援する活動をしている団体への協賛

がん患者やご家族を支援する活動をしている「リレー・フォー・ライフきたかみ実行委員会」への協賛金として活用します。がんの新しい治療法や新薬開発、若手医師の支援、がん検診率アップなどにつなげていきます。

>詳細はこちらから

参加型 参加型

お年寄りのための雪かきや草取りなどの、困っている方を直接手助けする体験イベントなどを行います。

詳細

寄附者のみなさんに実際に参加していただきながらまちを元気にする新しい支援方法です。いただいた寄附金はイベントの参加費に活用します。

※今後実施を予定しています。

思いやり型返礼品一覧をみる(ふるさとチョイス)

参加自治体

ご興味がある自治体の方へ

「きふと、」では、社会貢献につながるふるさと納税返礼品を通して、
寄附だけで終わらない関係づくりを目指します。
ご興味のある全国の自治体・団体の方は、ぜひお問い合わせください。

詳しくはこちら

▲ページ上部へ戻る