ふるさとチョイス プレミアム

ようこそ ゲスト 様

宮崎県 椎葉村 10,000円以上の寄附でもらえる

A-23 ★大好評!!★椎葉放牧豚まるごとセット

現在、品切れです!

10,000以上の寄附でもらえる
容量

■しゃぶしゃぶ用ロース肉 200g
■しゃぶしゃぶ用ばら肉  200g
■ウィンナー       200g
■ハム          200g
申込
限定30名様の受付です!
  • 常温
  • 冷蔵
  • 冷凍
  • 定期
  • ギフト包
  • のし

秘境椎葉にある約2000㎡の広大な農地で放牧されている豚は、天然の湧き水とミネラル豊富な草、そして生産者こだわりの餌を食べて育てられています。
椎葉以外では真似できない、大自然ならではの極上の味わいをご堪能下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大自然の恩恵を受けて育った希少な豚

Mutsumi牧場 椎葉放牧豚

生産者からのメッセージ 増田さん夫妻

数あるブランド豚がある中、「Mutsumi農場 椎葉放牧豚」をご閲覧頂きありがとうございます。私たちは椎葉村栂尾地区という小さな集落で、親子・夫婦で牧場を営んでいます。栂尾地区は、近くには小丸川の源流、11月22日には由緒正しい栂尾神楽が奉納され、自然と文化が自慢の集落です。その山間の中、ひっそりと豚を放し飼いしています。畜産王国と知られる宮崎ですが、村内で養豚をしているのはたったの1件で、しかも放牧で豚を育てているのは全国的にも非常に稀です。なぜ放牧にこだわるか?それは豚、人、山に喜んでもらいたい、ただその一心。
豚に愛情を持ち育てる事、お客様に感謝する事、地域に貢献する事、これらは私たちのモットーであり、全ての養豚家がそうだと思います。ただし、それらを形にするか否かは雲泥の差だと認識しています。私たちは、これまでもこれからも、養豚を通してその心を形にしていきたいと思っています。

写真

「秘境」の環境で育った豚だけの上品な肉質

写真
椎葉にある約2,000㎡(テニスコート4面分)の広大な農地に数頭のみ放牧し、麦・甘藷・マイロ・精白米等こだわりの餌を与え、その他にも椎葉放牧ならではの天然の湧水・ミネラル豊富な土草を食べ、一般の養豚場には真似できない健康で幸せな豚を育てています。抗生剤も一切不使用のため、薬品残留や多剤耐性菌の可能性が全く無く安心して食べられます。

ストレスゼロ(^^)の肉質

現在国内の養豚では、残念ながら窮屈な豚舎に閉じ込められ、ストレスを感じながら生きている豚が大半だと思います。一方、ストレスを感じる事無く良く寝て、良い餌を沢山食べ、綺麗な水を良く飲み仲間と遊び、健康な姿で育てられるのは「放牧だけ」だと思います。
この放牧により大幅な肉質に対する効果が得られました。

豚のストレス(_ _;)

【一般的な養豚】 ストレス有り(_ _;)→貧弱な体→不健康(匂いのある肉)→薬必要(多剤耐性菌、不安要素有)

【 椎葉放牧豚 】 ストレス無し→丈夫な体→健康(おいしいお肉)→薬不要(絶対に安心安全)

豚の寝床(_ _)..zzZ

【一般的な養豚】1頭当たり約1㎡

【 椎葉放牧豚 】1頭当たり約200㎡ 一般の200倍!!

エサの種類

【一般的な養豚主原料】 トウモロコシ

【椎葉放牧豚】 トウモロコシ マイロ 甘藷 麦 精白米 自生する草、ミネラル豊富で椎葉村特有な土

水の種類

【一般的な養豚】 井戸水、水道水

【 椎葉放牧豚 】 山から湧き出る天然の湧水(遠方から汲みに来る方もいらっしゃるほど)

写真

おわりに

最後まで閲覧して頂き本当にありがとうございました。他の養豚農家様との比較を致しましたことご了承ください。そしてこれまでご賞味頂きました全ての方々に心より、心より厚くこの場を借りて御礼申し上げさせて頂きます。励ましのお手紙やお言葉を頂戴しとても嬉しく思います。本来は椎葉放牧豚を選んで頂いた方お一人お一人様方へ出向き感謝をお伝えしたいのですが、この場を持って代えさせて頂く事ご理解下さい。今後とも椎葉放牧豚を手に取られる全ての方に喜ばれる様努力します。末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。
Mutsumi農場 椎葉放牧豚
代表 増田睦美

写真

地元の見どころ ~栂尾地区~

小丸川源流の碑

小丸川と生きた人々の歴史

平安より遠い昔より、この川は栂尾地区の人々を育み見守ってきました。昔は約80世帯500人もの人々が住んでいましたが、今では19世帯30数名まで減ってしまいました。しかし、人数は減っても地区の歴史や文化を守り続けていくという意思が強く、村外に転出した集落の出身者でも、年に一度開催される「栂尾神楽」には必ず出向き、神楽を奉納するという団結力の強い集落です。「場所は違っても心は同じところにある」という言葉をまさに体現してくれる、心で繋がっている地区です。今なお住み続けている30数名の住民と栂尾出身者の心、そしてこの栂尾地区が、遥か昔より流れるこの小丸川のように、永遠に存続していくよう誓いを立てた碑石です。

現在、品切れです!