チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

アワードでチョイス

カテゴリー選択結果 >
医療・福祉

山梨県身延町

健康福祉のまちづくり

NEW 健康福祉のまちづくり
乳幼児から高齢者まで、また、障害の有無にかかわらず、すべての町民が健康で生きいきと暮らせる地域づくりに取り組みます。

主な事業
■各種健(検)診事業
■健康増進・食育推進事業
■高齢者・障害者福祉サービス事業
■災害時福祉避難所・医療救護所設置運営事業(備蓄品の整備)
詳細はこちら

北海道豊富町

2 福祉、介護及び医療に関する事業

NEW 2 福祉、介護及び医療に関する事業
自然豊かなふるさと豊富町で継続して豊かな日常生活を営むことができるよう、福祉や介護などの事業に活用させていただきます。

平成28年度充当事業 1,050万円
  • 高齢者緊急通報システム整備事業 130万円
  • 介護保険訪問調査・相談業務用車両購入 230万円
  • 高齢者生活支援交通費助成事業 220万円
  • 相談支援充実・強化事業 100万円
  • ワクチンで防げる病気支援事業 40万円
  • インフルエンザ予防接種助成事業 330万円

平成29年度充当予定事業

  • 高齢者緊急通報システム整備事業
  • 高齢者生活支援交通費助成事業
  • 相談支援充実・強化事業
  • 看護職員人材確保事業
  • 保健師人材推進事業
  • ワクチンで防げる病気支援事業


詳細はこちら

兵庫県朝来市

好きなまちで生涯現役(人口自然減の抑制)に関する事業

好きなまちで生涯現役(人口自然減の抑制)に関する事業
◆豊かな高齢社会の創出
◆安心できる地域医療体制の充実
◆障害のある人の自立支援の充実
◆みんなで支える地域福祉の推進
◆こころとからだの健康づくりの推進 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

1) 特定非営利活動法人 POSA

1) 特定非営利活動法人 POSA
特定非営利活動法人POSA

バングラデシュやインドにおいて、経済的な理由から白内障手術をうけられない方々に対し眼科医がボランティアで手術を行い、現地の方を失明から救っています。
また、手術のため渡航する際には県内の学生も同行し、海外の事情等を学ぶ貴重な機会を得ています。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

2) 認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク

2) 認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク
認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク

1型糖尿病は生涯に渡って毎日数回の注射又はポンプによるインスリン補充が欠かせない病。原因不明で国内の年間発症率は10万人当たり1~2人と言われています。
この病気を「治らない」病から「治る」病にするため、研究費を助成しています。
詳細はこちら

佐賀県NPO支援

5) 特定非営利活動法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

5) 特定非営利活動法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

特定非営利活動法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ

暗闇のソーシャル・エンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」をはじめとする体験型イベント開催事業及び関連事業(調査研究・講演)等の開催により、子供の情操教育・障害者理解促進を行うことを目的とし、活動を行っています。

詳細はこちら

佐賀県NPO支援

11)特定非営利活動法人 ベネッセの会

11)特定非営利活動法人 ベネッセの会

特定非営利活動法人 ベネッセの会

佐賀県東部地区(特に鳥栖市)における、食事づくり・掃除・草取り・困りごと相談会など、高齢者・しょうがい者向け生活支援を展開しております。
平成23年11月からは福祉運送車両の無償運行を開始。平成25年5月からは有償運行(九佐福41号)についても開始いたしました。

独居老人が増える中、介護保険を使わず、支援を必要とする人と、もう一人の家族として支援できる人で地域づくりを進めたいと私たちは考えています。
防災の安全を確保するとともに、心身の健康を地域の医療・福祉・声かけ隊などと共に考え、解決し、共に生きていくまちづくりに邁進しております。

元気なお年寄りに元気なまま暮らしていただくため、生活弱者の心に寄り添ったサービスを心掛けています。

ふるさと納税については、この活動の車両維持費、地域奉仕活動の運転資金として活用させて頂く考えです。

詳細はこちら

佐賀県NPO支援

15)特定非営利活動法人 かわかみ・絆の会

15)特定非営利活動法人 かわかみ・絆の会
特定非営利活動法人 かわかみ・絆の会

川上校区は佐賀市北部山麓に位置し、川上峡は「九州の嵐山」といわれるほど風光明媚なところですが、高齢化率が高く、公共交通が立ち遅れているため、通院や買い物に著しい不便をきたしている高齢者が多数おられます。
これらの高齢者がいつまでも住みなれた地域で安心して暮らすことができるよう、「かわかみ・絆の会」を立ち上げ、生活支援や移動手段の確保を図っています。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

16)認定特定非営利活動法人 市民活動支援センター ふくしの家

16)認定特定非営利活動法人 市民活動支援センター ふくしの家
認定特定非営利活動法人 市民活動支援センター ふくしの家

高齢化率の高い地域は佐賀市内にも増えてます。皆さんが小さいころ目にし、育てられた地域は、少子高齢化と人口減少社会の中で、どこも一様に活気を失いかけています。
自治力が低下し、老々世帯や単身高齢者が増える中、要介護者でなくても、加齢により誰かの支援がないと普通の暮らしができない、今もう困っている人たちがたくさんいます。
ふくしの家では、そうした人たちが集い、互いに助け合える多世代がふれあえる「居場所づくり」を地域に広げていきます。元気な高齢者が増え、その人たちが地域を牽引することで、子どもも増え、また地域で育まれていく、そんな福祉のある暮らしやすいまちづくり目指します。
皆様からのご寄付というボランティア参加をいただき、この取り組みに是非ご賛同いただければ心よりの幸いです。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

24)特定非営利活動法人 クレブスサポート

24)特定非営利活動法人 クレブスサポート
特定非営利活動法人 クレブスサポート

佐賀県のがん対策NPO クレブスサポートは、みなさんの寄附金について4つの使い道を定め、内部に「寄附金活用委員会」を設けて有効活用に取り組んでいます。
1.「がんサロンの運営」と新たなサロン開設のお手伝い
 がん患者・家族を地域で支えるがんサロンを充実させるとともに、現在の県内9ヵ所を20ヵ所に増やします。がんサロンまで来られない方の送迎や出張がんサロン、訪問による在宅の生活支援も行います。
2.がん教育の推進
 「小学生からのがん教育」を実現するため、がん教育をするボランティア「がん教育支援員(CEサポーター)」を養成し、外部講師として学校現場に派遣します。
3.がん患者・家族の生活支援
 就労の機会や収入減に悩むがん患者・家族は、がんサロンで活動したり、がん教育支援で受け取るわずかな報酬(活動費)で救われています。これをできる限り充実させます。
4.寄附金活用委員会にお任せ
 医師と市民有志で構成する寄附金活用委員会は、がん患者・家族に夢を与える「熱気球購入プロジェクト」を含めて、いま何が必要か、頂いた寄附をどう生かすかを考え実行します。この結果については、別に定める外部評価委員会に評価してもらいます。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

25)特定非営利活動法人アニマル・ライブ

25)特定非営利活動法人アニマル・ライブ
特定非営利活動法人アニマル・ライブ

佐賀県に収容された動物を引き出し、殺処分数の削減に寄与します。
保護された動物達の新しい飼い主を見つけ新しい環境での生活を与えるきっかけを作っていきます。
また、飼い主の意識向上を目指して啓蒙活動や告知を定期的に行います。
保護された人慣れしていない犬や問題犬に対しては適切なトレーニングを行い、
新しい飼い主希望者にはしつけの部分などの勉強をして頂く活動を行います。
「飼い主のいない猫」に関わる苦情の解決や、保健所への収容数の減少に寄与する活動も行います。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

29)認定特定非営利活動法人 佐賀県難病支援ネットワーク

29)認定特定非営利活動法人 佐賀県難病支援ネットワーク

認定特定非営利活動法人 佐賀県難病支援ネットワーク

ひとりじゃないよ!いっしょに話せる仲間がいます!
病気があっても暮らしやすい・はたらきやすい社会の実現へ向けて!
①原因不明で②治療方法がわからず③患者数が少ない④経済・人・精神に負担の大きいのが「難病」。
当事者やご家族からの相談に寄りそいながら、「お悩み」という糸をほぐし、様々な関係機関と連携し、生活・就労・制度などの支援をおこなっています。
〈返礼品について〉
災害備蓄パン~パンだより~1箱24缶入り(1缶2個入り4万円以上のご寄付)
災害時の非常食として5年間保存できます。卵が入っていないため、アレルギーをお持ちの方にもお勧めです。
難病患者を雇用している事業所が製作し、難病のあるみなさんの生活を支えています。

詳細はこちら

佐賀県NPO支援

31)佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター

31)佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター
【旅行をあきらめないで!】
当センターは、高齢者・障がい者・ベビーカーユーザー・外国人などの旅行の際のバリアを解消し、全ての人が旅行を楽しむ事ができるように活動しています。具体的には以下の活動を行います。
1.バリア調査
2.バリア情報提供
3.補助器具の貸し出し
4.ヘルパーによる温泉入浴介助の仲介
5.バリアフリー啓発
6.その他
これらの活動を通じ、「温泉旅行をあきらめていた」年間1,000人以上のお客様に嬉野温泉への旅行を楽しんでいただいております。
しかし、上記の活動は基本的にボランティアで行っている為、慢性的な資金不足に陥っております。皆様から頂いた貴重な資金は、上記の活動を円滑に遂行するために使用させて頂きます。 詳細はこちら

石川県川北町

町民の健康づくりを支援する事業

人間・脳ドック及びPET検査事業、予防接種、精密健康診査の充実などに活用させていただきます。 詳細はこちら

石川県川北町

高齢者が元気に生活できる環境整備事業

高齢者の医療費医療費助成、介護予防事業の充実などに活用させていただきます。 詳細はこちら

北海道占冠村

3.福祉の増進

3.福祉の増進
安心して暮らせる村であるための「福祉の推進」に向けた取組
(例:高齢者支援、子育て支援など) 詳細はこちら

埼玉県白岡市

健やかな福祉のまちづくり(保健・医療・福祉)

健やかな福祉のまちづくり(保健・医療・福祉)
 健康増進事業や地域医療の充実を図る取組のほか、安心して子育てができるよう、子育てしやすい環境づくりや、高齢者福祉、障がい者福祉の充実など、保健、医療、福祉環境が充実した人にやさしいまちづくりのために使わせていただきます。
 ■具体的には  市立保育所の運営など  詳細はこちら
静岡県西伊豆町
長崎県松浦市
北海道遠別町
北海道夕張市 ReSTART

ページ内の一番上へもどる