チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

アワードでチョイス

カテゴリー選択結果 >
伝統を守るなど

兵庫県朝来市

好きなまちでエコライフ(人口社会減の抑制)に関する事業

好きなまちでエコライフ(人口社会減の抑制)に関する事業
◆竹田城跡、生野銀山跡など後世に残したい歴史文化遺産の保存活用
◆災害につよいまちづくり
◆林業の振興
◆利便性のある公共交通の確保
◆循環と共生の環境保全の推進
◆生涯学習・生涯スポーツの推進
◆豊かな心を育む文化芸術の振興
◆人権が尊重されるまちづくり 詳細はこちら

兵庫県朝来市

好きなまちで働く(人口社会増の促進)に関する事業

好きなまちで働く(人口社会増の促進)に関する事業

◆竹田城跡や生野銀山跡を中心とした観光振興
◆朝来ブランドの創造
◆産業振興と雇用促進
◆持続的な定住に向けた施策の促進
◆計画的な土地利用と市街地整備の推進
◆文化交流の推進
◆岩津ねぎ、黒大豆などの生産拡大と販路拡大

詳細はこちら

佐賀県NPO支援

4) 特定非営利活動法人 NPOまちづくり研究所

4) 特定非営利活動法人 NPOまちづくり研究所
特定非営利活動法人 NPOまちづくり研究所

佐賀に残る文化を掘り起こし、新しい文化と融合しながら次世代に引き継ぐ場づくり(山口亮一旧宅での管理運営、イベント開催等)を行っています。地域に残る文化や財産を”知り・感じる”架け橋となる活動を引き続き行います。 詳細はこちら

佐賀県NPO支援

6) 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

6) 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン

私たち、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は難民支援や災害救援の分野で約20年の歴史を持つ国際協力NGOです。ここ数年は日本国内の地域活性化を目的とした活動にも力を入れています。
CSO(市民社会組織)誘致を積極的に推進する佐賀県の招きもあり、2015年12月に佐賀市に事務所を開きました。佐賀県や県下のCSOとも連携し、従来の活動に加え、伝統工芸支援も大きな柱として活動を開始しています。

佐賀の伝統工芸をまだ知らない人々へ向けての情報発信、チャネル開発、生活様式や生活者の意識の変化に対応した商品づくり。海外市場を見据えた商品開発や展示会の開催も計画中です。
次のステージを目指す伝統工芸の作り手を支援することにより、PWJは佐賀県の地域振興に貢献したいと考えています。


現在開催中のGCFプロジェクトはこちらからお申込み可能です。

ピースウィンズ・ジャパン佐賀のふるさと納税特設サイトはこちら

詳細はこちら

北海道上士幌町

第三音更川橋梁補修事業

第三音更川橋梁補修事業
昭和62年に廃線となった「旧国鉄士幌線」で使われたコンクリート製アーチ橋の中でも、歴史的文化価値の高い「第三音更川橋梁(だいさんおとふけがわきょうりょう)」の補修を行い、後世に残すための事業です。

目標額は9,000万円となっておりますが、平成29年6月30日時点での積立額は3,340件で86,146,942円となっております。(町が基金として寄付金を管理しております)なお目標額に達しましたら、上士幌町が主体となり次の補修工事を実施いたします。
   
【補修工事の内容】
・上部砂利、土砂の撤去
・コンクリート脆弱部はつり
・コンクリート劣化防止対策
・上部開口部の内面防水処理

平成29年度中の目標額達成を目指しておりますので、皆さまからのご支援を是非お待ちしております。

【第三音更川橋梁について】

旧国鉄士幌線の上士幌~十勝三股の間を結ぶ路線の鉄道橋として1936年に竣工した全長71メートルのコンクリートアーチ橋です。

現存する北海道内の鉄道用コンクリートアーチ橋としては最も古く、32メートルアーチスパンは最も大きなものです。この橋梁の成功により日本各地で大きなアーチ橋が沢山作られるようになり、また設計計算や施工の状況が克明に記録された資料が残されており、学術的にも大変貴重な橋梁として評価されています。

第三音更川橋りょう保全および活用事業について 詳細はこちら

岡山県備前市

旧閑谷学校の魅力発信

岡山藩主池田光政が造った世界最古の庶民のための公立学校である国宝旧閑谷学校は、近世の日本の教育遺産群-学ぶ心・礼節の本源として、ストーリーの構成文化財とともに日本遺産に認定されています。その旧閑谷学校の魅力発信に繋がる事業に活用させていただきます。 詳細はこちら

佐賀県神埼市

【1】かんざきの歴史文化の保全、観光・物産の振興

【1】かんざきの歴史文化の保全、観光・物産の振興
平成21年 
○伊東玄朴旧旧宅整備事業(旧宅音声案内整備、もみじ植栽) 説明機器購入費¥449,925-、苗木10本程度¥49,612-<社会教育課>
○観光・物産PR推進事業 PR経費¥167,000-<商工観光課>

平成26年 
○城原川ハンギーまつり補助金 ¥500,000-<商工観光課>

他、吉野ヶ里歴史公園や九年庵など歴史文化の保全、観光・物産の振興 詳細はこちら

長野県小布施町

3 多様な学びの場の創出事業

3 多様な学びの場の創出事業

まちとしょテラソ(町立図書館)の更なる利活用、美術館の魅力づくりを進め、生涯学習、文化活動を一層充実します。大学・教育機関とも連携し、多様な学びの場を創出します。


詳細はこちら

大阪府河南町

2.かなんアート・ギャラリー事業

2.かなんアート・ギャラリー事業
河南町は、大阪芸術大学のある町として、より一層芸術の魅力あふれる町を目指します。
河南町のまちかどや公用地などの場所をギャラリー化することにより、町全体がミュージアムの一部となる事業に活用します。

・未来のアーティストを応援。大阪芸術大学生(卒業生)をはじめ、小・中学生などとのパフォーマンス(ジュニアダンスや絵画などの発表)の場を提供します。
・各種教室・講座、コンサートなど、大阪芸術大学との協力で、子どもたちの将来を育てる事業を行います。 詳細はこちら

栃木県栃木市

3.文化で栃木づくり事業

3.文化で栃木づくり事業
文化の振興を図り、個性的な地域づくりを行うために利用させていただきます。

【これまでの主な利用実績】
 ・ふるさと文化振興基金
 ・とちぎ蔵の街美術館作品収集事業事業
 ・文化振興推進事業 詳細はこちら

奈良県桜井市

1)纒向遺跡の調査研究・保存活用に関する事業

1)纒向遺跡の調査研究・保存活用に関する事業
女王卑弥呼の国、邪馬台国か・・・初期ヤマト王権誕生の地として、日本の古代史解明の鍵を握っているともいわれる纒向遺跡の調査・研究、保存整備を行います。  また、これらの成果を社会へ還元すると共に、魅力ある地域創造とまちづくりを図ります。 特典 この事業に寄附していただいた方への特典として、遺跡調査や研究・活動内容などについての年次報告書をお届けしています。
写真 纒向遺跡発掘現場の現地説明会 詳細はこちら

長野県阿智村

4.歴史・文化・景観保存に関する事業

4.歴史・文化・景観保存に関する事業
阿智村には多くの史跡・旧跡があります。またそれぞれの地域において伝統芸能が息づいています。これらを保存し、後世に引き継いでいくために寄附金を活用します。 詳細はこちら

長野県阿智村

3.満蒙開拓平和記念館に関する事業

3.満蒙開拓平和記念館に関する事業
満蒙開平和記念館に関連する村の事業を行うのために寄附金を活用します。この記念館では満蒙開拓に関する資料等を保管・展示し、戦争の悲惨さと平和の尊さを次世代に語りつぐ拠点とすることを目指しています。

※満蒙開拓平和祈念館の運営に対するご寄付は、直接(一社)満蒙開拓平和記念館℡0265-43-5580へお願いいたします。 詳細はこちら

徳島県那賀町

 

 

1 地域文化の継承及び育成に関する事業


 ・太布織り技術の保存、継承

 ・人形浄瑠璃公演を中心とした農村舞台の活用 など

詳細はこちら

愛知県小牧市

6. 文化の香り漂うまちづくりコース

6. 文化の香り漂うまちづくりコース
文化財保護事業に活用します。

◆活用事業◆
※平成28年度末時点で活用実績はなし。次のような事業に活用予定。

・史跡小牧山整備事業
織田信長が城を築き、小牧・長久手の合戦では、徳川家康軍の陣城となった小牧山の復元整備を行います。 詳細はこちら

北海道厚岸町

(6)教育振興に関する事業

(6)教育振興に関する事業

 学校教育の充実、通学支援、生涯学習や文化活動の充実、スポーツ振興などの事業に活用させていただきます。

●平成29年度の活用事業例
 ・厚岸翔洋高等学校通学バス定期券購入助成
 ・山形県村山市との子ども交流事業への助成
 ・図書や視聴覚資料の購入
 ・スポーツ振興への助成 など

詳細はこちら

広島県広島市

「平和への思いを共有するまち」の実現のために

・平和の推進:核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現に向け、平和記念資料館収蔵資料の保存措置の強化や青少年「平和と交流」支援事業など、被爆の実相を「守り、広め、伝える」事業を実施します。
・原爆ドームの保存:被爆の惨禍を後世に伝える歴史の証人である世界遺産「原爆ドーム」の永久保存のため、原爆ドームの健全度調査などを行います。
・国際協力の推進:国際協力活動を通じて、世界の平和と発展に寄与するため、アジア諸都市からの環境保全等研修員を受入れます。

※オバマ前米国大統領の広島訪問を契機として、広島市では平和を願うヒロシマの思いを広めるための取組を一層推進して行きます。皆様から頂いた寄付は、被爆の実相を守り、広め、伝える取組に使用します。ヒロシマの思いを共有し、ともにこの思いを広めるための取組を進めていきましょう。 詳細はこちら

佐賀県

6)日本遺産「肥前やきもの文化」を未来へつなぐ

6)日本遺産「肥前やきもの文化」を未来へつなぐ
日本遺産としての「肥前やきもの文化」を未来の子どもたちへ受け継ぐため、子どもたちを対象に普及啓発や人材育成を行います。

<主な使途>
日本遺産エリアの文化財を活用するための環境整備、地域の子どもたちを対象とした「子どもガイド」の育成費 など 詳細はこちら

愛知県岡崎市

1 資産の現代価値化

1 資産の現代価値化
岡崎市の歴史や伝統資産を、そのままでなく、現代にあわせた新しい魅力をつくる事業への寄附
(1) 徳川家康公像の設置
   岡崎が徳川家康公生誕の地であることをPRするため、
   家康公の若いころの姿を模した像を東岡崎駅前に設置します。
(2) 観光プロモーションの推進
   家康公をキーワードとした観光商品やツアー等の
    開発・誘致を進めます。

写真:神戸 峰男/制作 山崎 兼慈/撮影 詳細はこちら
静岡県西伊豆町
長崎県松浦市
北海道遠別町
北海道夕張市 ReSTART

ページ内の一番上へもどる