ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

ふるさとの未来をつくる若者の海外留学をふるさと納税で応援しよう!

プロジェクトオーナー:長崎県平戸市、長野県白馬村、沖縄県宜野湾市

いま世界はどんどん変化しています。ここ数年、中国をはじめ経済成長を続ける近隣諸外国の留学人口が増加する一方、日本の留学者数は2004年をピークに下降・横ばいを続けています。また、世界経済における日本企業の存在感が薄れる中、世界で活躍できるグローバル人材の育成は、日本の急務の課題となっています。そこで、ふるさと納税の制度を活用して、各地域が共通の課題を解決するために協議して、日本の地域からグローバルな人材を育成して、優秀な人材の都市部集中の課題を解決するとともに、地域から日本の魅力を海外に発信することを期待して本プロジェクトを立ち上げました。皆様の温かいご支援を何卒よろしくお願いします。

本プロジェクトの参加自治体

受付中 2017年9月19日~
photo

日本の西の端「長崎・平戸」から日本を変える人材を!

長崎県平戸市
目標金額1,500,000
18.7%
達成金額
280,000
終了まで
163
受付中 2017年9月19日~
photo

白馬の将来を担う人材育成!-白馬高校の留学支援

長野県白馬村
目標金額4,000,000
27.6%
達成金額
1,103,500
終了まで
163
受付中 2017年9月19日~
photo

普天間基地返還後の跡地で活躍できる国際性のある若者を育成する!

沖縄県宜野湾市
目標金額8,000,000
7%
達成金額
560,000
終了まで
163

どうして今、若者の海外留学を応援するべきなのか

世界を舞台に活躍する若者が足りない!

グローバル化が進む今日、世界を舞台に活躍する若者を育成することは国家的課題です。
日本人全体の海外留学数は2004年をピークに下降、横ばいを続けており、経済成長を続ける近隣諸外国と比較すると危機的な内向き傾向といえます。(下図参照)

一方で、急激な少子高齢化による国内市場の縮小やコスト高などさまざまな要因を背景に、日本企業の海外進出が進んでいます。
経済界への調査では、8割の企業が今後海外進出を加速させたいと考えているものの、グローバル人材不足が海外進出の障害になっていることが顕著で、グローバル人材の育成が急務となっています。(下図参照)

グローバル人材が欲しい地域から、留学生を送り出す

グローバル人材とは、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、言語や文化の違いを越えて関係を構築するコミュニケーション能力を備え、新しい価値を創造できる人と言いかえることができます。こうした人材は、現状ではまだまだ足りないと言わざるを得ません。

そこで、グローバル人材育成に向け、日本中で学生の留学を支援する制度が立ち上がっています。(例えば、民間の寄附金で留学奨学金を給付する「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」が挙げられます。※1)

また各地域でも、地元の商品やまちの魅力を海外へ積極的に発信していく必要性が高まっており、都市部のみならず、各地域でグローバル人材の育成を考えていくことが求められています。
そういった背景から、多くの自治体で学生の海外留学を促進していますが、そこには学生の留学を阻む大きな壁が存在しているのです。

プロジェクトオーナー

※1 トビタテ!留学JAPANとは?

文部科学省が2013年から展開する、官民協働のもと社会総がかりで取り組む「留学促進キャンペーン」です。
官民協働オールジャパンで若者の留学機運を高め、留学数を2020年までに倍増することを目指しています。代表的な取り組みとして、民間寄附による奨学金制度「日本代表プログラム」により毎年約1,500名を支援。同プログラムの中では、地域ごとにコンソーシアムを立ち上げグローカル人材を育成する「地域人材コース」を全国20地域で展開しています。

留学を阻むハードルは、、、お金です

留学に対して意欲旺盛な若者の前に立ちはだかるハードルの1つがお金の工面です。

留学には短期でも数十万円かかることが一般的で、経済的な負担の大きさから留学を諦めてしまう若者が多いのが現状です。
それぞれに事情とやりたいことを持っている各地域のニーズに寄り添った、地元の若者にもっと外に向けて雄飛してもらうための奨学金が潤沢にあれば、もっと沢山の留学の夢を実現できるのです。

地元の発展を担うのが僕の夢です

給付型奨学金による支援を受け留学することができた上村さん。本プロジェクトは上村さんのように志を持ち、日本の未来を担う若者を一人でも多く支援することが目的です。

プロジェクトオーナー

静岡県焼津水産高校2年 上村一心さん(16歳)


いま、日本の漁業は跡継ぎ不足に悩んでいます。
僕の周りでも、海の仕事は継ぐのがきつい、という声がきかれます。でも、海と向き合い、命と向き合う職業って素晴らしいと思いませんか。

僕世代にとって船乗りが「かっこいい職業」になったらいいのにと思っていたところ、クロアチアでは人気職業だという話を聞きました。
僕は運よく奨学金を得ることができ、クロアチアのマグロ養殖業者にインターンシップ留学をします。彼らから日本の船舶業界イメージを変えるヒントを得たい。

地元焼津の漁業はグローバル人材を求めています。輸出入の拡大に貢献し、地元の発展を担うのが僕の夢です。

ふるさと納税を通じて留学したい若者を応援してください

毎年継続して留学生を送り出せるような留学支援モデルを構築することが今こそ必要と考えています。
このプロジェクトで目指すのは、それぞれの自治体がふるさと納税で寄附を募り、各自治体が中心となって運営する基金に充当し、留学生を送り出す費用に活用していくという仕組みづくりです。
これが、その土地土地で必要なグローバル人材を育てる仕組みになっていきます。

申し込みもカンタン!ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄附ができる制度。収入などで決まる限度内なら、寄附額から原則2,000円を引いた額が所得税・住民税から控除されるうえ、寄附のお礼の品を送る自治体もあります。集まった寄附金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援といったまちづくりなどに活用され、災害時の被災地支援にも役立てられています。

■ふるさと納税の詳細はこちら

グローバルな視点をもち地域に貢献する学生を育てたい!
みなさまのご支援をお願いいたします

自治体を選んで寄附できる「ふるさと納税」ならではの取り組みです。複数の自治体へ寄附することが可能です。このプロジェクトに参加している自治体を選択をして手続きにお進みください。

受付中 2017年9月19日~
photo

日本の西の端「長崎・平戸」から日本を変える人材を!

長崎県平戸市
目標金額1,500,000
18.7%
達成金額
280,000
終了まで
163
受付中 2017年9月19日~
photo

白馬の将来を担う人材育成!-白馬高校の留学支援

長野県白馬村
目標金額4,000,000
27.6%
達成金額
1,103,500
終了まで
163
受付中 2017年9月19日~
photo

普天間基地返還後の跡地で活躍できる国際性のある若者を育成する!

沖縄県宜野湾市
目標金額8,000,000
7%
達成金額
560,000
終了まで
163

このプロジェクトは 『ふるさと納税』 対象事業です。

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。

⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

GCFへの応援メッセージ

教育は未来に向けた最大の投資だと思います。
いい取り組みだと思いましたので、応援させていただくことにしました。
頑張ってください!
2017年10月16日 0:33
白馬村で留学を断念する人がいなくなるよう少しでも応援させていただきたいと思いました。
2017年10月15日 10:07
わずかな寄附ですが、留学に行きたい学生さんたちの力になれたら幸いです。
2017年10月3日 23:18
今回の留学が、将来の宜野湾市をもっと楽しいまちにしていくきっかけになることを期待します。
2017年10月3日 16:24
子供達の国際人としての、資質向上の一助となれば、幸いです。頑張って下さい。
2017年10月3日 8:46
宜野湾市の明るい未来のために役立ててください。
2017年10月2日 13:02
これからの宜野湾市のため、君たちを応援します。未来基金を役立ててください。
2017年9月28日 16:21
先日、白馬高校を視察し、取り組みを学ばせていただきました。
高校生も大人も生き生きとしていたのが印象的で、この取り組みが地域を変えるものであると思っています。
応援しています!
2017年9月28日 6:27
このプロジェクトには、拍手を送りたいと思います。これこそ有効なふるさと納税の使途だと思います。日本を変えなくても
地方を変えるチャンスになるのではないでしょうか。
2017年9月26日 9:56
少額ですみません‼︎
随時支援させていただきます
2017年9月25日 21:20
一昨年まで、ふるさと納税をしていましたが、少々その意欲がなくなっていました。好ましそうな規格を拝見し、参加してみようと思いました。有効に活用してください。
2017年9月25日 19:48
長野県(東信)生まれ、現在都内の外資系企業で管理職をしている3児の父です。諸外国の若年層に比べて、日本の同世代の人たちの活力が小さく見えることが多く、とても残念です。彼等彼女等はもっと海外で揉まれています。それを一人でも多くの方に感じて欲しいです。
2017年9月24日 0:19
オスプレイなど、基地からの騒音に耐えて勉学に励む宜野湾市の中学生に、一人でも多く海外留学を経験し世界で活躍する人材に育っていただきたいとの思いで寄付します。
2017年9月20日 21:47
平戸市に大学の進学先がないにも関わらず、「平戸」から、日本に影響を与える人材を輩出したい!と考えられる市の志に共感しました!頑張って下さい!
2017年9月20日 1:17