ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

起業家支援プロジェクト

普天間基地返還後の跡地で活躍できる国際性のある若者を育成する!

main_img
達成金額 3,281,000
41.0%
目標金額:8,000,000円
達成率
41.0%
支援人数
72
終了まで
受付終了

沖縄県宜野湾市
沖縄県宜野湾市

お気に入り
このプロジェクトは終了しました
プロジェクト締切日:2017年9月19日~2018年3月31日(194日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:沖縄県宜野湾市

宜野湾市は、まちの中心に普天間基地(正式名称:普天間飛行場)を抱え、市内の小中学生は、日々騒音などの基地負担に悩まされています。
その一方で、普天間基地の返還を見据え、大きな可能性を秘めた基地跡地というフィールドにおいて活躍できる、世界に目を向けた人材を育成していくことが求められています。
そこで、基地跡地の未来を担う国際的な視野を持った人材を育成する第一歩として、宜野湾市内の中学生に海外留学を経験させる事業を行います。
皆様からの支援により、留学のための自己負担ゼロを実現し、日々の基地負担に悩まされている市内全ての中学生に平等に海外留学のチャンスを与えることができます。
皆様からの温かいご支援をよろしくお願い致します。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
 ⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

まちの真ん中に市域面積の約25%を占める
普天間基地

学校生活への影響について

写真

宜野湾市の真ん中には、市域面積の約25%を占める普天間基地(約480ha)があり、規模で言うと東京ドーム約100個分に相当します。 
普天間基地の周辺には、小中学校が15校あり、報道されているような事故への不安や、騒音により授業が中断するといったことが発生し、市内の小中学生は、日々基地負担に悩まされ続けています。

返還を実現し大きな可能性を秘めた跡地で活躍する人材を育成

写真

返還合意から20年以上経過した今なお、普天間基地は存在していますが、宜野湾市では、市長を先頭に基地負担軽減や一日も早い返還に向け取り組むとともに、返還後の跡地利用に向け、その計画の策定に向けて取り組んでいます。

広大な面積を誇る大きな可能性を秘めた跡地は、日本本土だけでなく東アジアや世界に目を向けた国際性あふれる中心地として生まれ変わっていくことが期待されるとともに、そのフィールドで活躍できる国際性豊かな人材を育成していくことが必要となっています。

基地跡地の未来を担う中学生に平等にチャンスを与え
   夢や希望を膨らませてあげたい

写真

将来、基地跡地という大きな可能性を秘めたフィールドで活躍できる世界に目を向けた人材となるための第一歩として、海外での留学を通じて国際的な視野を広げるチャンスを与え、現に基地負担に苦しむ中学生の未来に向けた夢や希望を膨らませてあげたい。

皆様からのご支援により、市内の中学校の生徒10名を、アメリカ合衆国へ夏休み期間を利用して約1カ月間の短期留学に送り出すことができます。
また、これまで市が実施した留学事業においては、自己負担があるゆえに留学をあきらめるケースがあり、平等なチャンスが与えられていませんでした。皆様からのご支援が、自己負担ゼロを実現し、市内全ての中学生に平等に海外留学へのチャンスを与えます。

寄附金の使い道

本市においては、これまでも市内の中学生を対象とした海外留学事業を実施してきましたが、自己負担があるゆえに留学をあきらめるケースがありました。
皆様からの寄附金は、市内全ての中学生に経済的負担を与えずに平等に海外留学のチャンスを与えるための費用として活用させていただきます。

一人あたりの費用80万円 × 10名分
             …計800万円

~基地負担の苦しみから基地跡地を活用していく未来へ~
   中学生の海外留学に向けたプロジェクトに支援を

写真

今なお、基地負担に苦しんでいる中学生を、基地跡地の未来を担う世代の代表として、国際的な視野を広げるため海外に送り出し、将来活躍できる人材を育成していく本プロジェクトへの支援をお願いします。
皆様からの支援で、留学のための自己負担ゼロを実現し、市内全ての中学生に平等に海外留学のチャンスを与えてください。

海外短期留学候補者が決まりました

実際に留学する中学生のうち4名については、英語ストーリーコンテストという英語での発表会において1・2年生それぞれの部の上位2名が選考されることになります。
去る10月30日に英語ストーリーコンテストが開催され、来年度の留学候補が決定しました。そのほかの留学候補者については、市内各中学校において選考がなされ、最終的に10名の中学生が海外留学のチャンスをつかむことになります。

平成29年度宜野湾市中学生英語ストーリーコンテスト 優勝者コメント

 ストーリーコンテスト1年生の部

 1位 小林敬文(沖縄尚学高等学校付属中学校)
  「日頃、お父さんが練習につきあってくれたお陰で優勝できました。お父さんには感謝
  しています。アメリカへ行ったらもっと発音よく話したり、難しい英文が解けるように
  なりたいです。」

 ストーリーコンテスト2年生の部

 1位 仲里瑠称(宜野湾中学校)
  「昨年も出場したけど入賞できず悔しかったけど、今回もチャレンジした結果、1位に
  なることができて、本当にうれしいです。アメリカに留学したら文化などにふれて、英
  語が上達するように頑張りたいです。」

  上位入賞者
 1年生の部
   1位 小林 敬文(沖縄尚学高等学校付属中学校)
   2位 名嘉 千晴(沖縄尚学高等学校付属中学校)

 2年生の部
   1位 仲里 瑠称(宜野湾中学校)
   2位 新垣 ほのか(球陽中学校)

ご支援いただいた皆様には、留学での体験や研修などの模様を収めた報告書を送付させていただきます。

沖縄県宜野湾市

map

宜野湾市は、古琉球の時代から物事の中心を意味する「ねたて(根っこ)」の地域と称され、政治・経済・文化の中心でした。現在は沖縄コンベンションセンター、トロピカルビーチなどが立地し、県内でも有数のコンベンションリゾートエリアとなっています。はごろも祭りや日本一早い花火大会など多彩なイベント会場としても利用され、大勢の観光客で賑わいます。
その一方、世界一危険といわれる普天間基地が市の中心部に位置し、その面積は市の約25%を占めています。この基地の返還が実現されれば、まさに沖縄の経済・教育・文化の中心として発展し、可能性のある国際性豊かな世界に開かれた「ねたて」の都市となるでしょう。

このGCFへの応援メッセージ

留学する学生が決まったとのことで、わずかではありますが改めて寄附をさせていただきます。
基地負担を強いられている宜野湾市の子供たちが、留学での経験を通じて成長し、基地跡地の未来で夢を実現することを期待します。
2018年3月11日 22:04
宜野湾の未来を支える皆さん、がんばれ?
2018年3月10日 18:24
自己負担ゼロで留学のチャンスを与えるこのプロジェクト、とてもすばらしい思いました。微力ですが寄附させて頂きます。
アメリカ留学では、語学だけではなく、日本ではできない色々な体験をしてください。
宜野湾市の子供達が、将来、基地が返還されたあとのまちづくりで活躍することを期待しております。
2018年3月9日 15:26
目標額達成には程遠い額ではございますが応援させていただきます。留学される中学生の皆様には、このプロジェクトに多くの方々が尽力されていると思いますので、ぜひ将来は宜野湾市のためになれるよう成長してほしいと思います。
2018年3月9日 14:00
地域発展の根幹は人材育成にあり、本事業が今後とも充実・発展継続しますよう期待しております。
2018年3月8日 11:59
若者の育成のため、微力ですが、協力したく思います。応援しています。
2017年12月31日 21:18
宜野湾の中学生が本プロジェクトで学びの機会を得て、沖縄や日本の未来を切り開く第一歩となれば良いですね。
2017年12月31日 12:09
沖縄の明るい未来のために頑張ってください。
2017年12月30日 0:19
世界を知ることで、自分の国・地域を客観的に見ることができるようになると思います。是非みなさんが留学によって、日本のこれからを正しく判断できる人になってもらいたいと思います。
2017年12月29日 9:30
埼玉に住んでいます。沖縄の方々には多大な基地負担を押し付けていて、申し訳ないと思いながらも、なかなか具体的な行動には移せませんでした。今回、沖縄若い人たちの応援ができると知り、わずかですが寄付させていただくことにしました。沖縄の未来にために、羽ばたく若者が増えますように…!
2017年12月28日 7:33
外に出て、体験することで吸収できることは、計り知れないほどあると思います。そんな素敵な経験を宜野湾市の中学生ができますように。微力ながら応援させていただきます。
2017年12月25日 8:54
皆さんの未来を応援します。
2017年12月21日 21:56
微力ですが、応援しております。
2017年12月20日 12:00
世界の広さを知り、より学び、世界に通用する日本人として成長して欲しいと思います。がんばってください!!
2017年12月18日 10:47
私自身アメリカに留学・勤務していました。現在も英語を仕事に使っています。宜野湾市の中学生の皆さんがより多く留学でき、将来ご活躍されることを祈ります。
2017年12月17日 20:16
基地を見ながら育った子供たちなりに考えることがあるのだろうと思います。わずかな額の支援ではありますが、このプロジェクトに関わった子供たちの飛翔の助けになれば幸いです。
2017年12月17日 20:12
夢のある宜野湾の未来へ向けて大きく羽ばたいて下さい
2017年12月15日 9:20
又々、悲惨な事故がおきてしまいました。
どのプロジェクトに応援しようかと思ってましたが、
もう、この中学生に応援するしかないとの思いから、、です

中学生の皆さん、沖縄の将来の為に世界に羽ばたいて頑張ってくださいね。
少し遠くから応援しています。
2017年12月15日 1:42
普天間基地返還の早期実現を願っています。
わたしも留学経験があり、海外では多くを学びました。
一人でも多くの学生さんたちが留学できますように。
応援しています。




2017年12月9日 16:11
国際性という言葉は、いろいろな意味で使われますが、海外留学によって、「個」として自立し、社会の既成概念から開放されて自己とも他者とも向き合える若者が、一人でも多く育つことを願っています。
2017年12月2日 19:42