ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

普天間基地返還後の跡地で活躍できる国際性のある若者を育成する!

main_img
達成金額 560,000
7.0%
目標金額:8,000,000円
達成率
7.0%
支援人数
17
終了まで
163日 / 194日

沖縄県宜野湾市
沖縄県宜野湾市

お気に入り
プロジェクト締切日:2017年9月19日~2018年3月31日(194日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:沖縄県宜野湾市

宜野湾市は、まちの中心に普天間基地(正式名称:普天間飛行場)を抱え、市内の小中学生は、日々騒音などの基地負担に悩まされています。
その一方で、普天間基地の返還を見据え、大きな可能性を秘めた基地跡地というフィールドにおいて活躍できる、世界に目を向けた人材を育成していくことが求められています。
そこで、基地跡地の未来を担う国際的な視野を持った人材を育成する第一歩として、宜野湾市内の中学生に海外留学を経験させる事業を行います。
皆様からの支援により、留学のための自己負担ゼロを実現し、市内全ての中学生に平等に海外留学のチャンスを与えてください。皆さまからの温かいご支援をよろしくお願い致します。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
 ⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

まちの真ん中に市域面積の約25%を占める
普天間基地

学校生活への影響について

写真

宜野湾市の真ん中には、市域面積の約25%を占める普天間基地(約480ha)があり、規模で言うと東京ドーム約100個分に相当します。 
普天間基地の周辺には、小中学校が15校あり、報道されているような事故への不安や、騒音により授業が中断するといったことが発生しております。

返還を実現し大きな可能性を秘めた跡地で活躍する人材を育成

写真

返還合意から20年以上経過した今なお、普天間基地は存在していますが、宜野湾市では、市長を先頭に基地負担軽減や一日も早い返還に向け取り組むとともに、返還後の跡地利用に向け、その計画の策定に向けて取り組んでいます。

広大な面積を誇る大きな可能性を秘めた跡地が、日本本土だけでなく東アジアや世界に目を向けた国際性あふれる中心地として生まれ変わっていくに際し、そこで活躍する国際性豊かな人材を育成していくことが必要となっています。

基地跡地の未来を担う中学生に平等にチャンスを与え
   夢や希望を膨らませてあげたい

写真

将来、基地跡地という大きな可能性を秘めたフィールドで活躍できる世界に目を向けた人材となるための第一歩として、海外での留学を通じて国際的な視野を広げ、現に基地負担に苦しむ中学生に夢や希望を膨らませてあげたい。

皆様からの支援により、市内の中学校の生徒10名を、アメリカ合衆国へ夏休み期間を利用して約1カ月間の短期留学に送り出すことができます。
また、これまで、自己負担があるゆえに留学をあきらめるケースがありましたが、自己負担ゼロを実現することにより、市内全ての中学生に平等に海外留学へのチャンスを与えることができます。

寄附金の使い道

本市においては、これまでも市内の中学生を対象とした海外留学事業を実施してきましたが、自己負担があるゆえに留学をあきらめるケースがありました。
皆様からの寄附金は、市内全ての中学生に経済的負担を与えずに平等に海外留学のチャンスを与えるための費用として活用させていただきます。

一人あたりの費用80万円 × 10名分
             …計800万円

~基地負担の苦しみから基地跡地を活用していく未来へ~
   中学生の海外留学に向けたプロジェクトに支援を

写真

今なお、基地負担に苦しんでいる中学生を、基地跡地の未来を担う世代の代表として、国際的な視野を広げるため海外に送り出し、将来活躍できる人材を育成していく本プロジェクトへの支援をお願いします。
皆様からの支援で、留学のための自己負担ゼロを実現し、市内全ての中学生に平等に海外留学のチャンスを与えてください。

ご支援いただいた皆様には、留学での体験や研修などの模様を収めた報告書を送付させていただきます。

沖縄県宜野湾市

map

宜野湾市は、古琉球の時代から物事の中心を意味する「ねたて(根っこ)」の地域と称され、政治・経済・文化の中心でした。現在は沖縄コンベンションセンター、トロピカルビーチなどが立地し、県内でも有数のコンベンションリゾートエリアとなっています。はごろも祭りや日本一早い花火大会など多彩なイベント会場としても利用され、大勢の観光客で賑わいます。
その一方、世界一危険といわれる普天間基地が市の中心部に位置し、その面積は市の約25%を占めています。この基地の返還が実現されれば、まさに沖縄の経済・教育・文化の中心として発展し、可能性のある国際性豊かな世界に開かれた「ねたて」の都市となるでしょう。

このGCFへの応援メッセージ

わずかな寄附ですが、留学に行きたい学生さんたちの力になれたら幸いです。
2017年10月3日 23:18
今回の留学が、将来の宜野湾市をもっと楽しいまちにしていくきっかけになることを期待します。
2017年10月3日 16:24
子供達の国際人としての、資質向上の一助となれば、幸いです。頑張って下さい。
2017年10月3日 8:46
宜野湾市の明るい未来のために役立ててください。
2017年10月2日 13:02
これからの宜野湾市のため、君たちを応援します。未来基金を役立ててください。
2017年9月28日 16:21
若者の未来に期待します
2017年9月27日 21:44
オスプレイなど、基地からの騒音に耐えて勉学に励む宜野湾市の中学生に、一人でも多く海外留学を経験し世界で活躍する人材に育っていただきたいとの思いで寄付します。
2017年9月20日 21:47
普天間飛行場が一日も早く返還され、留学した中学生をはじめとする宜野湾市の未来を担う皆さんが、その跡地で輝けることを期待して、微力ながら応援させていただきます。
2017年9月19日 13:15