ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCFとは?

起業家支援プロジェクト

https://www.furusato-tax.jp/gcf/359
https://www.furusato-tax.jp/gcf/349

瀬戸内を盛り上げる♪玉野発グローバル人材育成に支援を!

main_img
達成金額 792,000
79.2%
目標金額:1,000,000円
達成率
79.2%
支援人数
15
終了まで
受付終了

岡山県玉野市
岡山県玉野市

お気に入り
このプロジェクトは終了しました
プロジェクト締切日:2017年12月20日~2018年3月31日(102日間)
プロジェクトオーナー

プロジェクトオーナー:岡山県玉野市

玉野市は、世界的に評価の高い「瀬戸内国際芸術祭」の会場の一つになっており、近年外国からの観光客が急増しています。
このようななか、本市ではグローバル人材の育成を目指し、姉妹都市であるアメリカ・グロスター市で、中学生・高校生が一般家庭にホームステイをし、語学研修やグロスター市民との交流を行う事業を実施しています。初めて海外を訪問する学生も多く、帰国後も現地と連絡をとりあい交流を深めている生徒も多くいます。
こうしてグローバル感覚を身につけた学生が、外国人観光客へのおもてなし活動などを通じて、ふるさと玉野で活躍できるよう、夢と希望を持つ若者たちへのご支援をよろしくお願いいたします。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
 ⇒ふるさと納税をもっと知る
 ⇒私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)
 ⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

姉妹都市へのホームステイを通じてグローバル人材を育成!

外国人観光客の増加に地域活性化のチャンスあり!

玉野市ってどんなところ?

写真

玉野市は、岡山県の南端に位置し、瀬戸内海の美しい自然と、フェリーや貨物船、大型旅客船など様々な船舶が行きかう風光明媚で温暖な気候の港まちです。
市内には、みやま公園、王子が岳、渋川海水浴場をはじめとした四季折々の自然やレクレーション、Sea級グルメ「たまの温玉めし」などを楽しめるスポットが数多くあり、毎年沢山の人々が市内外から訪れています。

最近では、高校生を中心に運営しているマルシェイベント「UNOICHI」が国土交通省中国運輸局「観光振興アワード」や日本港湾協会「企画賞」などを受賞するなど、非常に好評となっており、開催日には宇野港周辺は多くの観光客で賑わいを見せます。

写真
写真
写真

人口減と観光客増

玉野市の人口は、毎年約700人ずつ減少しており、ピーク時と比較すると約2万人もの人口が減少しています(2017年10月末日 人口60,592人)。
年齢別では男女とも20歳代での転出超過数が多く、若年層の転出増加による地域活力の低下が大きな懸念となっています。

そのようななか、瀬戸内海の島々を会場として、3年に1度開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」が2010年から始まったことを契機に、本市宇野港周辺は海外からの観光客が増加しており、このチャンスを地域活性化につなげたいと考えています。

学生には、語学力の向上と国際感覚の育成を!ふるさと玉野には、ホームステイを通じて成長した若者による地域活性化を!

瀬戸内国際芸術祭の開催に伴い、魅力的なアート作品が全国的に紹介されたことで、本市に関心を持ってくれる方が増えてきました。
アート作品を目的に訪れる外国人を含む観光客は大幅に増加しており、それまでシャッター通りであった近隣商店街にも個性的な商店がオープンするなど明るい話題が多くあります。

写真

そのような中、本市では、1996年から実施されている「中高生グロスターホームステイ事業」によって、姉妹都市アメリカ・グロスター市に中学生・高校生を派遣し、語学力の向上や国際感覚の育成、都市交流の推進を図っています。

写真

中学生・高校生は、原則1家庭に一人でホームステイをします。
家庭では、ピザを一緒に作ったり、果物狩りに出かけたりと、家族の一員として過ごします。
現地の市民団体が夕食会やクルーズに招待してくれることもあり、ホストファミリー以外の市民とも交流を行っています。

写真

また、グロスター市長への表敬訪問や、歴史博物館の見学も研修内容に入っており、姉妹都市としての交流や知識を深めています。
2週間という短い期間ですが、別れのときには学生もホストファミリーも涙するほど打ち解けています。

帰国後も学生たちの活躍の場を設けるため、外国からのクルーズ船が多く寄港する本市宇野港において、過去のホームステイ参加者に書道体験ワークショップでの外国人観光客を対象にしたおもてなし活動を行ってもらうなどの取組みを実施しております。

写真

今後はこうした事業によって養われたグローバル人材の”卵”が中心となって、若者の力で本市の魅力をPRし、ふるさと玉野の活性化につなげていきたいと思います。

ふるさと納税の使い道と平成30年度事業実施予定

姉妹都市グロスター市への2週間のホームステイには、渡航費、英語研修費用などで1人あたり約60万円程度の費用がかかります。皆様からいただいたご寄付を活用させていただき、20万円を補助金として参加者に交付し、参加者負担の軽減を図りたいと考えています。

平成30年度事業実施予定
 4月 ホームステイ参加者募集
 5月~7月 渡航前研修等(3回)及び壮行式
 7月下旬~8月上旬 姉妹都市グロスター市にてホームステイ(約2週間)
 8月下旬 報告会

寄附をいただいた方へ

写真

昨年度、過去のホームステイ参加者にアンケートを取りました。
ほとんどの参加者が、中学生・高校生という大変若いときに、言葉・文化・習慣が異なる国の一般家庭で過ごしたことが、自分の将来に大きな影響を与えたと回答しています。

このホームステイが、参加者にとってふるさと玉野や、自分の今後の人生について改めて見つめ直すきっかけになっているようです。
玉野に縁のある方もない方も、ぜひ学生の成長にご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

なお、寄附をいただいた方には、ホームステイに参加した学生のレポートを送付いたします。
また、希望される方は、例年8月下旬に開催している報告会にご参加いただけます。
学生の生の声を聞いていただくとともに、学生の成長をぜひ感じてほしいと思います。

 

こちらのページからのお申し込みは、通常のふるさと納税のページと違い、全額を事業費に充てさせていただくため、謝礼品の発送や、ポイント付与等はございません。

このプロジェクトは終了しましたよ

岡山県玉野市

map

玉野市は、岡山県南端に位置する、瀬戸内海の温暖な気候と美しい自然に恵まれた風光明媚な港まちです。
市内には、「日本の渚百選」や「快水浴場百選」に選ばれた西日本屈指の海水浴場「渋川海岸」や、瀬戸内海を一望できる「王子が岳」など、自然を満喫できるスポットがたくさんあります。
また、海の幸を活かしたご当地グルメ「たまの温玉めし」は、Sea級グルメでV4を獲得しており、食べ物も充実しています。
3年に一度の瀬戸内国際芸術祭では、国内外から多くの人が玉野に訪れており、宇野港周辺には会期外でも楽しめる芸術作品があるなど、日常の中にアートが溶け込んだ町です。

このGCFへの応援メッセージ

瀬戸内国際芸術祭のときに、宇野港経由で直島に行ったのですが、地元の高校生の方に案内していただき、すごく温かい気持ちになりました。ぜひ頑張って英語を勉強してきてください!
2017年12月26日 18:05
この事業を利用してグロスターへ行きました!とてもいい経験と大事な思い出ができたので、ぜひ事業を続けてもっと多くの学生にグロスターへ行ってもらいたいです。
2017年12月21日 20:07
玉野市の発展を願ってます。
応援してます!
2017年12月21日 19:09
グロスター市を訪問したことがあります。
学生が初めて海外に行き、英語を学ぶのに最適な環境だと思います。
若いうちに海外を訪問し、さまざまなことを学んでほしくて、少額ですが寄付します。
2017年12月20日 22:13