ガバメントクラウドファンディング®(GCF™)とは

使い道に共感しふるさと納税を利用して行うクラウドファンディング

ガバメントクラウドファンディングとは、ふるさとチョイスがふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディング(※)です。

自治体が抱える問題解決のため、ふるさと納税の寄附金の「使い道」をより具体的にプロジェクト化し、そのプロジェクトに共感した方から寄附を募る仕組みです。

子育て支援 芸術文化支援 産業復興 動物愛護 子育て支援 芸術文化支援 産業復興 動物愛護
自治体の課題をプロジェクト化

サービス名の由来

  1. G Government ガバメント(政府) G Government ガバメント(政府)
  2. C Crowd クラウド(群衆) C Crowd クラウド(群衆)
  3. F Funding ファンディング(資金調達) F Funding ファンディング(資金調達)

サービス名をガバメント(政府の)クラウドファンディングと名付けた由来は、地方自治体(ローカルガバメント)が同じ課題を抱え、その課題解決のために広域でそのプロジェクトを行なった場合、政府(ガバメント)が行うような大きな課題解決ができると考えたからです。

今後は日本全体の課題解決のツールとして、ガバメントクラウドファンディング®(GCF™)を広げていきたいと思っています。

  • クラウドファンディング(CF)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す造語です。

ガバメントクラウドファンディング®(GCF™)とは

寄附先の選び方と流れ

ふるさと納税の寄附先の選び方には、「お礼の品から選ぶ選び方」と「使い道から選ぶ選び方」があります。

お礼の品が欲しいAさん 取り組みを応援したいBさん Bさんが行なったふるさと納税がガバメントクラウドファンディング®(GCF™) お礼の品が欲しいAさん 取り組みを応援したいBさん Bさんが行なったふるさと納税がガバメントクラウドファンディング®(GCF™)

ふるさと納税には、寄附したお金が自治体でどう使われるかを選ぶことができるというメリットがあるのです。

つまりガバメントクラウドファンディング®(GCF™)もふるさと納税の使い道に特化しているだけで、お礼の品から選んでいたふるさと納税と基本構造は同じです。

またガバメントクラウドファンディング®(GCF™)では、より具体的な寄附金の使い道を指定して寄附ができるため、税金の控除を受けたり、お礼の品ももらうことができます。

(※1)お礼の品の有無、内容は自治体によって異なります。

選び方にあわせて2つのふるさとチョイス

あなたの思いを込めた寄附がふるさとをそして日本を動かす! あなたの思いを込めた寄附がふるさとをそして日本を動かす!

応援したい使い道(プロジェクト)を選ぶ

ガバメントクラウドファンディング®(GCF™)では、あなたが支援したいプロジェクトを応援することができます。
あなたの想いを込めた寄附がふるさとをそして日本を動かすのです!

犬猫の殺処分ゼロを目指すプロジェクト イベントの開催を支援 自治体を通してNPO支援 歴史的建造物を保護するプロジェクト 犬猫の殺処分ゼロを目指すプロジェクト イベントの開催を支援 自治体を通してNPO支援 歴史的建造物を保護するプロジェクト

その他にも多種多様な使い道(プロジェクト)が全国の自治体から発信されています。
まずは関心のある使い道(プロジェクト)を調べてみましょう

よくあるご質問

Q目標達成しなかったらプロジェクトは行われない?集まったお金も返金されちゃうの?
A自治体はふるさと納税でのお約束の元、事業費を集めています。そのため、目標金額達成されなくても集まった金額は必ず事業に充てられるため、寄附者へ返金されません。あなたの寄附金は無駄にはなりません!
Q寄附金控除は受けられる?
Aはい、通常のふるさと納税と同様に、寄附金控除が受けることが出来ます。
Qお礼の品はもらえる?
Aプロジェクトによって、お礼の品をご用意されていることも。
「お礼の品」を選択せずに、寄附金を全て事業費に使ってもらうこともできます。
Q使い道(プロジェクト)についての詳しいお問い合わせ先は?
Aプロジェクトオーナーである各自治体の担当部署へお問い合わせ下さい。
  • ふるさとチョイス お礼の品でチョイス

GCF™への応援メッセージ

子どもたちの痛みが一刻も早く無くなりますよう、よろしくお願いします。
2019年2月22日 13:12
年間3000本という数字に驚きました。針を使用しない血糖値測定の早期実用化を願っています。
2019年2月21日 22:11
佐賀県庁様、日本IDDMネットワークの活動へのご協力ありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。
2019年2月21日 14:31
娘を含めた1型糖尿病患者の人達の苦労が一つでも多く軽減されるような時代が早く来ることを願っています!
2019年2月20日 22:18
1型糖尿の患者の皆さんに1日でも早く届けられることを願っています。
2019年2月20日 21:55
父が、大好きだった鎌倉物語。今では、小学生の娘と親子三代で、大ファンです。
いつか、現地を訪れて鎌倉巡りをするのが、今から楽しみです。
2019年2月20日 11:50
痛み・煩わしさが少しでも少なくなる未来をお願い申し上げます(@^▽^@)
2019年2月20日 11:29
3才の娘が1型糖尿病になって約半年、機嫌のいいときは自分で針を刺して血糖測定するまでになりましたが、眠い時などひどくぐずることもたくさんあります。
針を刺さなくても血糖測定ができれば、どれだけ娘の心の負担が軽くできるかはかり知れません。
1日も早い実用化をお願いします❗
2019年2月20日 8:11
子どもたちを辛い穿刺から守ってあげてください。
2019年2月20日 7:27
一日も早く針を使わない血糖値測定ができることを祈っています。
2019年2月20日 7:25
子どもたちはもちろん、日本中、そして、世界中の糖尿病の方の福音となることを願っています。
2019年2月20日 7:17
なんとなく、疲れた時などふらりと鎌倉に立ち寄り、お気に入りのお寺の境内でボーッと過ごすのが私の大事な時間です。子供が産まれてからは、季節の花を見に行ったり。季節の行事に参加したりと、更に身近な存在です。普段読書が趣味で、子供にもたくさん絵本を借りてきては寝る前に読んであげるのが習慣なのですが。好きな作家さんが、鎌倉に縁のある方が多いことに最近気づいて、さらに嬉しくてますます鎌倉が身近に感じています。観光の街というだけではなく、ふらりと寄れる、癒しの場所であってほしいです。
2019年2月20日 0:30
海鳥たちを守ってあげて下さい。
微力ながら支援させて頂きます。
2019年2月19日 16:13
鮑が大好物です。おいしい鮑をたくさん獲れるよう、微力ながら応援いたします。
2019年2月18日 22:41

自治体からの使い道情報

もっと見る

はじめての方へ