お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          海鮮王国長崎県松浦市が自信を持って紹介する玄海灘産荒波育ちのとらふぐ特集

          ふぐのなかでも最高級といわれる「とらふぐ」。ふぐは昔から「福をよぶ魚」として大変喜ばれており、皆様へ福をお配りします。

          養殖とらふぐ生産量 日本一!

          「とらふぐ」はふぐの中でも最高級とされています。鷹島の「阿翁(あおう)」が本拠地の「新松浦漁業協同組合」を初め、複数の漁師たちによって、松浦市はとらふぐの養殖で日本一の生産量を誇っています。 そもそも”鷹島”といえば長崎・九州の漁師たちが認める漁場。”阿翁のふぐ”は別格と言われていたほどです。「透き通った身の歯ごたえと上品な甘さなど、天然物に負けない味わい」と、全国的に高い評価を得ています。特筆すべきはその育て方。とらふぐの鋭い歯が共食いで傷つけ合わないよう、約40年前から「歯詰め(鋏さ歯をかぐ)」を施しています。実は日本で最初にこういった歯詰めに取り組んだのが松浦と言われています。現在、九州各地から関西・関東までの広い範囲に出荷されています。
          松浦市の自然豊かな海で育てられた「とらふぐ」は、生産者が丹精込めて育てた「最高級」の養殖とらふぐとして、皆様に福を運びます。

          平成30年養殖とらふぐ生産量が全国1位となり、平成19年から通算9回目の生産量全国トップとなりました。(資料:農林水産省 海面漁業生産統計調査)

          食卓をゼイタクに!!おいしいとらふぐを堪能!!

          【C3-005】漁協直送!とらふぐ唐揚げ付き!とらふぐ刺身セット

          23,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          ふぐのなかでも一番の高級魚といわれる「とらふぐ」。
          新松浦漁業協同組合は、このとらふぐの養殖生産において、日本一の生産量を誇ります。
          松浦市の自然豊かな海で育てられたとらふぐは、透き通った身の歯ごたえと上品な甘さなど天然物に負けない味わいを持ち、
          「鷹ふく」として九州各地から関西・関東まで広い範囲に出荷されています。

          【E0-001】玄海灘産最高級とらふぐひれ付きフルコース(3~4人前)

          40,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          長崎松浦沖玄海灘の滋養あふれるオールAの豊かな海で丹念に育てられた自慢のとらふぐ。
          上品な旨みと食感が口の中に広がります。この最高級とらふぐのフルコースをご家庭で簡単にお楽しみいただける、贅沢なコースをご用意しました。
          お刺身と皮湯引きはプリッとした食感と旨みを楽しんでいただき、アラや骨身はから揚げやちり鍋に、そして締めはとらふぐのだしがたっぷり入った雑炊まで、思う存分ご堪能いただけます。

          【E0-007】漁協直送!とらふぐ刺身とちり鍋セット3~4人前(白子、茶漬け付)

          40,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          ふぐの中でも最高級と言われる「とらふぐ」、中でも長崎県松浦市のとらふぐは上品な甘さで、身は透き通り、天然ものに遜色なしと全国的にも高評価をいただいています。その高評価は、生産者のふぐへの愛の結果とも言えます。
          とらふぐはストレスに弱いので、体調を見ながら手で餌やりをしたり、他のふぐを傷つけないよう歯切りをしたりと、一匹一匹丁寧に愛情込めて育てています。

          とらふぐの鍋はこちら!!

          とらふぐの刺身はこちらです!!

          とらふぐ自慢の一品もまだまだあります!

          松浦市の赤土土壌で育まれた美味しい野菜をお鍋のお供にどうぞ

          【I0-006】季節の野菜詰め合わせの定期便10回(上旬)

          80,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          大好評の「季節の野菜詰め合わせ」を毎月お届けします。

          とらふぐだけじゃない!海鮮王国長崎松浦市の自慢の海産物はこちら

          寄附金の使い道を紹介

          松浦市では活力ある地域社会を維持し、将来に向けて松浦市を活性化させるために皆様からお預かりしました寄附金を活用して、高校生等までの医療費の無料化や第2子以降の保育料無料化、学校給食費助成などの子育てを包括的に支援する事業を行っております。
          今後も「安心して産み育てられる子育て環境づくり」のために子育てに関する事業を維持・拡大していくとともに、未来を担う子供たちへの積極的な投資に寄附金を活用していきます。