10年後の足羽山のために笑顔溢れる憩いの場を取り戻したい!! 【大久保茶屋】

カテゴリー:新産業・地域創生 

main_img

寄付金額 20,000

1.3%

目標金額:1,500,000

達成率
1.3%
支援人数
1
終了まで
25
/ 90

福井県 (ふくいけん)

寄付募集期間:2022年10月3日~2022年12月31日(90日間)

福井県 × 大久保茶屋

プロジェクトオーナー

福井県では、ふるさと納税制度を活用し、県内飲食店の活性化と福井の食の魅力を発信するため、飲食店によるクラウドファンディングを支援します。

県は集まった寄付金から手数料を除いた額を飲食店に交付し、飲食店は新商品の開発やお店の魅力を高めるための設備投資などを実行します。

2024年春の北陸新幹線の福井・敦賀開業に向けて、福井の飲食店の魅力を全国に発信することで、観光誘客や販路拡大などに活かします。

みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

福井県

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

10年後の足羽山のために笑顔溢れる憩いの場を取り戻したい!!

私は福井市内の足羽山で生まれ足羽山で育ちました。この茶屋で仕事を始めて28年目になりました。

足羽山は、約3500本の桜が咲き誇る、日本さくら名所100選に選ばれている観光名所です。

今回のプロジェクトに参加する事によって、足羽山と大久保茶屋の10年後を考えてやりたいことを見直し、新たな挑戦をしたいと考えています。

1) お客様が大久保茶屋に求めているものを再考する

・足羽山の魅力を情報発信(チラシや案内パンフレット、web活用)
・若狭牛や伝承料理の入った弁当、新しい串メニューや出汁を使用したメニューの考案

2) 厨房の環境整備、メニューの見直し

・出汁の研究費、業務用コンロの購入費等

3)花見時期のぼんぼり等桜を楽しめる準備費用

・桜の肥料やり、桜樹木の手入れ

大久保茶屋の今日まで続く歩み

当店は花見茶屋として昭和6年にオープンしました。

当時、足羽山の茶屋組合で名物をつくる為、京都で学び開発したものが、豆腐田楽とこんにゃくおでんと聞いております。 「田楽、おでん」という看板が古くからあったのを記憶しています。

祖母は戦争に行った祖父の留守時も、子供8人とお店を守ってきました。

足羽山の地域資源(茶屋文化)

写真

古くから、お花見時期になると福井県民がこぞって足羽山に登り、茶屋で2大名物の『豆腐田楽』と『こんにゃくおでん』を食べ、お花見を楽しむ伝統的な食文化があります。

オープン当初は、豆腐田楽は炭火で焼かれ、夏みかんや寿司も出していた様です。

昔のお花見は皆さん折箱のお弁当を持参していました。私どもは貸しゴザを敷き、お酒を一升でそのまま、また熱燗で味わうなど花見を楽しみました。

宴は夜遅くまで続き、炭坑節や”貴様と俺とーは”と「同期の桜」が大勢の手拍子とともに歌われていました。

当時秋になると、茶屋の前で運動会が行われ、田楽やおでんも一興として愛されました。

戦争を経験した祖父母を思えば、今のコロナ禍は乗り越えなければと感じております。

写真

人との出会いと支えがあって

祖母が亡くなり、母と私との茶屋経営が始まりました。

ほとんど食の世界にど素人の私でしたが、食道楽の父が尊敬するお蕎麦屋さんから伝授頂いた蕎麦出汁と秘伝のさくらみそをベースにメニューを色々考案しました。また、粋酔塾という地酒アンテナショップの一号店に選ばれ、酒組合様にもご支援頂き、1ケ月で2000人以上の集客に成功しました。

それからも独自のイベントやメニューを考案し、地道にやって参りました。その間、色々なスタッフとの出会い、個客様との出会い、地元の作家さんとの出会い、たくさんの看板猫との出会いもあり、今の大久保茶屋があります。

次世代に紡ぐ

長期にわたるコロナ禍で、スタッフ不足により準備が出来ず春の予約をとれない。

春の花見のぼんぼりでさえ、茶屋の前は自費での取付になり、店舗内は劣化が目立つなど厳しい経営状況になっております。

55歳の私ですが、様々なアイデアを出しながら、次の世代に魅力あるものを残していきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

寄附金の使い道

・足羽山&大久保茶屋のチラシ、パンフレット作成費用

・厨房整備および新メニュー開発費用

・花見時期の準備費用

※目標金額に達しなかった場合でも、足羽山の魅力発信を推進する費用として活用させて頂きます。
また、目標金額以上の寄附を頂いた場合、翌年度以降に活用させて頂きます。

店主からのメッセージ


福井駅からタクシーで10分ほどで足羽山の森を体感できます。野鳥がさえずるなかでのラフなお食事が人気です。
食は、福井県産のものを随所に使用し、地酒とともにおそばから、丼もの、甘味をご用意してお待ちしております。
桜の季節だけではなく、紫陽花、もみじと、自然に寄り添って楽しめる店です。ぜひ、お気軽にご予約くださいませ。

写真

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-