お遍路文化を未来へ紡ぐ!|お遍路宿「すだち庵」再生・復活プロジェクト|

カテゴリー:新産業・地域創生 

main_img

寄付金額 1,196,700

79.7%

目標金額:1,500,000

達成率
79.7%
支援人数
57
終了まで
28
/ 89

徳島県 (とくしまけん)

寄付募集期間:2021年10月4日~2021年12月31日(89日間)

徳島県 × すだち庵

プロジェクトオーナー

徳島県をはじめとする「四国お遍路文化」の歴史は長く、数々の困難や世代を乗り越え、現在に継承されてきました。

お遍路宿「すだち庵」は、12番焼山寺そばのお遍路宿として、何代にもわたり、お遍路さんをサポートしてきましたが、後継者問題の壁は厚く閉鎖に至りました。誰かがやらなければ、古から継承されてきた伝統文化は、近い将来、人々の記憶の彼方に消えてしまうかもしれません。

私(角田 雄士)は、本プロジェクトでお遍路宿「すだち庵」を再生・復活させ、お遍路さんをはじめ、四国周遊観光する旅人が集う宿にしたいと考えています。
そして、若い世代へ、そして未だお遍路を知らない人々へ、お遍路の文化や魅力を伝えていきたいのです。

徳島県

すだち庵が位置する徳島県神山町は、市内より車で40分、西に剣の霊峰を望む、文字通り「神の山の町」として知られています。徳島名産のすだちをはじめとする農産物、それらを利用したおしゃれなカフェなどは休日に多くの人で賑わいます。その他美肌の湯ともいわれる神山温泉、卑弥呼伝説の残る雨乞いの滝、蛍が舞う渓谷など多くの自然に囲まれています。また町をあげてのIT企業の誘致活動などクリエイティブな活動を積極的に応援しています。是非、神秘の町、清浄の地でココロの洗濯しませんか。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • NHKから取材を受けました!

    2021年11月11日 20:00

    すだち庵です。皆様のご支援ありがとうございます。

    先日、NHKからのお宿の取材を受けました!
    11月17日(水)高知県域放送【総合】「こうちいちばん」18:10-19:00内で放送予定です。
    ちょっと緊張しすぎてます。

    また、皆様の応援をいただいて、お宿の工事も順調に進んでいます!
    引き続き温かいご支援をよろしくお願いします。

    関連リンク

【注意事項】

・頂きました個人情報は、徳島県より寄付先の起業家へ提供させていただきます。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

 

徳島や四国の伝統・文化・観光を愛する全ての方々へ!

お遍路文化存続の危機!?最難所のお遍路宿の存続問題

四国霊場巡礼の要であり最大の難所といわれる、第12番札所焼山寺。

太古よりその宿場として位置し多くのお遍路さんをサポートしてきた神山町鍋岩地区は、現在、「お遍路さんや宿経営者の高齢化問題」や「建物の老朽化」「コロナ問題」により宿泊施設が消滅の危機に立たされています。

この地区が機能しなくなると、いわば「鎖のように」繋がっている宿場が一つ減り、お遍路文化存続そのものに影を落とすこととなるでしょう。何百年も継承されたお遍路文化を衰退させるわけにはいきません。

お遍路宿の再生・復活への決意は、お遍路中の運命的な出会い

常日頃からオートバイやサイクリング、歩き遍路をこよなく愛し、いつかそんな旅人が集まるお宿を立ち上げたいと願っていた私(角田 雄士)が前遍路宿「すだち庵」と出会ったのは、3巡目のお遍路を周っているときでした。

その旅路の折、ここ「すだち庵」の前オーナーのお年を召された尼僧さんと出会いました。ある日、尼僧さんが「私はもうそんなに長くここに居ることはないと思う。もしあなたがこの地に恩返しをしたいのなら、すだち庵の後を継ぐとよいでしょう。」と仰りました。

【「すだち庵」の前オーナーの尼僧さん】

その時はお互い笑いながら話をしていましたが、その数か月後、尼僧さんは急逝されました。信じられない思いですが、その言い付けを守り遺志を継がなければならない。

そんな想いで立ち上げたプロジェクトです。

 

お遍路さんサポート専業の「お遍路宿」に加えるエッセンス

快適で格安、新たな仲間と出会える「お宿」へ

私は、歩きお遍路さんとして既に結願し、現在は3巡目を周っております。オートバイとサイクリングをこよなく愛し、いろいろな交通手段で巡るお遍路さんをサポートし、様々な旅人が集えるお宿を立ち上げたいと考えています。

「お遍路宿 すだち庵」改め、「お宿 すだち庵」のスタイルは、素泊まりのゲストハウス。近隣の神山温泉や、食事所への送迎、館内での軽食販売も対応します。レンタル自転車、屋根付き駐輪、駐車場なども完備し、多様なお遍路さんを受け入れします。

基本は個室でのご案内のなか、ドミトリーも設置します。

この新型コロナの苦境を乗り越えてお遍路宿を存続させ、ひいては、新しい世代へ文化を継承するため、これまでお遍路をしたことがない方々を呼び込でいきたいです。ライダーやサイクリスト、トレイルランナーのお遍路さんをこれまで以上に発掘、サポートできればと思います。また、アフターコロナを見据えて、外国人お遍路さんに分かり易い情報発信に取り組み、インバウンド需要に対応していきます。

 

私たちの基本は「お遍路サポーター」

お接待文化の継承の鍵は、地域住民の方々とお遍路さんの交流

地域の方々とお遍路さんとの触れ合いは、地域の伝統である「お接待文化」の存続につながると信じています。

周りの人に声を掛ける、挨拶をするという基本から「お接待」へとなっていき、最終的には地域でのキズナが深まり、事故防止や防犯抑止なども期待できるのではないでしょうか。近隣との関係が疎遠になりがちな現代社会において、とても重要な地域社会モデルと考えています。

今後、アフターコロナには、外国人お遍路さんが戻ってきて、以前のように、地域の方々との文化交流が盛んになるでしょう。子どもたちが自身の将来を世界に向けるきっかけになれば嬉しいです。

様々な目的や交通手段…どんなお遍路さんもいらっしゃいませ!

近年ではテレビ番組等でもバラエティー番組として紹介され、ひげを生やしたディレクターと北海道のタレントさんが、四国お遍路を有名にしてくれたのは記憶に新しいところです。

今、様々な人がお遍路さんとして四国を巡礼しています。「弘法大師の教えに人生を委ねるため」、「アミューズメントとして」また、「自身の体の鍛錬のため」。そう、誰でもお遍路さんとして旅に出て、その交通手段や目的は様々であってよいのです。

写真

最近では、サイクリングやロードバイクでのお遍路さんも盛んになってきました。一人旅のライダーさんも、仲間と一緒に廻るライダーさんも大歓迎です。

色々な目的を持ったお遍路さんが集える快適なお宿を目指し、改装に取り組みます!

 

「すだち庵」の再生・復活!

誰もが集える、快適、清潔な宿へ

実施スケジュール

老朽化した施設を綺麗にリニューアル。畳や壁紙、障子やサッシにいたるまで、順次改装していきます。

2021年10月:風呂場とトイレの改装から
2021年11月:部屋2室の改装など
2021年12月:残り2部屋の改装など

寄付金の使い道:「すだち庵」の改装費(150万円)

【内訳】
・古くなった畳、サッシ、壁紙、備品等の入れ替え
・昨今のコロナ対策としてお風呂場とトイレの改修工事
・エアコン完備、またそれに関わる電気配線入れ替え工事
・駐輪場整備、駐車場の照明、土間打ち

【寄付金取扱いの注意点】
・目標金額に達しなかった場合、不足分は自己資金にて充当し、遂行します。
・目標金額以上の寄付を頂いた場合、本プロジェクトの費用として活用させていただきます。

 

プロジェクトを応援する声

お遍路ハウス一番門前通り 高原 道隆さん「すだち庵の再開を喜んでおります」

写真

お遍路さんたちは12番札所焼山寺を下り、杖杉庵をお詣りしてから鍋岩地区に入りますが11番札所藤井寺から8時間前後の登山となります。この様な難所にすだち庵が再開されることを大変喜ばしいことと思っております。
私どもも、すだち庵が諸々の事情により閉鎖した時から、お遍路さんに宿の紹介が出来ずに困っておりました。
昨年春からのコロナ禍によりお遍路さんは激減していますが、今でなければお詣りできないお遍路さんたちもいるのです。鍋岩地区は12番札所焼山寺を打つには絶対的に必要な宿場です。

88カ所のお寺に「納札」というご先祖様への手紙のようなものをもって、お遍路さんたちはお詣りします。大昔から祈りの遍路道は存在し、その道を歩くお遍路さんを迎えるのが私たちのなのです。

是非、焼山寺の下で夕方を迎えるお遍路さんを暖かい灯で迎えてあげてください。
お遍路さんのために四国遍路道を守り、一緒に頑張りましょう。 合掌

民泊 汐風 門田 ご夫妻「新しい仲間を歓迎します。」

写真

私たちお遍路宿はそのネーミングや朝夕早い時間での運営特性上、なかなか一般のお客様が馴染みにくい所があります。
このように新しいお客様を呼び込む形に特化した遍路宿のリニューアル運営を喜ばしく思います。
ともに四国遍路や四国観光を盛り上げていきましょう。

佐藤金物店 佐藤 社長「コロナに負けずがんばれ!」

写真

お遍路さん復活を目指して頑張ってほしいです。
私たちはすだち庵の改修工事を通じて全力で応援します。

 

寄付者のみなさまへ

みなさまの応援で、お遍路の文化・伝統を守り、次の世代へ

この業界は決して儲かる商売ではありません。だからこそ常に後継者問題に向き合っています。それでも誰かがやらなければ、古から継承されてきた伝統文化は、近い将来、人々の記憶の彼方に消えてしまうかもしれません。

しかし、こうして皆様からの応援を頂くことで伝統文化のたすきを100年先までリレーすることができるはずです。

「受けた御恩を誰かに送りなさい」お遍路さんには馴染みの言葉です。つまり、様々な人や物、環境から受けた「御恩のたすきリレー」を行うことで良き習慣や文化は継承されていきます。

徳島四国の地で、また、日々日常で、受けた「御恩」「お接待の文化」、それらの想いをすだち庵に預けてみませんか?

お礼の品は、お遍路宿の宿泊プランや徳島名産品などなど…!

お礼の品は、遍路宿「すだち庵」の宿泊券や、徳島県の特産品です。
徳島県を味わっていただくとともに、是非、徳島県に訪問いただけますと幸いです。

【注意事項】

・クラウドファンディング終了後(2022年1月以降)にお送りします。
・徳島県内の方にはお礼の品をお送りできませんので、あらかじめご承知ください。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 先日、すだち庵を利用させていただきました。角田さんが頑張っていただいて、安心しました。返礼品は不要です。

    2021年11月27日 10:46

  • お遍路宿は、おへんろさんにとって、なにより安心の場所です。
    大変だと思いますが、どうぞ続けてください。

    2021年11月20日 22:01

  • お遍路文化を守ってくださりありがとうございます。

    2021年11月19日 22:10

  • 10/27、10/28とすだち庵さんに連泊でお世話になりました。今回少額ですが応援させていただきます。頑張って下さい。

    2021年11月11日 15:34

  • すだち庵を応援します。

    2021年11月11日 10:26

  • すだち庵を応援しています。

    2021年11月9日 9:39

  • お遍路宿の維持頑張れ!いつか泊りに行きます。

    2021年11月3日 21:48

  • お遍路さん応援施設の充実をお願いします。

    2021年10月29日 12:37

  • お遍路の宿が存続することを願っています

    2021年10月28日 21:45

  • お遍路さんは今後、海外から来る方も多くなるので、英語案内表記を自治体として進めて下さい。

    2021年10月24日 8:35

  • すだち庵の復活をお祈りしています。

    2021年10月20日 14:46

  • 四国遍路は日本の宝です。そして歩き遍路にとって、地元の方のお接待と快適な遍路宿は、マラソンの「給水所」のようなもの。コロナ禍の影響で廃業に追い込まれる遍路宿が続出し、遍路文化そのものも危惧される中、素晴らしい取り組みだと思います。ぜひ応援させてください!

    2021年10月10日 11:49

  • 四国遍路でお世話になりました。コロナで宿が廃業している所が多く、四国、徳島頑張ってください。

    2021年10月9日 22:31

  • お遍路文化を応援しています! 

    2021年10月9日 18:25

  • コロナ禍が治まれば、お遍路さんが多くなるでしょう、また外国の人にも日本の”おもてなし”通して、より深く理解してもらえたらいいですね。

    2021年10月9日 14:20

  • 一緒にふるさと納税クラファンに挑戦させてもらっています!ミレアの大西実希です!
    ふるさと納税もクラファン初挑戦でソワソワしていますが一緒に頑張りましょう!

    2021年10月9日 13:18

  • すだち庵の復活,期待しています。

    2021年10月8日 9:06

  • へんろ道と歩くおへんろさんを応援します。がんばってください!

    2021年10月7日 9:22

  • 歩きへんろ道のにぎわいを応援します!

    2021年10月7日 9:16

はじめての方へ