• TOP
  • 過去実績
  • 豊かな海の恵みを取り戻す 海の鎮守の森事業(藻場の再生)を応援してください

豊かな海の恵みを取り戻す 海の鎮守の森事業(藻場の再生)を応援してください

main_img

寄附金額 1,565,000

31.3%

目標金額:5,000,000

達成率
31.3%
支援人数
54
終了まで
受付終了

福岡県宗像市

寄附募集期間:2017年2月24日~2017年10月31日(250日間)

福岡県宗像市

プロジェクトオーナー

 福岡県宗像市は、北九州市と福岡市の両政令指定都市の中間に位置し、農業や漁業といった第一次産業が盛んなまちです。特に水産業では2つの離島を含め、4つの漁港を有し、年間を通じて様々な水産物が水揚げされています。特に天然トラフグやマアジ、ヤリイカは有名です。また、日本海側の海女の発祥地とも言われ古くから豊かな海の恩恵を受けていました。
 しかし、近年では海水温の上昇などさまざまな要因により、海の森林ともいえる大切な藻場が消滅しつつあります。
 折しも、平成29年10月に「第37回全国豊かな海づくり大会」が宗像市で開催されます。同大会は、例年、天皇、皇后両陛下ご臨席のもと開催される国民的行事で、水産資源の保護・管理と、海や河川の環境保全を通して、漁業の振興と発展を図ることを目的としております。
 宗像市もこれまで、稚魚の放流など水産資源の保護に取り組んできましたが、海の中にある藻場を再生することで、自然の持つ力を回復させ、豊かな海を取り戻していきたいと考えています。是非とも海の鎮守の森事業(藻場の再生)の応援をよろしくお願いいたします。

福岡県宗像市

 福岡県宗像市は、北九州市と福岡市の両政令指定都市の中間に位置しています。
 宗像地域は4世紀後半から9世紀末にかけて、大陸と活発に交流が行われたた歴史があり、それを物語る史跡が数多く点在しています。特に離島の沖ノ島では約8万点の奉献品が発見され、すべて国宝に指定されています。
 現在、沖ノ島を含む「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録活動を行っています。2015年には国内推薦が決定。2017年の世界遺産登録へ向けて頑張っています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

2019年3月31日まで!宗像市の豊かな海を守るため、引き続き第二弾の応援募集中!

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度です。
 ⇒ふるさと納税をもっと知る
 ⇒私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)
 ⇒ふるさとチョイスのガバメントクラウドファンディングについて

■このプロジェクトの概要■

日本各地の海岸で起こっている「磯焼け」という現象をご存知でしょうか。海底でコンブやわかめなど各種海藻が減少し、砂漠のような状態になってしまうことです。海藻が群生する「藻場(もば)」は魚類の生活の場や産卵場所になったり、光合成で酸素を生産したり、環境に重要な役割を果たしていて、磯焼けは重大な問題になっています。

宗像市では、豊かな海を取り戻すために藻場の再生に力を入れてきました。平成24年度から平成26年度までの3年間、3,000㎡の海底へ投石などを行い海藻が回復しやすい環境を整備。平成27年度に海底のモニタリング調査を行ったところ、徐々に海藻が定着して、アワビやサザエ等の育成が確認できました。着実に海は豊かさを取り戻しつつあります。

しかし、これまで整備できた面積は、広大な海に比べれば微々たるものです。豊かな海を取り戻す海の鎮守の森事業(藻場の再生)を実施するための費用の一部を、みなさまからの寄附で賄いたいと考えています。

みなさまのご協力をお願いいたします。

豊かな海に迫る磯焼け

 九州北西部に開ける玄界灘。対馬海流が通る大陸棚が広がる絶好の漁場で、宗像市にある鐘崎漁港もその東岸に位置しています。
 鐘崎漁港は山口県の日本海側から続く好漁場・響灘と玄界灘との境界にあたり、福岡県内で一番の漁船数と、有数の漁獲高を誇っています。
 沿岸部では、古来からの豊かな海を下支えする海藻のベッド「藻場」も広がり、主にホンダワラやワカメなどがいきいきと繁茂しています。なかでも、玄界灘と響灘の潮がぶつかる浅瀬で育ったワカメは非常に質がよく、宗像大社を通じて皇室への献上ワカメとして取り扱われています。
 そんな宗像の沿岸部で行われた調査でも海の砂漠化「磯焼け」が拡大傾向にあることが確認されています。

ご存知ですか?藻場の重要性

 陸地にある森林は、二酸化炭素を吸収して代わりに酸素を供給したり、動物の生息場所となったりと、環境において重要な役割を果たしていますが、実は、同じように海の中にある藻場も重要な役割を果たしています。
 藻場は「海中の森林」とも呼ばれます。海水面より深い場所にあるので私たちが直接目にする機会は少なく、その重要性は見過ごされがちですが、海の環境を保護する上で、藻場はとても大切な役割を担っています。
 豊かな海を守るためには、藻場を再生する取り組みが必須です。

■魚の生活の場としての藻場

 藻場は、波や海流の流れを緩やかにするため、泳ぐ力の弱い幼稚魚にとっては格好の生活の場となっています。また、大型の魚などから身を隠す隠れ家ともなっています。

■産卵場所としての藻場

 藻場は、魚の産卵場所としての役割を果たしています。普段は沖合や水深の深い場所に棲んでいる魚も、卵を産む季節になると、海岸付近の藻場に産卵のために集まってきます。
 しかし、磯焼けの進行により、魚の産卵場所である藻場が壊滅していた場合、海岸に近づいて産卵しても海藻に卵が付着できず、小魚に食べられたり、海岸に打ち上げられて死んでしまったりするのです。卵が孵化しなければ、新しい生命は誕生せず、魚の数が減ってしまうことになります。

■酸素の供給と水質浄化

 藻場を形成する海藻は、海水中に溶けている窒素やリンを吸収し、光合成を行うことで成長するとともに、魚が生きていく上で必要な酸素を大量に供給しています。
 窒素やリンを吸収することで、海水中の栄養分が増えすぎるのを防止すると同時に、海水の透明度を高め、効率的に光合成できる環境を維持しています。藻場の面積が減少すると、海水中の栄養分が増えてしまい、赤潮などが発生しやすくなります。海中のプランクトンが増えすぎることで起こる赤潮は海中の酸素不足を引き起こすことになります。

■食物連鎖のバ