• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 音楽の力で子どもたちを元気に。夏の夜野外で聴くオーケストラ♪日本センチュリー交響楽団の「星空ファミリーコンサート」を成功させたい

音楽の力で子どもたちを元気に。夏の夜野外で聴くオーケストラ♪日本センチュリー交響楽団の「星空ファミリーコンサート」を成功させたい

カテゴリー:伝統・文化・歴史 

main_img

寄付金額 1,626,000

32.5%

目標金額:5,000,000

達成率
32.5%
支援人数
75
終了まで
55
/ 91

大阪府豊中市 (おおさかふ とよなかし)

寄付募集期間:2020年7月1日~2020年9月29日(91日間)

「音楽と、ともに、とよなか」豊中市×日本センチュリー交響楽団

プロジェクトオーナー

豊中市は2012年、市に本拠を置く日本センチュリー交響楽団と「音楽あふれるまちの推進に関する協定」を締結し、音楽あふれるまち・豊中の実現に向け、様々な取り組みを進めてきました。

代表的なものとして、「豊中まちなかクラシック」や「ホールでオーケストラ♪」、「世界のしょうない音楽祭」など、音楽とまちの魅力を存分に引き出し、また子どもたちが音楽に親しむ取り組みを次々と企画してきました。豊中市立文化芸術センターを拠点に、年間4回の「豊中名曲シリーズ」も展開しており、本市の文化芸術振興を支える不可欠の楽団です。

こうした協働の取り組みが評価され、本市は2015年度に文化庁から大阪府内で初めて文化芸術創造都市に選定されました。

また、日本センチュリー交響楽団は昨年、楽団創立30周年を迎えました。首席指揮者は飯森範親氏が務め、また、2020年にはミュージックアドバイザーに秋山和慶氏が就任しました。豊中市立文化芸術センターでの名曲シリーズをはじめ、シンフォニーホールでの定期演奏会、ハイドンの交響曲全演奏・録音プロジェクト「ハイドンマラソン」などを展開しており、2015年度、2018年度には大阪府文化祭奨励賞を受賞しました。

今回のガバメントクラウドファンディングは、豊中市文化芸術振興助成金制度で採択された日本センチュリー交響楽団の取り組みを、ふるさと納税の仕組みを活用し、支援するものです。

新型コロナウイルスの感染が終息を見せない中ですが、こんなときだからこそ多くの人に音楽に触れてもらい、心を揺さぶるような感動を届けたいと考えています。晩夏の夜空に響くオーケストラコンサートを成功に導くために、皆さんのご協力をお願いします。

大阪府豊中市

大阪都市圏のなかでも、早くから郊外住宅地として発展してきたまち、豊中。伝統や歴史と調和しながら、時代の移り変わりとともに、快適な住宅都市、質の高い教育文化都市として着実な歩みを重ねてきました。

先人が築いた良き伝統を受け継ぎ、豊中市は今、中核市として新たな時代を拓いています。わたしたちは、過去から現在、そして未来へとつながる人の絆を大切に、この地を訪れる人々が、そしてこのまちに暮らす誰もが輝くまちづくりをめざします。

御存知ですか?

豊中市は・・・「高校スポーツ発祥の地」 野球、サッカー、ラグビー、の第1回大会が行われたのは豊中市(豊中グラウンド)なんです!! さらに、アメリカンフットボールも豊中が発祥の地なんです。

豊中市は・・・「音楽あふれるまち」 毎秋、まちのあちこちがさまざまな音楽イベントであふれます。服部緑地に本拠地を置く日本センチュリー交響楽団や大阪音楽大学(庄内幸町)の協力のもと、およそ100イベントが開催されます。

その他にも豊中市には魅力が盛りだくさんです。ぜひ、温かい応援を豊中市にお寄せいただきますようお願い申し上げます。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

星空ファミリーコンサートとは

昨年度の星空ファミリーコンサートの様子

日本センチュリー交響楽団は、8月下旬の土・日曜日の2夜、大阪府豊中市にある服部緑地野外音楽堂で「星空ファミリーコンサート」を行っており、今年で25回目を迎えます。

多くの人にフルオーケストラ演奏を体感してもらうため、入場料無料で行っており、演奏のほか、指揮者体験コーナーなど来場者に参加していただく場面もあり、豊中の夏の風物詩として楽しいひとときを過ごしていただいています。また、関西テレビ青少年育成事業団の共催事業として当楽団が運営しているセンチュリー・ユースオーケストラも単独演奏や合同演奏で参加しています。

第25回星空ファミリーコンサート2020

佐渡裕氏を迎えたスペシャルヴァージョン

(c)Takashi Iijima

2020年はスペシャルヴァージョンとして、音楽の都ウィーンに拠点を置き、日本でも絶大な人気を誇る指揮者、佐渡裕氏が星空ファミリーコンサートに初登場します。
佐渡裕氏は首席客演指揮者として楽団の創成期に関わっていただいた経緯があり、特に年末の「第九」公演は人気公演として17年間に渡り開催され、当時のエネルギッシュな演奏は今でもしっかり記憶に残っています。

今回のコンサートでも、ステージから溢れる熱量は間違いなく聴衆まで届くことでしょう。

公演詳細

公演名:第25回星空ファミリーコンサート2020
日 時:2020年8月29日(土)、30日(日)両日とも19:30開演(18:30開場)
会 場:服部緑地野外音楽堂(大阪府豊中市服部緑地1−7)
指 揮:佐渡裕
管弦楽:日本センチュリー交響楽団
共 演:センチュリー・ユースオーケストラ
入場料:無料(両日とも抽選で1,000名様)

プログラム

【第1夜】 
シベリウス/交響詩「フィンランディア」センチュリー・ユースオーケストラ単独演奏
  石橋栄実(ソプラノ)「松本隆(作詞)平井夏美(作曲)/瑠璃色の地球」
  清水徹太郎(テノール)「カプッロ(作詞)ディ・カプア(作曲)「オー・ソレ・ミオ」
指揮者体験コーナー
ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱つき」より第4楽章(ユースオーケストラとの合同演奏)

【第2夜】
バーンスタイン/「キャンディード」序曲
 橘知加子(アルト)「ニュートン(作詞)讃美歌/アメイジング・グレイス」
 晴雅彦(バリトン)「中島みゆき(作詞・作曲)/時代」
指揮者体験コーナー
ベートーヴェン/交響曲第9番「合唱つき」より第4楽章(ユースオーケストラとの合同演奏)

楽しい音楽を届けたい

これまでの地域に根差した活動

豊中まちなかクラシック

写真

豊中まちなかクラシックは、毎年秋に開催される「とよなか音楽月間」のメインイベント。日本センチュリー交響楽団が豊中市内の寺院や教会、文化財にもなっている歴史的な建造物などを舞台に、特別に編成する多彩なアンサンブルを展開します。手の届く近さで感じる生の音の臨場感、多彩な音色は市民の高い人気を誇ります。

ホールでオーケストラ♪

写真

良質な舞台芸術に触れることで、豊かな感性や創造性を育んでもらおうと、市内中学生を対象に、日本センチュリー交響楽団のフルオーケストラ演奏を体験してもらう事業。演奏のほかにも、楽器紹介や手拍子で参加する企画などもあり、中学生が楽しめる内容となっております。

世界のしょうない音楽祭

写真

日本センチュリー交響楽団の楽団員と市民が一緒になって、曲作りと演奏のワークショップを繰り返し、オーケストラを結成して演奏会を開催する「世界のしょうない音楽祭」は、他では味わえない豊中ならではの取り組みです。

寄附者のみなさまへ

日本センチュリー交響楽団から挨拶

(c)s.yamamoto

日本全国の皆さんが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大変ご苦労されていると思います。私たちオーケストラも3月から公演の自粛を余儀なくされ、収入も大幅に減少し、楽団の存続にも関わる状況となっています。緊急事態宣言が解除された今でも感染予防の観点から、各種イベントの開催の是非を検討しているところです。

この間も、できるだけ皆さまに音楽を届けたいと、オーケストラ演奏の生配信をはじめ、楽団員によるリモート演奏の配信などを実施しています。また、8月には豊中市立文化芸術センターと協力してアンサンブル演奏の配信も検討しています。

しかし、やはり生の演奏を皆さんに味わってほしい。音楽を耳だけではなく、身体全体で体験してほしい。そんな我々楽団の思いから、予防対策を万全に講じながら、今年も豊中市服部緑地の野外音楽堂で「星空コンサート」を開催する運びとなりました。

さらに今年はスペシャルゲストとして、日本を代表する指揮者・佐渡裕氏を指揮に迎えて開催します。

フルオーケストラの生演奏は人々の心を豊かにします。多くの感動や希望を与えます。地域を元気にします。今回の星空コンサートは、1日1,000人(2日間開催)のみのご来場となりますが、豊中市のご協力のもと、ふるさと納税型クラウドファンディングを活用し、多くの方々に私たちの活動を知っていただくとともに、ご支援を頂戴できれば幸いです。

今後も皆さまからの温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

寄附金の使い道

〇第25回星空ファミリーコンサート2020の開催費用に活用させていただきます。

※目標金額に達しなかった場合も、集まった金額を本プロジェクトへ活用させていただきます。
※また、目標金額以上の寄附が集まった場合でも、本プロジェクトの資金として活用いたします。
※最終的にやむを得ない理由により未助成金額が発生した場合は、市の基金に積み立てて、市の同様の事業に活用する場合があります。

公演が中止になった場合

雨天の場合や、新型コロナウィルス感染拡大の状況で公演を行うことが難しくなった場合でも、当団練習場から公演の様子を無料配信いたします。

法人・豊中市民の皆様へ

法人、豊中市民の方は、国の方針により豊中市の返礼品を受け取ることができません。「ふるさと納税で応援」(緑のボタン)をクリックし、寄附金額を入力してください。

本プロジェクトのお礼の品をご紹介

日本センチュリー交響楽団からこのプロジェクトのためにお礼の品をご用意しました。

いつも応援してくださる皆様、また今回初めてセンチュリーの音楽に触れてくださる皆様へ
日本センチュリー交響楽団の魅力を存分に感じていただけるCDです。
お楽しみいただけますように。

♪レコード芸術誌特選盤に選ばれた、飯森×センチュリー、横山幸雄(P)によるフランス音楽を集めたCD「ラヴェル ボレロ~フランス音楽の色彩~」。
“センチュリーらしい美質がとてもよく発揮されている”と絶賛されました。
冴えわたる横山幸雄氏のピアニズムも必聴です。

♪2014年4月、日本センチュリー交響楽団の首席指揮者に就任した飯森範親指揮によるブラームス交響曲全曲のライブ録音。
情熱的なタクトに導かれる重厚なサウンドと緻密なアンサンブル。
飯森×センチュリーの新しい幕開けとなった記念すべき名盤です。

お礼の品をご希望の場合は、下記よりお申込みください。
※寄付金額は30,000円となっていますが、寄附フォームで進んでいただくと、追加寄附を入力していただくこともできます。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 今年も素敵な音楽がみんなのところに届きますように。

    2020年8月3日 15:16

  • 日本センチュリー響を応援して頂き有難うございます。
    地域の文化行政はそのまま地域の文化、民度の高さに比例すると思います。日本有数の演奏力を誇るセンチュリーを今後とも応援していきましょう。

    2020年8月2日 14:15

  • センチュリーを応援しています。コロナで楽団経営は厳しいかもしれませんが、是非とも乗り越えてください。

    2020年7月30日 20:07

  • 文化、教育に更なる充実を期待しています。

    2020年7月20日 8:09

  • 音楽で子供たちの心を癒そうとする取り組みに賛同します。素晴らしい!

    2020年7月16日 15:43

  • センチュリーさんの演奏会は聴きに行けませんが、応援しています!

    2020年7月9日 10:04

  • 豊中市を本拠地にする日本センチュリー交響楽団が、世界のセンチュリー交響楽団に育つよう、力を貸してください。

    2020年7月9日 9:24

  • 日本では、オーケストラ、文楽などの文化・芸術、伝統芸能が軽んじられる。でも、センチュリー交響楽団を支援する豊中市は、文化的な都市にふさわしい、素晴らしい自治体ですね!応援してます。

    2020年7月4日 13:00

  • 早く街中に音楽が溢れることを願うばかりです。応援しております。

    2020年7月2日 18:26

  • 日本センチュリー交響楽団の本拠地であることを誇りにされ、オーケストラを愛する文化的で健全な子供たちが育つ街を目指して下さい。

    2020年7月2日 2:12

  • 日本センチュリー交響楽団、わがまちのオーケストラを誇りに思います。多くの方に豊中市と日本センチュリーの活動を知ってほしいですね。

    2020年7月1日 23:42

  • 星空ファミリーコンサートが実施されますこと、そして成功されますことお祈りいたします

    2020年7月1日 17:17

  • 吹田市在住ですが、服部緑地はマイフィールドなので、つい応援してしまいました。

    2020年7月1日 15:59

  • これからも良い音楽を届けてください

    2020年7月1日 10:22

はじめての方へ