• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 高齢者、障がい者(児)施設を支援~最前線で働く人たちへ感謝と激励を~(新型コロナ対策)

高齢者、障がい者(児)施設を支援~最前線で働く人たちへ感謝と激励を~(新型コロナ対策)

カテゴリー:健康・福祉 

main_img 達成

寄付金額 3,745,939

124.8%

目標金額:3,000,000

達成率
124.8%
支援人数
61
終了まで
50
/ 90

兵庫県川西市 (ひょうごけん かわにしし)

寄付募集期間:2020年5月27日~2020年8月24日(90日間)

兵庫県川西市

プロジェクトオーナー

新型コロナウイルスの感染拡大、長期化により、市民生活は大きな影響を受けています。そのような状況の中、医療や福祉に従事している方は感染への不安を感じながら頑張っておられます。

医療従事者への支援は兵庫県と共同で実施していることから、川西市では、高齢者や障がい者(児)の施設において最前線で働く従事者への支援をおこないます。
日々献身的に業務に当たられている福祉現場の方々へ深い感謝と多くの激励を届けるため、どうか皆様のご支援をよろしく願いします。

兵庫県川西市

川西市は、大阪や神戸に近い都市圏にありながら、豊かな自然環境に恵まれた、都市と自然が寄り添う「住み良さ」を実感できるまちです。また、清和源氏発祥の地の象徴である多田神社や日本一の里山と称される黒川地区、商業施設でにぎわう中心市街地など、様々な表情を携えたまちであり、新名神高速道路・川西インターチェンジ開通を機に、より川西市に訪れやすくなりました。

川西市は昭和29年8月1日、川西町、多田村、東谷村が合併し、人口33,741人の市として誕生しました。兵庫県の南東部に位置し、東は大阪府池田市と箕面市に、西は宝塚市と猪名川町、南は伊丹市、北は大阪府能勢町と豊能町に隣接。大阪や神戸に近い都市圏にありながら、豊かな自然環境に恵まれた良好な住宅都市として脚光をあび、現在では人口約16万人のまちとして発展を続けています。
気候は温暖で、地形はタツノオトシゴのような形をしており、南北に長く、清流”猪名川“が市を縦断するように流れています。
また、その昔、源満仲が市中部の多田の地を本拠に有力な武士団の基礎を築いたことから「清和源氏発祥の地」としても知られているほか、加茂遺跡などの文化財なども多く存在し、悠久の歴史を感じることのできるまちです。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • 皆さまのご支援のおかげで、開始約1か月で目標金額に到達しました。

    2020年07月03日 14:33

    このたび、多くの皆さまからのご支援により、開始から約一か月でプロジェクトの目標金額に到達することができました。本当にありがとうございます。

    日々献身的に業務に当たられている福祉現場の方々を応援してくださる皆さまの想いの表れであり、心より感謝申し上げます。
    また、数多くの応援メッセージもお寄せいただき、あわせてお礼を申し上げます。

    新型コロナウイルス感染症の影響により、未だ厳しい状況が続いていることから、8月24日まで継続して寄附を募ります。「何気ない日常」の幸せを取り戻すまで、支えあいながら、この難局を乗り切りたいと考えていますので、引き続き、ご支援いただきますようよろしくお願いいたします。

※本プロジェクトでは、お礼の品をお選びいただけません。
 お礼の品を選んで寄附をお申し込みの場合(市外在住の方に限ります)は、以下リンク先からお願いいたします。お礼の品を選択し、使い道に新型コロナウイルス感染症対策をご指定いただけます。

 【お礼の品を選んで寄附される方はこちらから】市外在住の方に限ります

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-


 

川西市長  越田 謙治郎

「何気ない日常」の幸せを取り戻すために

写真

新型コロナウイルスの感染拡大により、市民生活のあらゆる面に変化が表れてきました。

特に、予期しない出来事は高齢者や障がいのある人の暮らしに大きな影響があり、また、その生活を支える福祉施設従事者の心身の負担もはかりしれません。感染症への対策は長期化する見込みであり、福祉施設従事者へも継続的な支援が必要です。

本市では、住み慣れたまちで子どもから高齢者まで、障がいのある人もない人も、誰もが健康で、「何気ない日常に幸せを感じるまちづくり」をめざしています。先行きの見えない不安な気持ちがある中、私たちにとって大切な「何気ない日常」の幸せを取り戻すまで、支えあいながら、この難局を乗り切りたいと考えています。

このプロジェクトに賛同いただいた寄附金や想いは高齢者福祉施設、障がい者(児)福祉施設に従事する皆さんへの支援に活用させていただきます。
皆様、どうぞご協力よろしくお願いします。


 

最前線で働く人たちへ感謝と激励を届けたい

高齢者福祉施設利用者に寄り添ったケア提供のために

川西市は住宅都市としての魅力を活かしたまちづくりを進めてきた一方で、ニュータウンは大阪や神戸に通勤する団塊の世代が住宅を購入した経緯があり、高齢化率は近隣市町よりも高い値になっています。高齢者の中で支援が必要な方々にとって高齢者福祉施設は生活する上でとても重要です。

サービスを提供する従事者は、新型コロナウイルス感染拡大の状況下にあっても、これまでどおり利用者に寄り添ったケアを提供しており、感染リスクと隣り合わせで不安や負担を感じながら日々現場で奮闘されています。

写真

障がい者の当たり前の生活を支えるために

分け隔てられることなく、障がいのある人の日常生活に必要な食事・入浴・排泄など、障がい者一人ひとりに寄り添った支援をしているのは、障がい者(児)福祉施設で働いている従事者のみなさんです。

新型コロナウイルス感染拡大において、衛生用品の不足や消毒作業の増大に加え、障がいのある人への感染、自身への感染などの危険や不安を抱えながら、また、濃厚接触が避けられない場面が多くあるなかで、障がい者の当たり前の生活を支えるために、従事者は懸命に働いています。


写真

【寄付金の使い道】

福祉従事者への応援金や事業所の職場環境改善など、新型コロナウイルス感染症対策の財源として活用させていただきます。


 

※本プロジェクトでは、お礼の品をお選びいただけません。
 お礼の品を選んで寄附をお申し込みの場合(市外在住の方に限ります)は、以下リンク先からお願いいたします。お礼の品を選択し、使い道に新型コロナウイルス感染症対策をご指定いただけます。

 【お礼の品を選んで寄附される方はこちらから】市外在住の方に限ります


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 他県で家族が高齢者施設の責任者をしています。
    施設で働いていらっしゃる方の感染予防のための働きが、どれほど大変かわかります。それらの方々を支援したいと探していたところ、こちらの寄付の呼びかけをみつけました。
    あるようでなかなかみつけられない高齢者や障がい者施設で働く方々へに、直接支援が届くかもしれませんので(まだ施設ごとかどうが決まっていないことは伺いました)、少しですが活かしていただければと思いました。

    2020年6月5日 12:29

  • 川西市内の施設に入所しており、施設スタッフの皆さんにはには大変よくして頂いています。日ごろの感謝の意を込めて。

    2020年6月2日 13:12

  • コロナで大変ですが、お互いに助け合い、支え合いをするのが当たり前の社会になってほしいです。身体にお気をつけて頑張ってください。

    2020年5月30日 19:55

  • 息子が知的障害者のグループホームでお世話になっております。川西市の福祉事業所を応援いたします。

    2020年5月30日 12:58

  • 市長、頑張って下さい。

    2020年5月29日 3:47

はじめての方へ