ふるさとの駅よ、甦れ!大竹駅再生プロジェクト

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄附金額 101,000

1%

目標金額:10,000,000

達成率
1%
支援人数
5
終了まで
116
/ 121

広島県大竹市 (ひろしまけん おおたけし)

寄附募集期間:2019年12月2日~2020年3月31日(121日間)

広島県大竹市

プロジェクトオーナー

老朽化した大竹駅の改築を行います。大竹市の玄関口をリニューアルして、市のイメージアップを図るとともに、線路で東西に分断されたまちを自由通路で結びます。駅のバリアフリー化をして、利用者にやさしい駅を目指すとともに、駅前広場や交流ゾーンを作り、利用者が安心して集う場所を作り、市民のまちづくり拠点としての場所づくりを目的としています。

広島県大竹市

広島県の西の玄関に位置する【産業と自然が調和するまち】大竹市。小瀬川の豊富な良水にも恵まれ、日本最初の【石油化学コンビナート】を有する臨海工業都市として発展し、大竹駅は従業員の方々の通勤の拠点となってきました。また、良港をもつ大竹市は戦後直後の【引き上げ港】となり、大竹駅からたくさんの人々がふるさとに帰っていきました。昭和を代表する作詞家・故石本美由紀氏の出身地でもあります。【三倉岳】や【蛇喰岩】といった雄大な自然を抱え、宮島を臨む瀬戸内海には【阿多田島】が浮かび、風光明媚な光景が広がっています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。控除上限額内の2,000円を超える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)

ふるさとの駅よ甦れ! I AM FROM OTAKE

大竹駅を便利に!みんなの居場所を再生しよう

広島県の西の玄関に位置する【産業と自然が調和するまち】大竹市。

小瀬川の豊富な良水にも恵まれ、日本最初の【石油化学コンビナート】を有する臨海工業都市として発展し、大竹駅は従業員の方々の通勤の拠点となってきました。

また、良港をもつ大竹市は戦後直後の【引き上げ港】となり、大竹駅からたくさんの人々がふるさとに帰っていきました。昭和を代表する作詞家・故石本美由紀氏の出身地でもあります。

【三倉岳】や【蛇喰岩】といった雄大な自然を抱え、宮島を臨む瀬戸内海には【阿多田島】が浮かび、風光明媚な光景が広がっています。

 

親しみやすくやさしい駅を目指して

新たな大竹駅の構想

●駅前広場と交流広場設置・・・利用者に親しみやすい駅を目指します。
●駅のバリアフリー化・・・エレベーターやスロープを設置し、利用者にやさしい駅を目指します
●東西自由通路・・・栄町方面にダイレクトに通行可能となり、通勤通学に便利な駅を目指します
●ふるさと大竹の玄関口の整備・・・大竹駅の歴史と産業を象徴する駅の建設を目指します。

使い道と事業スケジュール

【寄附金の使い道】
大竹駅を改築する費用の一部

【事業実施のスケジュール】
2022年度末 供用開始予定

使い道と事業スケジュール

 

令和4年度末!大竹駅が変わります

大竹駅を便利に!みんなの居場所を再生しよう

工場のまち大竹の通勤の玄関口「JR大竹駅」。東西を自由通路で結んで橋上化!

東口と西口の広場を一体的に整備・バリアフリー化するとともに、交流ゾーンも作り、大竹駅を再生します。

 

寄附者の皆様へ

大竹市からのメッセージ

老朽化した大竹駅の改築を行います。大竹市の玄関口をリニューアルして、市のイメージアップを図るとともに、線路で東西に分断されたまちを自由通路で結びます。

駅のバリアフリー化をして、利用者にやさしい駅を目指すとともに、駅前広場や交流ゾーンを作り、利用者が安心して集う場所を作り、市民のまちづくり拠点としての場所づくりを目的としています。

皆さまの応援をどうぞよろしくお願い申し上げます。