茨城国体開催!ハンドボール競技会で復興支援の感謝を込めておもてなししたい!

main_img

寄附金額 80,000

4%

目標金額:2,000,000

達成率
4%
支援人数
5
終了まで
71
/ 92

茨城県常総市 (いばらきけん じょうそうし)

寄附募集期間:2019年7月1日~2019年9月30日(92日間)

茨城県常総市

プロジェクトオーナー

常総市では、昭和49年の「水と緑のまごころ国体」(旧水海道市)から45年ぶりの茨城国体ハンドボール競技が開催されます。前回の国体以来、ハンドボールの街として、中学生・高校生等の全国大会を数多く開催してきました。平成27年9月関東・東北豪雨により、受けた甚大な被害に対して全国の皆様から多くのご支援を頂きました。この国体を機会に力強く着実に前進している姿を皆様にお届けすることが最大の目的と考えております。

茨城県常総市

常総市は、平成27年9月の関東・豪雨で川の堤防決壊等により、市域の約3分の1が浸水という大きな被害を受けました。この水害は、過去に類を見ない大災害であり、復興への道のりは決して平坦なものではありませんでした。しかし、水害という逆境を好機に転じ、従来の本市の姿から大きく飛躍した「市民の笑顔と誇りに満ちたまち」を創生するため、オール常総で復興に取り組んでいるところです。水と緑が豊かな常総市にお越しいただき、全国からご来場いただく方々へ感謝の気持ちを込め、おもてなしの心でお迎えします。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

みんなでつくる国体!

茨城国体ハンドボール競技を応援したい

「ハンドボールの街」常総市は、子どもたちが小さい頃からハンドボールに身近に触れられる環境であり、45年前に茨城県で開催した国体以来中学生・高校生等の全国大会を数多く開催しています。

2019年10月3日(木)~7日(月)開催の茨城国体(ハンドボール競技)は、常総市内の体育館で少年男女(高校生)35チームが試合を実施します。開催期間中は、全国から選手団、応援団や関係者の方々約3万人の来場が見込まれています。

4年前の関東東北豪雨で大きな被害を受けましたが、それでも常総市のハンドボールに対する熱はさめることがありませんでした。

この機会に、全国の皆様に常総市が災害から復興している姿をお届けすると同時に、常総市一丸となって皆様を最高のおもてなしをさせていただきます。

平成27年9月鬼怒川堤防決壊等に伴う氾濫の被害

鬼怒川堤防決壊等に伴う氾濫により、常総市の約1/3の面積に相当する約40k㎡が浸水しました。
市内の3000戸以上の住宅等が浸水し、非難の遅れ等によって多くの住民が孤立、屋根からヘリコプターで救助される等、約4,300人が救助されました。
浸水が概ね解消するまでに10日を要しました。

平成27年9月鬼怒川堤防決壊等に伴う氾濫の被害

 

心を込めておもてなし

魅力ある常総市を全国に発信! 

全国から来場する多くの皆様に、競技会場でまごころこめた「手打ちそば」などの日替わりメニューをふるまいます。

売店ブースでは、常総市の名産品や特産品等を販売して、常総市の魅力をPRします。

市内各所や競技会場等に歓迎装飾(応援のぼり旗や応援メッセージカード)、市民ボランティアや市内小中高生が丹精込めて生育した花プランター(約1200鉢)を設置して、全国から来場するお客さまを心を込めてお迎えします。

寄附金の使い道

①おもてなしブースの開設
まごころこめたおもてなし料理を日替わりメニューでふるまいます。1万円で約30食の料理が提供できます。

②花いっぱい運動によるプランターの設置
市民ボランティアや市内幼稚園・小中学生・高校生が生育したプランター飾花 約1,200鉢を市内各所や競技会場・練習会場に設置し常総市を花いっぱいにします。1万円で約8セット(花苗・土・プランター)が購入できます。

③歓迎装飾の設置
市内小中学生・高校生が製作した応援のぼり旗・応援メッセージカードを作成しオール常総で選手団・応援団の皆様をお迎えします。

④応援観戦(学校応援・市民応援)
応援グッズ・・いばラッキーサンバイザー・手づくりペットボトル・スティックバルーン等を揃えて、選手が気持ちよくプレーできるよう精一杯応援します!

寄附金の使い道

 

未来を担う子ども達に最高のレガシーを残したい

2020年東京大会につなげよう!

2020年東京大会も近づき、子ども達にトッププレーヤーのダイナミックなプレーを間近で観る事の喜びと感動を味わってもらうことで、スポーツの素晴らしさを実際に肌で感じてもらいたい。

スポーツを通じて、常総市に一層賑わいをもたらすことができると信じています。
皆様からのご支援、よろしくお願いします!

■元気に復旧復興を目指している姿を

市民ボランティアと一体となって国体を盛り上げます

・市民ボランティア団体(おもてなし)研修会の開催
・市内小中高校へ応援のぼり旗・メッセージカード製作の依頼
・花いっぱい運動の生育の依頼

市民ボランティアと一体となって国体を盛り上げます

 

事業に携わる方の思い

常総市長 神達 岳志

■ようこそ!感謝と絆のまち常総市へ

写真
常総市は平成27年9月関東・東北豪雨により鬼怒川が氾濫し、甚大な被害が生じました。全国から多くのご支援をいただきましたこと、改めて感謝申し上げます。

市民と共にこの水害を乗り越え、教訓を生かし、防災先進都市を目指して、新たな取り組みを進めています。

私たち常総市民は一体となり、全国からいただきました復興支援への感謝の気持ちを込め、おもてなしの心で皆様をお迎えいたします。

どうぞ常総市へお越しいただいた際には、常総市の豊かな自然、古き良き時代が息づく街並み、文化の香りが漂うたたずまいなど、魅力に触れていただきたいと考えております。

茨城県ハンドボール協会 会長 会田 真一

■ハンドボールを愛する皆様に熱い声援を

写真
45年ぶりに開催される茨城国体で、全国の皆様と一緒になって国体を盛り上げ、ハンドボールの魅力が伝わる大会を常総市と競技団体で作り上げていきたいと考えております。

その中で、本プロジェクトは選手団をきれいな花で出迎えるプランター飾花、手づくり応援のぼり旗の製作・設置、市民や市内小中学生に配布する応援グッズの製作、来場者の皆様を「食」でもてなす”おもてなし”ブースの設営を行うものです。

国体を盛り上げたい、選手団のおもてなしに協力したいという皆様の熱い声援を届ける本プロジェクトにご協力いただけますと幸いです。

水海道ハンドボールクラブの子ども達

■未来の国体選手達に最高のプレーを見せます

ハンドボール男子日本代表「彗星JAPAN」、女子日本代表「おりひめJAPAN」が来年の2020年東京大会への出場が決まった今、ハンドボール競技の機運もますます高まっています。その前年に茨城国体が開催されるということで本当に楽しみです。

平成7年から発足した水海道ハンドボールクラブは日本代表候補選手を何人も輩出したり、全国大会で準優勝するなど、この地域は小さい頃からハンドボールに親しむ環境づくりができています。

今年の茨城国体では、水海道ハンドボールクラブ一同で選手・監督・関係者の皆様を最高のおもてなしでお出迎えさせていただきます。

 

住民の声

森下町内会会長 西堀 博さん

■駅から競技会場を花いっぱいに

私の町は競技会場の県立水海道二高からその最寄り駅となる北水海道駅の間にあります。

全国からお越しになるお客さまをお出迎えするため、住民が一丸となって町全体に飾花したり環境美化活動に取り組んでいます。

平成27年9月の水害では、町全体が水没し最後まで水が引かないなど、大きな被害を受けました。住民が苦しい思いをしている中、全国の皆さまから多くの支援をいただき感謝申し上げます。

まだ完全に復興するには時間がかかりますが、ハンドボール関係者の方々が常総市にお越しになるのを大変楽しみにしています。

 

寄附者のみなさまへ

常総市からのメッセージ

水害からの復興も道半ばですが、茨城国体を復興国体と位置づけ、全市民が一体となって日本一の国体を目指していくための本プロジェクトのご支援に心より御礼申し上げます。

ハンドボールのまち常総市にぜひお越し下さい。お待ちしております。     

プロジェクトに関するお問合せ先

■ おもてなしと寄附金の使い道について
 常総市役所スポーツ振興課
 TEL:0297-44-7567 FAX:0297-44-7646 
 MAIL: sports@city.joso.lg.jp
 開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

■ ふるさと納税全般について
 常総市役所財政課
 TEL:0297-23-2903 FAX:0297-23-2162
 MAIL: zaisei@city.joso.lg.jp
 開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

■ お礼の品発送に関することについて
 ふるさと納税商品お問合せセンター
 TEL:0120-977-050
 受付時間:午前9時30分から午後6時(休日:土日祝日・12/29~1/3)

 

お礼の品をご紹介