「若狭牛」を全国に発信し日本三大和牛に匹敵する認知度にしたい 【肉のつるや】

カテゴリー:食・農林水産業・商工業 

main_img

寄付金額 143,000

7.1%

目標金額:2,000,000

達成率
7.1%
支援人数
7
終了まで
23
/ 90

福井県 (ふくいけん)

寄付募集期間:2022年10月3日~2022年12月31日(90日間)

タグ:

福井県 × 肉のつるや

プロジェクトオーナー

福井県では、ふるさと納税制度を活用し、県内飲食店の活性化と福井の食の魅力を発信するため、飲食店によるクラウドファンディングを支援します。

県は集まった寄付金から手数料を除いた額を飲食店に交付し、飲食店は新商品の開発やお店の魅力を高めるための設備投資などを実行します。

2024年春の北陸新幹線の福井・敦賀開業に向けて、福井の飲食店の魅力を全国に発信することで、観光誘客や販路拡大などに活かします。

みなさまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

福井県

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

若狭牛とは?

自然豊かな越前若狭の四季に富んだ気候と、豊かな風土のなかで育てられたものから厳選した最高級の和牛肉です。

若狭牛は福井県内で12か月以上肥育された血統が明確な黒毛和種で、枝肉格付が3等級以上、霜降りの規格であるBMS(脂肪交雑等級)4以上の高品質な和牛肉のみが「若狭牛」として販売されています。

きめ細かなサシの入った柔らかい肉質が特徴で、甘みのあるとろけるような舌触りとさっぱりした後味が好評の、福井県を代表するブランド食材です。

わが国の高級牛肉の主流は、「黒毛和種」ですが、『若狭牛』は「黒毛和種」のなかでも「神戸ビーフ」や「松阪牛」などの名称で販売されている「但馬牛」等の系統です。

若狭牛の認知度をあげたい

福井県坂井市は酪農生産者が多くいます。

自然環境の整った地で深い愛情で育てた若狭牛を冷凍にすることで、全国の皆様に美味しさをそのままお届けし、

ご家庭でも、当店の店内でも、その美味しさを知って頂きたいと思います。

日本三大和牛とも呼ばれる松阪牛、神戸ビーフ、近江牛など日本にはそれぞれの銘柄牛があります。

福井県若狭牛はなぜか松阪牛、神戸牛、近江牛などに比べ、全国的に知られていない様に思います。

しかしながら最近「都道府県旅行ランキング」では、総合満足度7位に選ばれた実績もあります。その理由は「地元ならではの美味しい食材が多い」とのことです。

勿論地元の皆様の努力に尽きますが、自然環境がよく、水のおいしい気候風土のもと、丹精込めて育てた若狭牛を、もっと広く全国的に知られる様になればと思います。

コロナ禍により加速する冷凍食品の需要

コロナ禍により冷凍食品の需要が更に増える中、従来の冷凍庫では収納スペース、鮮度の問題(色変わり)など、様々な問題を抱えています。

新たな「急速冷凍機」を入れることで、従来の冷凍機では解消出来ない、鮮度(色変わり)、風味、食感をそこなわずに、全国のご家庭に配送できるようになります。

若狭牛の認知度を上げるべく、若狭牛の「本当の美味しさ」を、全国の皆様にお届け出来るよう機材を導入したいと考えています。

急速冷凍機導入を機に若狭牛ファンを作るための販路拡大へ

従来の冷凍機では難しかった「急速冷凍機」の導入により、凍結スピードが速く、氷の結晶の成長を抑制して、お肉の細胞破壊を限りなく防ぐ事が可能になります。

よって従来の冷凍機では出来ない鮮度、風味、食感を維持する事が可能になり、若狭牛の「本当の美味しさ」を味わって頂くことで、お客様の満足度UPにつなげ、全国に「若狭牛ファン」を作りたいと思います。

また、若狭牛の価値を高めることで、全国の皆様に更なる「美味しさ」「旨み」を感じて頂き、地元生産農家の発展に繋げていけば、後継者問題も解消出来るのではと考えております。

また、食肉のみならず、若狭牛と地場産品を利用した肉総菜に活用することで、販路拡大につなげたいです。


是非とも本プロジェクトをご支援いただき、福井県の食材のPRにご協力頂きたいと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。

寄附金の使い道

【目標金額に達した場合】
・急速冷凍機の導入
・若狭牛を広めていくPR活動費

【目標金額に達しなかった場合】
・上記の内容で規模を縮小して実施します

※目標金額以上の寄附を頂いた場合、翌年度以降に活用させて頂きます。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-