• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 道の駅おとふけを訪れる全ての人に地域の魅力を伝え、北海道十勝・音更町を盛り上げたい!

道の駅おとふけを訪れる全ての人に地域の魅力を伝え、北海道十勝・音更町を盛り上げたい!

カテゴリー:まちづくり 

main_img 達成間近

寄付金額 1,825,000

91.2%

目標金額:2,000,000

達成率
91.2%
支援人数
58
終了まで
5
/ 91

北海道音更町 (ほっかいどう おとふけちょう)

寄付募集期間:2021年10月29日~2022年1月27日(91日間)

北海道音更町

プロジェクトオーナー

十勝平野のほぼ中央に位置する音更(おとふけ)町。平坦で広大な大地では、小麦をはじめ国内生産量首位を誇るさまざまな農畜産物が生産されております。この町の魅力を内外に広く発信する拠点となる施設「道の駅おとふけ」。2022年4月の移転開業を目指して建設工事を進めていますが、新たな道の駅を訪れる全ての人に北海道十勝の魅力、音更町の魅力をより一層体感していただくことを目的として、敷地内には2019年4月から9月にかけて放送され、十勝の魅力を全国に強く印象づけた連続テレビ小説「なつぞら」のセットを模した施設を整備します。この施設を活かした地域PRイベントを開催するために要する費用等としてクラウドファンディング型ふるさと納税による寄附金を募集します。

北海道音更町

音更(おとふけ)町と言えば、北海道の東部、十勝平野のほぼ中央に位置し、平坦な地形を活かした大型農業機械による大規模な土地利用型農業を展開しています。さまざまな農畜産物が生産されていますが、特に小麦、大豆、小豆の作付面積や生産量では国内首位の座を占め、日本の「食料基地」としての役割の一端を担う、農業が基幹産業のまちです。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

まちの魅力をもっと発信したい!

2022年4月「道の駅おとふけ」リニューアルオープン

日本の食料基地の役割を担う音更町では、生産者の思いが込められた豊かな農畜産物を食材とした多くの「美味しいもの」に出会うことができます。その出会いの場となる「道の駅おとふけ」は2022年4月、道東自動車道音更帯広インターチェンジに近く、十勝を代表する菓子メーカー「柳月スイートピアガーデン」の隣接地にリニューアルオープンを目指して整備を進めています。

全国の皆さまからふるさと納税クラウドファンディングを通じたご支援を受け、道の駅おとふけの整備を行いました。敷地内には、十勝の魅力を全国に強く印象づけたドラマである連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインが十勝で成長する時期に登場したセットを模した施設が建設されます。

コロナ禍による影響が深刻化

地域活性化にも深刻な影響

青くて爽やかで大きく広がる青空のことを地元では「十勝晴れ」と呼びます。特に夏の真っ白な雲と真っ青に澄み切った空のコントラストは美しく、その果てしなく広がる様は、見る者を圧倒します。
この美しい風景や開拓者精神に溢れる農業者の姿など十勝の魅力が詰まった連続テレビ小説「なつぞら」は、2019年4月から9月にかけて放送され、ドラマの舞台となった十勝には大勢の観光客が訪れました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により観光客は激減し、ドラマに関連するイベントが中止されるとともに海外での再放送も観光需要に結びつけられず、地域活性化に大きな打撃となりました。

アフターコロナを見据え、その先へ

道の駅おとふけに「なつぞらエリア」を整備します

音更町は、農業者が作った乳業会社「よつ葉乳業」の基幹工場や十勝を代表する菓子メーカー「柳月」の工場兼店舗「柳月スイートピアガーデン」が立地するなど、そこはかとなくドラマの世界観を感じられるまちです。このまちの魅力発信拠点である道の駅おとふけには、「なつぞら」のヒロインが十勝で成長する時期に登場した「柴田家の母屋、牛舎、サイロ」と菓子店「雪月」のセットを模した施設を整備し、ドラマの世界観をよりはっきりと感じられるようにします。この施設を整備するエリアをドラマの世界観にとどまらず、美しい「十勝晴れ」、特に夏の空への思いを込めて「なつぞらエリア」と名付けました。

新たな「道の駅おとふけ」の魅力創出を

ドラマの世界観を体感できる施設を活かしたイベントを開催します

音更町では、アフターコロナを見据え、道の駅おとふけ「なつぞらエリア」を活かした地域PRイベントを持続的に開催し、農業にまつわる地域の歴史や文化を内外に広め、国内外の多くの方に「北海道十勝音更町に来たい!」と思っていただけるよう、関係者一丸となって音更町を盛り上げていきます。

寄附金の使い道

いただいた寄附金は、新たな「道の駅おとふけ」敷地内に整備する「なつぞらエリア」を活かした地域PRイベントの開催などに活用させていただきます。

寄附金の使い道

事業実施のスケジュール

・2020年12月:ふるさと納税GCFプロジェクト開始(1回目)
・2021年 7月:セット再現に係る工事等の着工
・2021年10月:ふるさと納税GCFプロジェクト開始(2回目)
・2021年12月:建物完成、内装制作等着手
・2022年 3月:完成・引渡し
・2022年 4月:道の駅おとふけ移転開業に合わせてオープン

事業実施のスケジュール

寄附者の皆さまへ

音更町長 小野 信次

音更町の魅力を内外に発信する施設である「道の駅おとふけ」について、2022年4月の移転開業に向けて準備を進めています。その道の駅の敷地内に連続テレビ小説「なつぞら」のセットを模した施設を整備し、音更町を訪れる皆様にドラマの世界観を体感し、北海道十勝の魅力を満喫していただけるよう取り組んでまいります。「なつぞら」を地域の大切な記憶として未来に引き継ぐため、皆様の温かいご支援を心からお待ちしております。

当プロジェクト限定のお礼の品をご用意しています

「よつ葉乳業」や「柳月」の人気商品もご用意しています

返礼品として、北海道十勝音更町をご堪能いただくため、音更町の人気返礼品である「よつ葉乳業」の乳製品と「柳月」のスイーツをご用意しました。いずれもこのプロジェクトのために厳選してご用意したセットです。

今回整備する施設の壁面(屋内)にお名前を残せます!

また、寄附をいただいた全ての方を対象に今回整備する施設の壁面(屋内)に用意する木の板にご芳名を掲示いたします。
結婚、出産など人生の節目を迎えるあなたの記念を残してみてはいかがですか。

 1万円から15万円未満  通常板(横約80㎜×縦約15㎜)に記名
 15万円から20万円未満  特別板Type1(横約160㎜×縦約30㎜)に記名
 20万円以上       特別板Type2(横約260㎜×縦約50㎜)に記名

【ご芳名掲示について】
 ・掲示をご希望されない方は、申込時に備考欄にご入力ください。
 ・掲示は、道の駅おとふけ開業(2022年4月予定)以降となります。

音更町内にお住まいの方へ

【音更町内にお住まいで、木の板にご芳名を希望される方へ】
「ふるさと納税で応援」ボタンを押していただき、お礼の品を選ばず、寄附額を10,000円以上にして寄附受付を進めてください。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 音更の経済発展につなげて盛り上げて下さい!

    2022年1月10日 5:42

  • 期待しています。

    2021年12月31日 2:27

  • オープンしたら必ず行きます。
    とても楽しみです。

    2021年12月24日 19:46

  • 道の駅楽しみにしています。

    2021年12月4日 20:47

  • 音更町、応援してます。
    重種馬、応援してます!

    2021年11月28日 10:41

  • 道の駅の完成を楽しみにしております!

    2021年11月27日 8:33

  • なつぞらの里!ぜひ実現してください!

    2021年11月25日 23:32

  • 道の駅の完成を楽しみにしております。

    2021年11月21日 10:03

  • 十勝出身です 道の駅オープン楽しみにしています。
    これからも音更町を応援します

    2021年11月12日 15:33

  • 柳月とよつ葉が好きです!
    もう15年ほど前となりますが、大洗からフェリーで北海道へ渡り、バイクで北海道一周旅行した折に、音更の柳月スイートピア・ガーデンへ行った記憶が蘇ってきました。
    音更のまちがこれからも発展していただけることを願って、ささやかながら応援させていただきます。

    2021年11月7日 14:15

  • 新しい場所に道の駅が移転するとのことで、オープンを楽しみにしております。

    2021年10月31日 22:30

  • 道の駅おとふけ、息子たちと一緒に何度も訪れました。
    コロナが終息したら、また、音更を訪ねます。
    楽しみにしています。

    2021年10月30日 21:13

はじめての方へ