• TOP
  • 過去実績
  • 淡路島シーサイドオフィス拠点整備 ~チャレンジモール福良CAPに交流拠点~

淡路島シーサイドオフィス拠点整備 ~チャレンジモール福良CAPに交流拠点~

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 36,000

0.7%

目標金額:5,000,000

達成率
0.7%
支援人数
2
終了まで
受付終了

兵庫県南あわじ市 (ひょうごけん みなみあわじし)

寄付募集期間:2021年6月18日~2021年9月15日(90日間)

兵庫県南あわじ市

プロジェクトオーナー

新しいビジネススタイルの「ワーケーション」が出来る場所を南あわじ市の観光拠点の一つである「チャレンジモール福良CAP」内に設置し、ワーケーションで訪れる観光客と地域住民が交流できるオープンスペースを無償開放することで、地域の魅力を高め、来訪者の記憶に残る観光シーンを創出することを目的とします。
今回のプロジェクトへの全国の皆様のご理解、ご協力とあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

兵庫県南あわじ市

兵庫県南あわじ市は淡路島の最南端にあります。
年間を通じて温暖で、降水量の少ない瀬戸内海気候に属しており、淡路島の中でも人口、面積とも最大の市です。

また、地域ブランド『淡路島たまねぎ』の一大産地として広く知られています。淡路島内で生産されるたまねぎのうち、約80%は南あわじ産です。
たまねぎのほかにも『淡路島3年とらふぐ』や『淡路ビーフ』、『手延べそうめん』など様々な食材に恵まれた美食のまちです。
さらに、鳴門海峡のうず潮、国指定重要無形文化財に指定されている淡路人形浄瑠璃など、自然や文化も豊かなまちです。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

プロジェクトの舞台となる「チャレンジモール福良CAP」

「チャレンジモール福良CAP」は、新規出店や起業など、新たに挑戦しようという方々に場を提供し、福良地区を盛り上げ、地域活性化を推進するため、2019年7月にオープンしました。1階では淡路島の食材を使った飲食店が現在6店舗出店しており、テイクアウトはもちろん、オープンエアなテラス席で飲食ができ、コロナ対策も万全で、安心して淡路島の味覚をお楽しみいただける施設です。フリーWi-Fiはもちろん、BGMが流れる特別感の中、PCのみ持ち込みでワークが十分可能です。屋外で自然の空気の中、心地よいフリースタイルで仕事ができます。

アフターコロナにおける新たなライフスタイルの提案

2階の改修工事予定スペース(右上)

新型コロナウイルスの世界的感染拡大により、これまでのライフスタイルが根底から変わろうとしている今、ビジネスにおいてもテレワークが進み、今後は、地方で仕事を行うワーケーションも増えて行くと思われます。
そのような現状を踏まえ、屋外だけでなく、チャレンジモール福良CAPの2階の1室をワーケーションができるオープンスペースとして改修工事を実施します。
おしゃれなカフェ空間を作り出し、海の見えるロケーションの中、癒しのときを過ごしながら淡路島の食材を堪能して頂けます。私たちは、地域の魅力を発信し、訪れる皆様の記憶に残る観光シーンを創出します。

プロジェクトを応援する声

地域再生協働員 武政 彰吾さん

現在、福良を活動拠点として活躍している武政氏にインタビューしました。
「僕は淡路島の中でも漁師町で人情にあふれ、青い海と空、そして大鳴門橋が見えるこの福良の町が気に入り、東京から移住してきました。天気のいい日は福良CAPのテラスでラフなスタイルでワークをしています。ただ、雨風のある日は狭い自宅で仕事をしています。天候に関係なく、この福良CAPで、のびのびとワークが出来たら、とても理想的です。開放感あふれ、異国感のある場所で自然の景色と戯れながら仕事ができる贅沢な気分を私と一緒に全国の皆様にも体験して頂きたいと思います。」

ワーケーションで観光振興と交流の場の創出を

海の香り漂う漁業のまち・福良

漁業で栄えてきた漁師町「福良」

海の香り漂う穏やかな漁師町・福良。古くから四国に渡る港町として栄え、タイ、ハマチ、アワビなど豊富な海産物に恵まれ、淡路島の冬の風物詩「淡路島3年とらふぐ」や春の味覚「淡路島サクラマス」もこの地で生まれた特産品です。また、全国的に珍しくなった昔ながらの職人の手作業による「淡路島手延べそうめん」の製造地でもあります。

淡路島を代表する冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」

福良CAP周辺の見どころ

受け継がれる伝統芸能「淡路人形浄瑠璃」

また、福良は、年間約50万人が訪れる人気の観光スポットでもあり、500年以上の伝統を誇る淡路人形浄瑠璃を鑑賞できる「淡路人形座」があります。さらに、世界遺産登録を目指す鳴門のうずしおを間近で見ることができる観潮船「うずしおクルーズ」や、淡路島の農水産物を販売する産直市場「福良マルシェ」などもあり、南あわじ市の観光拠点の一つとなっています。

淡路島の名産品が揃う「福良マルシェ」

最後に

福良湾遠景

福良湾が見渡せる絶好のロケーションと、南あわじ市の豊富な特産品を堪能し、地域住民と交流しながら、いつでもゆったりと過ごせる場所の構築を目指します。
この場所が、福良の情報発信・交流の拠点となり、地方創生や移住促進などの活性化につながればと考えています。全国の皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

寄附金の使い道とスケジュール

【寄付金の使い道】
・改修工事費:2,500,000円

【事業実施のスケジュール】
・2021年10月:実施設計
・2021年11月:見積依頼
・2021年12月:工事着手
・2022年 3月:工事完了

※目標金額に達しなかった場合でも、90日間の経過により受付を終了します。
※寄付金の1/2を補助金として事業者に交付します。残りの1/2は返礼品代・送料等の必要経費となります。

お礼の品の紹介