• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 関西学生対校駅伝のさらなる発展のために出場選手の激走をテレビで放映したい! ~みんなの力で「箱根」に追いつけ!プロジェクト~

関西学生対校駅伝のさらなる発展のために出場選手の激走をテレビで放映したい! ~みんなの力で「箱根」に追いつけ!プロジェクト~

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 513,000

10.2%

目標金額:5,000,000

達成率
10.2%
支援人数
41
終了まで
25
/ 36

京都府京丹後市 (きょうとふ きょうたんごし)

寄付募集期間:2020年10月12日~2020年11月16日(36日間)

京都府京丹後市   

プロジェクトオーナー

例年丹後路を舞台に開催している関西学生対校駅伝競走大会(※)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮して、コースの一部変更、選手や関係者の開催地域での応援禁止、同窓や選手の保護者への応援自粛要請などの対策を講じたうえで、11月14日(土)に「第82回関西学生対校駅伝競走大会(京丹後はごろも陸上競技場リニューアルオープン記念 京丹後大学駅伝)」として関西学生陸上競技連盟主催で開催されます。

本大会は一昨年から読売テレビの協力により、ライブによるインターネット動画配信を行っておりますが、今大会ではコロナ禍だからこそ更に広報を充実させ、出場選手の熱い想いのこもった激走をテレビでも編集・放映し、ゆくゆくは「箱根駅伝」に匹敵する大会へ発展することを目指したいという主催者の気持ちを後押しするため、本プロジェクトにより皆さまからのご支援を募るものです。

※関西学生対校駅伝競走大会とは:今年で82回を数える関西学生対校駅伝競走大会は、関西学生陸上競技連盟が主催する関西の大学対抗の駅伝競走大会。参加大学は例年20校。第75回大会(2013年)から丹後半島をコースに開催している。

京都府京丹後市

京丹後市は、ユネスコ世界ジオパークに認定された壮大な自然を有する京都最北端のまちです。
国の天然記念物「鳴き砂」で有名な琴引浜をはじめとする美しいビーチ、京都府内一の源泉数を誇る温泉、ブランド松葉がに「間人がに」や牡蠣、フルーツ、日本酒など旬の食資源を求めて毎年多くの観光客が訪れる観光地です。
「丹後ちりめん」と呼ばれる絹織物の一大産地であり、日本の絹織物の約6割は丹後地域で織られているといわれる、日本遺産の認定も受けた伝統産業のまちでもあります。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

※本プロジェクトは返礼品の提供を行っておりません。

関西学生対校駅伝競走大会~みんなの力で「箱根」に追いつけ!プロジェクト~

コロナ禍における陸上競技大会の開催

出場選手たちの激走

新型コロナウイルス感染症の拡大により、陸上競技のみならず、スポーツ大会が相次いで中止となり、本市においても「withコロナ」におけるスポーツの実施に取り組んでいるところです。
そのような状況の中、例年後援している関西学生対校駅伝競走大会の開催も危ぶまれておりましたが、本年は新型コロナウイルス感染症対策のため参加大学には選手や関係者の開催地域での応援及び同窓や選手の保護者への応援自粛要請を行い、実施いたします。

また、一昨年から読売テレビの協力により、ライブによるインターネット動画配信を行っておりますが、地上波での放映は行っておらず、同じ地方大会である「箱根駅伝」のような知名度がないことが課題として挙げられます。

今大会はコロナ禍だからこそ、更に広報を充実させ、出場選手の熱い想いのこもった激走を心より応援し、東の「箱根」、西の「丹後」と称されるよう、関西地域はじめ全国の皆様とともに発展させていきたいという志を主催者と共有しているところです。

 

新しい形の応援

寄附金の活用方法

大会の知名度向上、「箱根」を目指し、本プロジェクトを通じて賜ったご寄附の全額は、大会の模様を地上波でテレビ放映することを目指す関西学生陸上競技連盟に対して全額補助金交付させていただきます。

目標達成の場合のテレビ放映内容としては、深夜枠の概ね30分から60分程度、原則年内の放送を予定しております。ただし、特別な事情等が生じた場合には、時間の短縮(10分程度短縮)または、放送が年明け以降になることがあります。
目標金額に達しなかった場合、金額に応じた配信方法(インターネット配信の強化等)、放送の内容・時間等となります。前もってご了承ください。

【注意事項】

本プロジェクトは返礼品の提供を行っておりません。いただいたご支援はすべて関連事業に活用させていただきます。

第82回関西学生対校駅伝競走大会の概要

京丹後はごろも陸上競技場リニューアルオープン記念京丹後大学駅伝

写真

【日  程】 令和2年11月14日(土)
【スタート】 京丹後市久美浜浜公園 7時45分
【フィニッシュ】 京丹後はごろも陸上競技場※
【区  間】 7区間(総走行距離:71.6km)
【出場大学】 15校

※京丹後はごろも陸上競技場:京丹後市峰山町長岡876番地
今年10月にリニューアルオープンした京都府北部圏域唯一の第3種公認陸上競技場

 

本プロジェクトの賛同者

本プロジェクトについては、関西学生陸上競技連盟出身で五輪、世界陸上等国際大会で活躍された以下の方々からご賛同をいただいております。

○朝原宣治(同志社大学卒、北京五輪400mR銀メダル)
○高岡寿成(龍谷大学卒、元マラソン日本記録保持者)
○細川道隆(京都産業大学卒、ヘルシンキ世界陸上マラソン)
○深尾真美(大阪体育大学卒、神戸ユニバーシアードマラソン金メダル、関西学連役員)
○十倉みゆき(立命館大学卒、シシリーユニバーシアードマラソン銅メダル、関西学連役員)
○早狩実紀(同志社大学卒、北京五輪3000m障害)
○木﨑良子(宮津高卒―佛教大学卒、モスクワ世界陸上マラソン4位)
○伊藤 舞(京都産業大学卒、北京世界陸上マラソン7位)

 

寄附者の皆様へ

京丹後市長  中山 泰

写真

「関東の学生ランナーは、箱根駅伝という全国が注目する環境の中で思いっきり日頃の練習の成果を試すことができる。素晴らしいことだ。他方で、関西の学生ランナーは、最近でこそインターネット中継が始まったが全国的な注目という点では足元にも及ばない。」
「同じ学生ランナーの大会なのに、関東と関西でこれだけ違うのを、地元として到底ほっとけない。関西の学生ランナーにも、関西・全国の皆様からより一層注目をいただき、走っていただける環境づくりのお手伝いをしたい。」というのが、地元として今回のプロジェクトを企画した原点です。
このように、関西の大学が競い、丹後路を熱い激走で駆け抜ける本大会、いずれ時間はかかるだろうけど、「箱根駅伝」に並ぶ大会へと応援したいという 心からの 想いから、本プロジェクトを立ち上げることといたしました。
東の「箱根」、西の「丹後」となるよう大会を全国の皆様にご覧いただき、関西の学生を熱く応援できるよう全力を尽くして参る所存ですので、何卒ご支援賜りますようお願い申し上げます。

※本プロジェクトは返礼品の提供を行っておりません。