お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          2021年 柳川市のうなぎ特集♪

          うなぎ処の柳川市。毎年、百万尾ものうなぎが食されるうなぎ処、柳川。今は天然ものは希少となりましたが、江戸時代には柳川藩の特産品として、掘割でうなぎがよく採れていたとか。柳川名物は何と言っても「うなぎのせいろ蒸し」。タレ、焼き、蒸しのお店それぞれのこだわりで魅了します。そんなうなぎ処から、うなぎのかば焼き、せいろ蒸し、おむすびに骨せんべい。それにラーメンまで。余すことなく召し上がれ。

          創業300年 うなぎ料理専門店 元祖本吉屋

          弊社所在地の福岡県柳川市は、古くは有明海産の天然うなぎの有数の漁場があり、うなぎの名産地として広く知られております。このような古くからの歴史と伝統がある柳川の地で、弊社は、天和元年に「うなぎのせいろむし」を世に出して以来、今日まで約三百年間、初代秘伝のタレと料理技術を忠実に継承してまいりました。

          ふるさと納税への想い

          柳川市のふるさと納税事業に参加するにあたって、今、私達に出来る事は食を通じて全国の皆様に柳川の良さ知ってもらう事だと思っています。
          柳川の名物料理のうなぎのせいろむしをご家庭で再現して頂けるように工夫を凝らし、納得いく味が出来ました。
          是非、水郷柳川の元祖の味をご賞味ください。

          うなぎ料理専門店 元祖本吉屋 国産うなぎのせいろ蒸し 2人前

          創業300年 うなぎ料理専門店 元祖本吉屋 国産 うなぎのせいろ蒸し 2人前 チョイス限定

          創業300年 うなぎ料理専門店 元祖本吉屋 国産 うなぎのせいろ蒸し 2人前

          24,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          ・創業天和元(1681)年
          ・福岡県の「水郷」柳川市にあり、名物料理である「うなぎのせいろ蒸し」の元祖
          ・タレをまぶしたご飯を蒸し、その上に蒲焼と錦糸卵をのせます
          ・うなぎの旨みがご飯の中までしっかり染みこみます
          ・厳選した国産うなぎを熟練の職人が炭火で一本一本焼きあげました
          ・米はせいろ蒸しに適した銘柄を全国から厳選しています
          ・タレは創業当時から変わらない製法で作り、継ぎ足しして使用しています
          ・炭火でしっかり焼くので臭みもありません

          うなぎ料理専門店 元祖本吉屋のお礼品

          江口商店(柳川よかもん館)うなぎの蒲焼

          うなぎの焼き手は、自らを備長炭手焼き頑固職人という江口良二。

          うなぎ職人としてのキャリアは40年。
          うなぎせいろ蒸しで有名な福岡県柳川で、うなぎ料理店に専門に卸し20年、柳川のうなぎ料理店から絶大なる信頼を寄せられています。うなぎが苦手な方に泥臭さが気になるという方がいますが、江口のうなぎは、泥臭くなく、“江口のうなぎなら大丈夫”と遠方から買いにくるお客様が多くいます。

          その理由は、仕入れ後の水の管理。江口商店では「立てこみ」という手法で水の管理を行っています。
          使っている地下水はミネラル分がたっぷり含まれていて、この水を籠の上から流し込んでやると、ミネラルをゆっくり体に吸収したうなぎは健康になり、身も引き締まってきます。

          国産うなぎを仕入れ、落とし水にもこだわり、さらにこだわっているのは焼きのための備長炭です。
          クヌギなど柔らかい木の備長炭ではなく、更に高級で硬いうばめ樫の備長炭だけを使っています。
          備長炭は火力が強く、遠赤外線効果で、食材のうまみを逃がさず、美味しく焼き上げてくれます。
          火が通った備長炭は1000℃にまで達し、焼き網の表面は800℃。高温、短時間で焼き上げれば、身がぎゅっと縮まって旨みが閉じ込められ、炭に落ちた脂は燻煙と共にたち上ってうなぎに絡みつき、香ばしさも違います。
          しかも中の身はふわっと柔らかく焼きあがります。

          うなぎの蒲焼き 1尾 こだわり親父の備長炭手焼き

          11,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          国内産最高級品種のウナギのみを使用し、
          最高級の備長炭、硬いうばめ樫の炭だけを使った、
          柳川ブランド「うなぎの蒲焼」です。

          うなぎの富貴 うなぎのせいろ蒸しやうなむすも!

          うなぎの富貴

          うなぎの富貴の「うなむすび」は約20年前に誕生しました。
          きっかけは東京での物産店。
          その頃は柳川名物のせいろの知名度が低く、物産店でも知っている人は少数でした。

          「柳川のせいろです。」と声をかけても
          「え、せいろ?なにそれ?」と、返されていました。

          このままではいけないと考えたのが、うなぎの富貴店主の森永さん。
          とにかくせいろを気軽に食べてもらえるようにと試行錯誤して作ったのがこの「うなむすび」です。
          せいろを気軽に食べれるようにおむすびにしてもっていき、「うなむすび」として物産店での紹介をつづけました。

          今では、全国区のテレビ番組からも取材が来るほどの人気商品になり、
          「うなむすび」「せいろ蒸し」を、手作りで作っています。

          せいろ蒸し 180g×2個 うなむすび 105g×2個

          うなぎの富貴 せいろ蒸し 180g×2個 うなむすび 105g×2個 うなぎ 鰻 セイロ蒸し

          14,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          うなぎ料理店が軒を連ねる観光地に店舗を構え、国産うなぎ、炭、米、タレにこだわりあっさりとした中にうまみと甘さが程よく溶け合い、鰻との絶妙なバランスのとれた「うなぎのせいろ蒸し」の2食入りとそのせいろ蒸しが食べやすくなった「うなむすび」のセットです。

          うなぎの富貴のお礼品

          株式会社 やまひら(夜明茶屋)の朝焼きうなぎ

          柳川朝焼きうなぎ 2尾入 約150g×2 合計約300g

          15,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          国産うなぎを皆様により美味しく召し上がっていただくよう、
          活きた”うなぎ”を発送日当日の朝に捌いて焼き上げる「朝焼き」にこだわりました。
          冷凍品とは格段に違う本場の味をご堪能下さい。

          株式会社 やまひら(夜明茶屋)のお礼品

          皿屋福柳 株式会社のうなむす

          うなむす 10個 2個入×5セット

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          九州地方の名物「鰻のせいろむし」。
          その鰻のせいろむしをもっと手軽に食べていただけるようにとこのうなむすを製作致しました。

          九州地方特有の甘いタレを満遍なく塗したおにぎりにじっくりと焼き上げた蒲焼を包み込み、有明特上海苔で巻く。これぞ柳川をひとつに結んだ逸品です。
          ひとつひとつ手作業で作っております。

          皿屋福柳 株式会社のお礼品

          万榮堂のうなぎめし

          柳川定番 うなぎせいろ蒸し仕立て「うなぎめし」

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          柳川は、毎年百万尾もの鰻が食されるうなぎ処です。
          代表的な郷土料理は、焼き上がった鰻を、甘辛いタレを絡めたご飯の上にのせて蒸した「鰻のせいろ蒸し」。
          柳川の味が全国でいただけるようにと開発された商品が「うなぎめし」です。
          こだわりは、うなぎの切り身とごまが混ぜ込まれた贅沢なご飯。
          柳川の郷土料理をご自宅でご堪能ください。

          万榮堂のお礼品

          株式会社 高橋商店のうなぎセイロ蒸し

          うなぎセイロ蒸し 320g×1

          江戸時代より柳川の特産品として知られていた、うなぎ料理。
          目で見て納得した「国産うなぎ」のみを使用し、
          高品質の備長炭を使い、職人の手で一尾一尾、丹精込めて焼き上げています。

          三福観光 有限会社のうなぎの蒲焼き

          うなぎの蒲焼 1尾

          10,000円以上の寄付でもらえる

          詳細

          炭火の上でじっくりと秘伝のタレで焼いた蒲焼です。