お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1
ワンストップ特例制度

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

栃木県益子町からの最新情報

自治体からの最新情報RSS
  • 2017年11月4日(土)22時16分

    栃木県益子町

    100回を迎えた益子・秋の陶器市

    益子町の最高峰・雨巻山(あままきさん)も秋色に染まってきました。11月2日から今回で100回を迎えた益子・秋の陶器市が開催されています。
    陶器はもちろん季節の野菜や果物、特産品がテントに並んでいます。

    新返礼品
    [№5666-0087]道の駅オリジナル 「ましこのお茶じかん」
    [№5666-0088]Boulange770「天然酵母パン・仏地方菓子セット」
    [№5666-0089]益子焼 楕円ボウルと取り皿
    [№5666-0092]益子の革工房maharoの通帳ポーチ
    [№5666-0094]道の駅ましこオリジナル ましこピクルス(季節三種)

  • 2017年10月31日(火)12時10分

    栃木県益子町

    10月の人気返礼品は・・・

    ☆☆☆彡第1位は、【5666-0034 いちご狩りペアチケット+いいご一箱引き換えチケット】申込:2018年2月12日まで催行期間:2018年1月2日~3月末
    ☆☆彡第2位は、【5666-0003 アイスクリーム工房「Glacee770」の素材にこだわった無添加アイスセット】
    ☆彡第3位は、【5666-0006 益子焼「くく」コーヒーカップ&ソーサーペアセット】

    ■益子秋の陶器市(11月2日~11月6日)
    毎年春と秋に行われている益子町最大のイベント。
    全国から60万人が訪れ、今秋は100回目を迎えます。
    記念イベントもあります。

  • 2017年3月4日(土)22時28分

    栃木県益子町

    こどもたちの成長を願って「益子焼 兜」

    兜は、戦で身を守る役目を果たしたことから、こどもの身代わりに厄を受けるお守りになると信じられています。
    ひとつひとつ心を込めて手作りしています。
    平成29年五月の御節句に間に合うようにお届けいたします。

  • 2017年2月1日(水)22時00分

    栃木県益子町

    まもなく受付終了!いちご狩りしませんか

    ご好評をいただいております「いちご狩りペアチケット+いちご1箱引換チケット」は、2月12日で受付が終了になります。
    チケットの有効期限は4月末までですので、これから計画でも間に合います。
    いちご狩りができる面積が北関東最大規模を誇る益子町。
    時間無制限・食べ放題のいちご狩りをお楽しみください。

  • 2016年7月29日(金)22時22分

    栃木県益子町

    「益子産つる付いちご とちおとめ」が受付開始

    昨年好評をいただいた「益子産つる付いちご とちおとめ(愛称 チェリーべリー)」が8月1日から受付が開始されます。
    今年は、イチゴが一粒ずつ並んで1箱30粒入りになりました。
    JAはが野益子のみ出荷のチェリーベリーは、イチゴ農家の皆さんが大切に育てお届けします。

    もう一つお知らせです。
    返礼品ページに「担当からのおすすめ」コーナーができました。
    季節にあわせた返礼品のおすすめ提案ができたらと、ちょっとワクワク思案中です。

    【益子夜市】
    期間:2016年8月6日(土)18:00~21:30
    益子の夜を一緒に楽しめるイベントや食べ物、夜市の日は城内坂のお店もいつもより遅くまで開いています。ぷらっとお出かけください。

  • 2016年6月10日(金)22時04分

    栃木県益子町

    今年の「あなたの夏」は?

    家族や仲間でキャンプ、BBQ・・・
    帰省する子供たちのために・・・
    どこかには行きたいね・・・
    陶芸や糸紡ぎ体験とかしてみたい・・・
    益子で泊まってゆっくり散策したい・・・

    益子町では、「あなたの夏」をエンジョイできるよう無添加ハム・ソーセージや冷たいスイーツ、日本酒、うどんやそばなど特産品、各種体験等をご用意しています。

    【益子の祇園祭】
    期間:2016年7月23日(土)~25日(月)
       23日/出御祭・24日/御神酒頂戴式・25日(月)還御祭、御上覧
    ◇「御神酒頂戴式」は、1年365日になぞり、大杯になみなみと注がれた3升6合5勺の熱燗3杯を飲み干す儀式です。関東三大奇祭のひとつ。

    ◇23日には、両手で持つ「手筒花火」と片手で持つ「小型手筒花火」の打ち上げも行なわれます。勇壮な掛け声とともに高さ8mまで火柱が上がる。

  • 2016年4月28日(木)22時10分

    栃木県益子町

    益子のゴールデンウイークは・・・

    今、益子の里山は木々の葉がモコモコして、この時期だけの薄緑の新緑がキレイです。
    益子では、ゴールデンウイーク期間中の4月29日から5月8日まで「春の陶器市」が開催されます。
    販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。

    ◆新しく追加されたお礼の品
    【No.5666-0060】益子焼 兜
    【No.5666-0061】益子焼 道祖土和田窯ツートンマグカップペア
    【NO.5666-0062】益子焼 道祖土和田窯ツートンでかわんかペア(木製れんげ付)

  • 2016年3月25日(金)22時02分

    栃木県益子町

    さくら咲く・・・

    東京では、桜が開花しましたね。
    益子の光明寺や安善寺のシダレ桜は、まだ蕾ですが一足早く大漁桜が咲きました。
    今朝、庭先で鶯もいい声で鳴いて、風はちょっと寒いけど春がそこまできている感じがしました。
    ご卒業・ご入学・就職や異動と、寂しくもあり嬉しくもある季節です。
    花を愛でながら益子の地酒を酌み交わすもよし、ご馳走で語らうもよし。
    みなさまは、どんな週末を過ごされますか?

    ◆益子陶芸美術館/陶芸メッセ:ー曲線彫文 赤と黒ー 加守田章二と益子の現代陶芸/2016年04月10日(日)まで開催中
    ◆益子参考館:「濱田庄司のテキスタイル」展/2016年07月10日(日)まで開催中

  • 2016年3月3日(木)22時05分

    栃木県益子町

    今日は楽しい雛まつり♪

    益子も今日は風が少しありましたが、暖かな日和でした。
    先日、益子の雛めぐりをしてきました。色々な昔のお雛様や吊るし雛などが飾られていて、乙女心がト・キ・メ・キます。
    益子の雛めぐりは3月6日まで開催しています。
    【第6回益子の雛めぐりブログ】
    http://mashiko-hina.blogspot.jp/

    ふるさと納税返礼品を提供している「ましこのマルシェ」では、3月6日9時~15時に益子町の春をお伝えするイベントとして「しゅんしゅんさい益子」が開催されます。
    町内農産物や加工品はもちろん、益子の達人に教わるミニ盆栽ワークショップや 春の味覚を楽しむ天ぷらの揚げ方ワークショップも開催予定です!
    http://blog.mashiko-kankou.org/staff/?p=8397

  • 2016年2月19日(金)22時08分

    栃木県益子町

    益子の雛めぐり開催中

    益子では、第6回益子の雛めぐりが開催されています。
    陶芸の里「ましこ」の町内各所にて陶(とう)雛(びな)、吊るし雛などのお雛様が飾られます。
    お雛様が展示される店舗は、約80箇所。「雛飾り、雛道具、陶雛、土雛、吊るし雛」など様々なお雛様が勢揃いします。中でも、益子焼で作られた個性豊かな「土雛」は必見です。
    開催期間中は、雛めぐりマップを配布していますので、ゆっくりと益子の雛めぐりを楽しむことができます。
    https://www.facebook.com/mashiko.hinameguri/?fref=ts

    益子陶芸美術館/「ー曲線彫文 赤と黒ー 加守田章二と益子の現代陶芸」
    http://www.mashiko-museum.jp/

  • 2016年2月9日(火)22時00分

    栃木県益子町

    【新返礼品】髙橋ファームの丈夫卵と紅カブトエビ米

    インフルエンザが流行していますが、皆様お元気に過ごされていますか?
    益子町は、先日降った雪が日陰にまだ残っているところがあります。
    農薬不使用米とヒヨコから無投薬で育った鶏卵を食べて、元気パワーを蓄えてましょう。

    髙橋ファームは、自然と共生することに重点をおいて、竹炭を使用して免疫力を高めて、純国産の後藤もみじをヒヨコから無投薬で健康に育てた【丈夫卵】と「田の草取り虫」(生きた化石)と呼ばれる紅カブトエビの力を借りて農薬を使わず栽培した【紅カブトエビ米】を作っています。
    丈夫卵は、dancyu(プレジデント社)のたまご特集で、自然な味わいに、テイスター全員に絶賛されました。

    【益子の雛めぐり】2月13日(土)~3月6日(日)
    陶芸の里「ましこ」の町内各所にて陶雛、吊るし雛などのお雛様が飾られます。「雛飾り、雛道具、陶雛、土雛、吊るし雛」など様々なお雛様が勢揃い

  • 2015年12月22日(火)22時13分

    栃木県益子町

    年末・年始に益子町いらっしゃる方へ

    今年もあとわずかとなりました。いつもの年より暖かな益子町ですが、朝晩は寒くなりました。
    今日は、冬の風物詩、須田が池の元気なカモたちに会いに行ってきました。

    益子町にふるさと納税したけど、どんな町?
    年末・年始に行ってみようかなと計画されている方は、年末・年始お休みになる施設・お店がありますので、益子町観光協会の「年末・年始の各施設・各店営業について」をチェックしてください。その他については、直接各施設・店舗におたずねください。
    ◇益子町観光協会 http://blog.mashiko-kankou.org/staff/?p=8092

  • 2015年12月5日(土)22時46分

    栃木県益子町

    益子・まるほ農園の自然薯

    12月に入り初めて自然薯を掘るというので、まるほ農園に行ってきました。
    土の中から掘り出された自然薯と園主さんのツーショット。
    芋の甘さ・風味・ふわふわ感を味わうためにまずは何もつけずに食べてみてください。
    そのあとは、お好みで色々料理してみてください。私が好きな食べ方は、えびや魚のすり身や銀杏と混ぜたものに、自然薯、卵白、だし汁を加えて油で揚げ真薯にして、大根おろしをかけて食べます。ホワホワ・あつあつがたまりません!

    自然薯が入ったそばとうどんもセットにしました。
    数量限定ですので、お早目にお申込ください。
    [№5666-0036]益子・まるほ農園の自然薯と自然薯そばと自然薯うどん

  • 2015年11月27日(金)23時48分

    栃木県益子町

    益子のものづくり(日下田藍染工房)

    益子に200年以上続いている木綿を染める紺屋(こうや)・日下田藍染工房があります。
    茅葺屋根の下には当時からの藍甕は、二度の大震災にもたえ今も藍液を湛えています。
    茅葺屋は昔懐かしく、藍の匂いと火床から立ち上る煙が工房にうっすらたちこめています。
    ちょっと時間が止まったような、ほっとした気分になるのは私だけではないと思います。
    当主はで9代目になる日下田正(栃木県無形文化財指定)さん。日下田さんは、かつて益子でも栽培されていた綿花を自家栽培し糸車で紡ぎ、天然染料で染め、和綿本来の風合いを求めて手織りした綿布を「益子木綿」と名付け守っています。
    藍染は、使うことによって時と共に色々な色合いや風合いを見せてくれます。
    (写真は、日下田藍染工房の藍甕・綿花・綿の実)

    [№5666-0037]益子木綿 ポーチ&コースター(2枚)
    [№5666-0038]藍染絵額(のぼり窯)

  • 2015年11月20日(金)22時56分

    栃木県益子町

    家飲み会のおつまみ、飲み物に特産品をチェック!

    もう少しで師走。忘年会や家飲み会のおつまみや飲み物に益子の特産品(ウインナー・ハム・吟醸酒・スイーツ・etc…)をチェック!!器にもこだわりたいね。

    益子の里山も木々が色づき、朝晩はだいぶ寒くなりました。三連休、益子では陶芸メッセや町中でイベントが開催されます。
    【第21回ましこの炎まつり】
    11月21日~22日 陶芸メッセにあるのぼり窯に火が入り窯焼きが佳境をむかえます。
    11月22日10:00~15:00 炎日(えんにち)と題し、陶芸体験・陶芸ゲーム・陶芸家作品展示・カフェ等を開催
    【第9回益子の新そばめぐり】益子の新そばめぐりキャンペーン
    観光協会ホームページ:http://blog.mashiko-kankou.org/

  • 2015年11月18日(水)22時53分

    栃木県益子町

    益子で秋収穫のりんごを使ったジュースできました!

    お待たせしてました「品切れ中」のりんごジュースが再入荷したので、さっそく飲んでみました。
    まず第一声は「あま~い」「濃い~」「美味しい!」。濃いので冷やして、氷を入れてお好みに調整して飲んでください。
    保存料を使用してないので、開封したら冷蔵庫に入れてお早目にお飲みください。
    りんごは剥くのが面倒だという方には、「毎日ごくんと1杯」おすすめです!
    とちぎの里のブルーベリー農園でていねいに栽培されたフレッシュなブルーベリーを使ったジュース、ジャムもGoodです。

    [№5666-0048]50%ブルーベリー果汁入り飲料1本 りんごジュース2本
    [№5666-0049]50%ブルーベリー果汁入り飲料&りんごジュースと益子のジャム屋さんのブルーベリージャム

  • 2015年11月13日(金)22時48分

    栃木県益子町

    「とちおとめ」をみに、いちご団地に行ってきました

    11月13日、とちおとめが育っているいちご団地に行ってきました。(写真)
    ハウスの中は、とーってもあったかでした。カワイイいちごの白い花があちこちに咲いていて、赤くなったいちごもちらほらありました。
    いちご団地の皆さんが大切に育てていて、これから、大きくすくすく育っていきます。

    【つるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)】
    とちおとめの一番美味しい時期(1月2日~2月末)の出荷

    【いちご狩りペアチケット+いちご1箱引換チケット】
    いちご狩りが出来る面積が北関東最大規模を誇る益子町。いちごと焼き物の里益子路で、時間無制限・食べ放題のいちご狩りをお楽しみください。

    お蕎麦も新そばの季節になりました。
    【地元産 常陸秋そば 石臼挽きそば粉】
    石臼でゆっくり丁寧に製粉した、打ちやすい丸抜きそば粉。打ち立て・ゆでたてをお楽しみください。

  • 2015年11月6日(金)22時35分

    栃木県益子町

    10月の人気返礼品は・・・

    ☆☆☆第1位は【つるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)】:とちおとめの一番美味しい時期(1月2日~2月末)の出荷、今、ハウスの中ですくすく育っています。

    ☆☆第2位は、【益子町産葉とらずりんご10kg】:葉とらずりんごは、収穫まで光合成を行い糖分を多く蓄えることで味の濃いりんごに育ちます。品種は、出荷時期によりお任せください。

    ☆第3位は、【極上とちおとめパフェ風ジェラートカリーナ6点】:寒くなっても、食べたい!!栃木県産の厳選した生乳ととちおとめをぜいたくに使用したジェラートです。

    ■第9回益子の新そばめぐり■11月5日~12月31日
    主催:益子の新そばめぐり実行委員会/事務局:益子町観光協会0285-70-1120 http://www.mashiko-kankou.org/

  • 2015年10月30日(金)22時28分

    栃木県益子町

    益子も秋色になってきました

    益子町の最高峰・雨巻山(あままきさん)も秋色の衣を少しづつまとってきました。
    明日からは、益子秋の陶器市。忘れられないモノ・味・風景に出会えます!
    益子を満喫した後は、ふるさと納税・特産品で益子の想い出に花を咲かせてほしいな・・・。
    益子をまだ知らないけれど、行ったことないけれど…という方は、
    まずはふるさと納税の特産品で益子を想像してください。

    ■益子秋の陶器市■ 10月31日(土)~11月4日(水)
    販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。

  • 2015年10月24日(土)21時53分

    栃木県益子町

    とちおとめ(愛称:チェリーベリー)好評受付中!!

    ◇今、ハウスの中ですくすく育っています。
    【栃木県益子産つる付いちごチェリーベリー(とちおとめ)】
     JAはが野は、いちご生産量日本一! その中でも益子でとれたつるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)を、とちおとめの一番おいしい時期にお届けします。
     チェリーベリーは、JAはが野・益子のみの出荷です。

    ◇ハウスでもぎって食べたい!
    【いちご狩りペアチケット+いちご1箱引換チケット】
    いちご狩りが出来る面積が北関東最大規模を誇る益子町。いちごと焼き物の里益子路で、時間無制限・食べ放題のいちご狩りをお楽しみください。

    ■コスモス祭り■ 10月10日(土)~25日(日)9:00~16:00
    http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page000405.html

  • 2015年10月16日(金)21時12分

    栃木県益子町

    マシコな時間と食卓で…(写真は益子のそば畑)

    益子も山が色づき始め、秋空がきれいな季節になりました。
    益子の空気を感じながらの陶芸教室を楽しんだ後は、自宅で器にも拘ってマシコな食卓で、ゆったりしませんか。

    [№5666-0039]佐久間藤也作益子焼角皿桐箱付
    [№5666-0015]益子焼 ろくろ体験ペアチケット
    [№5666-0050]地元産 常陸秋そば 石臼挽きそば粉
    [№5666-0035]益子・まるほ農園の自然薯そばと自然薯うどん
    [№5666-0001]ウインナー&いぶしセット
    [№5666-0044]清酒「燦爛」大吟醸&吟醸

    ■益子秋の陶器市■ 10月31日(土)~11月4日(水)
    販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。

  • 2015年10月9日(金)20時55分

    栃木県益子町

    美味しいごはん食べてますか?

    益子でも稲刈りが終わり、今年も美味しいコシヒカリ米がとれました。
    あったかごはんのお供には、季節の野菜が入った味噌汁と青唐辛子こうじ漬け。これで、おかわり確定!

    [№5666-0054]栃木県産コシヒカリ5kg(10月出荷分から新米です。)
    [№5666-0042]益子陶器味噌・青唐辛子こうじ漬け・塩こうじ
    [№5666-0033]ましこ季節の恵み詰め合わせ

    その他、益子の特産品をご用意しています。
    益子も秋に向かって、野菜や果物が美味しい季節になりました。
    週末、ぷらっと益子に出かけてみませんか?
    ■コスモス祭り■
    10月10日(土)~25日(日)9:00~16:00 生田目地区においてコスモス祭りが開催されます。
    およそ13ヘクタールのコスモス畑が生田目地区に出現します。また、土日には地元の農産物の直売が行われます。

  • 2015年10月2日(金)20時50分

    栃木県益子町

    9月の人気No.1は・・・。

    【つるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)】
    ハウスの中ですくすく育っています。

    第2位は、スィーツ女子が選ぶ2015年お取り寄せスウィーツ銀賞に輝いた【極上とちおとめパフェ風ジェラートカリーナ6点】
    第3位は、【アイスクリーム工房「Glacee770」の素材にこだわった無添加アイスセット】

    その他、益子の特産品をご用意しています。コシヒカリ米も10月出荷分から新米に。陶芸体験でゆっくりマシコな時間を・・・。

    益子も秋に向かって、野菜や果物が美味しい季節になりました。
    週末、ぷらっと益子に出かけてみませんか?
    ■コスモス祭り■
    10月10日(土)~25日(日)9:00~16:00 生田目地区においてコスモス祭りが開催されます。
    およそ13ヘクタールのコスモス畑が生田目地区に出現します。また、土日には地元の農産物の直売が行われます。

  • 2015年9月26日(土)16時00分

    栃木県益子町

    ほっとな休日を益子焼のカップで・・・。

    いつもと違うカップで、ゆったり・ほっとな休日がいいね。
    好きな音楽を聴きながら・・・。
    ふだんゆっくり話せないけど、今日はカップの温もりを感じながら語ろう。

    益子焼は、そんな何気ない時間を演出してくれます。

  • 2015年9月21日(月)21時07分

    栃木県益子町

    稲刈りが始まりました

    コシヒカリの新米が食べられる季節です。
    ふるさと納税をしていただくと、10月出荷分から新米をお届けします。

    益子町では、9月13日(新月)から28日(満月)まで「土祭」が開催されています。
    「この土地で生きることの祭り」栃木県益子町の、風土に根ざした、他にはない益子ならではの祭りです。

  • 2015年8月15日(土)18時00分

    栃木県益子町

    商品登録と同時に大好評!あのフルーツとスイーツ

    登録と同時に好評を頂いております。
    益子に思いを寄せてくださる皆様へ感謝に気持ちをこめた特産品をお届けいたします。

    ■【栃木県益子産つる付いちごチェリーベリー(とちおとめ)】
     JAはが野は、いちご生産量日本一!
     その中でも益子でとれたつるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)を、とちおとめの一番おいしい時期にお届けします。
     チェリーベリーは、JAはが野・益子のみの出荷です。

    ■【極上とちおとめパフェ風ジェラートカリーナ6点】
      栃木県産の厳選した生乳ととちおとめをぜいたくに使用したジェラート。

    ■てづくりのまちから、陶器・陶芸体験・藍染など益子の良さを知ってほしい、使ってほしい逸品が多数あります。

  • 2015年8月13日(木)20時30分

    栃木県益子町

    10月出荷分から新米でお届け!コシヒカリ米

    ■栃木県産コシヒカリ米
      肥沃な土地ときれいな水に恵まれた益子町で作られたコシヒカリ。是非ご賞味ください。

    【甘糀、益子陶器味噌、青唐辛子こうじ漬け、塩こうじ、】
      ・甘糀は、飲む点滴と言われ夏を乗り切る飲み物とされています。スムージーなどにしても美味しいです。
      ・無農薬大豆・赤穂塩・特別コシヒカリ米を使ったオリジナル糀で、一年じっくり発酵させた昔ながらのお味噌。
      ・無農薬栽培の日光とうがらしとオリジナル生こうじの絶妙なブレンドの青唐辛子こうじ漬け。
       茄子を炒め混ぜるだけで食欲をそそる一品の出来上がり!暑い夏の主婦の味方です!!
    【地元産 石臼挽きそば粉】
      ・ご家庭で、打ち立て・ゆでたてのお蕎麦をお楽しみください。
    【自然薯、自然薯そばと自然薯うどん】
      ・自然薯は、まずは何もつけず芋の甘さ・風味・ふわふわ感を味わってください。

  • 2015年8月12日(水)20時30分

    栃木県益子町

    あの、甘~い冬のお楽しみなものが追加されました

    ■栃木県益子産つる付いちごチェリーベリー(とちおとめ)
     JAはが野は、いちご生産量日本一!
     その中でも益子でとれたつるの付いたいちごのとちおとめ「チェリーベリー」(愛称)を、とちおとめの一番おいしい時期にお届けします。
     チェリーベリーは、JAはが野・益子のみの出荷です。

    ■他にも、益子の特産品がぞくぞく追加されました!
    【極上とちおとめパフェ風ジェラートカリーナ6点】
      栃木県産の厳選した生乳ととちおとめをぜいたくに使用したジェラート。
    【地酒 燦爛】
      ワインのようにフルーティーな香りと味が楽しめる大吟醸や、すっきりとした飲みやすさで日本酒初心者にもおすすめの吟醸酒などをお楽しみください。
    【益子町産 葉とらずりんご】
      アップルランドしまだでは、収穫まで光合成を行い糖分を多く蓄えることで味の濃いりんごに育てるため葉をとらずに栽培しています。

  • 2015年8月11日(火)20時30分

    栃木県益子町

    益子焼伝統工芸士に学ぶ陶芸体験が追加になりました

    ■益子焼伝統工芸士に学ぶ陶芸体験
    家族で、夫婦で、じっくりおひとりで、益子焼伝統工芸士の工房で手びねり・ロクロが体験できます。世界にひとつだけのあなたの作品が完成します。

    ・ジャパン・ブルーを使う。 200年以上続いている紺屋の「益子木綿 ポーチ&コースター」、「藍染絵額(のぼり窯)」
    ・益子をゆっくり楽しみたい方には「フォレストイン益子 宿泊券」
    ・お料理が映えます! 益子の代表的な釉薬を施した創業108年の窯元 佐久間藤太郎窯「佐久間藤也作 益子焼角皿」

    あの、甘~い冬のお楽しみも追加されます。チェックをお忘れなく!!

  • 2015年7月30日(木)21時33分

    栃木県益子町

    自然と文化が寄り添うまち・益子

    陶器の産地として、海外にもその名を知られる益子。なだらかに広がる田畑に小高い山や丘。里を彩る農産物など四季の恵み…。初めて訪れる人にも、どこかなつかしさを感じさせる町です。

    益子に思いを寄せてくださる皆様へ感謝に気持ちをこめた人気返礼品(一例)
    ・益子焼「利平マグカップペア」
    ・とん太ファミリーバラエティセット(無添加ハム・ベーコン・ウインナー)
    ・益子・無添加アイスクリームGlacee770

    □8月8日(土)~8月16日(日)まで、益子町上山地区にて200万本のひまわりが皆様のお越しをお待ちしています。

三重県多気町 前川次郎柿

スタッフ厳選!注目の自治体特集

佐賀県小城市
石川県輪島市
島根県奥出雲町
高知県香南市
山形県東根市
北海道夕張市 ReSTART
北海道夕張市 ReSTART
Areal Japan
JTB西日本

ページ内の一番上へもどる