• TOP
  • 過去実績
  • 熊本地震で支えてくれた方々に音楽で恩返しをしたい!吹奏楽部の楽器修繕プロジェクトの支援をお願いします!

熊本地震で支えてくれた方々に音楽で恩返しをしたい!吹奏楽部の楽器修繕プロジェクトの支援をお願いします!

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 540,000

27%

目標金額:2,000,000

達成率
27%
支援人数
25
終了まで
受付終了

熊本県益城町 (くまもとけん ましきまち)

寄付募集期間:2020年10月6日~2020年12月31日(87日間)

熊本県益城町

プロジェクトオーナー

2015年より「全国ブラスシンフォニーコンクール」において、益城中学校が5連覇を達成しています。
益城町としても、益城中学校のさらなる連覇達成を応援しているのですが、
使用している楽器の劣化が目立つようになっており、演奏に支障が出ている状況です。

本プロジェクトでは、益城中学校および益城町内の学校への新しい楽器購入、修繕などを実施してまいります。
また、益城町が熊本地震で被災した際に、多くの方々から暖かいご支援をいただき、今まで乗り越えてくることができました。
まだまだ復興途中ですが、支援をしてくださった多くの方々へ「音楽」を通じて恩返しをしたいと思っております。
今回の熊本県南部豪雨で被災した方々へ、熊本地震で被災経験のある益城町から勇気と元気を届けたいと思い、本プロジェクトを立ち上げました。

益城町の子どもたちの健やかな発展と、被災地域への支援およびご支援頂いた方へのお礼のため、是非支援をお願いします。

熊本県益城町

熊本県の中央部に位置する益城町は、西に熊本市、東に阿蘇の山々を見渡せる緑豊かなベッドタウンです。

2016年 熊本地震の震源地となりましたが、みなさまのご協力もあり徐々に町並みが戻りつつあります。

北部には畑、中央部には田園、南部には山があり、この肥沃な大地では、全国的に有名なスイカやヒノヒカリ、果物などの栽培が盛んに行われている都市と自然の調和がとれたまちです。
四季折々の変化も豊かで、春は秋津川の桜、夏は蛍、秋は紅葉と美しい景観があふれています。
阿蘇くまもと空港や益城熊本空港ICを有する便利な町、熊本の空と陸の玄関口へお越しになってみませんか。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

さらなる連覇に向けて新しい楽器で演奏を!

「全国ブラスシンフォニーコンクール」5連覇!益城中学校の連覇を支援したい!

2015年より「全国ブラスシンフォニーコンクール」において、益城中学校が5連覇を達成しています。
益城町としても、益城町中学校のさらなる連覇達成を応援しているのですが、
使用している楽器の劣化が目立つようになっており、演奏に支障が出ている状況です。

部活動用の専門的な楽器は「教材費」での購入ができません。
楽器の買い替えにも10万円以上かかるものが多いため、吹奏楽部のみが使用するような専門的な楽器は優先順位が低くなってしまいます。
結果、買い替えが遅れてしまい、生徒たちは劣化した楽器を使って演奏をしています。

また、益城町が熊本地震で被災した際に、多くの方々から暖かいご支援をいただき、今まで乗り越えてくることができました。
まだまだ復興途中ですが、支援をしてくださった多くの方々へ「音楽」を通じて恩返しをしたいと思っております。
今回の熊本県南部豪雨で被災した方々へ、熊本地震で被災経験のある益城町から勇気と元気を届けたいと思い、本プロジェクトを立ち上げました。

新型コロナウイルスのため、現在計画している演奏会などは中止になっておりますが
落ち着きましたら、みなさまに元気を届けられるようコンクールに向けて頑張っていきたいと考えております!!
そのためにも、ぜひ楽器の修繕をしたい次第です。

益城町の子どもたちの健やかな発展と、被災地域への支援およびご支援頂いた方へのお礼のため、是非支援をお願いします。

演奏ができない!楽器の劣化が進んでいます。

益城中学校の楽器の一部

2015年より「全国ブラスシンフォニーコンクール」で5連覇を達成している益城町中学校では、
主要の金管楽器をはじめ楽器の劣化が進み、演奏に支障が出るほどに。

■ホルン
・管の表面が錆びていて、ロータリー部分(指)が動きにくい
・修理に出してもすぐに留め具が外れてしまう
・管が破けており、別の金属で補強している

■クラリネット
・親指側の金属が外れている
・楽器の中部管がないため、単体での使用ができない

■トロンボーン
・表面が錆びついている
・管の右側が曲がっており、スライドが動かしづらい

広安小学校の楽器

長年使用していた電子オルガンの劣化が進み、音が出ない状態です。
修理業者へ確認をとったところ修繕可能だったため、修繕後は今後も使用予定です。

広安西小学校の楽器の一部

■テナー・サックス
・タンポが破れ、調整が必要

■トロンボーン
・管が潰れていて、スライドが動きにくい

■チューバ
・管が潰れている

■トランペット
・管に穴が空いている


その他、打楽器や木管楽器も劣化が進み、買い替えまたは修繕が必要な状況です。

木山中学校の楽器の一部

【寄付金の使い道】

・益城中学校および益城町内の学校への新しい楽器購入、修繕などを実施してまいります。
・修繕可能な楽器は修繕で対応しますが、買い替えた方が安く収まる場合は、買い替えを行います。
・多くの楽器を一度に買い替えるのは難しいため、計画的に予算要求を行い順次買い替えを行っていきます。

※目標金額に達しなかった場合も、町予算を補填しながら徐々に修繕事業を進めます。

寄付頂いた方々には、学生からのメッセージをお送りいたします

本事業は返礼品のご用意はございませんが
学生からのメッセージ(サンキューレター)を送らせて頂こうと考えております。
ぜひお力添えのほどよろしくお願いいたします!