湖西市新型コロナウイルス対策に皆さまのあたたかいご支援を!

カテゴリー:健康・福祉 

main_img

寄付金額 400,000

7.5%

目標金額:5,310,000

達成率
7.5%
支援人数
21
終了まで
41
/ 90

静岡県湖西市 (しずおかけん こさいし)

寄付募集期間:2020年8月3日~2020年10月31日(90日間)

静岡県湖西市

プロジェクトオーナー

新型コロナウイルスの影響によって、湖西市でも経済活動や市民生活などに大きな支障が生じており、この影響は長期にわたることが想定されます。
市では、感染拡大防止策の一環として、PCR検査体制の拡充を図るため、市内医療機関の協力を得て「地域外来・検査センター」の設立を予定しています。この他にも医療体制の強化や医療従事者を支援する事業、教育施設や福祉施設を支援する事業、その他新型コロナウイルス感染症に対する事業を予定しており、これら対策事業に要する経費に充てるための基金を設立することになりました。
今後も市内経済や市民生活への影響を最小限に食い止めるため、新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組んでまいりますので、皆さまのご支援、ご協力をお願いいたします。

静岡県湖西市

日本の真ん中、浜名湖のほとり。
湖西市は静岡県の最西端、愛知県との境に位置しています。緑豊かで壮大な湖西連峰、遥か水平線を望む太平洋、美しい水をたたえた浜名湖に囲まれた、自然豊かで温暖な、美しいまちです。本州のほぼ中央に位置することで、古くから交通・輸送の要衝として栄え、市内には、全国で唯一当時の建物が現存する新居関所や東海道白須賀宿など、歴史文化も色濃く残ります。また、日本の発明王・豊田佐吉翁と、その息子喜一郎氏(トヨタ自動車(株)創業者)の生まれた、技術立国・日本の発祥の地でもあります。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

新型コロナウイルスと戦う医療従事者等を応援したい

新型コロナウイルス感染症の拡大の中、現在、本市においては大きな被害は出ていないものの、今後懸念される第2波、第3波に備えるべく、PCR検査の充実等医療に係る体制の強化、及び福祉施設を支援する事業、その他新型コロナウイルス感染症に対応する各種事業に要する経費に充てるため、「新型コロナウイルス531助け合い基金」を設立し、皆様からのご寄附を募ります。

自身も感染するリスクと隣り合わせの中、また、PCR検査等自身に負担がかかる中、強い使命感をもって新型コロナウイルスと闘う医療従事者の方々を応援します。

『新型コロナウイルス531助け合い基金』の2つの柱

■ 感染症予防対策

写真

今まで市内にPCR検査センターがありませんでしたが、医師会協力のもと、市民の方々がPCR検査を必要とする方が迅速に検査を受けられるようPCR検査センターを市内に開設します。
また、医療機関の体制強化や新型コロナウイルス感染症対策に従事する医療従事者を支援させていただきます。

■ 消毒液やマスク等の物品支援

写真

市内教育施設や福祉、介護施設に対し、感染拡大に伴い不足するマスクや消毒液等の感染予防対策に必要な物品の支援をいたします。

寄付金の活用方法

お寄せいただいた寄付金は「新型コロナウイルス531助け合い基金」として、下記の事業に活用させていただきます。

・感染症予防対策(PCR検査所運営に要する費用等)
・福祉施設等での消毒液やマスク等の物品支援
・その他新型コロナウイルス感染症予防対策に要する経費

寄付金の活用方法

【注意事項】

※ 今回のプロジェクトではお礼の品はございませんのでご了承ください。
※ ご寄附いただいた方には、ご希望によりウェブサイトにご氏名を掲載させていただきます。掲載を希望されない方は、アンケート欄で「希望しない」を選択してください。
※ 湖西市にお住まいの方でも、本プロジェクトにご寄附いただいた場合は税控除の対象となります。

寄付者の皆さまへ

湖西市長 影山剛士からのメッセージ

湖西市長

全国各地において新型コロナウイルスという見えざる敵と日々奮闘されている医療・福祉関係の皆さまをはじめ、市民生活を支えてくださっている多くの関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。

湖西市では新型コロナウイルスの感染対策のため、PCR検査を行う「地域・外来検査センター」の設置や、消毒液の配布といった医療機関・医療従事者を支援する事業、教育・福祉施設を支援する事業推進のため、「新型コロナウイルス531(こさい)助け合い基金」を令和2年7月に創設いたしました。

まだまだ先が見えない新型コロナウイルスとの闘いは、これからも一層強化・継続していく必要があると考えております。日常生活を取り戻すため、市としてもこれまで以上に一丸となって感染予防対策に取り組んでおります。巨大な敵ではありますが、今こそ行政と市民・事業者の皆さまとが力を合わせ、この難局に立ち向かっていこうではありませんか!

ぜひとも皆さまからも、「新型コロナウイルス531助け合い基金」へ、暖かいご協力・ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。