• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 【新型コロナウイルス感染症対策】-ふるさとたぶせ便- がんばる学生を応援したい!!

【新型コロナウイルス感染症対策】-ふるさとたぶせ便- がんばる学生を応援したい!!

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 524,000

52.4%

目標金額:1,000,000

達成率
52.4%
支援人数
4
終了まで
63
/ 91

山口県田布施町 (やまぐちけん たぶせちょう)

寄付募集期間:2020年6月8日~2020年9月6日(91日間)

山口県田布施町

プロジェクトオーナー

新型コロナウイルスにより生活に影響の出ている田布施町出身の学生の方を応援するために、町内産のお米をはじめとする町内産品等を詰め合わせた「ふるさとたぶせ便」を届けます。

【対象者】
町内に実家があり、緊急事態宣言により田布施町への帰省を自粛している2020年5月1日時点に特定警戒都道府県に設定されている都道府県に住む学生の方
(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の13都道府県)

【送付内容】
田布施町産米5kg、町商工会加盟店が扱っている町内産品等

【事業実施のスケジュール】
・2020年5月初:受付開始
・2020年5月末:発送開始

未来ある学生の方への支援に共感いただける方に、ぜひともご支援を賜れますと幸いです。

山口県田布施町

田布施町は美しい景色、豊かな自然、おいしい食べ物、温かい人々を持つ人口15,000人程度の住み心地のよい町です。過去には佐藤榮作、岸信介の兄弟宰相を輩出しており、1つの町から2名の内閣総理大臣を輩出している町は全国でも稀有です。
春には、町中央部を流れる田布施川で約300本の桜が咲き誇り、壮大な景色が広がります。その時期に行われるたぶせ桜まつりは毎年多くの観光客で賑わいます。 産業では昔から盛んな農業や漁業を中心とし、主な特産品であるいちじくやいちご、鱧といった特産品から、全国でも珍しい田布施農工高校の生徒がお酒を製造する「どぶろく特区」を活用した産品の生産を軸に、地域の活性化に尽力しています。
また、瀬戸内海特有の温暖な気候により、近年災害がほとんど起きないことも注目されています。
そんな豊かな自然の中で育まれた町の特産品を、ご寄附いただいた方に心ばかりではありますが、お礼の品としてお届けさせていただきます。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

故郷から贈る田布施のおいしいが詰まった『ふるさとたぶせ便』で遠い地で頑張る学生の心と体を癒したい!!

ダンボールいっぱいに愛情と食料を詰め込みました

田布施産ひとめぼれをはじめ、10種もの食品と手作りマスクを準備

新型コロナウィルスの感染拡大が徐々に収束しつつありますが、感染拡大前と同様の経済状況に戻るには長い時間がかかる見込みです。
学生にとっては、学費や生活費に欠かせないアルバイトの激減、親からの仕送り減少など苦しい状況がまだまだ続きます。
そのような状況から、ある調査によれば退学を考える学生が20%にも上るとの結果が出ています。
将来の夢を持ち、頑張っている学生を少しでも支援するために本プロジェクトを立ち上げることにしました。
一人暮らしを経験した方は、父や母からの『愛情と食料が詰まったダンボール』を思い出すのではないでしょうか。

是非、本プロジェクトへの支援をお願いいたします。

大幅な出荷減少などの影響を受けている町内事業者の皆さんも協力

「少しでも役立てるなら」と快く協力いただいた小川米穀店さん

ホテルや飲食店への出荷が止まってしまった小川米穀店さん

創業から100年以上の小川米穀店3代目ご主人。学生に送るお米の精米は発送日直前というこだわりよう。
みんなが苦しい状況だからこそ、助け合って自分ができることをしてあげたいとの思いです。
こんな時でも笑顔で乗り切ろうとするご主人の思いが詰まっています。

町内10の事業者に協力していただき、食料、マスク、段ボールなど全てを田布施町内から調達しました。
先行して5月末から順次発送を開始しており、本プロジェクトへの寄附金を活用し更なる支援の拡大を行います。

【寄附金の使い道】
・ふるさとたぶせ便:1,000,000円

【事業実施のスケジュール】
・2020年5月初:受付開始
・2020年5月末:発送開始

※目標金額に達しなかった場合、金額の範囲内で支援を実施
※目標金額以上の寄附をいただいた場合、対象範囲を拡大し『ふるさとたぶせ便』をお届け

~ふるさとたぶせ便~学生からのメッセージ

◇ありがとうございます!(大阪府・女性・20代)
◇ふるさと田布施に笑顔で帰って来れるまで頑張ります。素晴らしい企画をありがとうございました。(大阪府・男性・20代)
◇助かります。ありがとうございます^_^(東京都・女性・20代)
◇新型コロナウイルス感染症の影響により、入学式も新学期スケジュールも中止や変更で、学生マンションから一歩も出れず、学生証も受け取れていない状況です。ひもじい生活を強いられている娘にお恵みを。よろしくお願いします。(保護者)
◇コロナでバイトも無くなり、きつい生活が続いてます。ほんとうにありがとうございます!(福岡県・男性・20代)
◇皆、大変な時期に支援してくださり嬉しく思います。感謝致します。(福岡県・女性・10代)
◇がんばる学生応援の支援事業を通じてふるさとを改めて思い出し、今の状況を乗り越える力をもらった気がします(大阪府・女性・10代)
◇とてもありがたい事業です。(大阪府・女性・10代)

学生の皆様、寄附者の皆様へ

山口県田布施町長からのメッセージ

田布施町長 東 浩二

〇 学生の皆様へ

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを受けて、田布施町においても新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、帰省や旅行等で県域をまたぐ移動を控えるようにお願いしておりました。
こうしたことから、親元を離れて暮らす皆様に、帰省等を自粛していただくことは大変心苦しいところですが、少しでも感染リスクを軽減する行動をとっていただいていることに心より感謝申し上げます。
町内では、飲食業・小売業・サービス業等を中心に厳しい経営状況におかれていますが、この難局も一丸となって乗り越えようと、町民みんなで頑張っています。
このたび、本町出身の学生の皆様が心も体も健やかに勉学に励まれることを願って、田布施のおいしいが詰まった「ふるさとたぶせ便」をお送りします。
このがんばる学生応援プロジェクトには、皆さんのことを想って寄附をしていただいている全国の多くの温かい心が詰まっています。
どうか元気を出して素晴らしい学生生活を送ってください。

〇 寄附者の皆様へ

新型コロナウイルスの感染が広がり、罹患された方々とそのご家族、関係者の皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。
また、医療従事者の皆様をはじめ、困難な状況下で私たちの生活を支えている皆様に深く敬意を表します。
緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受けて、多くの学生が帰省をできずに心細い思いをしていることに心を痛めておりました。
このたび、未来を担う学生の皆様をふるさと田布施町から応援するため、町内生産者の協力のもと、がんばる学生を応援する-ふるさとたぶせ便-がんばる学生応援プロジェクトを立ち上げました。
皆様の温かいご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。