• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 障がいがあることで公園遊びができない。そんな思いにさせたくない。誰もが楽しめる遊具を設置します!

障がいがあることで公園遊びができない。そんな思いにさせたくない。誰もが楽しめる遊具を設置します!

カテゴリー:健康・福祉 

main_img

寄付金額 17,000

0.6%

目標金額:2,500,000

達成率
0.6%
支援人数
3
終了まで
46
/ 91

三重県松阪市 (みえけん まつさかし)

寄付募集期間:2020年7月1日~2020年9月29日(91日間)

三重県松阪市

プロジェクトオーナー

松阪市内の公園には年齢や障がいの有無にかかわらず遊ぶことのできるユニバーサルデザインの遊具は1つしかありません。
ユニバーサルデザインの遊具を増やし誰もが楽しめる空間を増やします。
皆様のご支援をよろしくお願いします。

三重県松阪市

日本を代表するブランド牛「松阪牛」の産地であり、グルメのまちとして知られる三重県松阪市。お伊勢参りの行き来や江戸時代の物流の拠点としての宿場町、多くの豪商を生み出した商人のまちとして、長く賑わってきた歴史ある地域です。
松阪のまちを歩いてみれば、旅人たちで賑わった時代の雰囲気や、商人たちが商売繁盛を願い暮らした時代の名残がある建物があちこちに残されていて、当時の生活感や息づかいを感じる歴史文化を、まるでタイムスリップした気分で体験することができます。
2019年4月には新たな観光の拠点となる「豪商のまち 松阪観光交流センター」がオープンし、初めての松阪旅でも充実した市内観光を楽しめるようになりました。自然豊かな環境で生み出される「松阪牛」などの絶品グルメ、心穏やかに観光できる歴史スポット、お腹も心も満たされる「松阪まち歩き」にお出かけください。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

 

障がいのあるなしにかかわらず同じ空間で遊ばせてあげたい

遊具設置は一通のお手紙から

松阪市が公園にユニバーサルデザインの遊具を設置することになったきっかけは、2018年12月にお寄せいただいた、障がいのあるお子さまを持つ母親からの一通のお手紙でした。

そこには、公園の遊具での遊びが大好きな障がいを持つ娘や、娘と同じ障がいを持った子どもたちを多くの子どもたちと同じ空間で遊ばせてあげたい、そんな誰もが遊ぶことのできる遊具がたくさんあるユニバーサルデザインの公園を松阪市に作りたいという、母親の強い思いがありました。

色々な遊具で「楽しい!」とたくさん感じて育ってほしい。子どもは公園が好きなのに、障がいがあるから遊べないと諦めたくはない。同じ空間で、障がいのあるなしに関係なく一緒に遊べる環境があれば、自然な情操教育にも繋がるのではないかと思います。そんな中、「ユニバーサルデザイン公園」の存在を知りました。是非とも障がいを持った家族も過ごせる公園を作りたいです。

このような思いを持っている方々のお声にお応えすべく、市では障がいのあるお子様にもお使いいただける遊具の設置を2019年度から進めています。

1つ目のユニバーサルデザイン遊具の設置

2019年設置の遊具

2019年7月、松阪農業公園ベルファームの芝生広場に、ユニバーサルデザインのハンモック型の遊具を設置しました。

●設置後間もなく

お手紙をいただいた母親から、「設置していただいたハンモックに娘が揺られて楽しむことができる日が現実になり、感謝以外の言葉が見つかりません。目頭が熱くなりました。本当にありがとうございます。」とのお礼の言葉をいただきました。

 

誰もが楽しめる遊具を設置したい!

みんなにやさしい公園を

松阪農業公園ベルファーム

松阪市では、農業体験の講座やさまざまな体験型イベントを実施・運営する、松阪農業公園ベルファームに、ユニバーサルデザイン対応の遊具を設置することにしました。バリアフリーのやさしい公園を目指します。

車いすに乗車したままで遊べる遊具

現在設置されている遊具のほとんどは、誰もが遊べるものではありません。
松阪市では2019年よりユニバーサルデザイン遊具の設置を開始し、誰もが楽しめるやさしい公園の推進に取り組んでいます。

【寄付金の使い道】

2021年1月設置予定の、車いすに乗車したままでも楽しめる遊具の設置にかかる経費の財源として活用させていただきます。

※本プロジェクトでは、お礼の品をお送りしませんので、あらかじめご了承ください。
※松阪市にお住まいの方でも、本プロジェクトに対するご寄附分については、税控除の対象となります。

【寄付金の使い道】

寄附者の皆様へ

松阪市長 竹上 真人

写真

障がいを持つ子どもの母親からの一通の手紙により、ユニバーサルデザイン遊具の設置が始まりました。

「外でみんなと一緒に遊ばせたい」、このような想いを持たれている方も多くいらっしゃると思います。

小さな一歩ではありますが、これをきっかけに外でみんなで遊ぶ姿があたりまえとなり、心のバリアフリーにもつながっていくことを望んでいます。

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。