広島市の新型コロナウイルス感染症対策をご支援ください

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 2,955,000

5.9%

目標金額:50,000,000

達成率
5.9%
支援人数
52
終了まで
48
/ 90

広島県広島市 (ひろしまけん ひろしまし)

寄付募集期間:2020年5月25日~2020年8月23日(90日間)

広島県広島市

プロジェクトオーナー

新型コロナウイルス感染症が広がる中、広島市では感染拡大の防止に努めるとともに、市民の生活や経済活動を守るため、全力で取り組んでいます。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大により、地域活動や経済活動が難しくなっている中で、新たな地域での支え合いや事業者同士が連携した「共助」の取組も生まれています。

広島市では、医療・福祉関係者の方への支援や、助け合い(共助)の精神により新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けている個人・事業者を支える取組などを推進するため、広島市「新型コロナウイルス感染症対策助け合い寄附金」を募集します。

広島市内外の皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

広島県広島市

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

 

困難の中、再確認した共助の価値

広島でも新型コロナウイルスの感染者が増加しつつあった4月下旬、市内の医療現場でマスクや防護具等の医療資材が不足することを回避するため、その提供を広く呼びかけたところ、5月19日現在、市内外の個人229人、90団体・企業の皆さまからマスク約23万枚を始め約24万6千点の医療資材が寄せられています。

中には、学生のときに、平和記念公園や広島平和記念資料館を訪れた県外の方からのお手紙をいただいたほか、医療に従事する皆さまへの激励のメッセージなどもいただいています。

医療現場を、また広島市を応援したいという心温かい皆さまの共助の精神によるご協力に改めて感謝いたします。また、この出来事により、広島市は、こうした共助の精神を一層広げていくことで、皆さまと一緒に新型コロナウイルス感染症の拡大という難局を乗り越えていきたいとの思いを新たにしました。

写真

がんばる医療・福祉関係者を応援したい

医療・福祉関係者など、新型コロナウイルス感染症対策のため最前線の現場で働く方々は、常にウイルス感染のリスクと背中合わせの状況で治療や感染拡大防止活動に従事し、私たちの命を支えてくださっています。

広島市では、こうした医療・福祉関係者を始め、私たちの命を支えてくださっている方々へ感謝の意を込めて、広島城のブルーライトアップや、毎週金曜日、感謝の拍手を送る「Friday Ovation」の取組を行っています。この取組は多くの市民や企業の皆さまに広がっており、医療・福祉関係者への応援の気持ちは、全市的に高まっています。

写真

新型コロナウイルス感染症に打ち勝つために

こうした中、国や県においては、医療提供体制の確保や個人・事業者に対する直接的な支援の実施など、「公助」による下支えが行われています。基礎自治体である広島市では、こうした国・県が行う「公助」による下支えの補完・補強として、感染症対策、感染拡大防止や経済活動・日常生活に影響を受けている方への支援をしっかり行っていくとともに、「段階的な回復支援フェーズ」を見据えて、「共助」の精神に基づく、事業者同士が連携した取組や文化活動、地域福祉活動などの再開や「新しい生活様式」に即した活動に向けての支援を行っていきたいと考えております。

寄附金の活用方法について

頂いた寄附金は、医療・福祉関係者への支援、共助の精神に基づく地域での支え合いや事業者同士が連携した取組への支援など、新型コロナウイルス感染症に対して市民の生活や経済活動を守るための取組に幅広く活用します。

寄附金を活用する事業等は、随時広島市ホームページで発信していきます。

広島市ホームページへ

【注意事項】

今回のご寄附に関しては、お礼の品はお送りいたしません。皆さまから頂いた寄附全額を新型コロナウイルス感染症対策のために活用する予定です。

寄附者の皆さまへ

広島市長 松井 一實

写真

新型コロナウイルス感染症の拡大が懸念される中、全国的に取り組まれている外出自粛などの皆さまのご協力により、広島市でも平穏な日常の回復に向けた動きを進められる兆しが見えてきました。

しかし、我々の命と安全を支えてくださっている医療・福祉現場の皆さまは、今も新型コロナウイルスとの戦いの最前線で奮闘してくださっています。

また、これまで講じてきた様々な制限は、地域社会へ深刻な影響を及ぼしています。

そのような中でも、マスクの寄附やデリバリーサービスの開始支援など、市民同士、事業者同士の「共助」の取組が展開され、心強く思うとともに、こういった動きを一層推進したいと考えています。

新型コロナウイルスに打ち勝つため、皆さまからのご支援をお願いいたします。