• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 小児がんの子ども達を笑顔で学校へ《医療用ウィッグプレゼント》 脱毛で悩む子ども達に希望を下さい!

小児がんの子ども達を笑顔で学校へ《医療用ウィッグプレゼント》 脱毛で悩む子ども達に希望を下さい!

カテゴリー:健康・福祉 

main_img 達成

寄附金額 5,063,422

101.2%

目標金額:5,000,000

達成率
101.2%
支援人数
286
終了まで
35
/ 89

佐賀県NPO支援 (さがけん えぬぴーおーしえん)

寄附募集期間:2020年4月3日~2020年6月30日(89日間)

佐賀県NPO支援 × NPO法人パルサポートキッズの会

プロジェクトオーナー

抗がん剤治療に悩む子どもたちやご家族の方々は、病気や医療費が優先的になり病気の事だけではなく《髪》による様々な悩みも多く抱えています。私たちはこの問題を少しでも解決するために、無償で医療用ウイッグを提供する団体を立ち上げました。

子どもが小児がんで脱毛になると様々な悩みを抱えます(不登校やいじめ等)。また、ママが抗がん剤治療で脱毛になると子ども達は大変なショックを受けます。これまでも私たちは子どもに医療用ウィッグを届けてきましたが、ウィッグを着けた瞬間に「これで幼稚園に行ける」「これで学校に行ける!」と笑みがこぼれます。

活動の中で「婦人がんで脱毛に悩む若い女性(AYA世代)の多さ」についても改めて認識し、子どもたちへのプレゼントに続き、抗がん剤で脱毛に悩む「お子様をお持ちのママ」に限って医療ウイッグをプレゼントする活動にトライすることに致しました。

佐賀県NPO支援

パルサポートキッズの会は、抗がん剤などでつらい思いをしている子ども達やお母さんへ無償でウイッグをプレゼントする活動をしています。私たちの思いは、いただいた寄付金が子ども達の笑顔と幸せな町つくりの一環でありたいと願います。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

【GCF限定コロナウィルス寄贈型】このクラウドファンディング限定の寄贈型お礼の品をご用意

新型コロナウイルスで経済的に影響のある「小児がん患者のいるご家庭」に返礼品でも支援を

新型コロナウイルスにより、多くの家庭に経済的な影響が発生しています。

佐賀県はじめ、九州圏内には小児がん患者のいる世帯が常時、250世帯いると言われています。小児がん患者のいる家庭は、普段から医療費による経済的な負担がある中、より負担を強いられる状況に陥ってしまうかもしれません。

そういった状況を鑑みて、今回、本プロジェクトでは特別に「寄贈型のお礼の品」を用意いたしました。この「寄贈型のお礼の品」は、小児がんの医療費等により経済的負担があるご家庭に提供させていただきます。

【寄贈型返礼品】「くわばるのこめ 5kg コシヒカリ100%」「乾麺物語スープ付き3種セット」を選択された場合、お礼の品(返礼品)はご自宅等に届きませんのでご留意ください。

【寄贈型返礼品】くわばるのこめ 5kg

標高約600メートルに位置する樫原湿原周辺の栄養を蓄えた水に育まれた「くわばるのこめ」。農薬使用量を、一般的な栽培方法より5割以下に低減した特別栽培米で、大地と豊かな水を利用し、七山の桑原地区で育った自慢の米です。


提供:石川農園(唐津市)

【寄贈型返礼品】くわばるのこめ 5kg

【寄贈型返礼品】乾麺物語スープ付き3種セット×2組(12食分)

【とんこつしょうゆ】本醸造再仕込みしょうゆでまろやかに仕上げた上品な味わいの白湯スープと歯ごたえのあるしこしこ麺が絶妙に 絡み合い、やみっきになる美味しさです。

【カレーうどん】鰹だしの風味がきいた和風カレ一スープです。 麺もカレーうどんのためだけに作り上げた平麺で、こだわりの技と旨さが活きた納得の一杯です。

【しょうゆラ一メン】本醸造しょうゆで仕上げた旨みあふれる香り豊かな スープ。さらに、歯ごたえのあるしこしこ麺がスープと絶妙に絡み合い やみつきになるおいしさです。

※この3種セットを2組お送りいたします。(12食分)

【寄贈型返礼品】乾麺物語スープ付き3種セット×2組(12食分)

 

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

 

小児がんの子ども達に希望をください。

笑顔で学校に行ける医療用ウイッグをプレゼント。

小児がんで抗がん剤治療による脱毛に悩む子どもたちは幼稚園に行けない、学校にいけないなど様々な悩みを抱えています(毛髪が原因で不登校やいじめ)。

一方、家族の方々は病気の事や医療費の事が優先で経済的な負担も多くウィッグまで手が回らないのが現状です。

私達は、この問題を少しでも解決するために、子どもたちに医療用ウィッグを無償で提供する活動を2017年10月からはじめました。(現在は九州一円の患者様対象)

また年々、ママの世代(AYA世代)のがんが増えています。ママが脱毛すると子どもたちは自分の事と同じように、大変なショックを受けます。その為、2018年11月からは子育て中のママにも医療用ウィッグを無償で提供する活動を始めました。

医療用ウィッグは絶対必要だけど市販のものは高くて買えない抗がん剤の治療で脱毛に悩む子どもたちとママに少しでも笑顔を取り戻してもらうためのウィッグを一人でも多くプレゼントすることが我々の最大課題です。

 

小児がんの子ども達に希望をください。

笑顔で学校に行ける医療用ウイッグをプレゼント。

私たちは小児がんの権威である中川原章先生、稲田浩子先生と出会い小児がんについて様々なレクチャーを受け「毛髪が原因でいじめや不登校」「長期治療によって医療負担が大きくウイッグまで買えない」など多くの子どもたちがつらい思いをしていることを知りました。

そこで、稲田先生をリーダーに色々と検討を重ねた結果子どもたちに医療用ウイッグを無償で提供する団体「パルサポートキッズの会」を立ち上げることにしました。

ママが脱毛すると子ども達は自分の事と同じように、大変なショックを受けます。その為、2018年11月からは子育て中のママにも医療用ウイッグを無償で提供する活動を始めました。

2017年10月から稲田先生を会長に10人の理事で子ども達に医療用ウイッグを無償で提供する活動を佐賀県でスタート、現在は九州一円で行っています。

2019年は子育て中のママにも医療用ウイッグを無償で提供する活動を九州一円で行っています。

九州各県のがん診療連携拠点病院にパンフレットを設置しており患者様がそれを見て直接当事務局に直接申し込みされています。 

寄付金の使い道

1、佐賀県民をはじめ九州一円の抗がん剤脱毛で悩む子ども達や子育て中のママに医療用ウイッグをプレゼント。現在約200名を300名に増やしたい。
2、医療用ウイッグ無償提供の認知広報活動。

 

病気のお子様やお母さん達がいきいきと生活できるように

佐賀から全国へ広めていくために

佐賀県・福岡県を中心に、九州一円を中心に活動を広げていきたいと考えます。

私達の活動を通して病気のお子様やお母さん達の生活がいきいきと生活されることを望みます。

医療機関や自治体との協力体制があれば、人々の安心とやさしい町作りができるのではないでしょうか。

この地域から全国へ発信し、すべての患者様へ無償でプレゼントができるよう広めていきたいと考えます。

(医療用ウイッグプレゼント数)
①九州一円の子ども達と子育て中のママ 150名〜300名

事業実施のスケジュール

1、2020年医療用ウイッグ無償配布200名
2、2021年医療用ウイッグ無償配布300名
3、イベント交流会の実施。

 

「医療用ウィッグ」事業へのメッセージ

利用者やご家族から

多くの方から感謝のメッセージをいただいております!

プロジェクトを支援した方から

全国から温かい応援メッセージが届きました!

 

事業に携わる方の思い

パルサポートキッズの会 泊

写真

子どもが小児科がんで脱毛になると様々な悩みを抱えます(不登校やいじめ等)。

また、ママが抗がん剤治療で脱毛になると子ども達は大変なショックを受けます。

これまでも私たちは子どもに医療用ウィッグを届けてきましたがウィッグを着けた瞬間に「これで幼稚園に行ける」「これで学校に行ける!」と笑みがこぼれます。

そんな子ども達とママのために私達は「笑顔を取り戻せる医療用ウィッグ」をこれからも届け続けていきます。

私達の活動を通して病気のお子様やお母さん達の生活がいきいきと生活されることを望みます。

この地域から全国へ発信し、すべての患者様へ無償でプレゼントができるよう広めていきたいと考えます。

 

寄附者の皆様へ

NPO法人パルサポートキッズの会からのメッセージ

たくさんの笑顔に出会い、たくさんのお便りを頂いています。
みなさん、病気に負けないよう頑張っています。
これからもひとりでも多くの子どもたちやママに医療用ウィッグを届けられるように頑張ります。

お礼の品一覧

※「【寄贈型返礼品】くわばるのこめ 5kg コシヒカリ100%」を選択された場合、お礼の品(返礼品)はご自宅等に届きませんのでご留意ください。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 少額しか寄付できませんが、応援しています。少しでも困難を抱える子どもたちのお役に立てれば嬉しいです。

    2020年5月7日 22:52

  • お役に立てれば嬉しいです。

    2020年5月6日 21:07

  • がんの子どもを守る会会員です。

    2020年5月4日 16:07

  • がんの子どもを守る会で稲田先生にお世話になっており、
    今回とても有効な仕組みを構築されたことを知りました。
    些少ですが、数口に分けて参加させて頂きます。

    2020年5月4日 15:52

  • 皆さんの笑顔がひとつでも増えることを願って、応援しています。

    2020年5月3日 22:15

  • 私も抗がん剤治療の副作用のため脱毛があり、一時期ウィッグを使っていた時期があります。少しでも子どもたちのためになれば、と思い寄付させていただきます!

    2020年5月3日 21:21

  • この状況下でガン治療中の子や家族の応援をしたい。

    2020年5月3日 14:51

  • この状況でガン治療中のお子さんやご家族の心労は計り知れないものがあると思う。少しでも心が軽くなることを願って。

    2020年5月3日 14:26

  • ガンの患者さんは、コロナ感染が心配です。そんな中で少しでもサポートして彼らを勇気づけたいものです。

    2020年5月3日 11:39

  • 寄贈型返礼品を用意していただくことはすごくよいことですね。小児がんの子供たちに笑顔が届く活動、本当にありがとうございます。

    2020年5月2日 13:01

  • マスク頂きました🙇‍♀️
    少しでもお役にたてれば嬉しいです!
    応援しています😊

    2020年5月2日 11:17

  • コロナで活動が困難になっていることでしょう。
    微力ながら応援させて頂きます。

    2020年5月1日 23:06

  • なんで自分だけこんな辛いの?そう思う時もある。けど、楽しく素敵な未来はきっとあるから。私もかつては同じだった。今でも辛い時もあるけどそれ以上に幸せもある。みんなに笑顔を!

    2020年4月30日 16:26

  • 病に苦しむ子どもたちが笑顔になれば幸いです。

    2020年4月28日 14:26

  • 私はがん患者です。今もウイッグしています。少しでも力になりたいと思い応援させてもらいます。

    2020年4月27日 22:53

  • がん患者の皆様へ
    大変なご苦労だと思います。がんに負けず、いつか困っている誰かの力になって下さい。

    2020年4月26日 16:54

  • 小児癌は治ります。がんばろう。

    2020年4月22日 18:52

  • 自分も昨年末に早期の卵巣がんが見つかり、年明けに手術して、現在、抗がん剤治療を受けています。まだ自分は軽い方でした。私もやはり髪も抜け落ちて現在ウイッグを使用しております。ウイッグは高いですね。びっくりしました。
    小児がんで苦しんでる子供さん達に少しでもお役に立てたらと今回、わずかながら寄付をさせていただきます。
    頑張ってください。


    2020年4月22日 10:40

  • 子ども達のために頑張って下さい。

    2020年4月20日 23:27

  • 常々、子育て支援をしており、今回お役にたてる事を誇りに思います。
    子どもたちを、笑顔にするために頑張ってください。

    2020年4月20日 21:14

はじめての方へ