• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 弥彦村を中心とした西蒲区の美味しい農産物を使ったオリジナルパンを通じて、村の産業を仲間と一緒に盛り上げたい!

弥彦村を中心とした西蒲区の美味しい農産物を使ったオリジナルパンを通じて、村の産業を仲間と一緒に盛り上げたい!

カテゴリー:新産業・地域創生 

main_img

寄附金額 62,000

6.2%

目標金額:1,000,000

達成率
6.2%
支援人数
6
終了まで
78
/ 86

新潟県 (にいがたけん)

寄附募集期間:2019年10月7日~2019年12月31日(86日間)

新潟県×西田武彦

プロジェクトオーナー

この起業のプロジェクトに至った背景は二つあります。
一つ目は、結婚して妻のふるさとである弥彦村に移り住み、子供を育てる環境も良く、ここで独立してパン屋を開業したいと思っていたところ、村の方々から弥彦村にはパン屋がないので近くにおいしいパン屋さんができるとうれしい、マーガリンやショートニングを使わず地元の安心安全な食材を使ったパンを作ってほしい、などの声をいただいたこと。
二つ目は、西蒲区の農家レストランなどで、野菜の生産者と出会い、弥彦村には枝豆、小麦、原木しいたけなど、周りの西蒲区にもトマト、アスパラ、キュウリなど特徴のある安心、安全でおいしい農産物が多く、また生産者の熱い想いを知ることができ、今までのパン作りの知識、経験を活かしてそのおいしさをパンを通して伝えていきたいと思ったこと、です。
そして、弥彦村主催の「弥彦村塾」という地方創生の会のなかで、観光(ホテル、旅館組合)農業(生産組合)企業の方々と出会い、交流を深めていくなかで、パン屋の起業を通じて村の産業を一緒に盛り上げていきたいという想いを強くしました。

※100万円を超えて寄附いただいた分につきましては、新潟県の起業・創業支援施策に使わせていただきますので、あらかじめ ご了承お願いします。
※頂きました個人情報は、新潟県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。
※プロジェクト締切日までに入金が確認できた寄附金を本プロジェクトへの寄附としてお受け取りいたします。クレジットカード決済以外の方法での支払を希望される方は、お申し込み後、お早めの入金手続をお願いいたします。

新潟県

新潟県には、素晴らしいものがたくさんあります。美しい自然や美味しい食べ物をはじめ、歴史的価値の高い遺産や文化、知られていないかもしれませんが、世界トップクラスの産業がいくつもあります。何よりまじめで温かい人々がいます。
一斉に花が咲き誇る春、海と川そして花火がまばゆい夏、稲穂が黄金に実る秋、そして白銀の冬と、鮮やかな四季で彩られています。
ぜひ、新潟ならではの魅力に触れてみてください。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

このクラウドファンディングは『ふるさと納税』対象事業です!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。控除上限額内の2,000円を越える部分について所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

ふるさと納税をもっと知る
私はふるさと納税をいくらできる?(寄附金控除額のめやす)

 

パンで弥彦村の産業を仲間と一緒に盛り上げたい

村初、安心・安全なおいしい焼きたてパン屋

彌彦神社
写真
弥彦村でパン屋の開業を目指している西田武彦と申します。
かねてから村の方々から「弥彦村にはパン屋がないので近くにおいしいパン屋さんができるとうれしい」「地元の安心、安全な食材を使ったパンを作ってほしい」との声をいただいておりました。そして、西蒲区の農家レストランなどで野菜の生産者の方々との出会いのなかで、弥彦村には枝豆、小麦、原木しいたけなど、周りの西蒲区にもトマト、アスパラ、キュウリなど特徴のある安心安全でおいしい農産物が多い事を知り、今までのパン作りの知識、経験を活かしてそのおいしさをパンを通して発信していきたいと思い、開業を決意しました。
写真
また、弥彦村主催の「弥彦村塾」という地方創生の会のなかで観光(ホテル、旅館組)、農業(生産組合)、企業の方々と出会い、交流を深めていくなかで、パン屋の開業・起業を通じて、村の産業を一緒に盛り上げていきたいという思いを強くしました。
地域の仲間が揃う「弥彦村塾」の様子

 

弥彦村(西蒲区)の食材を使ったパンの製造、販売

弥彦ならではのオリジナルパンを作る

西田お手製のパン

起業・開業したパン屋では、弥彦村を中心とした西蒲区のブランド野菜を使ったパン(枝豆を使ったパン・ラスク、弥彦太郎しいたけを使ったフォカッチャなど)弥彦イカメンチなどの惣菜サンドなど販売予定です。
湯種を使用したもちもちしっとりとした食パン。国産小麦を使った低温長時間発酵で小麦の旨味を引き出したフランスパンなど今までのパン作りの知識と経験を活かしたオリジナルパンを提供します。

西田お手製のシュトーレン

昨年12月にパティスガストロノミー協会主催のシュトーレンコンテストのオリジナル部門において私の作品「ショコラ・シュトーレン」で1位を獲得することが出来ましたので、この度開業するお店でも冬季限定で販売いたします。同時に11月からレーズンやクルミなどドライフルーツやナッツが入ったドイツのクリスマス菓子「シュトーレン」も販売いたします。

コンテスト表彰状

寄附金の使い道:店舗の運転資金

頂きました寄附金は店舗の運転資金として、活用させていただきます。
※目標金額に達しなかった場合、頂いた寄附金を本プロジェクトへ活用いたします。(不足分は自費にて妥当)

準備中の店舗(外観)
準備中の店舗(内観)

実施スケジュール:紅葉、菊祭り前の10月オープンを目指して

紅葉、菊祭り前の10月オープンを目指し、設備・試作の準備を進めてまいります。

2019年9月:お店の改装工事、パンのメニュー構成およびレシピ作製。材料などの業者さんと打ち合わせ。
2019年9月下旬:パン試作、材料の仕入れ、10月中旬までに準備を整えオープン予定。

 

プロジェクトを応援する声

農事組合法人第四生産組合 組合長 竹野勝行さん

■弥彦の農産物を使った新たな取り組みを応援したい

写真
新潟県のほぼ中央の弥彦村でお米の栽培を主体に農業を経営してます。弥彦村の農地を維持していくために、高齢化・後継者不足による、農業をリタイアされる方たちの農地を借り受けて、約62ha程の経営規模となりました。
現在社員8名で作業をしており、若手社員4名が主となって、頑張っております。そんな中、年々増え続ける農地を、断る事なく受け入れしていくために、小麦の栽培を3年程前から始めました。新規作物の導入により、年間を通じて仕事の分散ができるのは、農業の安定収入につながることは、若い人の職業の選択肢に農業が選ばれることと信じております。
そんな中かねてより当組合の原木しいたけ「弥彦太郎」をパンに使っていただいていた西田さんがここ弥彦でパン屋を起業するにあたり当組合が栽培した小麦粉を使用していただける事となりました。小麦粉による地域ブランド品の確立に向け、西田さんと一体となって、弥彦村農業の維持継続と、若い人が住みたいと思うような魅力のある村づくりを目指してともに頑張りますのでこれからの活躍を応援していきます!

有限会社パレドールワタナベ 渡辺辰巳さん

■弥彦村の産業と共に

写真
西田さんとは一年の付き合いになりますが、いつも「この縁ある弥彦村でお店を持ち生産者さんと一緒に村の産業を盛り上げたい」と会う度お互いに熱い想いを語り合いました。
そんな目標に向かって一生懸命に取り組んで来たからこそ開業に至れたのだと思いますし、また弥彦村に新たなお店が増え、村が活気づき、観光客を呼び込める地域に出来ればうれしいです。ぜひ一緒に弥彦村を盛り上げていきましょう。皆様から愛されるお店になるよう心から応援します。

弥彦村矢作老人会 横山皓司さん

■弥彦村初の焼きたてパン屋を応援します!

写真
以前より三条市の有名ベーカリーに勤めている西田さんにおいしいパンを届けて頂いていたのですが、この度弥彦村で独立開業されるという話を聞き、近くにおいしい焼きたてパン屋ができると周りの老人会の皆も喜んでおります。
ここ弥彦村でこれから起業される方が増えて村ににぎわいができることはとても喜ばしい事です。応援してます。

 

寄附者のみなさまへ

みなさまに喜んでいただけるお店づくりを目指します!

寄附者のみなさま、弥彦の生産者、携わる業者のみなさまの支援をいただき喜んでいただけるパンを心を込めて作ります。本プロジェクトのご支援に、心より御礼申し上げます。

起業家からのお礼の品一覧

【注意事項】

※頂きました個人情報は、新潟県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。
※プロジェクト締切日までに入金が確認できた寄附金を本プロジェクトへの寄附としてお受け取りいたします。クレジットカード決済以外の方法での支払を希望される方は、お申し込み後、お早めの入金手続をお願いいたします。