世界で活躍した日本人オペラ歌手市原多朗の経験を次世代に繋ぎたい!

main_img

寄附金額 490,000

49%

目標金額:1,000,000

達成率
49%
支援人数
11
終了まで
69
/ 90

山形県酒田市 (やまがたけん さかたし)

寄附募集期間:2019年7月3日~2019年9月30日(90日間)

山形県酒田市

プロジェクトオーナー

酒田市には、世界のオペラ歌劇場でオペラ歌手として活躍された名誉市民 市原多朗氏がいます。市原多朗氏は、日本の声楽界を牽引するとともに、現在は指導者、また国内の声楽コンクール等の審査員としても活躍されています。

酒田市では、国内で活躍しているプロの若手声楽家を招聘し、個人レッスンやコンサートを開催しています。世界で活躍できる「第二の市原多朗」の誕生を願い、プロがプロにレッスンする様子を公開するなど、声楽家の育成を目指します。

山形県酒田市

酒田市は、山形県の北西部に位置し、日本3大急流の最上川と日本海が出会う港町です。 北に鳥海山を望み、海沿いには庄内砂丘、その背後に広がる雄大な庄内平野。肥沃な大地と澄んだ水で育った庄内米は全国的に高い評価を得ています。 また、イチゴやメロン、梨、柿など果物の栽培も盛んです。 江戸時代、北前船交易より上方の文化が伝わり、活気あふれる商人の町として栄え、街中には今なお多くの歴史文化が残っています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

世界で活躍するオペラ歌手を!

日本を代表するオペラ歌手、第二の市原多朗を誕生させたい!

酒田市の名誉市民である市原多朗氏は、高邁な精神のもと、人間性に根差した高い音楽性と芸術性を有しながらも才能に甘んじることなく努力を重ね、世界一流のテノール歌手としての地位を確立しました。国内の声楽界においても俊逸な存在として高い評価を受け、声楽界の重鎮として牽引し続けるとともに、日本の芸術文化の向上に大きく貢献されています。

酒田市では、市原多朗氏に続く世界的な音楽家の誕生にまだ至っていません。今回の事業では、彼の世界に通ずる経験を次世代に引き継ぎ、世界で活躍する市原多朗氏のようなオペラ歌手の誕生を目指しています!

市原多朗(テノール)Taro Ichihara, tenor

東京芸術大学、同大学院修了。第48回日本音楽コンクール第1位、第15回日伊声楽コンコルソ第1位。80年二期会の「ウェルテル」でタイトルロールを歌いオペラ・デビュー。

ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院で研鑚を積む。82年リスボンのサン・カルロス歌劇場で海外デビュー。84年ザルツブルク音楽祭、パリ・オペラ座に日本人男性歌手として初登場。

以後、メトロポリタン歌劇場、ナポリ・サンカルロ劇場、トリノ王立歌劇場、ボローニャ歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、ケルン歌劇場、リヨン歌劇場、テアトロ・コロン等、正統派ベル・カントの圧倒的な美声と表現力で世界を舞台に活躍。

芸術選奨文部大臣賞新人賞、ジロー・オペラ大賞、酒田市特別功労表彰受賞。
酒田市名誉市民。

市原多朗(テノール)Taro Ichihara, tenor

 

今年も開催!

酒田希望音楽祭2019 音楽のまちプロジェクト

世界の高名な歴史ある歌劇場において、日本人として主役を務める快挙を果たされた市原多朗氏が、全国で活躍されているプロの若手声楽家を招聘し、公開レッスン並びにコンサートを行います。

プロがプロの声楽家に対して行うレッスンの様子を公開で行うことは、貴重な機会だと考えています。

寄附金の使い道

本事業を行うための講師への謝金(レッスン料)、参加される皆さまへの費用弁償、滞在費等、声楽家の皆さんにとって有意義なレッスンとなるよう事業費の一部として使わせていただきます。
※目標金額に達しなかった場合、文化芸術推進プロジェクト会議の事業費とあわせて実施させていただきます。 目標金額以上の寄附が集まった場合には、事業広報費に活用させていただきます。

■事業実施のスケジュール
・プレイベント 2019年5月26日(日)15:00~16:30
・公開レッスン 2019年7月26日(土)16:00~
・コンサート  2019年7月27日(日)18:00~

場所:酒田市民会館「希望ホール」

寄附金の使い道

> 詳しくはこちら

 

音楽があふれるまちへ!

名誉市民 市原多朗氏を目指す子どもたちを育てよう!

酒田市が生んだオペラ歌手市原多朗氏の活躍を知ることにより、市民の誇りの醸成するとともに、子どもたちに豊かな感性を持ってもらいたい。

そして、市原多朗氏のような音楽家になりたいと願う子どもの数が増やしたい。

市民が芸術性の高い音楽に触れる貴重な機会となるため、市民の文化芸術に対する満足度が高まり、関心を持つ動機付けになることを期待しています。

 

事業に携わる方の思い

酒田市長 丸山 至

写真
酒田市の名誉市民である市原多朗氏は、酒田市が誇る日本を代表するオペラ歌手でございます。

市原多朗氏は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で、三大テノールとして有名なパヴァロッティとのダブルキャストで、日本人男性初の主役として出演されたほか、7シーズン連続で主役を務めるなど、圧倒的な美声と表現力で、シカゴのリリックオペラ、イタリアのミラノ・スカラ座、ナポリ・サンカルロ歌劇場、トリノ王立劇場、ドイツのハンブルク国立歌劇場、フランスのリヨン歌劇場、アルゼンチンのコロン劇場など、世界各地の劇場で活躍されました。
現在は、国内の音楽コンクール声楽部門や日伊声楽コンコルソなど数多くの音楽コンクール声楽部門の審査員や審査委員長を務められるなど、国内の声楽家の育成にもご尽力されております。
高邁な精神のもと 人間性に根差した高い音楽性と芸術性を有しながら 才能に甘んじることなく努力を重ねられ 世界一流のテノール歌手としての地位を確立された方でございます。このような市原多朗氏のお人柄と活躍が、国内の声楽界においても俊逸な存在として認められ、声楽界の重鎮として牽引し続けるとともに、日本の文化芸術の向上に大きく貢献されているものと考えております。

本市が行う「市原多朗マスターコース」では、市原多朗氏はその卓越した技量を若い声楽家の皆さまに伝えるため、「第二の市原多朗」の誕生を願い真摯に向き合い、丁寧に熱心に指導され、後進の育成に臨んでおられます。

酒田市としましては、市原多朗氏のように世界で活躍できる声楽家の育成に携われますことは、この上ない喜びでございます。「第二の市原多朗」誕生を願い、今年度本事業に参加いただく声楽家の皆さまはじめ、昨年度の参加者の皆さまの応援団となっていく所存でございます。
微力ではございますが、日本の声楽家の育成のため、継続的に事業を実施していきたいと存じます。ぜひ趣旨に御賛同いただき、応援いただきますようお願いいたします。

市原 多朗氏

写真
かつてナポリの新聞に「オペラの舞台に国境はいらないと、イチハラは証明した。」と書いて頂いた希少な日本人テノールであった私が、世界の幾多のメジャー歌劇場で、最高クラスの共演者達と共に主役を歌い続けるうちに、舞台上で学び身につけて行った基礎力“大劇場の最上階の奥まで、マイクなしできれいに通る発声”を、今、若い歌手たちに是非伝承したいと奮闘する中で、この度私の出身地・酒田市より「日本の若手声楽家・育成応援プロジェクト」という願ってもない後押しの提案を受けて、参加者6名共々、希望に燃えて着々と準備を進めております。

普段の地道なレッスンでは、どうしても足りない部分 
①集中的な訓練
②同レベルの人たちで情報を共有し、良い意味で競い合うこと、
③何より大切な“ホールでのレッスン&結果発表としてのコンサート”

良い演奏は、最終的に良いホールが受け止めてくれることで完成し、それをお客さまが感動という最良の形で受け取ってくれることで、やっと報われるものなので、酒田が誇る『希望ホール』での、全てが満たされるこのマスタークラスは、又とない、正に夢のような企画と言えます。

芸大大学院終了、又はそれと同レベルの、数々のコンクールでも上位を取る、すでに活躍中でもある6人のキラキラ輝く精鋭を、世界に向けて更に大きくレベルアップし、日本の声楽界を底上げできれば、という切なる願いが実現するよう、全力を尽くします。

 

若手声楽家を世界へ!

日本の声楽家を応援してください!

世界の歴史ある高名な歌劇場でオペラ歌手として活躍できる声楽家を1人でも多く誕生させるために、御支援をお願いします。

 

お礼の品をご紹介

希望ホールでコンサートを御堪能ください。

大ホールの響に定評のある酒田市民会館「希望ホール」にて、演奏を堪能してみませんか。ほかにも、酒田の文化に触れていただける特典もご用意いたしました。酒田を満喫ください。