• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 少しでも多くの「しずく」を未来に残したい。神の山から癒やしのアロマ開発プロジェクト!

少しでも多くの「しずく」を未来に残したい。神の山から癒やしのアロマ開発プロジェクト!

徳島県 徳島県

main_img

寄附募集期間:2018年8月7日~2018年10月31日(86日間)

寄附金額
2,577,000
支援人数
135
達成率
103.1%
目標金額
2,500,000円
終了まで
15日 / 86日

徳島県×神山しずくプロジェクト

プロジェクトオーナー

かつて林業で栄えた神山町。国策の後押しもあって、戦後、杉を沢山植林しました。町土の約8割が杉の人工林となりましたが、伐採期を迎えたいま、杉の利用が進まず、森林環境が激変、町内を流れる清流「鮎喰川」の水量が1/3になってしまいました。このままでは人の暮らしに欠かせない水源が枯れてしまうかも知れません。

一方、杉に含まれる成分には誘眠効果と鎮静効果があることが分かっています。この成分をエッセンシャルオイルとして抽出し、日々頑張っている現代人に「安眠」をお届けしたい。杉の利用を促し、環境保全へと繋げる商品を開発します!

※頂きました個人情報は、徳島県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。
※本プロジェクトにおけるお礼の品 送付は、県外の方が対象で、県内の方は対象外となります。【GCF限定】が付いているお礼の品のみ、県内の方も送付の対象となります。ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。

徳島県

徳島県には、県土面積の4分の3を占める森林、山、海、川など豊かな自然と、全国屈指の光ブロードバンド環境があります。この環境を最大限に活かし、サテライトオフィス進出企業の誘致、移住交流に取組み、「徳島ならでは」の地方創生を展開しています。是非、短期滞在「お試しワーク」、「お試しサテライト」をご活用いただき、徳島の大自然を感じながら、テレワークなど多様な働き方によるワークライフバランスを実践してみませんか。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • 【目標金額達成のお礼】引き続き、ご寄付をお受け致します。

    2018年10月17日 09:00

    徳島県神山町の環境保全へも繋がる癒やしのエッセンシャルオイル「SLEEPING FOREST(仮称)」の開発プロジェクトにご賛同頂き、本当にありがとうございます。お陰さまで目標金額の250万円を達成することが出来ました。

    毎日、どきどきワクワクしながらでしたが、ご寄付頂いた方々からの温かいメッセージやコメントには、スタッフ一同、本当に勇気づけられました。


    そんな中、淡路島にあるパルシェさんという蒸留所のご協力のもと、試作品作りが始まりました。最初の試作では、1日掛けて約5mlしか取れず、材料や蒸留法に工夫が要ることが分かりました。

    2回目の試作品では、材料から見直し蒸留法にも工夫し、約30mlのエッセンシャルオイルと、4ほどのフレグランスウォーターを採取することが出来ました。東京のターンテーブルという施設で、試作品のお披露目会を行ったのですが「柔らかい木の香りがとてもいい」「この香り好き!」など、皆さんから良い感想を頂いて、ほっとしています。

    また、オイルを持ち帰った方からは...「ここ何年来の熟睡だった」「ぐっすり眠れて、朝はすっきり起きられました」など、とても良い感想も頂いています。

    さぁ、これからが本番!
    皆さまのご支援あってのプロジェクトです。沢山の方々に喜んで頂けるような癒やしの商品を目指して頑張って行きたいと思っております。

    10月31日の締め切り日(早期終了する場合もあり)まで、あと僅かですが、皆さまの引き続きのご支援をお待ちしております。


    神山しずくプロジェクト 廣瀬 圭治

未来の子どもたちのために
神山町の水源を守りたい!

人工林の影響で鮎喰川の水量が激減。杉に新しい価値を

かつての自然林は落葉樹や広葉樹など、多様な植生を持ち、光に溢れ、落葉を含んだ豊かな土壌でした。山はたっぷりと雨を含み、時間をかけて川へと送り出す自然界の循環システムです。

杉は成長が早く生産性が高いため、国策造林の後押しもあって、神山町の山はみるみる杉の人工林へと変わって行きました。しかし、自由貿易が始まり、安価な輸入材が市場に出回ると、杉の市場価値は低迷。日本の杉はお金にならないという理由で、人工林が放置されるようになりました。

杉は針葉樹で秋になっても葉を落としません、手入れされない針葉樹の森は一年を通して光が入らず、下草もなく地面が固い。植林されて約50年、杉は成長し、とうとう山は保水力を失い、神山町を流れる清流「鮎喰川(あくいがわ)」の水量が1/3に激減しました。

川の水量を保つためには、自然林のように多様な植生で豊かな土壌に戻す必要があります。

つまり「杉を使い」その数を減らし、健全な森を保つことが重要です。
我々は、こうした人工林の課題を皆さんと一緒に考えながら、杉の新たな使い道をデザインし、少しでも多くの「しずく」を未来に残せるように活動します。

 

神山しずくプロジェクト

杉に新たな価値を

「神山しずくプロジェクト」は、大阪から神山に移住したひとりのデザイナーが、緑豊かな山だと思っていた自然のほとんどが人工林で、水源をも危ぶむ状況だと気づき、デザイナーとして何か役に立てないか?という問いから始まりました。

林業という視点では、解決策が見いだせないまま、今も少しずつ川の水が減っています。こうした現象は、日本の各地で起こっています。価値が無いとまでいわれる杉に新しい価値を見いだし、小さな経済の歯車を作ることで全体の循環を作ろう!未来の子ども達に一滴でも多くの水を残そう、50年後に向けてアクションを起こそうと、2013年にNPO法人グリーンバレーと共に活動をスタートさせました。

人工林の課題を広く啓発するとともに、徳島県の誇る伝統工芸の職人の手を借りて、杉の木目を活かしたコップやお皿、椀など、SHIZQ(しずく)ブランドの商品開発を行い2014年から販売を開始しました。2015年にはミラノ万博に出展、2016年はアムステルダム「MONO JAPAN」の企画展、2017年にはGOOD DESIGN賞を受賞しました。

杉の新しい価値をデザインし、たくさんの方に手に取っていただき、その収益を森の保全へ役立てようと活動を続け、プロジェクトチームのメンバーが森に入って間伐作業をしたり、森づくりを行う活動に寄与してきました。これまでの5年間の活動で、しずくプロジェクトが関わり伐採した杉の累計は約50本(約120立米)となりました。

我々の活動は決して生産性が高いものではなく、本当に小さな活動ですが、SHIZQブランドを通じて、山を知り、山を考えるきっかけとなり、その想いを少しずつ広げて来ました。

 

 

 

プロフィール

2013年7月 神山しずくプロジェクト発足
2014年7月 SHIZQブランド商品リリース
2015年9月 ミラノ万博 日本館にて出展
2016年3月 オランダ アムステルダム 企画展
2017年10月 SHIZQ LAB.(木工所)開設
2017年10月 ろくろ職人の育成開始
2017年11月 GOOD DESIGN2017受賞
2018年3月 地域×デザイン展 日本10事例に選出
2018年3月 パリ(メゾン・ワ)で販売開始

プロフィール

神山しずくプロジェクトを支える

有限会社 金泉製材

神山町で製材業を営む金泉さんは、数年前から自分の山で伐採を行い、その木を製材する「自伐林業」に取り組んでいます。私たちの取り組みに共感して頂き、山のこと、木のことなどをたくさん教えてくれる師匠のような存在です。

私たちの活動を様々な方面から応援してくれています。毎シーズン、一緒に山へ入り、林業の基本から重機の扱いなどを教えて頂いています。

有限会社 金泉製材

宮竹木工所

ご兄弟で木工所を営む宮竹さんは、ロクロ手挽き一筋50年。しずくの木目を出すには専用の刃物でないと...と、鍛冶仕事を行い、一から挽き刃を作り出す本物の職人。

加工が非常に難しい杉を見事な技によって、薄く、美しく仕上げます。彼らがいなければSHIZQの商品は出来上がりませんでした。「命ある木はどれも一緒と思ってますから、この木でやってもらえますか?と言われたらやります」と語る宮竹さん。ご兄弟ともに65歳を超えた今、しずくプロジェクトと共に、ろくろ職人の育成に取り組んでいます。

宮竹木工所

 

神の山から森の香りを届けたい!

癒やしのエッセンシャルオイルを寝室で

ずっと杉と向かい合っているうちに、我々は、また新たな杉の魅力を発見しました。山に入っての作業はとてもハードで身体は本当にきついのですが、みんなが共通して感じることがあります。それは「いつも気分がよく、心が穏やか」であること。森林浴は心身ともにリラックスできるリラクゼーションとして、昔から愛されていますが、最近では植物が身を守るために出している複合物質(フィトンチッド)が人に作用するのだということが分かってきました。

実は、杉材油成分にあたる「セスキテルペン」は、鎮静効果・リラックス効果があることが科学的も立証されています。加えて、杉に含まれる「セドロール」という成分は、誘眠効果が高く、眠りに就くまでの時間が短くなることで睡眠効率も上がることが分かっています。

神山杉の成分をエッセンシャルオイルやフレグランスウォーターとして抽出し、寝室専用のアロマとして、頑張る現代人の毎日の安眠に繋がるような商品を作りたい!と思うようになりました。

昨年、神山町内に開設したSHIZQ LAB.のスペースを活用し、また新たな商品開発を進めたい。そのためには、オイルを抽出するための蒸留器を設置しなければなりません。沢山ある蒸留器の中から、杉材に適した蒸留器を作ってくれるところを探しました。蒸留器購入と設置費用だけでも約650万円必要なことが分かって来ました。

どうか、どうか、皆さまのお力を貸して下さい!
寝室専用、森のエッセンシャルオイルを作って、皆さんの寝室にお届けしたい。
神の森を思いながら、眠りにつけるような、そんな素敵な商品にしたいと思っています。皆さまに使って頂くことで、神山町の森林がより健やかに、そして一滴でも多くの水を未来に残せるように。

■2019年の春のお届けを目指して

木工所「しずくラボ」に蒸留設備を導入

2018年 9月から11月 蒸留器検討・設備設計など(計画)
2018年 11月 蒸留設備を導入(設置や工事)
2018年 12月から2019年3月 エッセンシャルオイル抽出・試作品づくり
2018年 4月から順次出荷予定

 

神山しずくプロジェクトに携わる方の思い

神山町長 後藤 正和さん

■小さなプロジェクトが町にとって大きな一歩へ

しずくプロジェクトの活動は、はじめは小さな小さなものでした。しかし、ここ数年の反響を見ていると、神山町にとって無くてはならないプロジェクトに成長してきたように感じます。

人工林(杉)の可能性を見いだそうとする新しい発想や、その行動力には、今後も大いに期待しています。神山町の資源を活かした森のエッセンシャルオイルが、沢山の方々の眠りを支えることで、森の循環へつながり、より豊かな森を育むような、そんな明るい未来への大きな一歩になるのかも知れません。

神山町では、今年度「森林ビジョン」の策定へ向けて準備を進めているところですが、こういった取り組みと共に、林業関係者がますます元気になることを願っています。

金泉製材 金泉 裕幸さん

■「そんなん無理ちゃうか?」って思った。今では、すごく楽しみにしょんよ。

今まで自分は、建築材を主流に仕事をしてきたんですけど、ここ最近はプロジェクトのメンバーに加えてもろたりしています。最初はね「木のことで相談したいっていう人がおるんやけど、会ってくれへんか?」って電話がかかってきてね。廣瀬さんからしずくの食器の話を聞いた時は、「そんなことできるんか?無理ちゃうか?」って思ったんですけどね(笑)

やっぱり杉は加工しづらいんですよね。しかも製品は基本的に全部ツートンカラーになっとるんですよ。そういうものは、それまで見たことがなかった。杉は建築材として使うっていうんしか、自分の頭になかったんもありますし。誰もしたことがないことだったんで最初はびっくりしましたよ。

神山しずくプロジェクトの活動を廣瀬さんたちがやり始めてくれたことによって、町としても神山の木や森に目を向け始めてくれた気がします。それまでそういう活動はなかったと思うけん、町にしたらインパクトがあったんでしょうね。今回のエッセンシャルオイルもどなんになるんかすごく楽しみにしょんよ。

 

しずくの波紋は少しずつ地域に広がる

地域資源×地域生産×世界販路を目指して

我々は、世の中の人にもっと森に関心を持ってもらうため、人工林の現状を広く啓発し、杉の新しい価値を見いだそうと、さまざまな活動を続けてきました。しかし、その一方で、神山町の林業や木材に関わる方々、ひいては神山町民の諦めムードを変えたいというのが、大きなテーマとしてありました。

杉は切っても赤字になる。どうしようもない。ではなく、人工林の課題を皆で考え、豊かな森の恩恵を次世代に繫いでいく、そんな意識に変わって欲しかったのです。地元小学校の授業で「森」の話しをすることもありました。

そうした中、しずくの職人はご高齢で、後継ぎがいないというのが課題となっていました。次の世代に渡していくためにも、職人育成が鍵であることは言うまでもありません。2017年10月、我々は神山町内にSHIZQ LAB.(しずくラボ)という木工所を開設、伝統工芸の職人育成を開始しました。それから約1年、大阪から移住してくれた若者が、少しずつ商品を作れるようになってきました。

ある日、神山町役場から町産材を広くPRして林業を活性化したいと相談がありました。「神山杉」というブランドの始まりです。私はデザイナーとしてお手伝いをすることになりました。神山杉の名前が少しずつ認知され、町民向けの集合住宅では建材として、また東京のある施設ではテーブル材や床材として採用されたり、地元映画際のトロフィーを杉で製作したりと、神山杉を使いたいという声が、どんどん増えてきました。

町民の方がこう話してくれたことを、今でも思い出します。「しずくプロジェクトのお陰で、神山町の林業がにわかに活気付いてきた気がする。廣瀬さんが山に目を向けてくれたからや」と。しずくの波紋は少しずつ、でも、確実に地域に広がってきたのです。

 

応援して下さる皆さまへ

皆さまの応援がしずくの活動を支えています

「緑豊かな山だなぁ」と思っていた森林は、実は「人工林」だった。水源をも脅かす環境変化が起こっていると知ったときは、本当にショックでした。

ここ30年で1/3の水量となった鮎喰川。30年後はどうなるのだろう...。神山町が大好きで移住した私は良いのです。二人の息子達、そして地域の子ども達に負の遺産を残したくない。毎日、杉を切ったら何百年掛かるのだろう? いや、デザイナーとして他に出来ることがあるはず!

こうして始まったプロジェクトですが、仲間が増えるにつれ、木工所の開設や職人育成など思いも寄らないことが始まりました。これは地場産業のデザインなのかも知れません。我々の活動は小さなものですが、一滴でも多くのしずくを未来に繋げて行くこと、その一滴のしずくが世界へ波紋を広げていけるよう名前に願いを込めました。

神山町は風光明媚で本当に良いところ。ぜひ遊びに来て下さい。山や川をご案内します!
写真

 

お礼の品一覧

【注意事項】

※頂きました個人情報は、徳島県より寄附先の起業家へ提供させていただきます。
※本プロジェクトにおけるお礼の品 送付は、県外の方が対象で、県内の方は対象外となります。【GCF限定】が付いているお礼の品のみ、県内の方も送付の対象となります。ご承知おきのほど、よろしくお願いいたします。


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 地道な仕事ですが、山を守るために頑張ってください

    2018年10月9日 16:51

  • 神山頑張れ。

    2018年10月9日 7:31

  • とても良い問題提起だと思いました
    課題解決にぜひ役立ててください

    2018年10月7日 14:40

  • 応援させてください!

    2018年10月7日 10:56

  •  国産材の活用に寄与できれればと思いました。
     国産材を使ったバイオマス発電とかも可能でしょうか?
     とりあえず、スプレーボトルが送られてくるのを楽しみにしています。

    2018年10月7日 9:24

  • 神山出身。よそに出てしまっとるけど、やっぱり神山が好き。遠くから少しでも力になれたら。応援しとるじょ!

    2018年10月6日 22:50

  • 可能性に参加します。

    2018年10月6日 15:38

  • 毎年花粉症の私ですが、少しでも多くのしずくを残したい思いが伝わってきて非常に良いプロジェクトだと感じました。

    2018年10月4日 22:56

  • 素敵なプランだとおもいました。応援してます。

    2018年10月4日 21:16

  • とても良い企画です。是非以前の自然林に戻してください。これが採算に乗り全国に広がると嬉しい。

    2018年10月4日 19:24

  • 素敵な取り組み、応援しています。

    2018年10月4日 18:14

  • 故郷徳島を離れて40年。 今でもここまで育ててもらったご恩を忘れていません。

    2018年10月4日 17:41

  • 神山しずくプロジェクト、素晴らしい取り組みだと思います。
    徳島だけでなく日本の未来を支えるプロジェクトとして、このような取り組みが広がっていくことを期待しています!

    2018年10月2日 20:31

  • 日本の山をぜひ元気にしてください。すべては山から始まると思います。

    2018年9月30日 11:17

  • プロジェクトの成功を願ってます!

    2018年9月23日 9:24

  • とても意欲的な取り組みに共感いたしました。ぜひ、この取り組みが実現し、さらなる夢の実現につながればよいなと思います。頑張ってください!

    2018年9月15日 23:04

  • 神山町上分出身で、川が遊び場。鮎喰川の回復行政も力を入れてほしい。ゆくゆくは故郷で暮らす予定です。

    2018年9月15日 10:51

  • 「しずく」のラインアップが、また一つ広がっていくことに感動しています。ふるさと、豊かな自然を次世代に遺していこうとの思いで始まったこのプロジェクト、いつも心から応援しています。

    2018年9月8日 9:56

  • 徳島が好き。神山が好き。
    神山しずくプロジェクト、応援しています。

    2018年9月8日 1:18

  • がんばってください!

    2018年8月31日 18:18

はじめての方へ