花と心を育て、まちに彩りを!川崎の子どもたちに花苗育成セットを贈りませんか?

カテゴリー:自然・環境 

main_img

寄付金額 138,000

9.2%

目標金額:1,500,000

達成率
9.2%
支援人数
8
終了まで
23
/ 47

神奈川県川崎市(かながわけん かわさきし)

寄付募集期間:2024年5月1日~2024年6月16日(47日間)

神奈川県川崎市

プロジェクトオーナー

今年、川崎市は市制100周年。この節目の年に、川崎市で初となる花と緑の祭典「全国都市緑化かわさきフェア」を開催します。かわさきフェアをきっかけとして、未来を生きる子どもたちが花を育て、身近な公園や通学路を飾り、まちを彩るなど、記憶に残る体験をしてほしいと考えています。
このプロジェクトでは、幼稚園や保育園等の子どもたちに贈る「花苗育成セット」の購入費用を募ります。ご支援くださる方(川崎市内在住の方を含む)には、かわさきフェア会場の内覧会へのご招待を用意しております。ぜひご支援のほどよろしくお願いします。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

川崎市で「全国都市緑化かわさきフェア」を開催します

国内最大級の花と緑の祭典が川崎で

川崎市は都心部に隣接し、豊富な水資源を背景に、臨海部を中心に工業が発展するとともに、徐々に北部に向かって都市が開発され、利便性の高い都市が生まれてきました。
また、都市の発展の過程において、多くの人々の多様な価値観を上手に取り入れて、音楽、スポーツ、ストリートカルチャーなど、多彩な魅力を有する活力ある都市として、今なお成長を続けています。

都市化の進展に伴い多くの樹林地が失われましたが、行政、市民、企業等の多様な主体の連携・協働により、緑の保全及び育成、創出の取組が進められ、現在は、多摩丘陵や多摩川などの豊富な緑と水を背景に地域に則した多様な自然環境が、川崎市の魅力のひとつとなっています。
環境先進都市として持続的な発展を目指し、積極的にSDGsの達成や脱炭素社会の実現に寄与する取組を進めている中で、川崎の持つ歴史、資源、強み等を活かし、改めてみどりについて市民の皆さまと一緒に考え行動することで、川崎の新たなみどりの文化を醸成し、誰もが住み続けたいまちへとつなげていく大きなチャンスであると考え、令和6(2024)年に迎える川崎市市制100周年の象徴的事業として「全国都市緑化かわさきフェア」を開催し、“川崎らしいみどり“を全国に向けて発信していきます。

「協働の花づくり・花かざり」の展開

子どもたちに“花育”を

かわさきフェア開催前の令和5年度に、市内学校等でマリーゴールドやコスモスなどの”花づくり”のプレ栽培を始め、これまで延べ2,800人以上に携わってもらいました。かわさきフェアを開催する今年は、”花づくり”とともに、身近な生活空間や地域の公園を、子どもたちが育てた花で彩る”花かざり”を展開します。
この活動は、教育や学習面として、「感謝」「やさしさ」などの気持ちを育み、「探求心」や「想像力」を養うなど花育の効果が期待されます。

緑化フェア推進室職員の協働の花苗育成への想い

写真

全国都市緑化かわさきフェアでは、川崎市内の学校や保育園、公園や道路沿いなど、まちなかにある花壇をはじめ、かわさきフェアのコア会場を彩るお花を市民総参加で一緒に育て、飾る取組を進めています。
令和5年度には、一部の市立小・中・特別支援学校、保育園や企業と連携してかわさきフェア本番に向けたプレ栽培を行ってきました。
都市部では園庭のない保育園などもあり、子どもたちが土やみどりに触れ合う機会が減ってきているように思います。
実際に、保育園では土を触ったことがない園児や、初めて植物を育てる園児もいて驚きました。これまで経験のなかった子どもたちも、実際に手を動かしてみると夢中になってくれて、終わる頃には「楽しかった!」「もっとやりたい!」と声をかけてくれました。
育てたお花は、園内や校内など身近な場所で飾っていただくことは勿論ですが、近隣の公園や近くの施設などで育てたお花を一緒に植えたり、水やりをすることで、地域での交流も生まれ、まちに関心を持ち、コミュニティができて、みどりある暮らしやすく住み続けたいまちにもつながっていくと信じています!
ぜひ、この機会に川崎市のこれからの100年を担う子どもたちの心に一緒に種をまいてみませんか?

プレ栽培参加園の感想

種の植え付け当日、園児たちは説明を真剣に聞きながら丁寧に取り組んでいました。
ポットから畑に植え替えると、たくさん芽が出て、次々と花が咲きました。蝶々などの虫も集まってくる様子も、園児たちは楽しんでいたようです。
園庭の南側の斜面の畑に植え替えたため、地域の方々の目にも触れ、花を楽しみにしてくださる姿がありました。
また、交流している地域の高齢者の方に切り花としておすそわけをしたことで、とても喜ばれました。
花や緑を育てること、種から花、花から種へのつながりを感じる事ができて良かったと思います。
花を育て、飾る中での興味や関心を保育の中で丁寧に取り上げていき、またたくさんの花で園児だけでなく、保護者や地域の方の目を楽しませたいですね。

ご寄附の使い道

「花苗育成セット」の作成

今回のご支援は、市内の幼稚園や保育園、私立の小中学校等のみなさんにお声掛けし、市内各地で”花づくり”と”花飾り”が展開できるよう「花苗育成セット」(花の種、園芸用プレート、必要な資器材等)の作成に活用させていただきます。
配布は、かわさきフェアの開催に合わせて2回行い、秋開催に合わせたお花や春開催に向けたお花を育てていただき、市内全域を花で彩ります。

花苗育成セットにかかる費用について

【内訳】
花の種、園芸用プレート、必要な資器材等

【目標金額に達しなかった場合の寄附金の取扱い】
万が一、未達成の場合は、いただいた金額分で希望する幼稚園や保育園等に「花苗育成セット」を配布します。
目標額以上の寄附をいただいた場合、様々な色、花や葉の形の違いを楽しんでもらえるよう種の種類を増やしたり、育てる際に使う園芸用品をセットに追加したりするなど、子どもたちの花苗育成の取組のさらなる展開に活用させていただきます。

ご寄附いただいた皆様への特典

【先行案内】かわさきフェア内覧会へご招待!

■3万円以上のご寄附をいただいた方(川崎市内在住の方を含む)
かわさきフェア会場の関係者向け内覧会(富士見公園・10月中旬予定)にご招待させていただきます。開催前の富士見会場をゆっくりご覧になれるのは、この機会しかありません!
開催前から、かわさきフェアをぜひお楽しみください。

【注意事項】

特典をご希望の方も、「ふるさと納税で応援ボタン」よりお申込を進めてください。
申込画面の最後のアンケートにて、ご希望有無を確認させていただきます。

現在進捗情報はありません。

神奈川県川崎市

川崎市は、高度なものづくり技術や最先端産業、研究開発機関が集積する国際都市であることに加え、豊かな自然に恵まれ、街中に音楽や芸術があふれ、スポーツが盛んな元気都市であり、子どもたちや若者をはじめ、誰もが笑顔になれる「最幸のまち かわさき」を目指し、さまざまな取組を進めています。
このような本市を「ぜひ応援したい!」と思ってくださる、本市出身の方や本市の施策にご賛同くださる皆さまの想いを「ふるさと納税」にのせ、本市を応援いただければと存じます。