• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 【継続受付中】子育てファミリーを応援! 南アルプス市ファミリーフェスタ! コロナ禍を乗り越え4年ぶりの開催を盛り上げよう!

【継続受付中】子育てファミリーを応援! 南アルプス市ファミリーフェスタ! コロナ禍を乗り越え4年ぶりの開催を盛り上げよう!

カテゴリー:まちづくり 

main_img 達成

寄付金額 2,794,000

279.4%

目標金額:1,000,000

達成率
279.4%
支援人数
235
終了まで
23
/ 47

山梨県南アルプス市 (やまなしけん みなみあるぷすし)

寄付募集期間:2022年11月15日~2022年12月31日(47日間)

山梨県南アルプス市

プロジェクトオーナー

【継続受付中】目標額達成!ご支援ありがとうございます! イベント周知のため引き続き受付中です。よろしくお願いいたします。

南アルプス市では、子育て世帯の支援ネットワークを広げることを目的に、市の子育て支援や市内の子育て支援団体の周知のためのイベントとして、市と子育て支援団体による実行委員会主催で「南アルプス市ファミリーフェスタ」を毎年3月に実施しています。
2012年度より開始し、近年は市民活動フェスタと同時開催することにより、互いの周知と集客を効果的に行い、来場者数3,000人に達するイベントに。
2019年度から2021年度は、新型コロナウイルス感染症のまん延により中止となっており、2022度は4年ぶりの開催を予定しています。
子育て支援の関係団体など多くの市民の協力のもと、実施されている事業であり、今後も継続していきたいことから、ファミリーフェスタは元より、市内の子育て支援団体の活動、また南アルプス市の子育て支援政策を多くの方々に知っていただくとともに、ガバメントクラウドファンディングによるご支援をお願いします。

山梨県南アルプス市

南アルプス市は、日本第2位の高峰北岳(3,193m)を筆頭に3,000m級の山々が連なり、温泉を含めた山岳観光で賑わいを見せる一方、平坦部は、主に田畑や果樹園が広がる緑豊な田園地域で観光農業が盛んな地域です。すももの生産量は全国一であり、さくらんぼ、もも、ぶどう、柿などおいしい果物が季節を通じて楽しめます。
「自然と文化が調和した幸せ創造都市」それが南アルプス市です。
子育て支援政策に力を入れており、子ども医療費(~18歳)の無償化や幼児教育・保育(0~5歳)の無償化をはじめ、市内子育て支援団体と協力して作成した子育てハンドブックの配布などを行っております。そうした子育て世帯への支援もあってか、近年は若者世帯の移住・定住も増え、2021年度は年間で純粋な人口増となりました。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • プロジェクトの目標額を達成しました

    2022年11月18日 17:30

    【11月17日、目標金額達成!】
     本市の「子育てファミリーを応援! 南アルプス市ファミリーフェスタ! コロナ禍を乗り越え4年ぶりの開催を盛り上げよう!」プロジェクトの取組に多大なご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。
     おかげさまで、目標としていた100万円を達成することができました。
     改めて心より感謝申し上げます。

     寄附金は、来年3月実施予定の「南アルプス市ファミリーフェスタ」の開催費用、そして、目標金額以上のご寄附は本市で行っている子育て支援政策全般の財源に使わせていただきます。

     なお、当初の目標額を達成しておりますが、南アルプス市ファミリーフェスタをより多くの方に知っていただくためにも、本プロジェクトは令和4年12月31日まで引き続き寄附の受付を継続させていただきます。

     引き続き、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

【南アルプス市ファミリーフェスタ】子育てファミリーを応援したい!支援をつなげたい!

南アルプス市ファミリーフェスタってなに?

大勢の人で賑わう南アルプス市ファミリーフェスタの様子

南アルプス市では、市と子育て支援団体による実行委員会の主催で「南アルプス市ファミリーフェスタ」というイベントを2012年度より開催しています。
名前のとおり、子育てファミリーを応援するためのイベントとして、毎年3月に開催していましたが、近年はコロナの影響で中止が続いています。

重要なのは知ってもらうこと

ファミフェスで人気の有志によるおばけ屋敷の様子

地元の人が楽しむだけのイベントじゃないの? そう思うかもしれません。
もちろん、楽しいイベントとなるよう、子育てファミリーが興味を持ってもらえる、楽しんでもらえることを重視して、実行委員会が声をかけたり、内容をチェックしたりしています。
でも、本当に重要なのは、イベントをきっかけに、様々な支援が受けられることを子育てファミリーに知ってもらうことなのです。
子育てに悩むファミリーが頼ることができる窓口や団体が実は数多くある、ということを知ってさえいれば、ちょっとした悩み事でも相談ができるようになるはずです。

【南アルプス市ファミリーフェスタ】こんなにいる!子育てファミリーを応援する仲間たち!!

ファミリーフェスタを盛り上げる大勢の仲間たち!

ファミフェスを盛り上げる多数のブース

ファミリーフェスタに参加してくれている団体は、一番大きな会場のときには、全部で40団体も参加してくれました。
日頃から子育てファミリーを応援する活動をしている支援団体「あんふぁんねっと」「南アルプス市の子育てを考える会」「ゆりかごの会」「ゆるりん母ゴコロ」「南アルプスLOCO」などはもちろんのこと、地域で子どもたちを見守ったり、応援している活動している団体「芦安ママズ」「Team芦安若人」「金丸文化学園」、子どもたちにかかわる機会が多いサークル「遊美っこ(アート)」「モモピヨ隊(吹奏楽)」「南アルプス市サッカー協会フットサル部」などなど、こんなに多くの団体が子育てファミリーを応援するために南アルプス市ファミリーフェスタに協力してくれています。

【コロナ禍による中止】4年ぶりの開催に向けて

子育て支援も変化している今こそファミリーフェスタが必要!

土偶がモチーフ「子宝の女神ラヴィ」子どもたちに大人気!

ファミリーフェスタが開始した頃から、10年近くが経ち、男性の産休育休の取得や、保育所等の無料化などが実施され、男女が共に働きやすい環境の整備が進んでいます。子どもたちを預けやすくなり、社会復帰が早くなったため、以前ほどにはママたちの孤立化はしにくくなった面もあります。
一方で、社会復帰を早めた分、子育てにじっくり向き合う時間が減っているのではないか、といった問題も。

そういった状況の中、新型コロナ感染症が広まりました。

子どもたちはどうしても感染しやすい面があるため、子育てファミリーは外出に気を使わざるを得ません。結果として、再び子育てファミリーの孤立化が進むようになっていると思われます。
ファミリーフェスタもコロナ禍により中止を余儀なくされていたため、すでに丸3年以上も行われていません。
今こそ、ファミリーフェスタを再開し、再び子育て支援のネットワークを広げるべきときが来ています。

南アルプス市ファミリーフェスタ、4年ぶりの開催、そしてその後も!

南アルプス市ファミリーフェスタの実施を支援します

【寄付金の使い道】

・イベント会場経費(設営料、駐車場警備、機器借上など)
・出演者及び参加者経費(特別出演者謝金、イベント保険など)
・広告経費
・その他諸経費等

※目標金額に達しなかった場合でも、南アルプス市ファミリーフェスタは実施いたします。
※目標金額以上の寄付をいただいた場合、南アルプス市の子育て支援政策の財源として使わせていただきます。



【事業実施のスケジュール】
・2023年1月:開催日時、会場の正式決定
・2023年2月:参加団体の正式決定、イベント告知
・2023年3月:南アルプス市ファミリーフェスタ開催

たくさんの応援者がいるよ!のメッセージを伝え続けていきます

あんふぁんねっと 軽部妙子さん

写真

子育ては、周りに上手に頼ることも大切なスキルです。自分たちにあった支援や繋がりを見つけられる場、子育て仲間がいる心強い場、成長を共に喜び合える場等を家族で実感出来る場として提供し続けているのがファミリーフェスタです。先輩ママ達の出展もあり、循環型支援の原型や子育てママ達の社会貢献の第1歩にもなっている貴重な場でもあります。
そんな南アルプスの大切な交流の場から、これからもたくさんの応援者がいるよ!のメッセージを伝え続けていきます。

子育ての応援をしていることをファミリーフェスタを通して表現

ゆるりん母ゴコロ 河口緩美さん

写真

私がファミリーフェスタに関わり出したのは「お母さんの意識が変われば社会が変わる」と思い、市と市民で構成される南アルプス市子育てネットワークに飛び込んでからです。行政と市民が声を出し合い、想いを通い合わせ、市全体で子育てにある楽しみや辛さ、学び、支え合いや繋がりの全てを応援していることをファミリーフェスタを通して表現しています。もう何年も関わってきて小さかった子どもたちも大きくなり、共に成長を感じたり、子どもたちが一緒に創る側にいるなど循環も感じられ、喜びを噛みしめています。
今回は4年ぶりの開催になります。私たちがイベントを通して子育て期を楽しんできたように、小さい子どもをもつお母さん達にも子育ての楽しみや喜びを感じ、辛い時は共有できる仲間が共に在ることを肌で感じられるファミリーフェスタを楽しんでもらえたらと思っています。
南アルプス市の子育てを応援するイベントにたくさんのあたたかい想いが集まって、ますます子育てが豊かになるよう、応援よろしくお願いいたします。

南アルプス市とファミリーフェスタをぜひ応援してください

子育て支援課 岩間誠さん

南アルプス市保健福祉部子育て支援課岩間誠さん

子育ては本当に嬉しいし楽しい。日々大きくなる子どもの成長を見守り、だんだんと出来ることが広がっていく姿を眺めていると、人間の成長って素晴らしいとつくづく実感します。でも、多くの人にとって子育ては初めての経験。自分の思い通りにいかなかったり、周りに頼る人がいなければ、どうしたって悩んでしまう。不安になってしまう。ひどいときには子どもにあたってしまうかもしれない。
南アルプス市では、そんな子育てに対する悩みに真剣に向き合います。すべての人が楽しく、悩みを共有し、分かち合いながら子育てに向き合える、そんな環境を作っていきたいですし、そのために多くの事業を展開しております。
このファミリーフェスタもそのひとつ。単なるお祭りではありません。多くのパパママが集い、遊びや催しを通して交流し、子育ての情報や悩みを共有し、人脈やネットワークをつくって地域で子育てを盛り上げていく、そんなイベントなんです。南アルプス市には子育てを応援する団体が沢山あります。その団体が自ら企画し、募集をかけ、仲間を集って開催するのです。子育て世帯にとっては本当に心強く、楽しいイベントとなっています。
これからの行政は、子育て支援がないと何も始まらないと思っています。南アルプス市はどんな子育て世帯も応援します。県外市外から移住を検討されている皆さんもぜひご検討ください。緑豊かな自然、おいしい空気と水、ほどよく田舎な環境、伸び伸びと暮らせます。教育や医療機関はすぐ近くにあります。交通だって、電車は無くて不便ですが、車さえあれば渋滞もすくなく、スーパーやホームセンターにすぐ行けます。子どもが多ければ、むしろ車での生活スタイルが便利。家賃も都市部に比べれば全然安い。そして南アルプス市は今、子育て支援に全力をあげています。経済的支援も他と比べて充実しています。
子育てしやすさナンバーワンを目指すまち、南アルプス市とファミリーフェスタをぜひ応援してください。

寄付者のみなさまへ

南アルプス市からのメッセージ

広河原から見上げる南アルプスの北岳

本市は、南アルプスの名のとおり自然豊かな地域でありながら、山梨の中心部に近く、車の便もよい「ほどよい田舎」です。
そんな環境が、子育てにも良いと評価され、若い世代の移住・定住の動きも増えています。
もちろん市の子育て支援政策も評価されていると思っておりますが、何よりもこの南アルプス市ファミリーフェスタに象徴されるように、多くの市民の方々による支援があってこそだと思っています。
今後も市民の方々の子育て支援活動を応援できるよう、旗印である南アルプス市ファミリーフェスタを皆様に知っていただくと共に、温かいご支援をいただきたく改めてお願い申し上げます。

お礼の品の紹介

お礼の品は南アルプス市を代表する四季折々のフルーツなど人気の品が盛りだくさん!

返礼品で一番人気のシャインマスカット

今回のプロジェクトのお礼の品は、果樹王国やまなしの名に相応しい南アルプス市産の四季折々のフルーツをはじめとした人気の特産品の数々です。
さくらんぼ、桃、すもも、ぶどう、柿、キウイ、いちごなどなど南アルプス市は一年中フルーツが取れる自然豊かな地域なのです。
特に人気なのはシャインマスカット! 毎年大勢の方々からお申し込みをお受けしています。
このプロジェクトをきっかけに南アルプス市のフルーツの美味しさも知っていただけると幸いです。
またフルーツ以外にも人気のあるフルーツトマトなどその他の特産品も各種取り揃えました。
ぜひ、ご覧ください。