北海道・天売島(てうりとう)の海鳥と自然環境を守りたい!

カテゴリー:動物 

main_img 達成間近

寄付金額 2,054,000

82.1%

目標金額:2,500,000

達成率
82.1%
支援人数
107
終了まで
23
/ 61

北海道羽幌町 (ほっかいどう はぼろちょう)

寄付募集期間:2022年11月1日~2022年12月31日(61日間)

北海道羽幌町

プロジェクトオーナー

北海道北部、日本海に面した羽幌町の沖合にある天売島は、ウミガラス(オロロン鳥)をはじめ、ケイマフリやウトウなど8種類、約100万羽の海鳥が繁殖する「海鳥の楽園」ですが、近年になり一部の海鳥が減少しています。本プロジェクトは、地域の宝である海鳥を守るため、海鳥を取り巻く地域の自然環境や生物多様性を、多くの人が参加して守る仕組みを作るものです。

そのための具体的な取り組みとして、天売島の自然環境と生態系の保全、シーバードフレンドリー認証制度、海洋プラごみの削減、環境教育を進めたいと考えています。

北海道羽幌町

羽幌町は、北海道北部の日本海側、留萌管内のほぼ中央に位置する町です。沖合いには二つの島、天売島と焼尻島が浮かびます。町の東奥には天塩山地の最高峰ピッシリ山(1,032m)がそびえ、ピッシリ山に端を発する2つの河川、羽幌川と築別川の流域がそのまま町の形となっています。源流から河口まで、森と川と里と海と島がつながる、自然豊かな町です。

中でも特徴的な自然環境を有する「海鳥の楽園」天売島と、「オンコ(イチイ)の原生林と花の島」焼尻島は、共に「暑寒別天売焼尻国定公園」に指定されています。

その豊かな自然環境の恩恵を受け、日本有数の漁獲量を誇る甘えびをはじめ、ホタテ、タコ、ウニといった海産物、北限のうるち米やグリーンアスパラ、ねばりながいもなどの農産物、潮風を受け豊富なミネラルを含んだ牧草を食べて育った焼尻めん羊など、食資源に恵まれた町でもあります。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

北海道・天売島(てうりとう)の海鳥と自然環境を守りたい!

海鳥の楽園・天売島の自然を後世に

北海道の北西部、日本海に浮かぶ天売島は、「オロロン鳥」と呼ばれて親しまれているウミガラスや、赤い足が特徴のケイマフリ、夜になると一斉に魚をくわえてヒナの待つ巣穴に戻ってくるウトウなど、8種類、約100万羽の海鳥が子育てのために集まる、海鳥の楽園です。また、漁業が盛んな有人島で、昔から人と海鳥が共に暮らしてきた島でもあります。

しかし近年になり、一部の海鳥の生息数が減少しています。

羽幌町のシンボル的存在であるウミガラス(オロロン鳥)は、1960年代に約8,000羽が生息し、繁殖期になると繁殖地である岩棚にぎゅうぎゅう詰めになって子育てをする姿が見られていましたが、漁網への混獲(対象魚種以外の生物が掛かってしまうこと)や、エサとなる魚の減少、外敵の増加など様々な原因で激減し、一時は10数羽まで減少しました。

現在は、環境省などが中心にウミガラスのデコイ(模型)や鳴き声を流す装置などを使った保護活動を行っていて、今年ようやく100羽を越えるまでに回復しました。しかしながら、まだ安定して繁殖できる数には回復していないため、今後はウミガラスが安心して暮らせる環境を残していく必要があります。

写真

また、ウミガラスだけではなく、ケイマフリやカモメの仲間のウミネコなど、他の海鳥も減少しています。本プロジェクトは、地域産業や人の暮らしを含めて、地域内外の多くの人が天売島の海鳥と海鳥を育む自然環境保全に参加できる仕組みを作り、海鳥が後世に渡って安心して暮らせる環境を残すことを目指します。

世界に誇れる自然環境を後世に残すため、どうぞご協力をお願いします。

天売島の自然環境と生態系の保全

海鳥のヒナを襲う野良猫を島外に搬出して、人が飼えるように馴らし、飼い主を募集して譲渡する取り組みを実施してきました。おかげさまで昨年度まででほぼ全ての野良猫126匹を譲渡することができました。それにより減少していたウミネコが新たな繁殖地をつくり、個体数が回復しつつあります。

写真
写真

今後は、野良猫が再び増加しないようにモニタリングを行い、島民へ猫の適正な飼い方などの普及啓発や、高齢となって譲渡できなかった最後の1匹(アラレちゃん・メス)を、海鳥センタースタッフがケアをしながら、愛情を注いで飼育を続けます。

また、野良猫が島内からいなくなったことと因果関係は分からないものの、外来種であるドブネズミの被害が一時増加したことから、猫に頼らないドブネズミの対策として、低密度コントロールに取り組みます。

くわえて、かつて伐採により一度失われてしまった島内の森林を再生するため、周辺地域で採取された種から育てた苗木を植樹し、元々あった森林を再生するための取り組みが進められています。この取り組みを応援し、天売島の豊かな自然環境を守り、育てます。

写真

シーバードフレンドリー認証制度

「海鳥を取り巻く自然環境の保全」と「地域産業の振興」の両立を目指して、海鳥や自然環境にやさしい取り組みをしている事業者を認証し、商品に付加価値をつけて購入者が海鳥保護に参加できる仕組みづくりを目指しています。

現在4事業者を認証していますが、さらに多くの事業者に参加してもらえるように、制度のリニューアルと商品開発、制度のPRなどに取り組みます。

写真

現在、4事業者を認証

■北るもい漁業協同組合「海鳥に配慮した漁業の推進」

海鳥の混獲を回避するため、国際的な自然保護団体や日本野鳥の会と連携した混獲防止漁網の導入実験への協力や、森と海のつながりを意識した魚を育てるための植樹活動、海岸に漂着するプラスチックごみを中心とした海岸清掃などを行っています。

写真

■上築有機米生産組合「減農薬による水田営農」

良質な農産物の供給と環境負荷の少ない農業を目指し、農薬、化学肥料を大幅に減らした特別栽培による水田営農の実践や大学生や高校生の研究・環境学習を積極的に受け入れしています。

写真

■るもい農業協同組合/ホクレン農業協同組合連合会留萌支所
 「特別栽培米の販売とCRMによる地域への再還元」

上築有機米生産組合が生産する特別栽培米を、首都圏を中心に流通させ、売り上げの一部を海鳥の保全活動に寄付する活動を行っています。

※「CRM」とは
 Cause Related Marketingの略で、商品やサービスの売上による利益の一部を環境活動や奉仕活動を行う機関・団体に寄付することで、環境保護や社会貢献に結びつける活動のこと。

写真

■株式会社ダイマル乳品「生産者・地域と取り組むCSVの実践」

周辺地域の規格外農作物を有効活用したアイスクリームの製造や、製造工程で割れてしまったモナカの皮を周辺農家の家畜のエサとして提供するなど食品ロスを削減する取り組みを進めているほか、工場内の徹底した節電、節水などの環境配慮を行っています。

※「CSV」とは
 Creating Shared Value(共通価値の創造)の略で、企業が社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的な価値も創造されること。

写真

これら事業者による環境に配慮した取り組みが進められ、消費者がこれらの商品を購入して事業者を応援することで、「海鳥をとりまく自然環境の保全」と「地域産業の振興」の両方を、同時に進めることができます。

海洋プラごみの削減

写真

道北の日本海側の海岸には、海流に乗って流れてきたおびただしい数のプラスチックごみが漂着し、景観を損ね、自然環境に悪影響をもたらしています。海洋プラごみによる汚染は地球規模で進んでいて、特に劣化して細かくなったマイクロプラスチックによる、海鳥を含む海洋生物や生態系への影響が懸念されています。

海岸に漂着したプラごみは、放置しておくと劣化して細かくなり、再び海洋へ流れ出て汚染を広めてしまうことから、「海鳥を守る海岸清掃」を開催して、海洋プラごみの削減を進めます。また、海岸に漂着するプラスチックの7割は陸上由来で、ペットボトルなど使い捨てプラスチックが多くを占めることから、環境教育を進めて、使い捨てプラスチックの消費削減などに取り組みます。

環境教育の推進

学校教育と連携して子供たちへの環境教育を進めます。また、北海道海鳥センターを中心に、一般向けの学習会や行事、オンラインイベントなどを開催し、環境教育を進めます。

写真

これらの取り組みを進めることで、天売島の海鳥と、海鳥を取り巻く地域の豊かな自然環境や生態系を守りたいと考えています。

また、寄付金を海鳥保護の取り組みに活用するだけではなく、体験ツアーや天売島の森林再生、海岸清掃、オンラインイベントなど参加型のイベントを開催し、地域内外の多くの人が海鳥保護に参加する仕組みを作りたいと考えています。みなさまのご協力をお願いいたします!

寄付金の使い道

・天売島の生態系保全:10万円
・シーバードフレンドリー認証制度の推進:200万円
・海洋プラごみの削減、環境教育:40万円

海鳥と共に暮らす地域を目指して

取組を継続するためご支援をお願いします!

海鳥が後世まで安心して暮らせる環境は、すぐにできるものではなく、地道に継続することが必要です。私たちは、この取り組みを継続して、海鳥とともに暮らす地域づくりを進めたいと考えています。みなさまのご協力をお願いいたします!

環境保全の取組みを地域産業の活性化に繋げる

羽幌町長 駒井 久晃

写真

“オロロン鳥”をシンボルとして掲げる本町では、地域の貴重な自然環境を守り、後世に残すべく「羽幌町の環境を守る基本計画」を策定しています。

この計画は、町の各施策に環境との調和を持たせるとともに、計画推進に向けた取り組みを町民、事業者、町などの相互連携の中で進めることで、地域の環境課題の解決を図るものです。

特に、地域の環境と密接な関係にある地域産業を、環境保全と調和させていく「シーバードフレンドリープロジェクト」を重点取り組みの一つとして掲げています。

この全国にも類をみないプロジェクトを通して「海鳥をとりまく自然環境の保全」と「地域産業の振興」、両者がより一層推進されることを期待しています。

皆様のご支援をお願いいたします。

生きものと人がやさしく向き合える世界を目指して

羽幌地域生物多様性保全協議会 会長 濱野 孝さん

写真

地域産業の振興と環境保全は相反するものと思われがちですが、双方がともに助けあい共存出来ないかと考えています。

そのため、シーバードフレンドリー認証制度を、より効果的な制度となるように育てていきたいと思っています。

また、地元高校生への環境教育にも力を入れています。やがて地域の産業を担う子供たちに、自然環境の大切さを伝えたい。

生きものと人がやさしく向き合えば良いと考えています。 

安心・安全な米づくりで海鳥保護に貢献

上築有機米生産組合 代表 川端 博明さん

写真

日本のうるち米の最北地とされる羽幌町上築という地域で、農薬や化学肥料を極力減らした米づくりをしています。

この地域はもともと冷涼な気候で病害虫が少なく、温暖な地域に比べて農薬等の使用量が少ないのですが、そこからさらに削減し、有機肥料も使って育てた「こだわりのお米」です。

人にとって、安心・安全で美味しく食べられるお米は、農薬や化学肥料を減らすことで川や海、海に暮らす海鳥への影響を減らすことができ、海鳥にも人にも優しい環境を残すことができると思っています。

海鳥と共に生きる

天売島民 齊藤 暢さん

写真

私は天売島で生まれ育ち幼いころから身近に海鳥がいました。

小学生のころから本格的に野鳥観察をするようになり、夏場は近所の密漁監視員の叔父さんに船に乗せてもらいオロロン鳥を見に行くのがとても楽しみでその頃は屏風岩やカブト岩にも多く繁殖していました。

そのオロロン鳥も一時は10羽程度まで減ってしまいましたが、沢山の人たちの保護活動のおかげで今は100羽程度まで繁殖数が増えました。オロロン鳥が増えた要因は単純な事ではないと思います。

海鳥が安心して暮らすためにはまず豊かな海が必要です。

森が水を蓄え海に栄養を送り、魚が集まり島に暮らす人々や海鳥を育む、その命の循環が大切なのではないでしょうか。

海鳥を保護することは実は島に暮らす私たち自身の暮らしを守る事だと考えます。いつまでも海鳥と人とが共に暮らす島でありたいと思います。

寄付者の皆さまへ

羽幌町からのメッセージ

これまでの取り組みにより、海鳥のヒナを襲ってしまう野良猫の問題は、ほぼ解決へと向かっています。ご協力ありがとうございました。

海鳥も人も、その他多くの生き物を育む自然環境も、ともにこの地域の一員であり、人と自然が共生する住みよい「まちづくり」を羽幌町は目指して、今後も取り組みを継続します。

全国の皆さま応援をよろしくお願いします。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 海鳥も人間も幸せになるよう、応援しています。

    2022年12月7日 11:11

  • 今年天売島に行きました。オロロン鳥、ケイマフリ、ウトウに感動!
    また行きます。

    2022年12月5日 21:49

  • 取り組みを応援しています
    頑張ってください

    2022年11月22日 16:59

  • お電話で取り組みへの経緯と進捗状況について、丁寧な説明をしていただきました。
    どの角度から見ても最善の方法を試行錯誤しながら進められてきたこと、その結果新たな問題に対する調査滞在も練られていること、
    他の自治体も続いて欲しい姿勢に大変勇気づけられました。
    今後も各自治体の先頭をきって、全ての生き物、環境に優しい取り組みをお願いしたいと思います。

    2022年11月15日 14:01

  • 海鳥たちにとって貴重な島の環境が守られますように。少しでも人と野鳥が共に生きるためのお役に立てればと思います。

    2022年11月11日 21:56

  • コロナが落ち着いたら、真っ先に行きたい場所です。応援しています!

    2022年11月5日 21:49

  • 人が壊した地球の自然を守ってください。

    2022年11月4日 23:57

  • 海鳥の楽園をいつまでも。住民の方々による地域を愛する取り組みを応援しています!

    2022年11月2日 22:47

  • おろろん100羽を通過点に、次は200、500、1000羽・・・と、かつての天売島の姿が戻ってきますように。海鳥と人間の共存共栄のためにも豊かな海を守っていって下さい。ずっと見守っていきます。

    2022年11月2日 14:05

  • 海鳥の楽園、天売島の環境を守り続けてください。

    2022年11月1日 21:10

はじめての方へ