宇宙機 開発プロジェクト!”誰もが行ける宇宙”を実現するために

愛知県碧南市 愛知県碧南市

main_img

寄附募集期間:2018年4月1日~2018年12月31日(275日間)

寄附金額
2,721,211
支援人数
76
達成率
2.7%
目標金額
100,000,000円
終了まで
18日 / 275日

愛知県碧南市

プロジェクトオーナー

碧南市は、ふるさと納税/ふるさと起業家支援を活用して、宇宙を舞台に桁外れの取り組みをしている市内の小さな企業への支援を行います。

その会社は、社員数は僅か数名ですが、「誰もが行ける宇宙」、「家族で行ける宇宙旅行」の実現を本気で目指しています。

「宇宙は、政府やお金持ちのものではなく、そこへ行きたい人のもの」と明言し、彼らを支える多様なメンバーと共に、日々全力で、宇宙機の開発と、宇宙旅行の事業化に取り組んでいます。

彼らが開発しているのは、これまでのロケットとは異なる、航空機のように翼をもったロケット、「宇宙飛行機(スペースプレーン)」です。
空港から飛び立ち、宇宙へ到達、再び元の空港へ戻ってくる、新しいコンセプトの”宇宙への翼”です。

人口わずか7万人の小さな碧南市が、この小さな企業の大きな夢を支えていきます。

この夢の実現は、碧南市だけでなく、日本の未来に繋がるものと信じています。
「誰もが行ける宇宙」の実現に、皆さんの力を貸してください。

愛知県碧南市

本市は、愛知県南部に位置し、天然湖沼や一級河川、三河湾と周囲を水に囲まれ、古来より内湾漁業が盛んで、農業もニンジンやタマネギなど露地野菜の有数の産地です。また味淋や、碧南が発祥である白しょうゆなど醸造のまちでもあります。

今年度、市制70周年を迎え、歴史のあるまちとして節目を迎えます。今後は東京2020オリンピックの開催に向けて地域一体で盛り上げるために、ビーチスポーツ施設の整備やスラックライン、スケートボードを普及させ、若者が集まる魅力的なまちにしてまいります。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

宇宙産業の“可能性”をご存知ですか?

日本の宇宙産業の現状

2017年日本の名目GDPはおよそ544兆円。そのうち自動車産業が、62兆円(対GDP比 11%)で最大。これに対して、宇宙産業は約3000億円。(イメージ図参照)

対GDP比でわずか0.06%に留まっています。さらに日本の宇宙産業の9割は官需(政府からの需要)であり、大きな技術発展が見込めません。結果、企業の開発投資も少なくなり、競争力が低下しています。

このままでは日本の宇宙産業は技術力も、マインドも、海外勢に先を越されてしまいます。

 

我が国の宇宙機器産業は国内官需が約 9 割を占め、事業規模も欧米に比べ小さく、先行する海外企業に比べて十分な競争力がなく、米国のように多数のベンチャー企業等の新規参入者が市場を活性化させているとも言い難い状況です。

また、現在の日本の宇宙産業が他業種との交流が十分にできているかというと、まだまだ改善の余地があると言えます。 しかし、我が国は衛星製造からロケット製造・打上げサービスまで、一貫して宇宙産業を抱えている世界的に見ても数少ない国です。

愛知県や碧南市も世界でも有数のものづくり産業の集積地であり、宇宙産業育成の苗床となるポテンシャルを十分に有しています。

現状は、資金提供がわずかであることなどから海外企業に後れをとっていますが、それでも近年、決して多くはないものの、特徴的な技術やビジネスモデルを武器に、宇宙産業での成功を目指す企業が出てきています。

 

 

PDエアロスペース株式会社

「PDエアロスペース株式会社」とは

PDエアロスペース株式会社は愛知県碧南市にて「宇宙輸送」の分野で開発を進める民間企業です。 同社は「宇宙飛行機(スペースプレーン)」の開発を行い、宇宙旅行や宇宙太陽光発電所建設など、民需としての宇宙利用の拡大を目指しています。

企業ミッション

“ Be a wing for Space”

宇宙という未知で広大な領域に出ていくことで、見えてくる、分かることがたくさんある。新しい資源やエネルギーを手にすることも出来るだろう。

そして、宇宙から地球という星を俯瞰することで、自然や命の尊さを見つめ直すことが出来るだろう。宇宙へ出ていくことは、困難やリスクが大きいが、その何十倍、何百倍もの恩恵を、人類にもたらしてくれるだろう。

今よりも、もっと宇宙を身近な場所にするために、我々、PDエアロスペースは、宇宙輸送の翼になるべく、たゆまぬ挑戦を続けます。

 

”誰もが行ける宇宙”の実現はすぐそこに

「海外旅行と同じ値段の宇宙旅行を実現させたい」


遠い未来の話とも思えるこの夢。しかし、PDエアロスペースが目指すその日は「2023年」。あと5年未満で、人々は海外旅行と同じ値段で宇宙へ飛び立つことができるようになるのです。

自らのアイディアと行動力で、海外の巨大宇宙産業企業に負けない技術を生み出し、夢に向かって日々邁進するのが、PDエアロスペース株式会社緒川 修治(おがわ しゅうじ)社長です。

 

「宇宙飛行機(スペースプレーン)」の可能性


PDエアロスペースは、ジェットーロケット燃焼モード切り替えエンジンを発案し、これまでの宇宙ロケットとは異なる「宇宙飛行機(スペースプレーン)」を開発しています。

この「宇宙飛行機」であれば、飛行機のように空港から離陸し、宇宙空間へ到達、また地球に戻ってきて、飛行機のように着陸することができます。

「宇宙飛行機」は、従来の宇宙ロケットとは違い、飛行機のように何度も繰り返し使えるため、機体そのもののコストを下げることができます。また、飛行機のように飛び立つため、宇宙へ飛び立つ際の体への負荷も小さくて済みます

PDエアロスペースの新型ロケットエンジン
「パルスデトネーションエンジン」

パルスデトネーションエンジンは、間歇爆発燃焼を利用し、大気環境に応じて、1つのエンジン内でジェット燃焼とロケット燃焼を切り替えを行うことができるエンジンです

”空気のある領域(上空15㎞付近)”ではジェット燃焼モード、”空気の薄い領域(上空15㎞を超えた付近)”ではロケット燃焼モードに切り替え、大気環境に応じた推力を生み出すことができます。

 

身近な宇宙旅行の実現に向けて!

PDエアロスペースはこの「宇宙飛行機」を使って、宇宙旅行をもっとリーズナブルで身近な値段で人々に提供したいと考えています。

当面のその宇宙旅行の飛行時間は、約90分。高度100kmの宇宙の入口を目指し、通常の飛行機と同じように滑走路から飛び立ちます。離陸して約45分後に、無重量となって約5分の間、体が宙に浮きます。この間、眼下には青い地球の美しすぎる大パノラマが広がります。

その体験は人類の進歩を大きく感じさせるとともに、地球の美しさや宇宙の神秘を改めて知ることができるかけがえのない時間となるはずです。

科学技術の進んだ現在でもこのようなことを実現しようとすると、宇宙に行かない無重量体験だけでも、約30万円~50万円の費用がかかります。

宇宙まで実際に行くとなると、なんと約750万円~2500万円が必要と言われています。それを39万8千円で提供することを目指しています。

この無謀とも言える挑戦を、PDエアロスペースの緒川社長は10年間ずっと一人で続けてきたのです。
写真

 

大手企業の資金援助が決定!

そして、2016年にその挑戦に大きな進展がありました。旅行会社のH.I.S.飛行機運航会社のANAホールディングスが、PDエアロスペースの技術や取り組みに、実現性と価値を見出し、資金援助と事業提携に名乗りを挙げてくれたのです。

PDエアロスぺースはその後も碧南市にて実験・開発を続け、新型エンジンの実証に成功したり、無人機の開発にも成果を出すなど、夢の実現に向け、着実に進歩を重ねてきました。

 

宇宙飛行機の商用運航を目指して

事業開発スケジュール

2017年10月:無人要素技術実証 →CLEAR!

2017年10月:新型エンジン技術実証 →CLEAR!

2019年内:無人による100km(宇宙)到達 →NOW!


その後、有人による高度100kmの到達と帰還を実現し、 商用利用化を目指します。

このプロジェクトへの碧南市民の思い

碧南市 市長 祢宜田政信

宇宙という新たなフィールドにチャレンジ!

本市は市の就業者人口の約4割が自動車に関わっています。今後このままずっとこの状態でいけるかどうか不安があります。そのほかの産業は食品関係の工場や鋳物、瓦工場があります。

PDエアロスペース社は宇宙に挑戦しています。民間宇宙は、まだ確立されていないので新しい分野で、正解はありません。本市の企業が持っている技術を利用できるのではないかと積極的に提案し、PDエアロスペース社と共に新たなフィールドにチャレンジしてもらいたいです。そういう風土ができれば、宇宙に関することに限らず、なんでも挑戦できる市になっていき、その風土が日本中へ繋がっていくと思います。

また、子どもたちが宇宙に関心をますます持つようになり、宇宙に対してやってみたいと感じる子どもたちが増える事を期待しています。一時、理工離れが叫ばれていましたが、これを期に理工好きが増えれば地域として工業の発展につながっていくと思います。自分たちの街にロケットをつくっている会社があるということを誇りに思ってもらえるようにしていきたいです。

PDエアロスペース社にご協力をいただき、図鑑やネットのなかの話ではなく、実際に部品や機体を製作し、実験をしているので、見て触って感じることができる地域にしていけたらいいなと思っています。碧南は、宇宙を始めとしたものづくりを実感できる環境づくりの第一人者となるべく、どんどん進めていきたいと思っています。

 

碧南市在住の加藤さん

夢を叶えるためにチャレンジ

我が家には高校2年生、中学2年生、小学3年生の子どもが居ます。全員柔道をやっていて、部活でも何でもやりたいことを信念をもってやり続けて欲しいと思います。そして夢を叶えるためにチャレンジして欲しいです。

緒川社長さんは失敗にめげず強い方だなと感じます。この姿勢や熱い思いは、碧南の子ども達だけでなく、日本全国から多くの共感を呼び、宇宙を身近に感じることができるようになれば良いと思います。

 

ボランティアスタッフ 岡本淳平さん

宇宙ベンチャーを地域発展の起爆剤に!

私が生まれ育った碧南市は多くの自動車関連企業が生産拠点を構え、安定的に発展してきました。私自身も自動部品企業で働いていますが、一方では、100年に1度とも言われる大変革時代を迎え、これまでの延長線では生き残れない危機感を感じています。激しい環境変化の中、いかに新しい産業を起こし、育み、活力を維持していくか、この助けになればと思い宇宙ベンチャーであるPDエアロスペースのボランティアスタッフとして活動を始めました。

ふるさと納税等、地域に関連する業務を中心に携わっていますが、全国の方から返礼品の申し込みを頂いており、宇宙という視点でも注目度が向上していると感じます。そして、注目度に比例して社員や私のようなボランティア、学生インターンも増えており、碧南市に新たな雇用や多様な人材の交流が生まれてきました。

活動を通じては、ベンチャーならではのスピード感、宇宙を舞台にするというスケールの大きさに驚かされることも多く、こうした新たな発見や刺激が自分自身の成長や地域の将来的な発展に寄与する土壌作りにつながっていると強く感じています。合わせてこのような自治体とベンチャー起業が連携した地域発展の試みが、同じような課題を抱える日本全国の自治体のモデルケースになればと思います。

 

寄附者のみなさまへ

"誰でも宇宙へ行ける時代"、それは、世界が平和である時代だと思います。

多くの人が宇宙へ行き、“青い地球”を目にすることで、自然や命の大切さを改めて見直すことが出来るものと信じています。

新型ロケットの開発、そして、その先の未来を、多くの方と共有していきたいと思っています。

皆様の熱いご支援をお待ちしております。

彼ら、そして私たちと一緒に、“宇宙への翼”を創っていきましょう!

 

プロジェクトに支援してくださった方へ

こちらのプロジェクトに支援してくださった方には、碧南市からではなく、PDエアロスペースから、感謝の気持ちを込めて、お礼の品を送ります。

おすすめのお礼の品

【50,000円~】グッズまるごとセット

オリジナルグッズをセットで!

PDエアロスペース社の、オリジナルTシャツ、スタッフポロシャツ、コースター+マグカップなどのオリジナルグッズをセットでお送りいたします!

オリジナルグッズをセットで!

 

お礼の品は金額に応じたセットになってます!

【注意事項】

上記「ロールアウト」や「高度100kmトライ参加権」におきまして
注1:開催日時・場所については、PDエアロスペース社指定となります。
注2:会場までの交通費及び宿泊費はご自身でのご負担となります。
注3:天候等により、開催日時が急遽変更となる場合があります。

お礼の品一覧


  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • 実現を期待してます!

    2018年8月4日 11:36

  • 私の子供の頃から夢見ていた宇宙旅行が純国産の宇宙機で実現しようとしています。PDエアロスペース株式会社は
    日本の誇り、夢です。碧南市の支援活動は日本の未来を開き、輝かせる自治体のトップランナーであると思います。
    碧南市のような自治体が国内にたくさん出来れば日本も
    もっと活性化し若者にも夢を与えられる国になると思います。
    是非夢の実現まで継続した支援活動を行って欲しいと思います。微力ながら私も夢が実現するまで支援を継続して行きたいと思います。

    2018年6月27日 15:05

  • 希望溢れるプロジェクト内容にワクワクしました。少額ですがお使いください。

    2018年6月21日 23:43

  • 緒川修治の応援を引き続き、よろしくお願いします!!

    2018年6月5日 9:49

  • PDエアロスペース社様のプロジェクトは本当に夢があります、山口県より応援しております!

    2018年5月31日 9:59

  • ぜひ実現させて下さい!応援しています。

    2018年5月21日 8:06

  • 信じられない大きい夢
    人の限りない可能性の素晴らしさを、是非、碧南市から届けてください!
    頼むぞ碧南!

    2018年5月14日 18:49

  •  宇宙産業や航空機産業は裾野が広く、今後の日本の製造業において、発展の余地が非常に大きいものかと思っています。
     ほんの僅かですが寄付しますので、貴市及び関連産業の発展にお使いください。

    2018年4月22日 15:57

  • 夢のあるプロジェクトですね。ワクワクします。ぜひ実現させてください!!応援しています。

    2018年4月18日 18:10

  • 大きな夢を掲げるPDエアロスペース社、またこの夢を応援する碧南市。
    素晴らしいと思います。
    夢の実現の一助になればと思い、寄付させていただきました。
    ぜひ、宇宙旅行開発の拠点となってください。

    2018年4月18日 11:22

  • 楽しみにしています!
    碧南市さん、ユニークですね!!

    2018年4月16日 19:38

  • とても壮大なテーマに感銘を受けました!
    わずかではありますが、自分がこんな形でも宇宙開発に参加できることが嬉しいです^ ^
    この支援が集まって、大きな夢が実現されるのを楽しみにしています!
    頑張ってください!

    2018年4月8日 13:54

  • 民間が宇宙に行ける時代がすぐそこに!
    応援しています👍

    2018年4月4日 20:43

  • 夢のあるプロジェクト!!大変なこともあるかと思いますが頑張ってください!!

    2018年4月1日 3:23

はじめての方へ