• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 子育て奮闘中のパパ・ママが、たまにはゆっくりお風呂に入れる『託児銭湯』プロジェクト

子育て奮闘中のパパ・ママが、たまにはゆっくりお風呂に入れる『託児銭湯』プロジェクト

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 55,700

5.5%

目標金額:1,000,000

達成率
5.5%
支援人数
3
終了まで
31
/ 90

東京都中野区 (とうきょうと なかのく)

寄付募集期間:2022年10月11日~2023年1月8日(90日間)

東京都中野区

プロジェクトオーナー

中野区は、区内事業者や団体、区民のつながりや絆づくりに焦点を当て、情報発信や取組の支援を行うことを目的としたシティプロモーションに取り組んでいます。その一環として、民間によるシティプロモーション活動の広がりを目的に、区民団体、学生、企業などが主体的に実施する中野区のイメージアップにつながる事業に助成をする『シティプロモーション事業助成』を実施しています。
2022年度は「文化・芸術、子育て・教育」に関する魅力ある3つの助成事業を応援します。

【第1弾】
「託児銭湯」パパママゆっくり入浴Day(株式会社ヒャクマンボルト)

【第2弾】
中野区子ども漫才Only-1コンテスト(一般社団法人わくわくわらっぴー・児童支援)
10月頃クラウドファンディング開始予定

【第3弾】
みんなで楽しくクラシックコンサート♪(藤﨑美乃)
11月頃クラウドファンディング開始予定

東京都中野区

中野区は、歴史ある寺社・仏閣やグルメなど個性豊かな個店など多くの観光資源があります。一方、若者も多く、数多くのイベントが開催されており、昔ながらの人情味あふれる商店街や、サブカルチャーの「聖地」と呼ばれる「中野ブロードウェイ」など個性豊かな観光スポットがたくさんあります。

また、警察大学校等跡地であった中野四丁目地区が「中野四季の都市(まち)」として生まれ変わり、オフィスビルや大学・病院、公園など多様な都市機能が集積する東京の新たな地域拠点として先進性のある中野という一面も注目されています。
みなさまからの応援を心よりお待ちしております。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

たまには「育児」から離れてリフレッシュする事が子どもにとっても大切

育児に疲れ気味のパパ・ママに大きなお風呂で息抜きをさせてあげたい!

小さい子どもがいると、ゆっくりお風呂に入れません!

子育て世帯には、
「子どもが産まれてからもう何年も1人でお風呂に入っていない」
「温泉に行っても子どものペースに合わせるのでのんびりできない」
「たまにはのんびりお風呂に入りたい!」
というリアルな悩みがあります。

更に、銭湯など大きな浴槽にゆっくり浸かる事は、血行促進、HSP(ヒートショックプロテイン)による免疫向上、リラックス効果など様々なメリットが語られています。

そこで、月に1度、託児所付きの銭湯を開催することで、子どもと離れてのんびりお風呂に入っていただける「託児銭湯」を開催します!

「託児銭湯」って、なに?

「託児」と「入浴介助」二つの役割

「託児銭湯」にはふたつの機能があります。
ひとつが「託児」で、小さなお子さんを保育士とスタッフがお預かりし、その間はのんびりお風呂に入って頂きます。
そしてもうひとつが「入浴介助」で、お子さんと一緒にお風呂に入る場合に、スタッフがお手伝いをします。当日は小さいお子さん向けのぬるめのお風呂やベビーバスの貸し出しも行っており、「サウナに入っている間だけ見て欲しい」といった要望にも答えます!

託児中の様子
お子さん用の小さい浴槽やベビーバス

都内屈指の人気銭湯「松本湯」で開催!

「託児銭湯」の実施場所は、近年リニューアルし、都内屈指の人気を誇る「松本湯」。
都内はもちろん、日本中からその評判を聞いて、やってくる人で行列ができるほどの人気施設です。

「そんな人気施設でどうやって開催するの?」

と、疑問に思う方もいるかもしれません。
松本湯に全面協力していただき、毎月最終土曜日の営業時間前(12時~14時)に、貸切りの松本湯のお座敷スペースに一時的な託児所を設け、保育士5名とスタッフ10名で対応します。

子どもを預けて、お父さん、お母さんは、のんびりお風呂に入っていただけます。
もちろん子どもと一緒に入浴してもOK。
「子どもが騒ぐのでは」
「まだ小さいから」
と大浴場の利用を控えていただく必要はありません。

親子そろって松本湯の大きなお風呂を楽しんでいただければと思います!

【開催日時】
毎月最終土曜日、12時~14時の開催
令和4年10月29日
令和4年11月26日
令和4年12月24日
令和5年1月28日
令和5年2月25日
令和5年3月25日

【場所】
松本湯(中野区東中野5-29-12)

【募集内容】
託児:0歳(6ヶ月以降)~6歳までのお子様連れの方
入浴介助:0歳(6ヶ月以降)~小学生までのお子様連れの方
※参加には事前予約が必要です。応募者多数の場合は抽選となります。                                                         
                                                      
【参加費用】
託児や入浴介助にかかる費用はありません。別途、入浴料がかかります。
入浴料
大人(12歳以上):500円
中学生:300円
中人(6歳~11歳):200円
小人(6歳未満):100円

貸しタオル:50円
貸しバスタオル:100円

サウナ入浴:1回1,000円(入浴料500円+サウナ500円)

「託児銭湯」の申し込みはこちらから

利用者の声

利用者の皆様からは絶賛の声が!

「託児銭湯」は、令和4年7月より開始しています。
利用者からは、
「久々にゆっくりお風呂に入れた!」
「毎月来たい!」
「子どもと一緒に銭湯に来れて嬉しい!」
といった声を頂いており、リピーターも続出で回を追うごとに申し込み者が増えてきています。

託児銭湯を利用し笑顔の親子

株式会社ヒャクマンボルト ヨッピー ~この企画への想い~

中野から全国へ、取り組みの輪が広がることを願って

写真

自分に子どもができてなおさら思ったことですが、子育ての大変さって、「ずっと気を抜けない」ことにあると思います。
なので、「たまには子どもと離れてのんびりお風呂に入る時間が親にも必要では」との想いから、子育て中の方の息抜きの場となることを願って、この企画に至りました。

「託児銭湯」は、親御さんが「ほっと一息つける場所」です。
親同士のコミュニティができることで、育児に関する悩みなどを相談でき「困った時に助け合える場所」です。
また、保育園・幼稚園に入る前の年齢の子どもが他の子どもと触れ合うことで成長の場にもなります。
親御さんと一緒に入浴することで、子どもの浴育になる場所でもあります。
そして、「子育てに優しいまち 中野」のPRになります。

子育て奮闘中の方が、一人でも多く「ほっと一息」できるよう、ご支援をよろしくお願いします。

サポーター(寄附者)のみなさまへ

寄附金の使い道

頂いた寄附金は、中野区シティプロモーション事業助成の財源として、事業実施団体の助成に活用します。
なお、新型コロナウイルス感染拡大などにより、イベントが中止となった場合、本クラウドファンディングで集めた寄附金は、他の交付決定2団体への助成財源として活用させていただきます。
ご寄附にあたりまして、あらかじめご了解いただきますようお願いします。

ご支援いただいた希望者の方に、「限定ステッカー」をお送りします

寄附していただいた希望者の方に、「限定ステッカー」をご支援の記念品としてお送りします。
(希望される方は寄附申し込みの際、「申し込みに関する備考」欄に「限定ステッカー」とご入力ください。)

「託児銭湯」限定ステッカー