【未来を創る消防士の育成にご協力ください】 新人消防士応援プロジェクト

カテゴリー:まちづくり 

main_img

寄付金額 575,000

57.5%

目標金額:1,000,000

達成率
57.5%
支援人数
52
終了まで
23
/ 90

大阪府堺市 (おおさかふ さかいし)

寄付募集期間:2022年10月3日~2022年12月31日(90日間)

大阪府堺市

プロジェクトオーナー

市民の皆様の期待に応えることのできる 1 人前の消防士になるため、新人消防士は日々厳しい訓練を行っています。
堺市消防局では、採用試験合格後、消防学校に入校する前に研修を実施しています。この研修では、入校するまでの心構えや計画をレクチャーし、消防学校入校後は、6 名を 1 班とする平日全寮制の共同生活が始まります。厳しい規律のもと、今までの生活とは違う、消防人生がスタートします。

日々過酷な訓練を行う消防学校で使用する活動服等の被服は、1日に複数回着替えることもあり一部退職者等から返却された被服を再利用することで対応しております。
日頃から清潔で端正な被服を着用することにより士気高揚及び秩序ある組織的活動の確保に繋がるため、被服購入費にご寄附いただき、新人消防士養成への支援をお願いします。

大阪府堺市

~未来へ飛躍する自由・自治都市 堺~

古代には仁徳天皇陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群が築造され、中世には海外交易の拠点として「自由・自治都市」を形成し、わが国の経済、文化の中心地として繁栄してきました。
戦後、臨海コンビナートと泉北ニュータウンの造成により、現在の姿に。84万人の人口を有する政令指定都市・堺は、南大阪の中核的都市として、関西の文化・経済を牽引しています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

未来を創る消防士の育成にご協力ください

まず知ってください。新人消防士の通る道

訓練の様子

「よし!いくぞ!」
指令とともに消防車に乗り込み、現場に出動する消防士。大切な市民の命や財産を守るため、消防士は 1 分 1秒でも早く現場に駆け付けます。
しかし、胸を張って消防士と言えるためには、消防学校での 6 か月にわたる訓練カリキュラムを修業しなければなりません。市民の皆様の期待に応えることのできる 1 人前の消防士になるため、新人消防士は日々厳しい訓練を行っています。

消防士としてのスタートライン

消防学校に入校する前に研修を実施

堺市消防局では、採用試験合格後、消防学校に入校する前に研修を実施しています。この研修では、入校するまでの心構えを伝え、6 か月の訓練期間を健康で安全に過ごすための助言などを行っています。そして、消防学校入校後は、6 名を 1 班とする平日全寮制の共同生活が始まります。厳しい規律のもと、今までの生活とは違う、消防人生がスタートします。

初任教育研修

消防学校での訓練を一部紹介します

まずは自分の命を守るために

ひとたび指令が流れると、消防士は迅速確実に様々な装備を身にまとい出動します。
消防士が火災現場に出動する際の装備は、現場外套(防火衣)や空気呼吸器等を含めると、なんと約20㎏。
現場での様々な危険から自分の身を守るため、これらの装備の着装訓練を繰り返し行います。

呼吸器着装訓練

訓練礼式

「かしら中!」
制服を着用し、規律訓練を行います。
厳正な規律の保持と秩序ある行動等、消防職員に求められる能力を身につけるとともに、指揮者としての指揮能力も養います。これは、指揮命令系統に基づき、災害現場で隊として安全・確実・迅速に活動することに繋がります。

訓練礼式

消火訓練

基本的な放水技術の習得は、安全・確実・迅速な消火及び救助活動に繋がります。
新人消防士にとって、大きな課題の一つですが、自分だけでなく仲間も危険にさらしてしまうことのないよう、基本訓練を徹底して繰り返します。

消火訓練

救助訓練

道具を使えなければ、仕事はできません。
消防は、災害現場で逃げ遅れた人を救助するため、様々な救助資機材を迅速かつ的確に使いこなす必要があります。そのために、新人消防士は、基本的なロープ結索等から習得します。そして、高度な資機材を使用できる知識と技術を身につけるため、基本動作を重視し、訓練を重ねています。

救助訓練

座学

消防の任務は、消防法や消防組織法等、様々な法律に基づいて遂行されています。これら消防関係法令をはじめ、
災害現場での安全管理の方法など、新人消防士は日々の過酷な訓練をクリアしながら、勉強にも励んでいます。

寄附金の使い道

ご支援いただいた寄附金は、【新人消防士の被服等購入費】として大切に活用させていただきます。
日々過酷な訓練を行う消防学校で使用する活動服等の被服は、1日に複数回着替えることもあり一部退職者等から返却された被服を再利用することで対応しております。
日頃から清潔で端正な被服を着用することにより士気高揚及び秩序ある組織的活動の確保に繋がるため、新人消防士が着用する被服の購入にご協力下さい。
※目標金額に達しない場合、また、目標金額以上の寄附が集まった場合でも、上記の使い道に活用させていただきます。

本プロジェクトオリジナルの寄附者特典

極・消防体験ツアー

本プロジェクト限定の寄附者特典として、普段味わえない「体験」をご用意させていただきます。
2022年4月にオープンした堺市総合防災センターで、消防士になりきって消防車に乗って走行するなど特別な時間と普段見ることのできない施設の裏側までお見せします。
特典を希望される方は申込時のアンケートフォームにて、「消防体験ツアーを希望する」にチェックしてください。

※本特典をご希望の場合は、返礼品を選択いただくことはできません。
※本プロジェクトの募集期間終了後、ご登録いただきました電話番号またはメールアドレス宛、ご連絡させていただきますことをご了承のうえ、ご希望ください

【日時】
2023年3月21日(火・祝)
①9時30分~12時00分  定員200名(先着順)
②13時30分~16時00分 定員200名(先着順)

【場所】
堺市総合防災センター(堺市美原区阿弥 129-4)
お車または南海バス(最寄りバス停:船戸下)でお越しください。

【寄附額】
1口5,000円(1口あたり2名様までご参加いただけます)

【その他】
年齢制限はありません。(未就学児は保護者の同伴が必要です)
本特典は堺市民の方も選択することができます。

【現役消防士の声】こんな未来の消防士を育ててください!

写真

防災センター高度救助隊隊長の村井と申します。
私は、消防士を拝命し、16 年が経ちました。
訓練生としての 6 か月は、過酷な訓練ばかりでしたが、必ず乗り越えて、将来は救助隊の隊長になるという目標を持ち続けました。
職場や家族、友人など色々な方々の応援や支えがあり、目標を叶えることができています。
皆様、是非とも彼らに力を与えてあげて下さい。そして、市民の皆様の尊い命と大切な財産を守り、未来を創る新人消防士を育ててください。

YouTube「堺動画チャンネル」動画(凛とし彩る者たち)

YouTube「堺動画チャンネル」

「守ります 大切なまちを これからも」
この動画には、災害現場だけでなく火災予防や通信指令業務など、内勤の現場でも活躍する職員が実際に出演し
ています。職員一人一人が持つ色を一凛の花にたとえ、大きな花束へとなっていくストーリーを描きました。
ここに映るような素晴らしい消防士たちを育てるため、皆様の力が必要です。