• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 子ども達の安心安全な睡眠を提供したい!午睡チェッカーの導入を検討中!!より良い設備で子ども達の成長を見守ります!

子ども達の安心安全な睡眠を提供したい!午睡チェッカーの導入を検討中!!より良い設備で子ども達の成長を見守ります!

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 0

0%

目標金額:1,000,000

達成率
0%
支援人数
0
終了まで
3
/ 90

埼玉県越谷市 (さいたまけん こしがやし)

寄付募集期間:2022年9月2日~2022年11月30日(90日間)

越谷市NPO等支援×NPO法人きらら・キッズ

プロジェクトオーナー

私たちは、子ども達の健やかな成長を支援すべく日々活動しております。また、小規模保育園ならではの温かみのある園を目指しており、保護者の方とお子さん、保育士が一丸となり、共に成長出来る場にしたいと願っています。

この度、子ども達に対してより良いサービスの提供を図るため、午睡チェッカー等の導入を検討しております。

午睡チェッカーは、子ども達が安全に睡眠していることが確認できるばかりではなく、職員の確認作業の向上にも繋がるものと考えております。従来通りの人の目による確認と、機械を使用したダブルチェックにより、子ども達に安全・安心な睡眠環境を提供出来ればと考えています。その他にも、子ども達の遊具設備の充実等を検討しております。

埼玉県越谷市

越谷市は昭和33年に誕生し、首都近郊のベッドタウンとして人口が急増、平成27年には埼玉県内で2番目の中核市となり、平成30年11月に市政施行60周年を迎えました。

古くは、江戸時代から日光街道第三の宿場町として発展し、市内を元荒川や新方川、葛西用水など多くの河川・用水が流れ、「水郷こしがや」と呼ばれています。

越谷市では、市の将来像として「水と緑と太陽に恵まれた みんなが活躍する安全・安心・共生都市」を掲げ、市民参加と協働によるまちづくりを進めています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

子ども達により良い環境で育ってもらいたい!!

午睡チェッカー導入検討中!

現在、私たちの園では、職員が五分置きに子ども達の様子をチェックしています。従来通りの確認方法でも問題は無いのですが、職員の二つの目+機会によるモニターができれば、ダブルチェックによる事故防止に繋がると考えました。

ご存知の方も多いとは思いますが、『乳幼児突然死症候群(SIDS)』の対策として常に仰向けに寝かせるように努めております。もちろん仰向けにすればSIDSが完全に回避できるわけではないのですが、仰向けに寝かせることにより、SIDSが少なくなっているのは事実です。

前述の内容を鑑みて、午睡チェッカーを導入できれば、ダブルチェックが可能となり、より正確な安全確認が取れることと、モニタリングにより寝る姿勢や体温等も確認できるため、目視では確認することができない事も、察知することができるのではないかと考えました。

また、午睡チェッカーの導入以外にも、子ども達への遊び道具や設備投資にも活用していきたいと考えております。

日本の宝!未来を担う子ども達の成長を見守る

子ども達に安心・安全に育ってほしい

※イメージ

私たちの運営する園は、平成14年(2002年)12月に開園し、平成28年(2016年)2月に法人化しました。そして、令和4年(2022年)には開園20周年という節目の年を迎えます。

開園当初より、小規模保育施設としてアットホームな環境で、お子さん、保護者、保育者の三者間でしっかりとコミュニケーションを取りながら成長してきました。ひとえに支えてくださった保護者さん、職員、周辺地域の皆さまのお陰です。

園は、埼玉県越谷市の『大袋』という場所で運営をしております。線路沿いに面した立地のため、電車が頻繁に通っており、子ども達は行ったり来たりする電車を見ながらワイワイと騒いだり、興味を示したり良い刺激となっています。近くには公園もあり、砂場やブランコ、すべり台などで元気よく遊んでいます。また、『よく食べ、よく寝て、よく遊ぶを基本に色々なことに挑戦や表現でき、楽しさを体験しながら豊かな感性を育む』という保育目標を掲げておりますので、子ども達にはのびのび健やかに育ってもらいたいと思い、日々活動しています。

その中で、今回は子ども達の“睡眠”にフォーカスを当て、『午睡チェッカー』の導入を検討しました。
現在、当園の職員がお昼寝の際に目視による確認をしておりますが、午睡チェッカーを使用することにより、ダブルチェックが可能となります。最新の機械では子どもの姿勢や、体温、呼吸数等も計ることが出来るため、それを保護者の方とも共有できればとも考えています。

寄附金の使い道

いただいた寄附金は、前述のとおり午睡チェッカー導入に係る費用や、子どもの遊具購入や設備投資のために活用したいと考えています。