• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 【ファイナルゴール1000万円に挑戦中!】『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント

【ファイナルゴール1000万円に挑戦中!】『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント

カテゴリー:伝統・文化・歴史 

main_img 達成

寄付金額 10,242,974

512.1%

目標金額:2,000,000

達成率
512.1%
支援人数
263
終了まで
7
/ 90

山梨県甲府市 (やまなしけん こうふし)

寄付募集期間:2021年11月3日~2022年2月1日(90日間)

山梨県甲府市

プロジェクトオーナー

武田信玄公の時代に通信手段として有効であった烽火(のろし)。現在、歴史愛好家団体が企画して、長野から山梨を烽火でつなぐイベントがあるほど、烽火は歴史好きにはたまらなく、注目度が高いものであります。こうしたことから、本年が武田信玄公生誕500年の節目の年を迎え、武田信玄公ゆかりの地である湯村山が注目されているのを契機に、武田信玄公のレガシーとしてかつて湯村山城に存在した烽火台の復活・整備を推進し、来年以降も新たな観光資源として、湯村山やそのふもとにある信玄の湯湯村温泉への誘客に取り組むとともに、武田信玄公の歴史を肌で感じ、学ぶことができる機会を創出します。

山梨県甲府市

甲府市は、山梨県のほぼ中央に位置し、北に八ヶ岳、南に富士山、西に南アルプス連峰と雄大な山々を望む、南北に長い県庁所在地です。甲府駅周辺には、多くのビル等も建っており、グルメスポットなども多数ありますが、少し街から離れると素晴らしい自然に恵まれ、キャンプ、BBQ、自然散策など気軽に自然を楽しむこともできます。
国産ワイン発祥の地でもあり、現在でも市内には4つのワイナリーがあります。その他にも、盆地特有の気候を活かし、ぶどう、いちご、桃などの果物の栽培も盛んであり、ほうとうや鳥もつ煮などのグルメなど食の魅力も満載!
電車、自動車どちらでも首都圏等からのアクセスも良いため、フルーツ狩り、ワイナリー巡り、アウトドアなど、多くの皆様に楽しんでいただいております。是非甲府市へお越しください。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

  • 『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼントのプロジェクトは寄附額1000万円のファイナルゴールを目指します!

    2022年01月06日 14:05

    皆さまからのたくさんのお気持ちを受け、寄附目標額800万円のネクストゴールも達成することができました。この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。
    つきましては、甲府市ではさらに上を目指し、ファイナルゴールとして1000万円を寄附目標額として設定します。いただいたご寄附は、烽火台再建に加え、烽火台整備に伴う関連事業へ使わせていただく予定です。
    より多くの皆さまと一緒に、信玄公生誕500年をお祝いできればと考えております。引き続き、皆さまからのご支援・ご声援をお待ちしております。

  • 「時空を超えて『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼントのプロジェクト」は、寄付額800万円のネクストゴールを目指します!

    2021年11月26日 16:09

     信玄公生誕日である11月3日よりスタートしました、「時空を超えて『武田信玄公』へ500歳の誕生日プレゼント~烽火(のろし)台復活プロジェクト~」について、当初、寄附目標額(ファーストゴール)を200万円に設定しておりましたが、多くの皆さまにご賛同をいただき、先般200万円に到達することができました。この場をお借りしまして感謝申し上げます。
     甲府市では、このスピードでの目標額到達を、皆さまから信玄公への熱い想いと受け止めさせていただき、次なる目標を、烽火台を再建する資金全額である800万円とすることとし、多くの皆さまとともに信玄公の生誕をお祝いしたいと願っております。
     つきましては、本プロジェクトの寄附目標額(ネクストゴール)を800万円と設定し、烽火台再建に必要な資金の全額を、皆さまから応援していただく新たなステージへ向かいます。
     本プロジェクトは、烽火台にご自身の氏名を残し、信玄公への時空を超えたプレゼントをすることができる機会となります。引き続き、たくさんのご支援、ご声援をお待ちしております。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

湯村山に存在した烽火台を復活させ、新たな観光資源へ

戦国時代の非常に有効な伝達手段であった烽火。そんな烽火を起こすための烽火台が信玄公のレガシーとして湯村山城にも存在しました。そこで、信玄公の烽火台の復活・整備を推進し、来年以降も新たな観光資源として、湯村山や湯村温泉への誘客に取り組むとともに、信玄公の歴史を学べる機会を創出していきます!

なぜ、烽火台を復活させるの?

烽火とは、高く煙をあげることで遠く離れた仲間たちに、情報を伝達するための手段として当時非常に重要視されていました。烽火の特徴としては、人や馬が手紙を運ぶよりも早く、また遠くまで情報が伝達でき、リレーによって距離を延ばすことも可能であるため、信玄公も有効な手段として活用していました。

また、烽火は歴史愛好家団体が企画して、長野から山梨までを烽火でつなぐイベントがあるほど、注目度の高いものであります。
そこで、信玄公生誕500年の節目に、信玄公が活用していた烽火台を復活させ、信玄公へのプレゼントとすることにしました!

烽火台のあった湯村山城とは?

湯村山城でかつて使用されていた井戸の跡
湯村山には古墳も複数あり、遊歩道から見ることができます

湯村山城は、武田信玄公の父、信虎公が、甲府市の相川扇状地を囲む山塊の西側の南端部に位置する湯村山山頂に、西方からの外敵の侵入を阻む、防御の要として築城しました。
湯村山城には、緊急時の迅速な情報伝達を行うための烽火台も設置されており、甲府盆地一帯を見渡すことに適した立地を活かして、監視や情報収集といった役割を担っていた重要なお城であったと考えられています。

歴史ある温泉郷「信玄の湯 湯村温泉」

湯村山の麓には、約1,200年前に弘法大師(空海)が開湯したと伝えられ、信玄公も戦いの傷を癒したとの史実がある「信玄の湯 湯村温泉」があります。
「信玄の湯 湯村温泉」は、泉質と豊富な湯量が自慢で、甲府市の北西部にくつろぎの宿が点在しています。多くの文人・芸術家に愛され、昭和の文豪・太宰治や井伏鱒二、松本清張たちが執筆のため逗留した宿も残っています。また、作品の中にも温泉が登場しています。

烽火台復活後の活用

過去に行われた烽火リレーの様子

烽火台復活後の活用案
・烽火台を実際に使ったリレーイベントへの参加
・県内最大のイベント信玄公まつりに合わせた烽火上げ
・校外学習での活用
様々なイベントを通して、多くの皆様に信玄公の烽火台に愛着を持っていただけるように活用して参ります。

2006年に一度復元された烽火台。2012年に老朽化のため撤去。

また、烽火台付近からは美しい甲府盆地一帯が見ることができるため、関係団体等とも連携し景観の改善にも努めます。
さらには烽火台を観光資源の1つとして、湯村山の麓にある「信玄の湯 湯村温泉」の一層の周知をはかり、より多くの皆さまに、信玄公も傷を癒した「信玄の湯 湯村温泉」で旅の疲れを癒していただくよう誘客に取り組みます。

寄附金の使い道

信玄公の烽火台復活

設計費用 77万
建設費用 723万円

R4年秋ごろ完成を目指します。烽火リレーイベントでのお披露目を検討しております。
※目標金額に達しなかった場合や、目標金額以上の寄附をいただいた場合は、ともに上記に関する事業のために活用させていただきます。

信玄公の烽火台復活

烽火台への名入れ等について

1万円以上のご寄附で烽火台への名入れが可能ですので、信玄公生誕500年の節目に、ご自身のお名前を残してみてはいかがでしょうか。

同じ名義で複数口お申込みいただいた場合(例:50万円のご寄附の場合:10万円×5口 等)は、表に掲載されている烽火台への名入れに加えて、
 50万円以上のご寄附…烽火リレーへご招待いたします。
100万円以上のご寄附…烽火リレーへのご招待+武田家17代当主「武田英信氏」直筆御礼状をお送りいたします。
300万円以上のご寄附…烽火リレーへのご招待+武田家17代当主「武田英信氏」直筆御礼状+完成披露式典へご招待いたします。
※烽火台への名入れは、複数口の寄附をいただいても、同一名義の場合は1名様の記名となります。
※烽火台への名入れは、寄附金額に応じて、サイズが異なります。
※烽火リレーや完成披露式典へのご招待につきまして、旅費などの費用は自己負担となります。

30万円以上のご寄附で、甲府市表彰制度の対象となります。
寄附の取り扱いは、次の通りです。
500万円以上 ……………………【有功】
100万円~500万円未満 ………【優遇】
30万円~100万円未満   ………【善行】

※画像は烽火台名入れのイメージです。

お礼の品の紹介

3万円以上のご寄附をいただいた方に、お礼の品として、本市を代表する観光スポットで、日本遺産でもある昇仙峡エリアの加盟店でお使いいただける電子感謝券をご用意いたしました。
寄附金額に応じて、ポイント(1pt=1円)を付与いたします。ぜひ、甲府市にお越しいただき、復活した烽火台を直接ご覧いただけると幸いです。

※電子感謝券イメージ

※電子感謝券のご利用には、インターネット環境及びふるさとチョイスのログインが必要となります。
※現金でのご寄附につきましては、甲府市役所の窓口のみでの対応となります。また、現金でのご寄附の場合は、お礼の品をご用意できませんので、ご了承ください。
※甲府市にお住まいの方には、総務省の通達によりお礼の品を進呈することができません。ご了承ください。