• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 小児がんの子ども達を笑顔で学校へ《医療用ウイッグをプレゼント》子ども達を応援してください!

小児がんの子ども達を笑顔で学校へ《医療用ウイッグをプレゼント》子ども達を応援してください!

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 1,001,000

33.3%

目標金額:3,000,000

達成率
33.3%
支援人数
50
終了まで
43
/ 90

佐賀県NPO支援 (さがけん えぬぴーおーしえん)

寄付募集期間:2021年6月15日~2021年9月12日(90日間)

佐賀県NPO支援 × NPO法人パルサポートキッズの会

プロジェクトオーナー

抗がん剤治療に悩む子ども達やご家族の方々は、病気や医療費が優先的になり病気の事だけではなく《髪》による様々な悩みも多く抱えています。私たちは、この問題を少しでも解決するために、無償で医療用ウイッグを提供する団体を立ち上げました。
子どもが小児がんで脱毛になると様々な悩みを抱えます(不登校やいじめ等)。これまで私たちは子どもに医療用ウィッグを届けてきましたが、ウィッグを着けた瞬間に「これで幼稚園に行ける!」「これで学校に行ける!」と笑みがこぼれます。このような子ども達の為に、また医療費等による経済的負担が大きく医療用ウイッグ購入まで手が回らないご家族の為に継続してプレゼントが出来るように頑張っていきます。今後も小児がんの子ども達や家庭を支える為に様々な支援活動を続けて行きたいと思っています。

佐賀県NPO支援

パルサポートキッズの会は、小児がんによる抗がん剤治療を続ける子ども達やお母さんの無償で医療用ウイッグをプレゼントする活動をしています。また、小児がんの子ども達が健全に生きていける為の家庭をサポートしていきます。小児がんの子ども達をサポートする事はもちろん、ママの健康をサポートする事もこれからの重要な課題です。
頂いた寄付金が子ども達の笑顔づくりに役立つよう願っています。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

小児がんの子ども達に希望を下さい。

小児がんの抗がん剤治療によって脱毛になった子ども達は幼稚園や保育園に行けない、学校に行けない等、様々な不安と悩みを抱えています。

また、その家族も病気と闘うだけでも大変な中、精神的にも経済的にも様々な苦しみがあります。

家族は病気や医療費のことを優先しなければならず、医療ウイッグまで手が回らないのが現状です。

医療用ウイッグは必要不可欠ですが、市販のものは高くて容易に買えるものではありません。

私達はこの問題を少しでも解決する為に子ども達に医療用ウイッグを無償で提供する活動を2017年10月からはじめました。

脱毛に悩む子ども達は医療用ウイッグをつけた瞬間「これで学校に行ける!」と笑みがこぼれます。

脱毛になった子ども達とご家族に「少しでも笑顔を取り戻してもらう為」、一人でも多くの子ども達に医療用ウイッグをプレゼントすることが我々の課題です。

更に小児がんの子ども達とその家族の笑顔を少しでも取り戻す為の様々なサポートを継続していく事がこれからの目標です。

現在は九州一円で活動をし224名の子ども達にプレゼントをしてきましたが、今後とも継続して一人でも多くの子ども達に届けたいと思っています。

パルサポートキッズの会

私たちは小児がんの権威である中川原章先生、稲田浩子先生と出会い、小児がんについて様々なレクチャーを受け「毛髪が原因でいじめや不登校」「長期治療によって医療負担が大きくウイッグまで買えない」など多くの子どもたちがつらい思いをしていることを知りました。

そこで稲田先生をリーダーに色々と検討を重ねた結果、子ども達に医療用ウイッグを無償で提供する団体「パルサポートキッズの会」を立ち上げることにしました。 

2017年10月から稲田先生を会長に10人の理事で子ども達に医療用ウイッグを無償で提供する活動を佐賀県を拠点に始めました。

2019年からは、九州一円で行っており、現在まで、224名の子ども達にプレゼントする事が出来ました。

九州各県のがん診療連携拠点病院からのご紹介、また、ホームページ、パンフレットを見て患者様から当事務局に直接申し込みをされています。

笑顔で学校に行ける医療用ウイッグをプレゼント

【寄付金の使い道】
当会の活動が広く認知され、小児がんの子ども達にウイッグを無償で提供する為の企画・開発・生産資金、及び広報、啓蒙活動資金とする。
①医療用ウイッグ企画・開発・生産  1,000,000円
②上記の受注・発送費用(返礼品等を含む) 1,700,000円
③啓蒙活動費用(HP SNS リーフレット) 300,000円

【事業実施のスケジュール】
・2021年〜 医療用帽子を無償で提供(全国)
・2021年〜 医療用ウイッグを無償で提供(九州一円)
・2021年〜 小児がんの子ども達や家族へのサポートの必要性を訴える啓蒙活動

事業に携わる方の思い

パルサポートキッズの会より

子どもが小児がんや病気になると家族も様々な悩みを抱えます。医療用ウイッグをプレゼントすれば「これで学校に行ける!」と笑みがこぼれます。

病気と闘う子ども達と家族の悩みに、私達は経済的支援だけではなく「応援してるよ、頑張れ」と支えてる気持ちを伝える事が(伝わる事が)大事だと思って活動を続けていきます。

患者様のお手紙

H・T様

素早い対応にびっくりしました。
辛い治療と向き合う毎日ですがウィッグにより気分が上がることと思います。
本当にありがとうございました。

T・N様

早急に対応していただきありがとうございました。
子供もとても喜んでいます。
ウィッグの素材も自然で良かったです。

H・K様

NPO法人の存在を知り、感動しました。
娘はウィッグが届いた日嬉しすぎて、被ってしみじみ実感していました。
美容室に行き、治療も頑張れました。
何よりもウィッグを提供してくださったこと、凄く感謝しております。
もし私にも何かお手伝いできることがありましたらお手伝いさせてください。
本当に、今回ありがとうございました。

I・A様

経済的に厳しくてウィッグの購入を悩んでいる時にパルサポートキッズの会を
知って本当に有難かったです。
何よりもウィッグのお陰で娘に安心感がうまれて笑顔が増えました。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

寄付者様からのメッセージ

今家族が抗がん剤治療を始めて、もうすぐ脱毛もするそうです。大人でも辛いのに、子供ならもっと辛いと思います。心の癒しのお手伝いを。

小児医療機関で働いています。頑張る患児やそのご家族の力になることができたら幸いです。

今一緒に働いているスタッフの中にがん治療を受け、一時的にウィッグを利用していた人がいます。ウィッグは高価だったようで、それでも自分らしくいられると話していました。 寄付をすることで、子供たちに少しでも笑顔運べるお手伝いができれば大変嬉しいです。 これからも活動を頑張って下さい。

娘が脱毛症を患っています。こちらのウィッグで笑顔が増えました。同じような境遇の方に少しでも御周知いただき、子供たちの笑顔が増えるよう祈っております。