• TOP
  • 受付中プロジェクト
  • 【コロナ対策支援】竹富町の島々でまた皆さんをお迎えできるように、応援をお願いします!

【コロナ対策支援】竹富町の島々でまた皆さんをお迎えできるように、応援をお願いします!

カテゴリー:観光・PR 

main_img

寄付金額 686,313

68.6%

目標金額:1,000,000

達成率
68.6%
支援人数
32
終了まで
58
/ 90

沖縄県竹富町 (おきなわけん たけとみちょう)

寄付募集期間:2020年10月26日~2021年1月23日(90日間)

ガバメントクラウドファンディングを利用した離島企業活性化プロジェクト

プロジェクトオーナー

 竹富町は西表島、竹富島、小浜島、黒島、波照間島、鳩間島、新城島、嘉弥真島、由布島の有人島といくつかの無人島で成り立っています。年間100万人以上が訪れており、観光やシュノーケル、アクティビティツアー、そして島でのふれあいを楽しめる島です。美しい海と自然に囲まれて、多様な固有生物と人が共存しています。
コロナ禍で、脆弱な島の医療体制やお年寄りの方への感染を危惧し、本州からの飛行機が運航中止になり、今年のゴールデンウィークには石垣島から各離島への船の運航が止まり、島の祭事や様々な行事が中止になりました。島の良さである人とのふれあいも減り、ホテルや飲食店など観光関連事業所が大きな打撃を受けました。

 どの地域もこの新型コロナウイルスの影響を受けて大変な思いをしているかと思います。Go Toトラベルキャンペーンを使って竹富町への旅行を計画して飛行機を取ったけれども、竹富町の島の現状を知って旅行に来るのを諦めた方がたくさんいらっしゃるかと思います。
 いつかまた、竹富町へ来た際に以前と変わらない島々の環境で皆様をお迎えできるように、皆さまの支援を頂きたいと思い、クラウドファンディングを立ち上げました。

沖縄県竹富町

 沖縄県竹富町は、日本最南端の町として美しい石西礁瑚の海と亜熱帯の雄大な自然に恵まれた西表石垣国立公園を有し、東西42km、南北40kmの広範囲に点在する西表島、竹富島、黒島、新城、小浜島、鳩間島、波照間島などの大小16の島々からなる島嶼の町です。日本最後の秘境と呼ばれる西表島には、特別天然記念物のイリオモテヤマネコ、カンムリワシ、亜熱帯のマングローブ群落等の植物など「自然の宝庫」が残っております。
 民俗芸能においては、竹富島の種取祭、西表島(干立・祖納)の節祭、小浜島の結願祭等重要無形民俗芸能をはじめ、各島々での伝統民俗芸能は、今も暮らしの中でいきづき、町民のよりどころとなっております。
そこで本町では、「自然の生きるまちづくり」「文化のいきづくまちづくり」「未来にはばたくまちづくり」のために、ふるさと応援寄付金を活用していきたいと考えております。
「ふるさと」を応援したい、貢献したい「竹富町が大好き」など、本町とゆかりのある方々の、あたたかい応援の心をお待ちしております。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

観光地の厳しい現状と、竹富町人の想い

西表島イルンティ・フタデムラ

施設名は「西表島の干立村(ほしだてむら)」を方言で表したものです。

 干立(ほしだて)は西表島の中でも古い集落で、沖縄の美しい海と亜熱帯のジャングルがすぐそこにありながら、八重山の原風景が残る静かなところです。コテージタイプの宿泊施設であるイルンティ・フタデムラはこの干立にあります。集落自治を担う干立公民館がイルンティ・フタデムラを運営し、その収益の一部は干立の伝統的神事やさまざまな活動に役立てられ、地域の暮らしを守る一端を担っています。
 そのため新型コロナウイルス感染症の影響で観光客は激減、宿泊業の休業に加え行政的な区切りにより持続化給付金が受け取れないことは、集落行事の継続にも影響が及びかねない苦しい状況です。
一方で宿泊業は休業を余儀なくされましたが、併設されている売店は干立集落に暮らすとくにおじい・おばあの生活の手助けとなるよう時間短縮して営業し、人が顔を合わせることの重みを感じていました。

【イルンティ・フタデムラ】のHPはこちら

【伊谷さん】
「休業中に、リピーターさんから「干立にコロナを持ち込むわけにいかないので、今は諦めます。でも収束したら必ず行きます!」というメッセージを多数いただいき、伝統的な文化が色濃く残った暮らしの場である干立を守り受け継いでいきたいというお客様と私たちの思いを無駄にするわけにはいかない!と前向きな気持ちになれました。

写真

海人の家

5~7月には、宿の玄関先から南十字星を見ることができます。

 日本最西端のバス停:白浜から徒歩3分。ゆったり広い和室の宿『海人の家』は、大人数のご家族や、団体の合宿等にも最適です。白浜港まで徒歩4分。船浮や奥西表へのお出かけにも便利です。
 リピーターの方も多く来られる海人の家ですが、コロナの影響でお客様がいらっしゃらない期間は売上が9割以上落ち込みました。毎年来られるゲストの方でも、今年の旅行を見送る方が多く、影響は長引く見込みです。

【鄭さん】
「たくさんの西表島ファンの方々にとっての『海人の家』が、10年後も特別な場所であり続けられる様、再起に向けて今できることに精一杯取り組む所存です。何卒、ご支援の程お願い申し上げます。」

写真

生活改善グループの店 ゆりみな

西表島の上原港のターミナルにある売店です。「ゆりみな」と書いてあるかわいい手書きの看板が目印になっています。島のおばぁの手作り民芸品やアクセサリーなどのお土産だけでなく、グアバのスムージー、島で作っているアイスクリーム、パイナップルやパッションフルーツなど、おいしい季節の果物も販売しています。港で船を待つ間にゆっくり見ることができる素敵なお店です。

 休業中の4~6月は、お店の存続とスタッフの皆さんの給料を確保するために費やしたとのことで、賞味期限のある商品の取り扱いについて、取引先の方たちと相談し、助成金、給付金、融資を受けるための業務に追われ、感染を恐れつつも石垣島に通っていたそうです。
新しいことを、と思ったものの、その余裕はなく、頼みの綱の持続化給付金が申請できないことが発覚したときには、果たして融資の返済ができるのかと、かなり落ち込んだそうです。

【古川さん】
「スタッフが早くお店で働きたいといってくれたことや、同じ思いをしている仲間たちと励ましあえたこと、商品を下ろして下さる方たちが色々と協力してくださったことがとてもありがたく、頑張らなくちゃ!と思うことができました。今は前向きな気持ちで日々明るく取り組むことで免疫力をアップして、訪れてくださるみなさんのため、島のみなさんのために頑張りたいです!」

細崎(くばざき)さわやか生活改善グループの店 くば屋ぁ

小浜島の船のターミナルにある売店です。小浜島を訪れる方は必ず目にするお店ではないでしょうか?小浜島をモチーフにした絵はがきや手ぬぐいなど、島在住の方の手作り雑貨を買うことができ、船を待つ間に見るだけでも癒されるお店です。しかし、コロナの影響で船が止まってしまった期間はお客様をお迎えすることもできなくなってしまいました。
 自粛期間前までは観光客向けの販売をメインとしていましたが、コロナ禍でも島の人が法事の返礼などに利用してくれたことで、これからは観光客+地元の人が利用したくなる商品やメニューを取り入れようと新しい課題を見つけることに繋がったそうです。
自粛期間が明けてからは、感染対策として店内消毒や換気を徹底するなどの新しい生活様式を取り入れた対面販売を実施し、今まで以上にわかりやすい商品の案内をはじめ、小浜島の魅力の伝え方を実践していこうとスタッフ一丸となって頑張っているそうです。

【仲嶺さん】
「休業中はスタッフの安全と雇用を守るにはどうすればよいかとひたすら考えていました。まだまだこれからですが、厳しい状況でも島内の生産者の方々が新商品を生み出してくださることがとても嬉しく励みになりました。」

写真

また皆さんが遊びに来れる島であり続けるために!
乗り越えるための、竹富町の独自支援策

これまでの取り組み(一部)

・町内から石垣島へ買い物に来ることが困難な町民および法人に対して物品の調達ができる買い物支援サービスを実施
・石垣島―竹富町各島を行き交う客船の減便に伴い、町内に日帰りすることが困難で、石垣島及び西表島で宿泊をする町民に対して、その宿泊費を助成
・休業・感染拡大防止の対策等を行ったサービス事業者に対して協力金を給付
・農作物の航空輸送費用負担
・船舶チャーター
・検温業務
・PCR検査受検者宿泊施設

竹富町が取り組む新たな支援策

国の支援事業の対象外となってしまっている4事業者に対する事業継続への助成

寄附金の使い道として、竹富町で宿泊施設・小売業を営んでいる「西表島イルンディ・フタデムラ」、「海人の家」、「生活改善グループの店 ゆりみな」、「細崎(くばざき)さわやか生活改善グループの店 くば屋ぁ」の4社へ均等に寄附させていただきます。このプロジェクト終了後は、各施設が引き続きコロナ対策に力を入れつつ現況を乗り切る活力にしていただきたいと思います。

国の支援事業の対象外となってしまっている4事業者に対する事業継続への助成

寄付者のみなさまへ

竹富町長 西大舛髙旬から 寄附者の皆様へメッセージ

 ほかの自治体と同様に竹富町も新型コロナウイルス感染症により、非常に大きなダメージを受けております。皆様とともに、可能な限りの取り組みを続けて参りますので、ぜひご支援をいただけますと幸いです。

写真

サンキューレターをプレゼント

本プロジェクトに返礼品はございませんが、
ガバメントクラウドファンディングにて寄附を頂いた方に対し、
もれなくサンキューレターをお送り致します!
寄付金受領証明書・ワンストップ特例申請書は一緒に11月末より順次発送する予定です。

写真

  • GCFとは?

このプロジェクトへの応援メッセージ

  • またぜひ訪れたいです。コロナに負けず頑張って欲しいです。

    2020年11月8日 23:25

  • 厳しい現状をみんなで助け合い乗り越えましょうね!

    2020年11月8日 16:38

  • コロナ前に旅行に行きました。とても綺麗な海に親切な島の方々のおかげで楽しい思い出となりました。また遊びに行ける日を楽しみにしています。

    2020年11月7日 0:48

  • また遊びに行かせていただきます!

    2020年11月4日 17:26

  • お世話になった皆さんに、僅かですがお役に立てれば嬉しいです。

    2020年11月4日 0:43

  • また観光で行きます。頑張ってください。

    2020年11月3日 23:34

  • 仕事の関係で以前住んでいました。自然豊かな竹富町で過ごした3年間は貴重な体験で、今も繋がりのある方ともたくさん出会うことができました。コロナで打撃を受けていることはとても心苦しいです。微力ながら寄付させて頂きます。

    2020年11月3日 16:17

  • 一度は、行ってみたいと思っています。

    2020年10月26日 13:03

はじめての方へ