【守ろう 明日の 「文の京」】文京区の新型コロナ対策にエールを!

カテゴリー:健康・福祉 

main_img

寄付金額 430,000

4.3%

目標金額:10,000,000

達成率
4.3%
支援人数
7
終了まで
102
/ 122

東京都文京区 (とうきょうと ぶんきょうく)

寄付募集期間:2020年9月1日~2020年12月31日(122日間)

東京都文京区

プロジェクトオーナー

文京区が実施する新型コロナウイルス感染症対策事業に活用するため、ご賛同いただける皆様のご支援をお願いいたします。

感染症対策、中小企業支援、新しい生活様式の取組の3つの視点から推進する事業に活用させていただきます。

「文の京」の明日を守るため、本プロジェクトへのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

東京都文京区

文京区は、東京都区部(23区)の中心地に近く、皇居の北の方角に位置します。

昭和22年に東京都の区部が22区(後に23区)に改編されたときに、旧小石川区と旧本郷区の2つの区が合併し誕生しました。

明治期に大学など多くの教育機関が設立され、これとともに森鴎外や夏目漱石など著名な文人が住み、その作品の舞台になるなど「文教の府」として発展してきました。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

区長メッセージ

新型コロナウイルス感染症にり患された方々にお見舞いを申し上げます。
また、治療や予防にご尽力いただいている皆様、さらに区の感染症対策にご理解・ご協力をいただいている区民の皆様にお礼を申し上げます。
区はこれまでも、感染症対策、区民生活や地域経済への支援に取り組んでまいりました。
今後もスピード感をもって様々な取組を進めるためにも、区の施策にご賛同いただける皆様からの暖かいご支援をいただければと存じます。
皆様のご支援を大きな力として、この危機を乗り越えるため、区長として全力を尽くしてまいります。

文京区長 成澤 廣修

写真

寄付金の活用例

PCR検査センターの運営

検査対象者の増加に伴い、既に区内に4つのPCR検査センターと1つの地域外来・検査センターを設置しています。
また令和2年9月より新たなPCR検査センターの開設を予定しています。

「文の京」ポイント!

区内に多くの医療機関が充実しており、官民が連携して区民の健康を守っています!

宅配支援事業

緊急対策としていち早く取り組んだ「文京区ソコヂカラ」(ボランティアを活用した宅配事業)をさらに発展させ、お弁当だけでなく小売店の商品もご家庭にお届けするサービスを実施します。

「文の京」ポイント!

文京区商店街連合会と連携しながら、区民の生活を支える区内店舗を支援します!

事業継続支援補助

区内の中小企業が事業を継続していくための経費(従業員の人件費、土地・建物の賃借料、感染症対策のための設備・消耗品費など)を補助します。

「文の京」ポイント!

様々な業種の中小企業のみなさまが活用できるよう、固定費や感染症対策用の消耗品購入費など補助メニューを幅広く用意しました!

災害に備えた避難所の備蓄整備

避難所での感染予防のため、3つの密を回避するパーテーションなどの資器材や消毒液などの衛生用品を備蓄します。

「文の京」ポイント!

福祉避難所及び妊産婦・乳児救護所にダンボールベッドを整備するなど、支援が必要な方々の命を守る対策も進めています!

小・中学校の教育情報ネットワーク整備

区立小・中学校が臨時休校になった場合に子どもたちの学習機会を保障するため、タブレット端末等の貸出しを行い、自宅学習のための環境整備を進めます。

「文の京」ポイント!

臨時休校となった場合に、ICT機器や通信環境がない家庭に通信機器の貸出しを行うなど、子どもたちの学びの機会を守ります!

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-