お礼の品掲載数No.1ふるさと納税サイト よくある質問(FAQ)

          2021/11/30 (火) 16:53

          ミシュランに認められたジンギスカンの味

           一口にジンギスカンといっても、いろいろな種類があります。羊肉の質にとことんこだわり、ミシュランガイドにも2度掲載されたことのある人気店、ここにあり!

           今回は、十勝岳連峰の麓というのどかな場所にある「富良野ジンギスカン ひつじの丘」さんをご紹介します。
          住所は中富良野町ベベルイ。「ベベルイ」とはアイヌ語で「水溜りが群がって存在する筋の所」という意味です。
          その名の通り、かつてこの辺りは湿原だったのですが、今では広大な農地が広がっており、上の写真のような日本を代表するビール会社のビールの原料になっている大麦畑も見られます。湧き水が出ている場所もすぐ近くにありますよ~

           ここのジンギスカンは、一度食べたらやみつきになる味!と評判なので、観光シーズンには行列もできるんです。
          北海道中富良野町の大自然の中にあるキャンプ場&ジンギスカン専門店として、毎年春から秋まで営業しています。今シーズンの営業は10月3日で終了したので現在は休業中ですが、ご安心ください。ふるさと納税のお申込みは、通年受け付けております。

           こちらでは先日大雪が降り、今はもうすっかり冬景色となってしまいましたが、来シーズンにいらっしゃるかもしれない方々の参考までに、夏の様子の写真でご紹介しますね~

           代表の前川泰揮さんによると、本業は併設されているキャンプ場で、「富良野ジンギスカンひつじの丘」はキャンプ場が運営しているジンギスカン屋さんなのだそうです。「星に手のとどく丘キャンプ場」という名の通り、ここの美しい星空を、どうしても皆様に見ていただきたくてキャンプ場を作ったのだそうです。

           そして、この美しい星空に魅了されて毎年のように訪れる常連さんもいるのだとか・・・ しかも、その常連さんの中には、ご自身の撮った写真をキャンプ場のPR素材として提供してくださる方も現れるほど、ファンの多いキャンプ場なのです。
          その中の1枚がこちら。天の川がとってもきれいですね~

           でも、だからといってジンギスカンの方も決して手を抜きません。
          というか、むしろこだわりまくりです!

          「富良野ジンギスカンひつじの丘」のこだわり

          1: 最高品質の希少種であるサフォーク種や、生後3ヶ月のミルクラム、牧場から直接仕入れのサウスダウン種の肉を提供しています。
          2: 鮮度が高く臭みのない生肉だけを厳選しています。
          3: 肉との相性を追求したもみダレ、つけダレは自家製です。

           「臭みのある肉は、焼いて食べた時すぐに味に出てしまうので、肉をさばく時に少しでも臭みを感じたものは、絶対にお店には出しません。」と、きっぱり言い切る前川さん。
          だからこそ、ミシュランガイドにも2012年と2017年、2回紹介されたのですね~
          お肉は、前川泰揮さんと息子さんの克希さん親子でさばいているそうです。
          マトンの臭みが好き!という方もいらっしゃるとは思いますが、羊肉の臭みがどうも苦手・・・ という方は騙されたと思って、ぜひ一度味わってみてください!
          羊肉の印象が変わってしまうかもしれません。

           お店では生肉を炭火で焼いて食べますが、返礼品ではできるだけドリップが出ないように、新鮮な状態で急速冷凍をかけて発送してくださっているとのことです。配送方法にもこだわっていますね。

           羊の丘レストランのメニューにはジンギスカンだけでなく、しぼりたての牛乳やソフトクリームもありますよ~
          そして、お食事の合間にはこんな小動物ともふれあえます。

           ところで、今月の特集記事で、北海道では「味付きジンギスカン」と「タレ後付けジンギスカン」の2種類の食べ方があるとご説明しましたが・・・

           ひつじの丘さんのジンギスカンは、「タレ後付けジンギスカン」になります。でも、付属のタレは2種類あり、食べる直前に混ぜる「もみだれ」と、食べるときに付ける「つけだれ」があるので、あえて言うなら、両方のいいとこどりと言ってもいいかもしれません。なぜかというと、タレ後付けジンギスカンはほとんどの場合、味付けしないでそのまま焼くのです。
          そして、タレへのこだわりも半端なく、この「もみだれ」と「つけだれ」の2つの味はピタッと合うように作られているそうです。

          う~ん、、、これでもか? というくらいのこだわりようですね~

          下の写真の左側上が「つけだれ」、下が「もみだれ」です。

           そんな “こだわりの人” 前川さんに、いくつか質問をしてみました。

          Q1:ふるさと納税に返礼品を提供しようと思ったきっかけは何ですか?

          A1:北海道名物の「ジンギスカン」を通して中富良野町を少しでも知って頂ければと思い、 ジンギスカンを返礼品にさせて頂きました。


          Q2:中富良野町にふるさと納税をしてくださる方々に何か伝えたいことはありますか? 

          A2:中富良野町にも様々な魅力的な返礼品が沢山ございますが、 どんな所で、どんな人達が作っているのか、中富良野町にいらして見て味わって頂けたらなと思っております。 そして、中富良野町が皆様の「第二のふるさと」として登録頂けて、 「たまに会いに帰るふるさと」的な、ちょっと気になる町という存在になれば良いなと思います。 そんな故郷に応援納税、宜しくお願いします。

           実は今・・・ 次の返礼品の思案にも取り組んでいらっしゃるようです。楽しみですね♪

          ★今年から新たに返礼品に登場した「北海道サウスダウン種ジンギスカン」のお申込みはコチラ!
          ↓↓↓

           今年初めて返礼品に登場した北海道サウスダウン種。サウスダウンは、「羊肉の王様」と言われます。
          通常はラムステーキとして使われる羊肉で、北海道でも数少ないサウスダウン純血種の羊肉です。
          希少性の高い高級種をお届けいたします。

          ★中富良野町へのふるさと納税はコチラ
          ↓↓↓

          応援ありがとうございます!

          企画課 定住促進係

          ラベンダー観光発祥の地でもある農業の町「中富良野」より、四季折々の情報を皆様にお届けします。どうぞよろしくお願いします!

          最新の記事

          月別アーカイブ

          中富良野町の人気ランキング

          次へ

          前へ

          中富良野町の最新情報

          もっと見る