チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • とうきょうと
  • すぎなみく
  • 東京都
  • 杉並区
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

皆様からいただいた善意のご寄付は、次の7つのメニューに活用させていただきます。

昭和の歴史を後世に語り継ぐために
(荻外荘移築整備)

荻外荘移築整備 (準備中)


 荻外荘(てきがいそう)は杉並区荻窪にあり、昭和戦前期に総理大臣を3度務めた政治家、近衛文麿の別邸です。近衛内閣時代の重要な政治会談や組閣の舞台になった住宅で、築地本願寺などの設計で知られる建築家・伊藤忠太が設計した数少ない邸宅建築です。
 昭和初期に建てられ、昭和35年に豊島区に移築されたかつての荻外荘の応接間等は、往時の姿が奇跡的に残されており、再移築し整備することは荻外荘の史跡としての価値が一層高まることから、平成29年度から移築・復原に向けた整備に取り組んでいます。
 広い敷地内にある建物や樹林に囲まれた荻外荘は、関東大震災(大正12年)以降に都心に近接した郊外住宅地として発展してきた地域であり、大田黒公園や角川庭園などの周辺施設とあわせ、住宅都市として発展してきた杉並の面影を今に伝えています。
 荻外荘は、平成28年3月、国の史跡に指定されました。

荻外荘公園

▲荻外荘公園

被災地に音楽のプレゼントを届けるために
(日本フィル被災地復興支援活動を応援する)

日本フィルハーモニー交響楽団
『被災地に音楽を』支援活動


 日本フィルハーモニー交響楽団が、東日本大震災直後の2011年4月から継続して行っている“被災地に音楽を”という復興支援活動を区も応援します。
 杉並区ではこれまでも、区内に日本フィルの拠点があることから、協定を結び様々な音楽文化の発信に取り組んできました。日本フィルが奏でる音楽が、被災地を応援したい気持ちとなって、区の交流自治体である南相馬市民の心を癒し、励まし、勇気づけることを願って取り組みます。

【申込み方法】
 申込みフォームの「寄附について」→「寄附金の使い道」欄で「日本フィルの被災地復興支援活動「被災地に音楽を」を応援したい」を選択してください。

※返礼品はありません。
※2,000円以下のご寄附については、ワンストップ制度の利用は出来ません。

『被災地に音楽を』の風景

▲避難所で演奏する日本フィルハーモニー交響楽団

被災地で日本フィルのフルオーケストラコンサートを
開催するために

あなたの寄附で日本フィルハーモニー交響楽団の
フルオーケストラコンサートを被災地に届けませんか?
1千万円以上のご寄附)


 これまでの“被災地に音楽を”の活動では、多額の経費を必要とするフルオーケストラコンサートを実施できませんでした。
 1千万円のご寄附があれば、南相馬市にフルオーケストラの演奏を届けることができます。

【申込み方法】
 申し込みフォームの「寄附について」→「寄付金の使い道」欄で「日本フィルのフルオーケストラを南相馬市(被災地)に届けたい」を選択してください。

子どもたちの夢を応援するために
(杉並区次世代育成基金)


杉並区次世代育成基金


様々な可能性を持った子どもたちが、経済的な理由などに関わらず、参加することを通して、夢を持ち、広い視野を持って、自らの道を拓く人として成長していけるよう支援します。
【寄附の活用例】
  • 小学生高学年が、名寄市や小千谷市など交流自治体の生活や文化などに触れ、自主性、社会性を育くむ交流。
  • 中学生を対象にした小笠原村やオーストラリア・ウィロビー市での1~2週間の滞在、台湾台北市と、南相馬市や名寄市などとの中学生同士の野球交流を通じて、異なる生活習慣や文化などに触れる体験。
  • 東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、トップアスリートやスポーツ社会で活躍する人材から、小・中学生が直接指導を受けることで、子どもたちの才能を伸ばし、次世代のトップアスリートを目指す事業。
福祉のまちづくりを進めるために(杉並区社会福祉基金)

杉並区社会福祉基金

福祉施設の建設助成や社会福祉資源の拡充、社会福祉活動の支援に活用されます。
【寄附の活用例】
・高齢者、障害者、児童の福祉施設の建設助成
・様々な社会福祉事業

特養ホーム
▲杉並区社会福祉基金を活用して開設された特別養護老人ホーム

みどりを守り、育てるために(杉並区みどりの基金)

杉並区みどりの基金

杉並区の緑被率は、22.17%(平成24年度調査)です。
都市のみどりは、大気の浄化やヒートアイランド現象の緩和など都市環境の保全や、防災面でも大きな役割を果たしており、神田川や公園などのみどりの保全に加え、屋敷林や農地など杉並らしい歴史風土を今に伝える貴重な緑地を、後世に引き継ぐ取り組みを進めます。
【寄附の活用例】
 ・区を代表する公園などの整備
 ・民有の樹木保全のための保護樹林維持管理費用の助成
 ・建替えに伴う生け垣設置助成、緑化ボランティア団体への活動助成

▲様々な樹木に囲まれた坂の上のけやき公園

地域の活動を応援するために(杉並区NPO支援基金)

杉並区NPO支援基金

杉並区で、様々な地域貢献を行うNPO団体の活動を応援します。
【寄附の活用例】
・子供たちの教育格差解消を目指す、地域の教育関係者が講師となって中・高生に無料の学習支援活動。
・カフェスタイルで認知症の家族介護者同士が集まり、認知症の早期発見・診断の医療拠点や介護者と地域をつなぐ場を目指す活動。
・人と動物の共生を目指し、「どうぶつかるた」という独自の手法によりルールやマナー命の大切さの普及啓発活動。


▲介護を担う人たちを支援する拠点づくり

子どもたちに真心こもったプレゼントを届けるために

児童養護施設・乳児院に支援品をプレゼント

杉並区内7か所の児童養護施設や乳児院に、皆様のご寄附に対してお礼の品をお送りする代わりに、区が返礼品相当額を各施設が希望する品物を購入してプレゼントします。
寄附の際に、贈呈したい施設をお選び頂けます(品物は、各施設から要望された物をプレゼントするため、区にお任せいただきます。贈呈後、ふるさとチョイスや区のホームページで必ずご報告いたします)。


ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 29件 76件 20件
寄附金額 328,711,746円 48,435,045円 10,868,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 18件 36件 169件
寄附金額 4,724,000円 174,389,231円 19,562,880円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 428件 803件 785件
寄附金額 9,252,631円 43,499,725円 8,358,940円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 535,744人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 21.4%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • 4,209人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 13.5%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 0.0%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

東京都 杉並区 基本情報

住所
〒166-8570 東京都杉並区阿佐谷南1丁目15番1号
URL
http://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/kusei/furusatonouzei/index.html
TEL
03-3312-2111(代表)
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。
徳島県鳴門市
長崎県長崎市
宮崎県日向市
島根県浜田市
北海道夕張市 ReSTART
  • 佐伯を愛する方々に選ばれた、贅の極み定期便

    ふるさとチョイスと寄附者の方とのコラボ企画により、投票の結果見事トップの座に輝いた定期便です。
    2017年9月5日(火)22時39分
  • 9月23日放送の朝番組で取り上げられた「あなご」です。
    2017年9月25日(月)7時48分
  • 老舗青果店がお届けする庄内の秋の味覚。種なしの甘~い柿
    2017年9月23日(土)13時52分
  • 室戸の海洋深層水を使ったスペシャルブレッド(*^p^*)
    2017年9月22日(金)14時23分
  • 数の子松前・山海漬セット スルメも良し! わさびも良し!
    2017年8月25日(金)21時22分

ページ内の一番上へもどる