チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • いわてけん
  • かみへいぐん
  • おおつちちょう
  • 岩手県
  • 上閉伊郡
  • 大槌町
このエントリーをはてなブックマークに追加

選べる使い道

大槌町では、「ふるさと納税寄附金」を活用して、復興事業や新しいまちづくりのためのコミュニティ環境整備等の取組みを行っています。

「ふるさと納税寄附金」で、大槌町のまちづくりの応援をお願いします。

東日本大震災からの復興と災害に強いまちづくりのために

~東日本大震災津波からの復興~

東日本大震災は、当町に大きな被害をもたらし、多くの人命と財産を失いました。
皆様のご支援もあり、復興のステージは確実に進展しておりますが、様々な困難や問題が幾重にもたちはだかっております。
一日も早い復興を遂げるために住まいの確保と生活再建に全力をあげ、未だ将来に対する不安をかかえて生活されている町民のいのちと健康を守るため、生活支援を充実させる取り組みを行ってまいります。
また、このような被害に二度と遭わないためにも、災害に強いまちづくりを進めてまいります。
<復興局><総務部危機管理室>
放課後児童クラブ施設整備事業

保護者が就労等により日中家庭にいない子どもに生活の場を提供する「放課後児童クラブ」で使用する施設を整備します。

大槌町では、小学校の空き教室を利用して放課後児童クラブを運営していましたが、東日本大震災による津波で利用できなくなりました。現在は、仮設のプレハブ施設で運営しています。
子ども達が、友達と一緒に元気に楽しく放課後を過ごせるよう、皆様の力をお借りして施設を整備したいと思います。
<民生部保健福祉課>
第2子以降保育料無料化事業

子育て世代の経済的な負担を軽減するため、第2子以降の保育料の無料化を実施しています。


大槌町では、安心して子育てができるまちを目指して、多様なニーズに対応する保育・教育環境の整備を推進していくことに加え、子育て世代の経済的な負担を軽減するため、第2子以降の保育料の無料化にも取り組んでいます。
震災からの復興や町の未来を担う子ども達が健やかに成長できるよう、皆様の応援をお待ちしております。
<民生部保健福祉課>
大槌駅復旧事業~復興に向けて三陸をつなぐ鉄路再開のために~

東日本大震災津波により流失した大槌駅を再建する事業です。


平成31年3月の鉄路再開に向けて、大槌駅の再建を進めている真っ最中です。みんなに愛される大槌駅をつくることができるよう取り組んでいきますので、駅を再建できた暁には、鉄道で遊びに来て、新しい大槌駅を見ていただきたいと思っています。
応援、よろしくお願いします。
<総合政策部総合政策課>
おおつち型教育プロジェクト~20年後の大槌のために「町で育て、町が育つ」魅力ある教育を目指して~

学校を中心としたコミュニティの再構築を目的に、学校建設など教育環境の整備を進めてきたが、これからは学校・地域・家庭・行政が協働してそれぞれの垣根を取り払い、町全体で対話と実践を循環させた教育(おおつち型教育)を行っていくことで、ふるさとへの愛着を育て、20年後の大槌を担う人材を町で育てていく事業です。


震災を経験した大槌だからこそ、子どもたちの「今」を最優先にした学びを実践してきました。
地域が力を取り戻し、町全体で子供たちを育てる継続的な「町づくり」の循環に力を貸してくださいませんか。
<教育委員会学務課>
花と緑の景観形成事業~花と緑による「風景」と「心」の再生を目指して~

花と緑のまちづくり事業補助金は、地域の交流拠点における緑化整備活動を助成し、地域のコミュニティ活動を支援するとともに、美しい景観のまちづくりを支援していきます。

<民生部コミュニティ総合支援室>
町長におまかせ

~ずっと住み続けたい、住みたい、訪れたい町の実現へ~

定住促進、地域防災力の向上、人口減少・少子高齢化対策、子育て支援、コミュニティ活動の支援、新しい産業・生業の創出、観光の振興、ふるさと教育、防災教育、震災体験の継承・発信のための施策等に取り組んでまいります。
<総務部財政課>

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 8件 14件 6件
寄附金額 1,435,000円 1,216,880円 1,170,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 382件 322件 303件
寄附金額 43,633,228円 28,652,779円 36,847,046円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 392件 1,134件 4,578件
寄附金額 24,738,667円 68,162,100円 88,150,000円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数
  • 12,298人
  • 高齢化率
  • 35.4%全国平均25.9%
  • 人口増減数
  • -96人
  • 子供の割合
  • 15.7%全国平均17.7%
  • 過疎状況
  • 過疎地域市町村
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成29年度
  • 19.6%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

岩手県 大槌町 基本情報

住所
〒028-1115 岩手県上閉伊郡大槌町上町1番3号
URL
http://furusato.town.otsuchi.iwate.jp/
TEL
0193-42-8712
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。

自治体紹介icon自治体紹介

自治体紹介_画像

岩手県大槌町

鮭やいくらなど旨いものズラリ。多彩な海鮮が胸を張る町

岩手県沿岸のほぼ中央にある大槌町は、古くから漁業が盛んな港町で、町内を流れる川に遡上する鮭は特に有名です。また、「ひょっこりひょうたん島」のモデルともいわれる愛らしい佇まいの「蓬莱島(ほうらいじま)」は人気の観光名所となっています。2011年の東日本大震災では町の中心部を含む広範囲が被災、甚大な被害を受けました。今なお、皆様からの心温まるご支援をいただいておりますことを心より感謝いたしております。大槌町のふるさと納税は復興の歩みを皆様に感じていただけるよう取り組んでまいります。

自治体ランキングiconお気に入り数ランキング

この自治体への応援メッセージ

2017年10月15日 17:30
復興を応援しています。
2017年10月15日 15:42
震災後にボランティアで大槌町に伺いました。
応援しています。
2017年10月15日 15:26
なかなか遠くて行けませんが、こんな形で応援させてもらえたらと思います。
2017年10月15日 11:00
一日も早い復興をお祈りしています。
2017年10月14日 20:40
 「ひよっこりひょうたん島 」のテーマソングが町の中を流れていると雑誌で読みました。くじけない その意気で復興に向けて頑張っておいでなのでしょうね。普通の日常が早く戻りますように。いつか訪ねてみたいものです。
2017年10月14日 19:12
風評被害に負けず、頑張ってください!
2017年10月14日 18:00
いつか訪ねてみたいと思っています。わずかですが、お役に立てれば嬉しいです。
2017年10月14日 16:06
復興にむけて頑張ってください
2017年10月14日 9:25
まだまだ復興には時間がかかるかもしれませんが
頑張ってください。
2017年10月13日 23:54
娘が学生の時に震災ボランティア活動で小学校にお世話になりました。今は地元で小学校教諭しています。
ありがとうございました。
2017年10月13日 18:49
これからも引き続き応援させて頂きます。再来年の鉄道復旧、鎮魂の森造成等、徐々に町としての彩がまた戻ってくるかと思います。町民の皆様へお役に立てれば幸いです。私たちも力を与えて頂いていますので、これからも宜しくお願いします。
2017年10月13日 18:31
大槌町の皆さま、震災から6年半が経過しましたが、町の復興は如何ですか?!
中々岩手沿岸部までは行けませんが、頑張って下さい!
2017年10月12日 21:39
復興と街づくり、頑張ってください。
2017年10月12日 20:16
親戚が住んでいます!陰ながら応援しています。
2017年10月11日 11:36
大槌町の皆さんが元気で暮らせるようになることを祈っております。
2017年10月11日 8:47
まだまだ復興が進んでいないと聞いています。更なる進展と被災された方々の生活向上を願ってやみません。
2017年10月11日 0:54
頑張れ!大槌!!我が心の故郷。
2017年10月10日 17:37
震災の年に生まれた娘が6歳となり来年小学校に入学します。娘の成長を見るたびに、震災で失われた命について考えます。がんばれ大槌、がんばれ岩手、がんばれ東北。がんばろう東日本。
2017年10月10日 8:46
皆様から教えていただいたことを忘れないように日々暮らしております。
2017年10月9日 21:08
2012年、縁あって三陸沿岸を最初に訪れたのが大槌町でした。

盛岡時代の同級生にも会うことができ、皆様にいろいろ教わりました。

ありがとうございました。

来月にも行きたいと考えてます。
2017年10月9日 20:32
母親の出身地が大槌町でした。
震災を聞いて、大変胸が痛みましたが、復興を聞いてふるさと納税しました、頑張ってください。
2017年10月9日 20:01
復興も大事ですが、その中で苦労されているであろう子育てにこそ使用していただければと思います。
応援してます。
2017年10月9日 18:51
活気ある街へ早く望みます。
2017年10月9日 8:00
人口が増加し大槌町の町に活気が戻り、暮らしやすい町になりますよう応援しています
2017年10月8日 22:04
皆さまが健康でありますように
2017年10月8日 14:50
応援!というより・・・こちらこそ毎年お世話になっています。
海の幸、今年も楽しみにしています!

ページ内の一番上へもどる