お礼の品掲載数 申し込み自治体数 選べる使い道数 ふるさと納税サイトNo.1
ワンストップ特例制度

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • いわてけん
  • りくぜんたかたし
  • 岩手県
  • 陸前高田市
このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道の最新情報

  • 2017年11月20日(月)0時30分

     

    障がい者の皆さんの梱包作業が週4日になります

    陸前高田市ではふるさと納税のお礼の品の梱包作業を地元障がい者施設の皆様にお願いしております。最近までは1週間に2日のペースでお願いしていましたが、いよいよ今週から週4日になります。12月からは週5日になる予定です。これも全国の皆様からのご寄附のおかげです。

    作業がどれだけ多くても真面目に丁寧に一生懸命作業をしています。陸前高田市のふるさと納税には欠かせない「戦力」です。

    障がい者の皆様への賃金は時給ではなく、1個あたりの単価でお支払いしております。陸前高田市へのご寄附は「寄附の使い道」ではなく、直接障がい者の皆様への支援につながります。たくさんのメッセージもいただいて励みになっています、今後とも応援よろしくお願い致します。

  • 2017年11月18日(土)1時00分

     

    病気や障害のある方のための介護タクシー券

    【ふるさとタクシー助成事業費】

    以前にもご紹介させていただいきましたが、陸前高田市では交通手段を持たない高齢者や重度の障がいのある人などを対象に、タクシー利用料の一部を助成する「ふるさとタクシー助成事業」を実施しています。一般的なタクシー車両ではなく、介護・福祉用の車イスやストレッチャーも入る専用の車両でも利用できます。

    陸前高田市では「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を掲げています。年を重ねて身体機能や認知機能が低下しても、障がいを持つことになったとしても安心して暮らせる社会、男女が共に協力し合い安心して妊娠、出産、子育てができる社会、困っている人がいたら助けることが当たり前で、いわゆる「ノーマライゼーション」や「バリアフリー」という言葉すら意識する必要のない社会の実現を目指しています。

  • 2017年10月28日(土)22時00分

     

    高田高校の缶詰の発表が最優秀賞を受賞しました

    ふるさと納税のご寄付で導入した「洗函機(せんかんき)」を切っ掛けにエゾイシカゲガイとウニを使って商品化した缶詰、その名も【夢貝かぜ(むかいかぜ)】についての発表が全国水産・海洋高校生徒研究会発表の東北地区大会で最優秀賞を受賞しました。

    12月には宮崎県で開催予定の全国大会へ出場することが決まっています。発表した生徒さんはもちろん、関係者一同とても喜んでいます。これも全国の皆さまからいただいたご寄付のおかげです。

    ラベルも完成し、ふるさと納税の返礼品としての準備も着々と進んでおります。今後とも注目していただけると幸いです、よろしくお願い致します。

  • 2017年10月17日(火)9時30分

     

    高校の新たな商品作りのために!!

    岩手県立高田高等学校の海洋システム科では、授業の一環として、サバやサンマなど海産物を使用した缶詰等を作っています。年間で限られた数量しか作っておりませんが、産業祭りなどの地元のイベントで販売し、人気の品となっています。

    缶詰め制作には、缶に付いた機械油を洗う工程があり、通常は「洗函機(せんかんき)」という機械で行うのですが、高田高校では東日本大震災により流失してしまっています。そのため生徒さんが一缶一缶を手作業で行っていますので、数量が限られる要因でもあります。そこで、皆さまからいただいたご寄附の使い道として、このたび高田高校へ洗函機を寄贈する事となりました。

    この洗函機を導入することを記念して料理人「大田忠道」氏協力の元、「イシカゲ貝とウニ」を使用した缶詰めを商品化することとなりました!その名も【夢貝かぜ(むかいかぜ)】。返礼品にも加わる予定ですので、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

  • 2017年10月16日(月)19時00分

     

    地域を見守る元気なお年寄り

    【地域見守り隊活動支援事業費】

    地域見守り隊のユニホームを新調しました。地域見守り隊では市内各地の老人クラブに所属している皆さんが、小学生の登下校の見守りや災害公営住宅や仮設住宅、地域で暮らす高齢者等への安否確認活動に対する声掛け等を行っています。

    東日本大震災後の平成26年10月から順次、市内に災害公営住宅が完成し、市民の居住環境は仮設住宅から災害公営住宅へと変わりました。入居前までの、朝夕に隣同士の顔が見えていた仮設住宅の生活環境が一変し、ドアを閉めてしまえば隣の様子を伺うこともできません。お年寄りの中には「寂しい、話し相手がいない」などの声も聞こえてきました。

    そこで見守り隊の出番です。若い方ではなく、顔見知りの同世代の方々が「元気でいますか。お変わりありませんか。何か相談や悩み事は?」と声をかけ、訪問することで安心感もあります。活動が一目で分かるように揃いのユニホームを新調し、さらに充実した活動が期待されます。

陸前高田市の使い道の報告をもっと見る

選べる使い道

 2011年の震災から数年が過ぎ。陸前高田市は今、復興へ向けてのさまざまな歩みを進めています。
それは「以前の姿を取り戻す」のではなく、より住みやすく、活気があり、いろんな人
たちが手を取り合って暮らしていける、新しいまちづくりです。

 テーマに掲げるのは「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」困っている人
がいたら皆で助け合うことが当たり前で、障がいのある人もない人も、若者も高齢者も、
地域で暮らす人も観光や支援で訪れる人も、安心して快適に過ごせるまち。

「ノーマライゼーション」や「バリアフリー」という言葉すら意識する必要のないまち
を目指します。

①子ども支援のための事業

出産・子育て支援、教育の充実など
<2017年度事業予定>
・子育て応援事業・・・子育て世帯を対象とした市内店舗で利用できるクーポン券の配布
・中学生医療費給付事業・・・中学生の医療費に対する助成
・妊産婦支援事業・・・子育て応援ヘルパーの派遣
・思春期・青年期保健事業・・・エイズフォーラム・講座開催
・乳幼児歯科健診事業・・・乳幼児の歯科検診の実施

②高齢者・障がい者支援のための事業

ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり、医療・福祉の充実など
<2017年度事業>
・ふるさとタクシー助成事業・・・運転免許を持たない高齢者へのタクシー利用券の配布
・地域見守り隊活動支援事業・・・災害公営住宅高齢者の安否確認活動

③農林水産業・商工業等の振興のための事業
観光、交流人口、ブランド米「たかたのゆめ」の振興など
<2017年度事業>
・果樹産地化推進事業・・・りんごやゆずなど果樹の産地化
・たかたのゆめ普及推進事業・・・農業体験ツアー
・エゾイシカゲガイの販促事業・・・エゾイシカゲガイの販売促進用
・観光宣伝事業費・・・観光看板のリニューアル
④移住・定住促進のための事業
人口定住増加対策事業
<2017年度事業>
・人口定住増加対策推進事業・・・市外からの移住者の住宅取得に対する助成
⑤コミュニティ活動・NPO団体等の支援のための事業
祭り、地域行事、たかたのゆめちゃんのPR活動の支援など
<2017年度事業>
・コミュニティ施設維持管理事業・・・コミュニティセンターへのAEDの設置

⑥その他のふるさとづくりのための事業
<2017年度事業>
・地域ブランド化推進事業・・・農林水産物等を原材料とした特産加工物の開発
・交通確保対策事業・・・ふるさとバスの停留所標識の設置
・陸前高田思民推進事業・・・陸前高田市と関わりを続ける人たちを対象とした「陸前高田思民」制度の創設・推進

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 8件 15件 16件
寄附金額 420,000円 864,000円 590,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 0件 0件 0件
寄附金額 0円 0円 0円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 0件 25,198件 28,226件
寄附金額 0円 293,542,576円 420,585,000円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 20,278人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 35.5%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -173人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 14.8%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 8.3%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

岩手県 陸前高田市 基本情報

住所
〒029-2292 岩手県陸前高田市高田町字鳴石42番地5
URL
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/shisei/kakuka-oshirase/kikaku/furusato-nouzei.html
TEL
0192‐54‐2111
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。
三重県多気町 前川次郎柿

スタッフ厳選!注目の自治体特集

佐賀県小城市
石川県輪島市
島根県奥出雲町
高知県香南市
山形県東根市
北海道夕張市 ReSTART
北海道夕張市 ReSTART
Areal Japan
JTB西日本

ページ内の一番上へもどる