トラストバンク紹介動画

トラストバンク紹介ムービー

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

  • いわてけん
  • りくぜんたかたし
  • 岩手県
  • 陸前高田市
このエントリーをはてなブックマークに追加

使い道の最新情報

  • 2017年7月18日(火)18時35分

     

    子育て応援クーポン券の配布

    「子ども支援のための事業」
    ふるさと納税の使い道の中で、陸前高田市へご寄附いただいた皆様の関心が一番高いのが【子ども支援のための事業】です。
    子ども子育て課では、子育て世帯の負担軽減のため、ふるさと納税の寄附金を原資とした「子育て応援クーポン券」を7月より交付開始いたしました。
    全国の皆様からいただいた大切なご寄附は、このように大切に使わせていただきます。
    今後ともよろしくお願い致します。

  • 2016年11月25日(金)22時25分

     

    AIDS文化フォーラムの開催

    「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を目指して
    〇理解促進研修・啓発事業
     HIV/AIDSという偏見・差別が根強い病気を通して、いま、陸前高田市が推し進めているノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくりの方向性を考えたイベントです。
     平成17年度から、陸前高田市青年会議所が中心となって保健所や市との協働で開催し、人と人とのつながりの大切さを伝え続けてきました。震災により一時中断されましたが、平成25年度からさまざまな思考を取り入れ再開。
     今年は会場での展示のほかに、医師や保健師の講演や市長も交えたトークセッションが行われ多くの方にご参加いただきました。


  • 2016年9月10日(土)19時30分

     

    子ども支援のための事業

    「子供を育てやすい環境」を目指して
    〇子育て相談事業
     東日本大震災の影響によりそれまでの地域コミュニティが崩壊し『近隣に顔見知りがいない』『相談相手がいない』『サポートしてくれる方がいない』などの理由で子育てに不安を抱える方が増えました。
     不安を少しでも解消できるように、専門の相談員が相談を受け、同じように悩みを持っている方たちとの交流や情報提供等を行う機関へのつなぎを行う費用として使用させていただきました。
     今後は子供支援のための事業として、震災で流失してしまった保育所などの再建にも活用させていただく予定です。

  • 2016年8月12日(金)13時28分

     

    障がい者支援のための事業

    「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を目指して
    〇理解促進研修・啓発事業
     いつも陸前高田市へのご寄付と応援メッセージをいただき、ありがとうございます。
     この事業では、昨年度から「陸前高田市交流将棋大会」という、障がいのある人と小学生が将棋を通して交流する機会を提供するイベントを開催しております。
     普段なかなか交流する機会がない、障がいのある人と早いうちから触れ合うことで、障がいに対する理解と関心を深めていただくことを目的としています。
     皆様に理解と関心を持っていただき、参加者が増え、これからも継続して開催できるよう、この事業費に活用させていただきたいと思います。
     9月には将棋だけでなく様々なツールを使用した内容での開催を予定しておりますので、それについても皆様にお知らせします。

陸前高田市の使い道の報告をもっと見る

選べる使い道

 2011年の震災から5年が過ぎ。陸前高田市は今、復興へ向けてのさまざまな歩みを進めています。
それは「以前の姿を取り戻す」のではなく、より住みやすく、活気があり、いろんな人
たちが手を取り合って暮らしていける、新しいまちづくりです。

 テーマに掲げるのは「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」困っている人
がいたら皆で助け合うことが当たり前で、障がいのある人もない人も、若者も高齢者も、
地域で暮らす人も観光や支援で訪れる人も、安心して快適に過ごせるまち。

「ノーマライゼーション」や「バリアフリー」という言葉すら意識する必要のないまち
を目指します。

①子ども支援のための事業

出産・子育て支援、教育の充実など
<2017年度事業予定>
・子育て応援事業・・・子育て世帯を対象とした市内店舗で利用できるクーポン券の配布
・中学生医療費給付事業・・・中学生の医療費に対する助成
・妊産婦支援事業・・・子育て応援ヘルパーの派遣
・思春期・青年期保健事業・・・エイズフォーラム・講座開催
・乳幼児歯科健診事業・・・乳幼児の歯科検診の実施

②高齢者・障がい者支援のための事業

ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり、医療・福祉の充実など
<2017年度事業>
・ふるさとタクシー助成事業・・・運転免許を持たない高齢者へのタクシー利用券の配布
・地域見守り隊活動支援事業・・・災害公営住宅高齢者の安否確認活動

③農林水産業・商工業等の振興のための事業
観光、交流人口、ブランド米「たかたのゆめ」の振興など
<2017年度事業>
・果樹産地化推進事業・・・りんごやゆずなど果樹の産地化
・たかたのゆめ普及推進事業・・・農業体験ツアー
・エゾイシカゲガイの販促事業・・・エゾイシカゲガイの販売促進用
・観光宣伝事業費・・・観光看板のリニューアル
④移住・定住促進のための事業
人口定住増加対策事業
<2017年度事業>
・人口定住増加対策推進事業・・・市外からの移住者の住宅取得に対する助成
⑤コミュニティ活動・NPO団体等の支援のための事業
祭り、地域行事、たかたのゆめちゃんのPR活動の支援など
<2017年度事業>
・コミュニティ施設維持管理事業・・・コミュニティセンターへのAEDの設置

⑥その他のふるさとづくりのための事業
<2017年度事業>
・地域ブランド化推進事業・・・農林水産物等を原材料とした特産加工物の開発
・交通確保対策事業・・・ふるさとバスの停留所標識の設置
・陸前高田思民推進事業・・・陸前高田市と関わりを続ける人たちを対象とした「陸前高田思民」制度の創設・推進

ふるさと納税の報告

寄附件数・寄附金額情報

年度 2008年 2009年 2010年
寄附件数 8件 15件 16件
寄附金額 420,000円 864,000円 590,000円
年度 2011年 2012年 2013年
寄附件数 0件 0件 0件
寄附金額 0円 0円 0円
年度 2014年 2015年 2016年
寄附件数 0件 25,198件 28,226件
寄附金額 0円 293,542,576円 420,585,000円
出典: 総務省より

自治体の状況

人について

  • 人口数※平成27年1月1日時点
  • 20,278人
  • 高齢化率※平成27年1月1日時点
  • 35.5%全国平均25.9%
  • 人口増減数※平成26年1月~12月
  • -173人
  • 子供の割合※平成27年1月1日時点
  • 14.8%全国平均17.7%
  • 過疎状況
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

財政について

  • 歳入における
    地方交付税の割合
    ※平成25年度
  • 8.3%全国平均16.5%
出典: 総務省 ※総務省のデータを元にふるさとチョイスで算出

岩手県 陸前高田市 基本情報

住所
〒029-2292 岩手県陸前高田市高田町字鳴石42番地5
URL
http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/shisei/kakuka-oshirase/kikaku/furusato-nouzei.html
TEL
0192‐54‐2111
※コメントは、名前等フェイスブックの公開基本データも表示されますのでご注意ください。
ガバメントクラウドファンディング
命をつなぐ「こども宅食」で、1000人のこどもと家族を救いたい!
難病と闘う子供たち「毎日の治療」に伴う痛みを和らげるため、研究にご支援を
広島から全国へ!殺処分0にご支援を
夕張高校魅力化プロジェクト
北海道夕張市 ReSTART
  • 琵琶湖畔からお届けする【国産ブランデー・ワインセット】です!

    自社農園産ブドウを使い10年以上熟成させた秘蔵ブランデーとベリーA系の赤ワイン、フレッシュで軽快の白ワインの3本セット
    2016年4月1日(金)21時19分
  • 採れたて直送!「森のアスパラ」
    2017年7月4日(火)10時14分
  • 秘境・椎葉の非加熱天然湧水「母ちゃ~ん」
    2017年5月19日(金)13時36分
  • 大隅うなぎ蒲焼たらふく15尾セット!
    2017年7月21日(金)14時17分
  • カメラレンズ用偏光フィルター Zéta Quint C-PL
    2017年7月24日(月)9時52分

ページ内の一番上へもどる