チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

佐賀県NPO支援からの最新情報

自治体からの最新情報RSS
  • 2017年9月21日(木)10時19分

    佐賀県NPO支援

    シニアに人気の温泉地!嬉野温泉

    佐賀県のふるさと納税(NPO支援)の取組みを行う「佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター」では、障がい者・高齢者・ベビーカーユーザー・外国人などを含むすべての人の旅行のお手伝いを行っています。佐賀県嬉野市で、ヘルパーによる温泉入浴介助をはじめとした様々な活動を行い、今では年間1000人を超える多くの高齢者・障がい者とそのご家族の皆様の旅行をサポートしています。このような活動の成果もあり、嬉野温泉は、「シニアに人気の温泉地」(楽天トラベル調べ)で2年連続日本一の評価をいただいています。このたび、みんなのトイレ情報、オストメイト、障害者用駐車場、歩行者階段などを記載したさまざまなユーザー向けの嬉野温泉街マップを作成しましたのでお知らせします。活動の応援よろしくお願いします。http://uresino.net/index.php

  • 2016年12月27日(火)13時16分

    佐賀県NPO支援

    『1型糖尿病』根治に向けての支援ができます

    1型糖尿病(生涯に渡って毎日数回の注射又はポンプによるインスリン補充が欠かせない病)。認定NPO法人日本IDDMネットワークでは、原因不明で国内の年間発症率は10万人当たり1~2人)を「治らない」病から「治る」病にするために、ふるさと納税を活用し、研究費を助成を行っています。

  • 2016年12月9日(金)20時41分

    佐賀県NPO支援

    将来の国際協力を担う人材を育てるお手伝いをします

    認定NPO法人 難民を助ける会(AAR Japan) は、日本で生まれた、37年の歴史を持つ国際NGOです。現在は世界17ヵ国で、シリアや南スーダンの難民支援、自然災害の被災者支援、障がい者の自立支援、地雷対策などを行っています。いただいたご寄附は世界での支援活動のために活用させていただくとともに、佐賀県内で経験豊富な職員による出張授業などを実施し、将来の国際協力を担う人材を育てるお手伝いをさせていただきます。

  • 2016年11月29日(火)16時56分

    佐賀県NPO支援

    佐賀NPOのふるさと納税フェアが開催されます。

    佐賀県のふるさと納税(NPO支援)に取り組むNPO等12団体が連携し、「佐賀県にふるさと納税しNPOを支援しよう」というイベントを開催されます!
    ※詳しくはコチラ⇒ http://www.saga-furusato.com/

    佐賀県ではふるさと納税を通じて県内の課題解決に取り組むNPO等を支援しています。
    この度、首都圏の皆様に佐賀の取り組みを御紹介するため、佐賀県内のNPO等が有楽町東京交通会館で佐賀県の「ふるさと納税(NPO等指定寄附)」の仕組みや寄附を活用したNPOの活動内容を紹介されます。当日は返礼品の試食やインターネットを使ってのふるさと納税の方法も紹介される予定となっておりますので、ぜひ足をお運びください。

    ■日 時
     12月3日(土)、4日(日) 11:30~17:30
    ■場 所
     東京交通会館1F ピロティ(東京都千代田区有楽町2-10-1)

  • 2016年11月7日(月)16時11分

    佐賀県NPO支援

    産前産後女性のトータルサポート事業

    NPO法人poco a boccoでは、妊娠期および産後の女性を「こころ」「からだ」「ワークライフバランス」の3つの視点から、継続的かつきめ細やかにサポートする仕組みを作っています。佐賀の女性たちがココロもカラダもぽかぽか健やかに輝くサポートのために。また、幅広い年代、ライフスタイルの方に気軽に参加してもらえる「SAGAN COFFEE FESTA(2017年3月12日開催予定)」のイベント開催のために活用させていただきます。

  • 2016年11月4日(金)12時54分

    佐賀県NPO支援

    児童養護施設から社会に巣立つ子供たちの自立支援

    NPO法人ブリッジフォースマイルは、児童養護施設等を18歳で退所する子どもたちの自立支援を行っています。
    みなさんからいただいた寄附を活用し、子どもたちが笑顔で社会生活を送れるよう、ひとり暮らしの知識とスキルを学ぶ巣立ちプロジェクトを始め、奨学金プログラム、就労支援など中学生から退所後まで参加できる多数のプログラムを実施します。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年10月9日 22:27
こどもたちの生活が少しでも楽に、楽しくなるように祈っています。少額ですが、お役にたつことができれば幸いです。
2017年10月7日 21:27
小さな子供たちが、病と共に生き続けないとならない
ならば、少しでも苦しみが減るよう、賛同します。
2017年10月7日 21:26
小さな子供たちが、病と共に生き続けないとならない
ならば、少しでも苦しみが減るよう、賛同します。
2017年10月7日 17:42
今回初めて病気のことを知りました。
素晴らしい取り組みだと思います。
どうぞお役立てください。
2017年10月6日 22:31
必ず治る日が来ることを信じてます!
2017年10月5日 20:44
子どもたちと親御さんののつらい気持ちが少しでもなくなればいいと思います。
2017年10月5日 14:07
少額ですがですが応援させて下さい。
2017年10月5日 9:55
根治頑張ってください。
2017年10月4日 22:22
必ず治る日が来る。
2017年10月4日 12:25
子供たち、がんばって!
2017年10月4日 10:22
プロジェクトのますますのご発展をお祈りしています。
2017年10月4日 9:49
子供が医科歯科大の神経内科にお世話になっています。(指定難病です)メールで初めてプロジェクトを知りました。Ⅰ型糖尿病で20才台でなくなった方を知っています。(もう35年も前の事ですが)少しですが、お役に立てたら嬉しいです。
2017年10月1日 13:31
息子が突然 急性1型糖尿病になり、完治の方法がないのかと模索したところ、この活動を知りました。 大変有意義な活動であり、また研究への寄付ができる事を大変嬉しく思います。
2017年9月30日 8:09
少しでも力になれば嬉しいです。
希望ある未来を信じて頑張ってください。
応援しています。
2017年9月30日 6:23
子どもが1型になって、4年がたちました。注射をしない生活ができることをいつも祈っています。希望✨を与えてくださってありがとうございます。
2017年9月29日 12:31
諦めず、希望を持って生きてください。
2017年9月29日 12:26
ふるさと納税の使い道にこんなプロジェクトがあることを知り、ほんの少しでも研究のお手伝いができる機会を得られたことに感謝します。
私も子供を持つ親、子供たちの未来がいつも輝いていてくれるよう祈っています
2017年9月27日 22:19
子供達の未来を支える力になれば、幸いです。
この活動で頑張っている皆さんへ
日々お疲れ様です。
どうかご自愛ください!
2017年9月24日 22:56
子供たちが未来にもっと希望を持てるように、選択肢が増えるようにと思い寄付しました。いろんなことにチャレンジしてください!
2017年9月23日 19:38
少しでも力になれればと思いました。
2017年9月23日 14:27
私の妹も1型糖尿病です。
一日でも早く、針を使わない治療が普及するよう祈っていますが、その実現に向けて動いておられるみなさんを微力ながら応援させていただきます。
これからも頑張ってください!
2017年9月21日 22:42
根治できる日が来ると信じています。
毎日、元気に楽しく過ごしてくれることを
祈っています。
2017年9月21日 16:13
涙から笑顔にかわりますように!
2017年9月18日 19:02
このプロジェクトを目にしたとき、「あった!」と同時に
涙がこみあげてきました。
私の娘もⅠ型糖尿病です。
「なぜ、私なの・・・」と泣いてすごしたときもありました。
どうぞ、頑張っていただきたいと思います。
少しでも力になれば、とおもいます。
2017年9月17日 19:46
同じ病気を持つ女の子に頑張る力をみせてもらいながら、私たち親子は過ごしています。少しですが応援させてください。
2017年9月17日 14:45
素晴らしい取組ですね。是非頑張ってください。
2017年9月16日 11:58
少しでもお役に立てれば。
2017年9月11日 12:54
37歳のときに1型糖尿病と診断され、現在は末期腎不全となり血液透析をしています。だいぶ成長してからの発病ですが1日4回の注射、そのたびごとの血糖値の測定はやはり負担です。一度発症してしまうと一生付き合っていかなければならない。それが子供のときからとなればなおのことだと思います。少しでもその負担が軽減することを願って、少額ではありますが参加させていただきます。
2017年9月9日 17:46
5歳の娘はI型糖尿病を発症してから2年経ちます。
少しでもよりよく過ごせる生活を望みます。
2017年9月8日 12:25
少しばかりですがお役立て下さい

ページ内の一番上へもどる