チョイシーズ

キーワードでチョイス

配送指定可能月でチョイス

※申込み時に配送希望月の記載が必要

  •      
  •      
  •      
  •      
  •      
  •    

特徴でチョイス

寄附金額でチョイス

お礼の品でチョイス

地域でチョイス

使い道でチョイス

佐賀県NPO支援からの最新情報

自治体からの最新情報RSS
  • 2016年12月27日(火)13時16分

    佐賀県NPO支援

    『1型糖尿病』根治に向けての支援ができます

    1型糖尿病(生涯に渡って毎日数回の注射又はポンプによるインスリン補充が欠かせない病)。認定NPO法人日本IDDMネットワークでは、原因不明で国内の年間発症率は10万人当たり1~2人)を「治らない」病から「治る」病にするために、ふるさと納税を活用し、研究費を助成を行っています。

  • 2016年12月9日(金)20時41分

    佐賀県NPO支援

    将来の国際協力を担う人材を育てるお手伝いをします

    認定NPO法人 難民を助ける会(AAR Japan) は、日本で生まれた、37年の歴史を持つ国際NGOです。現在は世界17ヵ国で、シリアや南スーダンの難民支援、自然災害の被災者支援、障がい者の自立支援、地雷対策などを行っています。いただいたご寄附は世界での支援活動のために活用させていただくとともに、佐賀県内で経験豊富な職員による出張授業などを実施し、将来の国際協力を担う人材を育てるお手伝いをさせていただきます。

  • 2016年11月29日(火)16時56分

    佐賀県NPO支援

    佐賀NPOのふるさと納税フェアが開催されます。

    佐賀県のふるさと納税(NPO支援)に取り組むNPO等12団体が連携し、「佐賀県にふるさと納税しNPOを支援しよう」というイベントを開催されます!
    ※詳しくはコチラ⇒ http://www.saga-furusato.com/

    佐賀県ではふるさと納税を通じて県内の課題解決に取り組むNPO等を支援しています。
    この度、首都圏の皆様に佐賀の取り組みを御紹介するため、佐賀県内のNPO等が有楽町東京交通会館で佐賀県の「ふるさと納税(NPO等指定寄附)」の仕組みや寄附を活用したNPOの活動内容を紹介されます。当日は返礼品の試食やインターネットを使ってのふるさと納税の方法も紹介される予定となっておりますので、ぜひ足をお運びください。

    ■日 時
     12月3日(土)、4日(日) 11:30~17:30
    ■場 所
     東京交通会館1F ピロティ(東京都千代田区有楽町2-10-1)

  • 2016年11月7日(月)16時11分

    佐賀県NPO支援

    産前産後女性のトータルサポート事業

    NPO法人poco a boccoでは、妊娠期および産後の女性を「こころ」「からだ」「ワークライフバランス」の3つの視点から、継続的かつきめ細やかにサポートする仕組みを作っています。佐賀の女性たちがココロもカラダもぽかぽか健やかに輝くサポートのために。また、幅広い年代、ライフスタイルの方に気軽に参加してもらえる「SAGAN COFFEE FESTA(2017年3月12日開催予定)」のイベント開催のために活用させていただきます。

  • 2016年11月4日(金)12時54分

    佐賀県NPO支援

    児童養護施設から社会に巣立つ子供たちの自立支援

    NPO法人ブリッジフォースマイルは、児童養護施設等を18歳で退所する子どもたちの自立支援を行っています。
    みなさんからいただいた寄附を活用し、子どもたちが笑顔で社会生活を送れるよう、ひとり暮らしの知識とスキルを学ぶ巣立ちプロジェクトを始め、奨学金プログラム、就労支援など中学生から退所後まで参加できる多数のプログラムを実施します。

この自治体の特集一覧

GCFへの応援メッセージ

2017年8月16日 0:21
少ない金額で恐縮ですが、このような有意義なふるさと納税で、明るい未来が来るのを応援しています。
2017年8月14日 19:35
今年もささやかながら応援させていただきます。
2017年8月13日 22:24
子どもの負担を減らせるように頑張ってください。
2017年8月13日 16:19
子供たちの苦しみが1日も早く解放できるよう、頑張ってください。
2017年8月13日 2:56
注射が亡くなったらどんなに良い事でしょう
研究が進む事を期待しています
2017年8月12日 20:22
ふるさと納税にこんな使い方があったとは初めて知りました。
少額ですが、子供たちが注射器から解放される日を信じて応援します。
研究者の皆さん、頑張って早く効果のある根治療法を見つけてさしあげてください。
2017年8月10日 13:44
妻が1型の糖尿病です。
暮らしぶりを身近で見ている者として、なんとかこの病気を治してあげたいと強く感じていました。
小児期をすぎると自己負担になるのもおかしいと感じていますので合わせて取り組みが進むことを願っています(^^)
2017年8月9日 22:37
少しだけですが、力になれれば嬉しいです
2017年8月7日 16:31
毎日の血糖測定や、インスリン注射…本当に大変ですよね。
1日でも早く、皆様にとって負担が少なくなる日が来ることを祈っています!
2017年8月7日 1:14
夫が昨年1型糖尿病を発症しました。大人でも病気に振り回され苦戦しているのに、小さな子供達が毎日戦っていると思うと胸が苦しくなります。採血なしの血糖測定、研究期待しています。
2017年8月5日 15:23
難病が難病でなくなりますように、4年生しおり
2017年8月4日 23:07
素敵なプロジェクトに参加させていただきありがとうございます。成功を心よりお祈りします。
2017年8月3日 9:50
素直な子供たちに夢のある未来を!
少しだけですが、役に立てると嬉しいです。
2017年8月3日 1:36
子供達のため、未来のために、このプロジェクトを成功させて下さい。
2017年8月2日 17:17
絶対に成功させてくださいね。
寄付者全員に、この顛末を必ず報告してください。
みんなの思いが届きますように
2017年8月1日 23:09
このたびのプロジェクトで、子供ながらに病気と闘っている方々がいることを知り、少しでもお役に立てればと思いました。
1日でも早く、子供たちが注射の要らない医療を受けることが出来ますように祈っております。
2017年8月1日 22:22
小さい子供がいます。
どうか1日も早く注射を打たずに治療できる方法が見つかりますように。少しでも、今頑張って治療している子供達の助けになるよう寄付させていただきたいと思います。
2017年8月1日 18:12
1型DMは中年期以降でも発症します。大人にとっても生活が様々制限され、体力も落ち諦めるなくてはならないことが多くなります。全ての患者に明るい未来が開かれるように。
2017年8月1日 17:43
医療従事者として患者さんの毎日の注射が軽減、なくなる日が来てくれることを願っております。わずかではありますがプロジェクトに協力いたします。
2017年7月31日 22:33
小児科医として糖尿病のこどもたちと接しています。

給食前に注射のため自分だけ保健室に行ったり、体育のときに低血糖を心配して何か食べなくてはならなかったりと、毎日の生活のなかでお友達の目が気になる場面がたくさんあるようです。

糖尿病のこどもたちも、何も心配せずたくさん運動したり、お友達と寄り道して好きなものを食べたりできるようにしてあげたいな、といつも思います。こうした研究がさらに進んでいくことを願っています。
2017年7月31日 21:38
私も難病指定されている病気を持っております。現状では日常生活に支障はありませんが、このまま進行するといずれ透析になります。しかし、この子達に比べれば何ともないです。小さい頃からこのような注射をしなければいけないのは心が痛みますし、こんな病気を気にせず、子供らしく思い切り遊んでほしいです。微々たる寄付ですが子供達に明るい未来を与えれる力になりたいです。

子供は世界の宝です。
2017年7月31日 1:45
医療機関に勤務しており、日常的に1型糖尿病の方と接しています。
この方々の負担が少しでも軽減される事を願って、プロジェクトに協賛させて頂きます。
2017年7月30日 22:17
医師として診療に携わっている中で、毎日の注射は辛いだろうと感じていました。将来注射がいらない世界が来ることを願っています。
2017年7月30日 21:50
昨年に引き続き3回目のプロジェクト参加です。子供が13歳の時に一型にかかり28年経ちました。治る日が来るのを信じておりますので、研究者の方々宜しくお願いします。
2017年7月30日 19:30
少しでもお役に立てば幸いです。
2017年7月30日 19:04
どのような小さい問題でも子供に起きることは心配ですのに、大きな不安を抱えて生きているご家族の心配を思うと心が痛みます。子供たちが前を向いて生き、未来への希望を持てますように。
2017年7月30日 18:29
姪がⅠ型糖尿病です。
一日でも早いプロジェクトの成功を祈っています。
そして、少しでも早く、必要としている患者に届けてください。
2017年7月30日 18:27
子供たちの笑顔のために、継続して頑張ってください。
2017年7月30日 17:07
本当に素晴らしいプロジェクトです。子供達がもっと元気になれるよう応援させていただきます!
2017年7月30日 15:41
子供たちの苦しみが一刻も早く無くなるよう。医学の進歩を祈っています。

ページ内の一番上へもどる