子ども食堂の支援としあわせ食卓事業で、子どもたちの心の笑顔をつくりたい

カテゴリー:子ども・教育 

main_img

寄付金額 1,360,000

27.2%

目標金額:5,000,000

達成率
27.2%
支援人数
37
終了まで
102
/ 113

東京都品川区 (とうきょうと しながわく)

寄付募集期間:2020年9月10日~2020年12月31日(113日間)

東京都品川区

プロジェクトオーナー

「食の支援から、子どもたちに元気な未来を届けたい」
「いただいたご寄付を何倍も価値あるものに繋げたい」

という想いを持って、令和元年度から、子どもの食の支援事業に取り組んでいます。

子どもの居場所として、大切な役割を果たしている「子ども食堂」の活動を支援すると共に、しあわせ食卓事業は、子ども食堂のような場に行くことができない子どもたちにも食品を届ける取り組みです。

今年度も、ガバメントクラウドファンディングにより事業を進めてまいります。皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

東京都品川区

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-

【注意事項】

区外の方だけでなく、品川区民の方も品川区にふるさと納税が出来ます。もちろん控除も受けられます。

 

「しあわせ食卓事業」の食品を受取り、気持ちに変化があった家庭…≪95%≫

多くの方の明日への気力につながっています

令和元年度実施したガバメントクラウドファンディングにより、しあわせ食卓事業として累計888世へ食品配送を行うことができました。

その結果、95%の家庭が、食品を受取る前後で気持ちの変化があったと答えました。(アンケート結果より)

食品を受取った家庭から、たくさんの感謝の言葉や、切実な日々の様子が寄せられました。

・ひとりじゃないと思えた、頑張ろう。
・前向きな気持ちになった。
・ほっとした。
・誰かの役に立ちたいと思った。
・感謝するようになった。


しあわせ食卓事業は、単に食品を配送するだけでなく、前向きな気持ちへと変化をもたらし、明日への気力につながっています。

 

しあわせ食卓事業の取り組み

第1回しあわせ食卓事業として食品を配送(令和2年3月)

18歳未満の子どもを養育しているひとり親家庭等(生活保護世帯を除く)を中心に募集を行い、258世帯からの申し込みがあり、全世帯へ食品を配送しました。

坂井市からいただいたお米を発送(令和2年5月)

新型コロナウイルス感染症の影響により学校が休校、給食がなくなった各家庭では、自宅での食事の機会が増加。ひとり親家庭等では、主食であるお米が不足する事態となりました。しあわせ食卓事業においてもお米が不足していました。品川区と連携協定を締結している福井県坂井市協力のもと、第1回しあわせ食卓配送世帯に新たに対象となった世帯へ募集を行い、申し込みのあった62世帯を合わせた320世帯へ、お米の配送が実現しました。

第2回しあわせ食卓事業として食品を配送(令和2年6月)

お米発送世帯から、転出等の理由により対象外となった世帯を除く310世帯へ食品を配送しました。
第1回食品配送後届いた声を参考に、希望するレトルト食品、乾麺や調味料マスク等、多くのご家庭に喜ばれる物を発送することが出来ました。

食品を受取ったひとり親家庭の皆さんから、感謝の声や、切実な日々の様子が寄せられました。

・支援の品物が届き、サンタクロースからプレゼントが届いたような喜びを親子で体験させていただきました。
・コロナで仕事が減り、子どもの食費がかさみ本当に大変でした。仕事もお金も余裕が出来たら必ず恩返しをしたいと思います。
・子どもが帰宅した時の笑顔が楽しみです。大切にいただきます。
・息子(中学男子)は恥じらいがあり、子ども食堂に行かないので、周囲に分からず食品をいただけるので大助かりです。
・支えられている、ひとりじゃない、私もいつか支えられる人になろう!と、感謝の気持ちがわきました。ありがたいです。
・どこかで私たちの事を考えていただけている気持ちがとても嬉しいです。孤独では無いのかなと思い胸が熱くなります。頑張れます!
・同封の資料も拝読し、この事業に沢山の方々の支援があったことを知り、お腹はもちろん、心も満たされ、中身以上に想いの詰まった贈り物だと感じました。昨年、共に子供の成長を喜ぶはずだった夫を亡くし孤独を感じていたところ、地域にこのような形で助けていただき1人ではない安心感や心強さ、まさに「しあわせ」をいただきました。

 

子ども食堂継続支援の取り組み

子ども応援基金へ100万円を寄付しました

現在、品川区内の子ども食堂数は24か所(令和2年7月末)に増えました。
食堂毎に運営方法はさまざまですが、1か月に複数回開催する子ども食堂も増えています。
開催回数の多い子ども食堂にとって、5万円の年間上限助成額は十分とはいえない現状です。
そこで、子ども食堂の運営を継続的に支援するため、令和2年3月、「子ども応援基金※」へ100万円を寄付しました。

これにより、子ども食堂への年間上限助成額を3倍に引き上げ、
月に複数回開催する子ども食堂も、開催毎に助成金を受け取ることが可能となりました。

※子ども応援基金・・・区民が地域の中で子どもたちに対して食事の提供や居場所づくり、学習の場を提供する活動をしている団体を支援するための基金。一般の方からもご寄付を積み立てています。(設置:品川区社会福祉協議会)

新型コロナウイルス感染症による影響

区内24か所(令和2年7月末)ある子ども食堂ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に活動を中止しているところもあります。

地元や、企業などからいただいた寄付品を活用して、フードパントリーを開催しています。

みんなでご飯は食べられないけれど、品川区の子ども食堂には、顔と顔とのみえる繋がりがあります。
子どもたちの笑顔を守るために頑張っています。

品川区の子ども食堂ってどんなところ?

みんなで食べる楽しさや温かさを提供したい

子ども食堂は、子どもがひとりでも入れる食堂です。地域やボランティアの方が、自宅でひとりで食事をとる子どもたちへ、みんなで食べる楽しさや温かさを提供したいと活動しています。

子ども食堂ネットワーク事務局

写真

子ども食堂ネットワーク事務局(品川区社会福祉協議会内)では、
子ども食堂運営者からの相談や寄付食材等の配布、運営費の助成も行っています。

子どもたちに食の支援で明るい未来を届けたい!

品川区のふるさと納税では、いただいた寄付を最大限活用するために返礼品はありません。
すべて「子どもの食の支援事業」(子ども食堂の継続支援・しあわせ食卓事業)のために使わせていただきます。

令和元年度 寄付金の使い道

皆様からいただいたご寄付は、すべて「子どもの食の支援事業」に活用させていただきました。
令和元年度寄付金額:5,573,073円(155人)

(1)子ども食堂継続支援(16%)・・・子ども食堂支援のため、子ども応援基金への寄付
(2)しあわせ食卓事業 (71%)・・・ひとり親家庭等へ食品配送を行うための、食品、梱包、配送、事務費用等
(3)福井県坂井市(品川区と連携協定を締結)産のお米発送費用(3%)
(4)手数料・諸費用 (10%)

 

品川区長 濱野 健からのメッセージ

写真

令和元年度に初めて実施いたしました、品川区の「ガバメントクラウドファンディング」は、とても多くのみなさまからご支援を賜り、目標額を大きく上回る557万3千73円もの寄附をいただきました。心より御礼申し上げます。

いただいたご寄附は「子どもの食の支援事業」に活用させていただきました。具体的には、地域の子どもの居場所となる「子ども食堂」の継続支援と、令和元年度の新規事業である、ひとり親家庭等に食品を配送する「しあわせ食卓事業」でございます。

しながわの「子ども食堂」は、現在24か所となり、子どもが一人でも安心して入れる食堂として、温かいご飯をおなか一杯たべられる場所として、大きな役割を果たしています。また、「しあわせ食卓事業」では、対象者から、喜びの声が寄せられたとともに、特に、新型コロナウィルス感染症の対応の中で、「しあわせ食卓事業」を実施することができたことは大きな一歩と捉えております。

今年度は目標金額を引き上げて挑戦いたします。より一層、区民に寄り添う事業を実施できるよう一所懸命に取り組んでまいります。つきましては、品川区の「子どもの食の支援事業」にご賛同いただき、ご支援いただきますことを希望いたします。

子どもたちの心の笑顔を、一緒に支え合っていきましょう。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

子どもの食の支援事業への応援メッセージ

社会活動家/東京大学特任教授 湯浅 誠さん

NPO法人全国こども食堂支援センター理事長湯浅誠さんから、ガバメントクラウドファンディング応援のコメントをいただきました。ぜひご覧ください。

これまでに、品川区主催イベントにて講師としてお話していただきました。

・しながわ子ども食堂フォーラム2018(2018.6.9)

・子どもの食の支援
 ~ガバメントクラウドファンディング説明会~(2019.6.4)

これまでに、品川区主催イベントにて講師としてお話していただきました。

品川区子どもの食の支援事業を応援してくれています。

協力企業様からコメントをいただきました。ぜひご覧ください。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられ、「実質の負担が2,000円」になります。

寄附金の「使い道」が指定できる魅力的な仕組みです。お礼の品をいただける自治体もあります。

※品川区のガバメントクラウドファンディングでは返礼品はありません。皆様からのご支援は子どもたちのために最大限活用させていただきます。

ふるさと納税で
このプロジェクトを応援しよう!

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄付できる制度です。
控除上限額内の2,000円を超える部分について、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

控除上限額かんたんシミュレーション

結果:-