• TOP
  • 過去実績
  • 新型コロナウイルスに打ち勝つ静岡県民支え合い基金 〜One for all, All for one〜

新型コロナウイルスに打ち勝つ静岡県民支え合い基金 〜One for all, All for one〜

カテゴリー:健康・福祉 

main_img

寄付金額 10,685,337

28.2%

目標金額:37,760,000

達成率
28.2%
支援人数
372
終了まで
受付終了

静岡県 (しずおかけん)

寄付募集期間:2020年5月21日~2020年8月20日(92日間)

静岡県

プロジェクトオーナー

新型コロナウイルス感染症に県民が一丸となって打ち勝つため、全ての静岡県議会議員の賛同により、基金を創設しました。
自らも感染の危機にさらされながら、感染症患者の治療を昼夜懸命に行う医療従事者、高齢者や妊娠中の方など、支援を必要とする方の切実な声を真摯に受けとめ、この基金を活用し、柔軟な対策を実施してまいります。

静岡県

静岡県では「生まれてよし 老いてよし」、「生んでよし 育ててよし」、「学んでよし 働いてよし」、「住んでよし 訪れてよし」の理想郷“ふじのくに”を目指し、皆様と二人三脚で様々な施策に取り組んでいるところです。「ふるさと“ふじのくに”」に貢献したい!「ふるさと“ふじのくに”」を応援したい!という皆様からの寄附をぜひお願いします。

GCFプロジェクト進捗情報一覧

現在進捗情報はありません。

基金への御協力ありがとうございました!

静岡県では、「新型コロナウイルスに打ち勝つ静岡県民支え合い基金」を創設し、5月21日からガバメントクラウドファンディングで寄附金の募集を行ってまいりました。

基金に御賛同いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
また寄附金の募集にあたり、多くの皆様からの温かいメッセージや応援の言葉を頂きましたことを併せてお礼申し上げます。

いただいた御寄附は、医療従事者の皆様を支援するため新型コロナウイルス感染症の患者さんを受け入れている病院等に交付いたします。また、妊婦さんがPCR検査などのウイルス検査を受ける際に、その費用の一部を助成するための財源としても活用いたします。

なお、ガバメントクラウドファンディングからの寄附募集は8月20日をもって受付を終了いたしましたが、寄附金の募集は継続しております。詳しくは静岡県ホームページ(下記URL)をご覧ください。

https://www.pref.shizuoka.jp/kikaku/ki-110/shingatakoronakikin.html

 
 

新型コロナウイルスに打ち勝つ支え合い基金

新型コロナウイルス感染症患者の対応に尽力されている医療従事者を応援したい

医療従事者は、自身が感染する、自身が感染の媒介者になるかもしれない不安や恐怖を感じながら職務にあたっています。また、24時間・365日患者に関わっており、感染に対するリスクは甚大です。
にもかかわらず、県内医療従事者の中には、タクシーの配車を拒否されたり、子どもが保育施設への登園を拒否された方もいらっしゃいます。
県としては、自らの危険を顧みずに業務に従事する医療従事者に敬意を表するとともに、過酷な状況が続く業務を支援するために寄附金を活用します。
具体的には、入院患者を受け入れる病院などを通じて、担当医療従事者に手当等を支給いたします。
また、高齢者・障害者・児童福祉施設において、自身の感染の危険や集団感染の発生とも闘いながら、支援が必要な方の生活を支える福祉事業従事者の負担を軽減するための支援をしていきます。
その他にも、今後の新型コロナウイルス感染症の状況に応じて、県民の皆様の生活に密接した細やかで迅速な支援に、本基金を有効に活用していく予定です。

高齢者施設
リアルタイムPCR検査の様子

【寄付金の使い道】

・新型コロナウイルス感染入院患者を受け入れる病院に対し、医療従事者への手当支給として支援金を交付します。
・帰国者・接触者外来を設置している病院に対し、医療従事者への手当支給として支援金を交付します。
・高齢者・障害者・児童福祉施設などで働く方々や妊娠中の方々を対象に、新型コロナウイルス感染症の検査体制を充実させます。
・そのほか、県民の生活を支える事業を実施します。

 

支援の必要な方の声に即座に対応するために

静岡県議会からのメッセージ

写真

新型コロナウイルス感染症患者の増加により逼迫する医療現場において、懸命に患者の治療に当たる医療従事者や、高齢者・障害者福祉施設等への支援など、感染症の感染拡大に伴い支援が必要となっている方の声に即座に対応し、きめ細やかな支援ができるよう、「新型コロナウイルスに打ち勝つための静岡県民支え合い基金」を設置しました。静岡県民の皆様はもとより、全国各地でふるさとの静岡県を応援していただける皆様の「心」を、頑張っている方や困っている方の「心」に届けたいと考えています。この基金の主旨に共感してくださいましたら、暖かい心の寄附をよろしくお願いします。

■ 県民の皆様からのこえが基金を後押しします

静岡県民の皆様から県に対し、以下のような基金創設の要望をいただいております。

「大阪府や奈良県などで始まった医療従事者を支援するための基金の静岡版をお願いします。
基金の目的を明確にし、即実施することで、現場の医療従事者・その他御家族の方々、治療を受ける患者様、コロナ感染以外の一般患者様など多くの方々の不安解消につながり、偏見や差別、近隣者への感染予防につながります。」

「経済的に大きな被害を被っている業種、医療従事者への支援が必要です。
寄付をしたくてもどこへしたら良いのかと躊躇している方が多くいるのではないでしょうか。
静岡県でも基金創設を検討してほしい。」

新型コロナウイルスに打ち勝つため、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

※本プロジェクトでは、お礼の品をお選びいただくことはできません。